【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112956.html
仮面夫婦を続ける時に多い8つの事情

仮面夫婦を続ける時に多い8つの事情

LADYCO
仮面夫婦を続ける時に多い8つの事情

ラブラブ夫婦だと思っていたのに実は違っていた、そんなケースは少なくありません。 仮面夫婦を続けるにはそれをせざるを得ない事情があるのですが、その8つを考慮してみましょう。

  • 子供のためにそれを続ける
  • 親がどれほど悲しむかを考えている
  • 近所の人や友人たちの目が気になる
  • 資産その他の点での分割の難しさ
  • 一人になることの寂しさ
  • 職場や社会での地位を守りたい
  • お互いに不倫を容認している
  • 面倒である
  • まとめ
子供のためにそれを続ける

仮面夫婦であることを続ける事情としては子供がいて子供の事を思うと別れることはできないという気持ちがあります。 お互いの夫婦愛は完全に冷めきっており事務的な会話だけなのですが、子供は両親の愛情を必要としており、もし別れたらどちらか一方につくことになりますが、それを決めることは難しいし子供の気持ちを考えるとそれをするなどできないのです。

そこまで踏み込むことができないし、今は現状を維持することが一番であるという暗黙の了解のようなものがあったりします。

親がどれほど悲しむかを考えている

もし夫婦が別れるということになったら親がどのような気持ちになるのかということが気になっています。 夫婦の親は結婚生活は生涯のものという気持ちを強く持っているかもしれませんし、自分の親は配偶者のことが気に入っているかもしれません。

そんな相手と離婚するとか別れるということになれば、どんなことが起きるか、それが怖いし、親が夫婦のためにどれほどサポートしてくれたのかということを考えるととても別れを切り出すことができないと考えてしまいます。

近所の人や友人たちの目が気になる

とりあえず仲が良いということで知られており、それがある程度評判になってしまっているという事情があります。 今更実はそうではないんです、と言うこともできないし、友人たちの手前かっこ悪い状況に身を置きたくないという気持ちがあるために、なんとか表面的にでも仲が良いところを見せ続けようとします。

運動会やイベントなどの時にはそのようにして夫婦としての仲の良さをアピールしますが、それも次第に大きなストレスになってきて限界に達してしまうかもしれません。

資産その他の点での分割の難しさ

お互いにある程度の資産を所有していると、それをどのように分割するのか、そして子供がいれば親権の問題もあります。 お互いがそれぞれの道を歩むということになれば、自分一人でそれをやっていかなくてはなりません。

資産は減って損をするかもしれませんし、親権を手放すということになればそれもまたつらいことです。 あれこれと考えると複雑で決心がつかないのであり、とりあえず何も行動できないまま仮面夫婦状態が続いていくのです。

一人になることの寂しさ

夫婦生活としては愛はなくなりただの同居人のようになっているかもしれませんが、それでも一人になるよりはましという気持ちになるかもしれません。

一人になることほど不安で寂しくつらいものはない、たとえ愛し合うことができなくても、そこそこの家に住めて食事ができてそれなりの生活ができているのであれば、このまま続ける方が別れるよりはまだましであると思うゆえに別れることができません。

職場や社会での地位を守りたい

職場や社会的な地位があり、その人が離婚するとか別居しているという噂が流れるのはその人のイメージをかなり損なうことになってしまうかもしれません。 また配偶者の評判が良いのにそれでも別れることを強行すれば、かなりひどい人という印象を与えてしまうかもしれず、それは仕事や名声そして地位にも影響を与えてしまいかねません。

ひょととしたら浮気や不倫をしていたのかしらといった、あることないこと噂が出てしまったり、信頼されなくなるのが怖いという気持ち、自分を守りたい気持ちが仮面夫婦を演じ続けざるを得ないのです。

お互いに不倫を容認している

仮面夫婦とはいえ既婚者であるという立場が有利であると感じており、その関係を壊さずに恋愛をお互いが別の異性と楽しむことをするという事情もあります。

その不倫はバレないようにすることや干渉しないということを条件にお互いが結婚枠外での恋愛を自由に楽しむのであり、その関係を続けると性的な欲求が満たされていきますし、離婚するという気持ちにもならないということでお互いに今のままの状態が続くことになります。

面倒である

離婚することに一体どのくらいの時間と労力が必要なのか、それを調べれば調べるほど嫌になってきて面倒と感じてきます。 それにそうしたことを配偶者と話し合うということも大きなストレスになります。

別れてもよいし修復はおそらくできないだろうしその気もない…とはいえ、それをするだけの精神的な力がない、また相手がどんな反応をするのかが怖いということもあり、これ以上のストレスを抱えたくないのです。 そして仮面夫婦を続けることもそれなりに慣れてきてしまっているということもあるでしょう。

仮面夫婦を続ける多くの事情があり、それをすることが今はよいのではないかという結論に達していることが多いです。 とはいえ周囲の人たちを欺いているという罪悪感を感じているわけですし、好きではなくなってしまった配偶者と一緒に居続けるというのも簡単ではありません。

ラブラブ夫婦だと思っていたのに実は違っていた、そんなケースは少なくありません。 仮面夫婦を続けるにはそれをせざるを得ない事情があるのですが、その8つを考慮してみましょう。

記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-