【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20190623104723.html
ポジティブな人の特徴

ポジティブな人の特徴 | LADYCO

LADYCO
ポジティブな人の特徴

精神的にタフで明るい、みんなを引っ張っていくリーダー、それがポジティブな人の特徴ですが、そんなポジティブな人には共通する考え方がいくつかあります。

その考え方を12個紹介させて頂きます。

  • 成功は自分の実力、失敗は時の運だと考える
  • 物事の明るい面を見る
  • あまり深く物事を考えない
  • 自分は必ず成功すると信じている
  • いやな事はすぐに忘れてしまう
  • いけると思ったらとことんまでくらいつく
  • いつまでも不遇な時は続かないと信じている
  • あまり意地を張らない
  • 嫌なことがあっても根に持たない
  • 小さなことにはこだわらず、大局を見る
  • リスクを見ずにメリットを見る
  • 努力すれば大抵のことは出来ると思っている

1. 成功は自分の実力、失敗は時の運だと考える

成功は自分の実力、失敗は時の運だと考える

なぜ物事が成功したのか、あるいは物事が失敗したのか、それを突き詰めて考えるのはかなり難しいことです。

なので、ポジティブな人はここを都合よく考えます。

成功したのは自分が頑張ったから、失敗したのは運がなかったからと考えれば、失敗してもあまり落ち込まずに、次は上手くやろうと軽く考えることができます。

だから、こう考える人は失敗に心折られることなく、簡単に再起することができるのです。

2. 物事の明るい面を見る

物事の明るい面を見る

どんな物事にも、明るい面と暗い面があります。

そのうち明るい面をよく見るのがポジティブな人の特徴です。

例えば、何らかの資格試験で80点取らなければいけないところを、75点しかとれなかったとします。

こういう時、後5点取れたら合格出来たのになんで合格することができなかったのかと、自分の能力不足や運の悪さを責めるかわりに、まあここまでいい点が取れたのなら次は合格するだろうと、物事の明るい面を見るのが、ポジティブな人の特徴なのです。

3. あまり深く物事を考えない

あまり深く物事を考えない

物事というのは、深く考えれば考えるほど、暗く悲観的なものに変わっていきます。

それがわかっているので、ポジティブな人は物事を深く考えません。

深く考えてもトラブルを解決することができないのなら、 何も考えずにさっさと行動してしまおう、 こう考えることができるから、ポジティブな人は強いのです。

4. 自分は必ず成功すると信じている

自分は必ず成功すると信じている

信じる者は救われるという言葉がありますが、 物事というのは、人が信じる方向に動いていくことが多いです。

それがわかっているので、ポジティブな人は自分がやることは上手くいく、自分は成功者の側に行けると心から信じています。

その強固な自信と思いこみが、大きな成功を生みだすのです。

5. いやな事はすぐに忘れてしまう

いやな事はすぐに忘れてしまう

ポジティブな人は、仕事などで成功したことはいつまでも覚えていますが、失敗したことは数日で忘れます。

失敗した理由を考え、それを改善しようとすることはあっても、失敗したことそのものは、さっさと忘れてしまいます。

だから、ポジティブな人は常に新しい気持ちで物事に挑戦することができるのです。

6. いけると思ったらとことんまでくらいつく

いけると思ったらとことんまでくらいつく

ポジティブな人は、これはいけると思ったら驚異的な粘り腰を発揮します。

普通の人なら諦めるような状況でも、まだ大丈夫、まだいけると考えてその目標にわき目もふらず突撃していくのです。

そのがむしゃらさこそ、ポジティブな人の特徴だと言えるでしょう。

7. いつまでも不遇な時は続かないと信じている

いつまでも不遇な時は続かないと信じている

どんな人でも、人生いつも順風満帆というわけにはいきません。

ポジティブな人にも、そうでない人にも、平等に試練が訪れます。

そういう時でも、ポジティブな人は非常に明るいです。

なぜなら、彼らはいつか必ずチャンスが来るということを、いつまでも不遇なときは続かないことを、信じているからです。

だからポジティブな人は、そうでない人より強いのです。

8. あまり意地を張らない

あまり意地を張らない

世の中には、こちらが悪くなくても謝らなければいけない時があります。

そういう時、意地になって強気で行くと、問題が大きくなりこじれることが多いです。

それがわかっているので、ポジティブな人はあまり意地を張りません。

謝るべき時は謝り、下手に出る時は下手に出ます。

そういう世渡り上手なところが、ポジティブな人にはあるのです。

9. 嫌なことがあっても根に持たない

嫌なことがあっても根に持たない

同僚や上司に嫌なことをされると、それをいつまでも根に持っている人がいますが、 ポジティブな人は、そういう人とは真逆です。

何か屈辱的なことをされると、その時は怒りますが、翌日になるとけろっと忘れてしまいます。

10. 小さなことにはこだわらず、大局を見る

小さなことにはこだわらず、大局を見る

ポジティブな人は、ほとんどが大ざっぱです。

今何をするべきか、どちらに進めばいいかという大局にはこだわりますが、それをやる場合予算はいくらにするべきか、何人でその仕事をやるべきか、という点にはあまりこだわりません。

その大ざっぱこそが、ポジティブな人の魅力なのです。

11. リスクを見ずにメリットを見る

リスクを見ずにメリットを見る

何をするにも、物事にはリスクがつきものです。

なので、普通の人は物事をする前にリスクを考え、そのリスクの高さに尻込みしてしまうのですが、ポジティブな人は、リスクがあることを気にせず行動します。

なぜなら、彼らはリスクではなく、成功した時のメリットの方を見ているからです。

リスクよりもメリットを重視する、それがポジティブな人に共通する考え方なのです。

12. 努力すれば大抵のことは出来ると思っている

世の中には努力して叶えられる夢もあれば、叶えられない夢もある。

だから物事を行う前に、これが努力でなんとかなることかよく考えて、無理そうなら挑戦をやめる、これが普通の人の考えですが、ポジティブな人は、世の中頑張れば大抵のことは出来ると信じています。

だから、彼らは一見不可能なことにも平気で挑むことができますし、時に成功して信じられない成果を上げることが出来るのです。

精神的にタフで明るい、みんなを引っ張っていくリーダー、それがポジティブな人の特徴ですが、そんなポジティブな人には共通する考え方がいくつかあります。

その考え方を12個紹介させて頂きます。


成功は自分の実力、失敗は時の運だと考える

なぜ物事が成功したのか、あるいは物事が失敗したのか、それを突き詰めて考えるのはかなり難しいことです。

なので、ポジティブな人はここを都合よく考えます。

成功したのは自分が頑張ったから、失敗したのは運がなかったからと考えれば、失敗してもあまり落ち込まずに、次は上手くやろうと軽く考えることができます。

だから、こう考える人は失敗に心折られることなく、簡単に再起することができるのです。

物事の明るい面を見る

どんな物事にも、明るい面と暗い面があります。

そのうち明るい面をよく見るのがポジティブな人の特徴です。

例えば、何らかの資格試験で80点取らなければいけないところを、75点しかとれなかったとします。

こういう時、後5点取れたら合格出来たのになんで合格することができなかったのかと、自分の能力不足や運の悪さを責めるかわりに、まあここまでいい点が取れたのなら次は合格するだろうと、物事の明るい面を見るのが、ポジティブな人の特徴なのです。

あまり深く物事を考えない

物事というのは、深く考えれば考えるほど、暗く悲観的なものに変わっていきます。

それがわかっているので、ポジティブな人は物事を深く考えません。

深く考えてもトラブルを解決することができないのなら、 何も考えずにさっさと行動してしまおう、 こう考えることができるから、ポジティブな人は強いのです。

自分は必ず成功すると信じている

信じる者は救われるという言葉がありますが、 物事というのは、人が信じる方向に動いていくことが多いです。

それがわかっているので、ポジティブな人は自分がやることは上手くいく、自分は成功者の側に行けると心から信じています。

その強固な自信と思いこみが、大きな成功を生みだすのです。

いやな事はすぐに忘れてしまう

ポジティブな人は、仕事などで成功したことはいつまでも覚えていますが、失敗したことは数日で忘れます。

失敗した理由を考え、それを改善しようとすることはあっても、失敗したことそのものは、さっさと忘れてしまいます。

だから、ポジティブな人は常に新しい気持ちで物事に挑戦することができるのです。

いけると思ったらとことんまでくらいつく

ポジティブな人は、これはいけると思ったら驚異的な粘り腰を発揮します。

普通の人なら諦めるような状況でも、まだ大丈夫、まだいけると考えてその目標にわき目もふらず突撃していくのです。

そのがむしゃらさこそ、ポジティブな人の特徴だと言えるでしょう。

いつまでも不遇な時は続かないと信じている

どんな人でも、人生いつも順風満帆というわけにはいきません。

ポジティブな人にも、そうでない人にも、平等に試練が訪れます。

そういう時でも、ポジティブな人は非常に明るいです。

なぜなら、彼らはいつか必ずチャンスが来るということを、いつまでも不遇なときは続かないことを、信じているからです。

だからポジティブな人は、そうでない人より強いのです。

あまり意地を張らない

世の中には、こちらが悪くなくても謝らなければいけない時があります。

そういう時、意地になって強気で行くと、問題が大きくなりこじれることが多いです。

それがわかっているので、ポジティブな人はあまり意地を張りません。

謝るべき時は謝り、下手に出る時は下手に出ます。

そういう世渡り上手なところが、ポジティブな人にはあるのです。

嫌なことがあっても根に持たない

同僚や上司に嫌なことをされると、それをいつまでも根に持っている人がいますが、 ポジティブな人は、そういう人とは真逆です。

何か屈辱的なことをされると、その時は怒りますが、翌日になるとけろっと忘れてしまいます。

小さなことにはこだわらず、大局を見る

ポジティブな人は、ほとんどが大ざっぱです。

今何をするべきか、どちらに進めばいいかという大局にはこだわりますが、それをやる場合予算はいくらにするべきか、何人でその仕事をやるべきか、という点にはあまりこだわりません。

その大ざっぱこそが、ポジティブな人の魅力なのです。

リスクを見ずにメリットを見る

何をするにも、物事にはリスクがつきものです。

なので、普通の人は物事をする前にリスクを考え、そのリスクの高さに尻込みしてしまうのですが、ポジティブな人は、リスクがあることを気にせず行動します。

なぜなら、彼らはリスクではなく、成功した時のメリットの方を見ているからです。

リスクよりもメリットを重視する、それがポジティブな人に共通する考え方なのです。

世の中には努力して叶えられる夢もあれば、叶えられない夢もある。

だから物事を行う前に、これが努力でなんとかなることかよく考えて、無理そうなら挑戦をやめる、これが普通の人の考えですが、ポジティブな人は、世の中頑張れば大抵のことは出来ると信じています。

だから、彼らは一見不可能なことにも平気で挑むことができますし、時に成功して信じられない成果を上げることが出来るのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-