【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180401164103.html
僕にはもったいないと言う男性の心理

僕にはもったいないと言う男性の心理 | LADYCO

LADYCO
僕にはもったいないと言う男性の心理

女性のみなさん、好きな男性に告白して「僕にはもったいない」と断られた経験はありませんか?

今回はそんなことを言う男性の心理についてまとめてみました。

  • 自分の顔と可愛い顔の相手女性が釣り合わないと思っている
  • モテる女性を満足させてあげられる気がしないので身を引くつもり
  • 断るのが可哀想なのでせめて優しい言葉でお別れしたい
  • 断るくせに嫌われたくはないので優しくしている
  • 適した言葉が見つからずドラマのセリフを真似ているだけ
  • そう言った時の女性のリアクションを見て心で笑いたい
  • まとめ

1. 自分の顔と可愛い顔の相手女性が釣り合わないと思っている

自分の顔と可愛い顔の相手女性が釣り合わないと思っている

男性が「僕にはもったいない」と言って女性の告白を断る時、実は純粋に自分にはもったいない相手だと思っている場合も多いのです。

自分の顔に自信が持てないので可愛い顔の女性には釣り合わない男だと思い込んでしまい、相手の好きという気持ちがなかなか信じられません。

せっかく勇気を出して告白してくれた相手にはとても失礼な考えですが、今まで可愛い子から告白などされたことがなければ謙遜してしまうのも無理もありません。

2. モテる女性を満足させてあげられる気がしないので身を引くつもり

モテる女性を満足させてあげられる気がしないので身を引くつもり

相手がモテる女性だと知っている場合は彼氏として付き合っても満足させてあげられる自信が持てるでしょうか。

よほど恋愛経験豊富な男性か同じようにモテるイケメンではない限り厳しいと感じてしまうものです。

そして、せっかくの告白も受け止めきれずに身を引いてしまうことになります。

自分なんかよりもっとふさわしい相手がいるだろうと自分を下げて相手を高く評価しすぎてしまっています。

3. 断るのが可哀想なのでせめて優しい言葉でお別れしたい

断るのが可哀想なのでせめて優しい言葉でお別れしたい

せっかく告白してくれても気持ちが傾かないこともあります。

しかし、優しい性格の男性であればきっぱりと気がないことを伝えることができません。

そこで「僕にはもったいない」などというぬるい言葉で付き合うつもりはないと察してもらおうとするのです。

せめて優しい言葉でお別れして相手を傷つけまいとしているのですが、遠回しすぎて相手には本心がなかなか伝わらずしつこく迫られたりすることもあるのではないでしょうか。

4. 断るくせに嫌われたくはないので優しくしている

断るくせに嫌われたくはないので優しくしている

付き合うことはできないのでちゃんと断りたいのですが、人に嫌われるのは極力避けたいという考えの男性もいるのでこんな言葉で優しくしているつもりでいます。

しかし、告白した女性からするともどかしく余計に傷つくこともあります。

紳士ぶっているような相手に気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

それを狙って使っている言葉なら一枚上手ではありますが、いい人として酔っているだけならただのナルシストです。

5. 適した言葉が見つからずドラマのセリフを真似ているだけ

適した言葉が見つからずドラマのセリフを真似ているだけ

女性に告白された経験が少ないと咄嗟に愛を告白されてもどう返したらいいかわからなくなってしまうことがあります。

軽いパニックに陥った男性は「こんな時ドラマならどんなセリフを言うんだったっけ?」と想像し、そのままの言葉を相手に使ってしまうこともあります。

「僕にはもったいない」なんて言葉はかっこいい俳優さんが言うからこそキュンとするものであり、自分が言うと違和感を感じることもあるでしょう。

6. そう言った時の女性のリアクションを見て心で笑いたい

そう言った時の女性のリアクションを見て心で笑いたい

相手の女性をかなり低く見ている場合に「僕にはもったいない」と言ってみて相手のリアクションはどんな感じか見てやれという興味からその言葉を発する男性もいます。

かっこいいセリフになおさら目がハートになるかもしれませんし、すがるようにさらに言い寄ってくるようならそれも面白いと考えており、心で笑ってやりたいという意地悪な発想の持ち主が軽く使うことがあります。

まとめ

「僕にはもったいない」と言われて納得できる女性は少ないはず。

さらに、ごめんなさいということに対する気遣いであることが想像できてしまうので告白したことが申し訳ないとすら感じてしまうこともあり、女性はますます傷ついてしまうことだってあります。

優しい言葉のつもりで使っても相手にそう受け止めてもらえないなら意味がありません。

このようなわかりにくい言葉を使うのは時に残酷でもあると知っておいてください。

女性のみなさん、好きな男性に告白して「僕にはもったいない」と断られた経験はありませんか?

今回はそんなことを言う男性の心理についてまとめてみました。


自分の顔と可愛い顔の相手女性が釣り合わないと思っている

男性が「僕にはもったいない」と言って女性の告白を断る時、実は純粋に自分にはもったいない相手だと思っている場合も多いのです。

自分の顔に自信が持てないので可愛い顔の女性には釣り合わない男だと思い込んでしまい、相手の好きという気持ちがなかなか信じられません。

せっかく勇気を出して告白してくれた相手にはとても失礼な考えですが、今まで可愛い子から告白などされたことがなければ謙遜してしまうのも無理もありません。

モテる女性を満足させてあげられる気がしないので身を引くつもり

相手がモテる女性だと知っている場合は彼氏として付き合っても満足させてあげられる自信が持てるでしょうか。

よほど恋愛経験豊富な男性か同じようにモテるイケメンではない限り厳しいと感じてしまうものです。

そして、せっかくの告白も受け止めきれずに身を引いてしまうことになります。

自分なんかよりもっとふさわしい相手がいるだろうと自分を下げて相手を高く評価しすぎてしまっています。

断るのが可哀想なのでせめて優しい言葉でお別れしたい

せっかく告白してくれても気持ちが傾かないこともあります。

しかし、優しい性格の男性であればきっぱりと気がないことを伝えることができません。

そこで「僕にはもったいない」などというぬるい言葉で付き合うつもりはないと察してもらおうとするのです。

せめて優しい言葉でお別れして相手を傷つけまいとしているのですが、遠回しすぎて相手には本心がなかなか伝わらずしつこく迫られたりすることもあるのではないでしょうか。

断るくせに嫌われたくはないので優しくしている

付き合うことはできないのでちゃんと断りたいのですが、人に嫌われるのは極力避けたいという考えの男性もいるのでこんな言葉で優しくしているつもりでいます。

しかし、告白した女性からするともどかしく余計に傷つくこともあります。

紳士ぶっているような相手に気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。

それを狙って使っている言葉なら一枚上手ではありますが、いい人として酔っているだけならただのナルシストです。

適した言葉が見つからずドラマのセリフを真似ているだけ

女性に告白された経験が少ないと咄嗟に愛を告白されてもどう返したらいいかわからなくなってしまうことがあります。

軽いパニックに陥った男性は「こんな時ドラマならどんなセリフを言うんだったっけ?」と想像し、そのままの言葉を相手に使ってしまうこともあります。

「僕にはもったいない」なんて言葉はかっこいい俳優さんが言うからこそキュンとするものであり、自分が言うと違和感を感じることもあるでしょう。

そう言った時の女性のリアクションを見て心で笑いたい

相手の女性をかなり低く見ている場合に「僕にはもったいない」と言ってみて相手のリアクションはどんな感じか見てやれという興味からその言葉を発する男性もいます。

かっこいいセリフになおさら目がハートになるかもしれませんし、すがるようにさらに言い寄ってくるようならそれも面白いと考えており、心で笑ってやりたいという意地悪な発想の持ち主が軽く使うことがあります。

「僕にはもったいない」と言われて納得できる女性は少ないはず。

さらに、ごめんなさいということに対する気遣いであることが想像できてしまうので告白したことが申し訳ないとすら感じてしまうこともあり、女性はますます傷ついてしまうことだってあります。

優しい言葉のつもりで使っても相手にそう受け止めてもらえないなら意味がありません。

このようなわかりにくい言葉を使うのは時に残酷でもあると知っておいてください。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-