【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218135810.html
タメ口から敬語になる人の心理

タメ口から敬語になる人の心理 | LADYCO

LADYCO
タメ口から敬語になる人の心理

ずっとタメ口で話していたのに、突然敬語に変わってしまうと戸惑いますよね。

今回は、タメ口から敬語になる人の心理について探ってみました。

  • 委縮してしまった
  • 気に入らない出来事があった
  • 単にふざけている
  • タメ口自体に慣れていない
  • まだ迷いがある
  • これ以上親しくなりたくない
  • 怒りを表現している
  • 周囲の目を意識し過ぎている
  • まとめ

1. 委縮してしまった

委縮してしまった

ずば抜けた能力を発揮している、普通の人には無い長所を持っている. など。

相手に対し「この人はすごい人なんだ」と感じると、途端に委縮してしまう人も多いです。

その結果、「馴れ馴れしい口を利くのはまずいな」と考え、タメ口から敬語に変わってしまうのです。

勝手に「住む世界が違う存在」と位置づけ、距離感を作ってしまっている状態です。

2. 気に入らない出来事があった

気に入らない出来事があった

何かしらの不愉快な言動を受け、悪い印象を抱いたがために敬語になるケースもあります。

敬語という言葉遣いは、相手を敬う役割を持ちますが、それと同時に壁を作る効果も持っています。

価値観や考え方にそぐわない出来事に遭遇したことで、「あまり関わりたくない」という心理が働き、自然と敬語になってしまうケースです。

3. 単にふざけている

単にふざけている

わざとかしこまった言葉遣いをすることで、逆にユニークな雰囲気を作ろう、という心理です。

明らかに和やかな雰囲気だったり、冗談を言い合ったりしている状況であれば、単にふざけて敬語を使っている可能性が高いでしょう。

本気で堅苦しい空気を作ろうとしているわけではないので、またすぐにタメ口に戻ることが多いです。

4. タメ口自体に慣れていない

タメ口自体に慣れていない

実はそもそもタメ口を使うことに慣れていない. という場合、知らず識らずのうちに敬語を使ってしまうことがあります。

通常であれば「自然体=タメ口」とイメージしがちですが、タメ口に慣れていない人の場合はむしろ逆で、敬語の方が自然体なのです。

タメ口を使っていた頃の方が無理をしていた、とも言えるので、この場合はむしろ素の部分を見せてくれたと前向きに捉えて良いでしょう。

真面目で照れ屋な性格の人に多い心理と言えます。

どうしてもタメ口で話したいのであれば、まずは焦らず、ゆっくり仲を深めていくことを意識しましょう。

5. まだ迷いがある

まだ迷いがある

やっぱりタメ口で話すのは失礼なんじゃないか. と思い、また敬語に戻ってしまうというケースです。

比較的年上の相手に発動することが多いと言えます。

この場合、本人の中で迷いや遠慮があるため、もしタメ口で話したいのであれば、まずはその部分を取り払ってあげないといけません。

「タメ口で大丈夫だから気にしないでね」と、サラッと軽く、にこやかに話しかけてあげると良いでしょう。

もしそれでもまだ迷いがあるようなら、自然とタメ口になるまで温かく見守ることもひとつです。

6. これ以上親しくなりたくない

これ以上親しくなりたくない

とても気が合うと思っていたけれど、長く一緒に過ごしているうちに「どうも違うな」と感じ、敬語に変化するパターンです。

本来であればハッキリとした意思表示をしてほしいところですが、何らかの事情で伝えられない・性格的に言えない、という場合、こうした遠回りな表現で拒絶をすることがあります。

恐らく「どうして急に敬語になったの?」と聞いても、曖昧な答えしか得られないでしょう。

これ以上仲良くなるのは避けたい、という相手の気持ちを考慮し、少しずつ距離を置くしかないと言えます。

7. 怒りを表現している

怒りを表現している

例えば喧嘩をした後など、怒り心頭の場合にも、敬語になることがあります。

怒っている時ならむしろ荒々しい言葉遣いになりそうな気もしますが、時と場合によってはむしろ丁寧になるケースもあるのです。

丁寧すぎる言葉遣いで嫌なことを言われると、その妙なギャップにより、かえって腹立たしさが増幅することもあります。

言わば煽っている状態と言えますね。

怒りが解消されて気分が落ち着けば、自然とまた元のタメ口に戻るでしょう。

再びタメ口で仲良く話したいと考えるのであれば、相手の気持ちがクールダウンするのを待つしかなさそうです。

8. 周囲の目を意識し過ぎている

周囲の目を意識し過ぎている

仲良くしている男女を周囲が冷やかす. 小学校や中学校の頃などは、こうした現象がよく起きます。

しかし大人になってからも案外変わらないもので、仲の良い男女を見ると「付き合ってるの?」と茶化す人も結構います。

サラリとかわせれば問題ないのですが、シャイで恥ずかしがり屋な人の場合、こうして茶化されることに強い戸惑いを感じます。

そこでわざと敬語を使い、周囲に「それほど親しくない」と思わせようとするのです。

恥ずかしさゆえの心理であり、決して悪気は無いので、大目に見てあげましょう。

まとめ

タメ口から敬語に変わってしまう心理は様々です。

無意識なのか?

あるいは意識的に行っているのか?

その辺りの心理を見極めるためには、タメ口から敬語に変わった際の状況を、しっかりと冷静に分析する必要があると言えます。

なぜ敬語へと変わったのかがわかれば、その理由や原因に応じて、適切な対応をすることができます。

急に言葉遣いが変わると困惑してしまうかもしれませんが、まずは前後の状況を把握し、どんな心理が働いているのかをじっくりと考えてみましょう。

ずっとタメ口で話していたのに、突然敬語に変わってしまうと戸惑いますよね。

今回は、タメ口から敬語になる人の心理について探ってみました。


委縮してしまった

ずば抜けた能力を発揮している、普通の人には無い長所を持っている. など。

相手に対し「この人はすごい人なんだ」と感じると、途端に委縮してしまう人も多いです。

その結果、「馴れ馴れしい口を利くのはまずいな」と考え、タメ口から敬語に変わってしまうのです。

勝手に「住む世界が違う存在」と位置づけ、距離感を作ってしまっている状態です。

気に入らない出来事があった

何かしらの不愉快な言動を受け、悪い印象を抱いたがために敬語になるケースもあります。

敬語という言葉遣いは、相手を敬う役割を持ちますが、それと同時に壁を作る効果も持っています。

価値観や考え方にそぐわない出来事に遭遇したことで、「あまり関わりたくない」という心理が働き、自然と敬語になってしまうケースです。

単にふざけている

わざとかしこまった言葉遣いをすることで、逆にユニークな雰囲気を作ろう、という心理です。

明らかに和やかな雰囲気だったり、冗談を言い合ったりしている状況であれば、単にふざけて敬語を使っている可能性が高いでしょう。

本気で堅苦しい空気を作ろうとしているわけではないので、またすぐにタメ口に戻ることが多いです。

タメ口自体に慣れていない

実はそもそもタメ口を使うことに慣れていない. という場合、知らず識らずのうちに敬語を使ってしまうことがあります。

通常であれば「自然体=タメ口」とイメージしがちですが、タメ口に慣れていない人の場合はむしろ逆で、敬語の方が自然体なのです。

タメ口を使っていた頃の方が無理をしていた、とも言えるので、この場合はむしろ素の部分を見せてくれたと前向きに捉えて良いでしょう。

真面目で照れ屋な性格の人に多い心理と言えます。

どうしてもタメ口で話したいのであれば、まずは焦らず、ゆっくり仲を深めていくことを意識しましょう。

まだ迷いがある

やっぱりタメ口で話すのは失礼なんじゃないか. と思い、また敬語に戻ってしまうというケースです。

比較的年上の相手に発動することが多いと言えます。

この場合、本人の中で迷いや遠慮があるため、もしタメ口で話したいのであれば、まずはその部分を取り払ってあげないといけません。

「タメ口で大丈夫だから気にしないでね」と、サラッと軽く、にこやかに話しかけてあげると良いでしょう。

もしそれでもまだ迷いがあるようなら、自然とタメ口になるまで温かく見守ることもひとつです。

これ以上親しくなりたくない

とても気が合うと思っていたけれど、長く一緒に過ごしているうちに「どうも違うな」と感じ、敬語に変化するパターンです。

本来であればハッキリとした意思表示をしてほしいところですが、何らかの事情で伝えられない・性格的に言えない、という場合、こうした遠回りな表現で拒絶をすることがあります。

恐らく「どうして急に敬語になったの?」と聞いても、曖昧な答えしか得られないでしょう。

これ以上仲良くなるのは避けたい、という相手の気持ちを考慮し、少しずつ距離を置くしかないと言えます。

怒りを表現している

例えば喧嘩をした後など、怒り心頭の場合にも、敬語になることがあります。

怒っている時ならむしろ荒々しい言葉遣いになりそうな気もしますが、時と場合によってはむしろ丁寧になるケースもあるのです。

丁寧すぎる言葉遣いで嫌なことを言われると、その妙なギャップにより、かえって腹立たしさが増幅することもあります。

言わば煽っている状態と言えますね。

怒りが解消されて気分が落ち着けば、自然とまた元のタメ口に戻るでしょう。

再びタメ口で仲良く話したいと考えるのであれば、相手の気持ちがクールダウンするのを待つしかなさそうです。

周囲の目を意識し過ぎている

仲良くしている男女を周囲が冷やかす. 小学校や中学校の頃などは、こうした現象がよく起きます。

しかし大人になってからも案外変わらないもので、仲の良い男女を見ると「付き合ってるの?」と茶化す人も結構います。

サラリとかわせれば問題ないのですが、シャイで恥ずかしがり屋な人の場合、こうして茶化されることに強い戸惑いを感じます。

そこでわざと敬語を使い、周囲に「それほど親しくない」と思わせようとするのです。

恥ずかしさゆえの心理であり、決して悪気は無いので、大目に見てあげましょう。

タメ口から敬語に変わってしまう心理は様々です。

無意識なのか?

あるいは意識的に行っているのか?

その辺りの心理を見極めるためには、タメ口から敬語に変わった際の状況を、しっかりと冷静に分析する必要があると言えます。

なぜ敬語へと変わったのかがわかれば、その理由や原因に応じて、適切な対応をすることができます。

急に言葉遣いが変わると困惑してしまうかもしれませんが、まずは前後の状況を把握し、どんな心理が働いているのかをじっくりと考えてみましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-