【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171225174551.html
携帯電話で話をしている振りをして歩く女性心理

携帯電話で話をしている振りをして歩く女性心理 | LADYCO

LADYCO
携帯電話で話をしている振りをして歩く女性心理

携帯電話で話をしている振りをして歩く女性心理をまとめてみました。

  • 不審な人物から身を守りたい
  • 友達がいると思われたい
  • 恋人がいると思われたい
  • 上手に話す練習をしている
  • 見かけた知り合いに話しかけられたくない
  • 近隣の人との会話を避けている
  • 新しいスマホなどを見せびらかしたい
  • 悩みごとなどを実際口にして整理したい
  • キャッチセールスを避けている
  • 自分の意見を見知らぬ人に聞かせたい
  • まとめ

1. 不審な人物から身を守りたい

不審な人物から身を守りたい

どうしても、一定数の「不審な人物」が現れてしまうのも世の中です。

夜道で突然見知らぬ男に声をかけられたなど、不快な経験を持つ女性は少なくありません。

そこでとりあえず誰かと通話している振りをする。

これだけで、気の小さい不審人物を避けることができるのです。

特に、やや気の強そうな口調で話すなどすると、不審者は遠ざかるものです。

2. 友達がいると思われたい

友達がいると思われたい

あまり友達がいない女性では、やはり日々寂しい思いをしています。

そこで誰か友達と話しているような振りをすることで、いくらか気分が紛れるのです。

男性でも起きうる気持ちですが、「とにかく誰かと話したい」といった思いは女性の方が強い傾向にあり、いきおい、実際に相手がいなくても「話す」ことを選択する女性もいます。

3. 恋人がいると思われたい

恋人がいると思われたい

こちらも似通ったものです。

いかにも親しげに、思わず笑みをこぼしたりしながら電話をしていれば、「恋人と楽しい会話をしているのかな?」という視線が飛んできます。

毎日のようにこういった行為をしているようだと、本人もかなり苦しんでいるケースが考えられますが、たまにであれば、まさにお気軽な気晴らし程度のことですね。

また、しつこく声をかけてくる知人男性などに「恋人の存在」をちらつかせて退散させようという意図で行う女性もいます。

4. 上手に話す練習をしている

上手に話す練習をしている

就職活動をしているなどで「話し方」の上達を気にかけている女性もいますね。

しかし24時間どんなときでも話し相手がいるかといえば、さすがにそうもいきません。

かといって、道でひとりごとを言っていては不審に思われてしまう…。

そこで通学時などに電話を手にしてきちんとていねいに話す練習をする、このような心理も考えられます。

5. 見かけた知り合いに話しかけられたくない

見かけた知り合いに話しかけられたくない

「街で知り合いを見かけたけれども、あまり話したくない」こういった心理も人間にはありますね。

好きな人ではない、気分が良くないなど色々な事情が考えられます。

その場合、あたかも電話がかかってきた様子で通話の振りをしていたらどうでしょうか。

すれ違い、目が合ったとしてもせいぜい会釈程度で済み、わざわざ電話を切れだとかは言われないはずです。

6. 近隣の人との会話を避けている

近隣の人との会話を避けている

「ご近所さん」は大事にしたいものでもありますが、都市部ではほとんど話さないとか、表札も出さずお互いの名前すら知らないというケースもあります。

そういった場ではいわば「空気を読む」ことをして、お互いさほど話さないのが暗黙のマナーとなっています。

とはいえそうは考えない人もおり、話したがらない人と姿勢が違います。

近隣の人と余計な話をしたくないとの考えから、家を出る時や帰り際に電話をしている振りをする女性もいます。

「街で見かけた知り合い」同様、電話をしている人に話しかける人は少ないからですね。

7. 新しいスマホなどを見せびらかしたい

新しいスマホなどを見せびらかしたい

ややレアなケースかもしれませんが、人気のスマホに機種変更した際など、それを使って通話している姿を見せびらかしたいという心理も、考えられなくはありません。

「画面を触ってネットなどを見ていれば、それでも同じことでは?」と考える人も多そうですが、「歩きスマホ(画面操作)」よりは通話のほうが安全でもあります。

「通話している姿を見せたい」という気持ちも有り得ることでしょう。

8. 悩みごとなどを実際口にして整理したい

悩みごとなどを実際口にして整理したい

悩みごとや、落ち込んでいるできごとなどは、実際に声にしてみると考えが整理できる場合があります。

むろん、一般的にはひとりごとを自宅で言う・実際に友人や家族に相談するなどが考えられますが、「電話をしている振り」をしたところで誰かに迷惑になるのでもないですから、とりあえず電話をしている振りをして「声にしてみる」といった心理も考えられますね。

9. キャッチセールスを避けている

キャッチセールスを避けている

通話中の女性に、路上のキャッチセールスが声をかけることはまずありません。

そうしたセールス等が予想されるエリアでは、あらかじめ電話をしている状態で歩くのも一つの防衛戦略になります。

10. 自分の意見を見知らぬ人に聞かせたい

自分の意見を見知らぬ人に聞かせたい

「やっぱり浮気する男の人って最低だと思う」とか「パワハラが当然だと思っている上司とか、本当ダメだと思う」などの思いを、道の見知らぬ人にも伝えたいとしたら、どうしたらいいでしょう。

…まさか、いきなりアチコチの人に話しかけるわけにもいきませんね。

そういったとき携帯電話を使えば、あたかも知人・友人に愚痴を言っているように見せかけながら、自分の考えを見知らぬ人にも発信できるのです。

まとめ

あたかも携帯電話で通話しているような「振り」をする女性心理も、こう見てみますと多様なものです。

それぞれに理由があり、実際に狙った効果が出る場合も少なくないものです。

「単に変わった人である」と片付けてしまうにはもったいない例も。

男性でも参考とできる部分はあるでしょう。

携帯電話で話をしている振りをして歩く女性心理をまとめてみました。


不審な人物から身を守りたい

どうしても、一定数の「不審な人物」が現れてしまうのも世の中です。

夜道で突然見知らぬ男に声をかけられたなど、不快な経験を持つ女性は少なくありません。

そこでとりあえず誰かと通話している振りをする。

これだけで、気の小さい不審人物を避けることができるのです。

特に、やや気の強そうな口調で話すなどすると、不審者は遠ざかるものです。

友達がいると思われたい

あまり友達がいない女性では、やはり日々寂しい思いをしています。

そこで誰か友達と話しているような振りをすることで、いくらか気分が紛れるのです。

男性でも起きうる気持ちですが、「とにかく誰かと話したい」といった思いは女性の方が強い傾向にあり、いきおい、実際に相手がいなくても「話す」ことを選択する女性もいます。

恋人がいると思われたい

こちらも似通ったものです。

いかにも親しげに、思わず笑みをこぼしたりしながら電話をしていれば、「恋人と楽しい会話をしているのかな?」という視線が飛んできます。

毎日のようにこういった行為をしているようだと、本人もかなり苦しんでいるケースが考えられますが、たまにであれば、まさにお気軽な気晴らし程度のことですね。

また、しつこく声をかけてくる知人男性などに「恋人の存在」をちらつかせて退散させようという意図で行う女性もいます。

上手に話す練習をしている

就職活動をしているなどで「話し方」の上達を気にかけている女性もいますね。

しかし24時間どんなときでも話し相手がいるかといえば、さすがにそうもいきません。

かといって、道でひとりごとを言っていては不審に思われてしまう…。

そこで通学時などに電話を手にしてきちんとていねいに話す練習をする、このような心理も考えられます。

見かけた知り合いに話しかけられたくない

「街で知り合いを見かけたけれども、あまり話したくない」こういった心理も人間にはありますね。

好きな人ではない、気分が良くないなど色々な事情が考えられます。

その場合、あたかも電話がかかってきた様子で通話の振りをしていたらどうでしょうか。

すれ違い、目が合ったとしてもせいぜい会釈程度で済み、わざわざ電話を切れだとかは言われないはずです。

近隣の人との会話を避けている

「ご近所さん」は大事にしたいものでもありますが、都市部ではほとんど話さないとか、表札も出さずお互いの名前すら知らないというケースもあります。

そういった場ではいわば「空気を読む」ことをして、お互いさほど話さないのが暗黙のマナーとなっています。

とはいえそうは考えない人もおり、話したがらない人と姿勢が違います。

近隣の人と余計な話をしたくないとの考えから、家を出る時や帰り際に電話をしている振りをする女性もいます。

「街で見かけた知り合い」同様、電話をしている人に話しかける人は少ないからですね。

新しいスマホなどを見せびらかしたい

ややレアなケースかもしれませんが、人気のスマホに機種変更した際など、それを使って通話している姿を見せびらかしたいという心理も、考えられなくはありません。

「画面を触ってネットなどを見ていれば、それでも同じことでは?」と考える人も多そうですが、「歩きスマホ(画面操作)」よりは通話のほうが安全でもあります。

「通話している姿を見せたい」という気持ちも有り得ることでしょう。

悩みごとなどを実際口にして整理したい

悩みごとや、落ち込んでいるできごとなどは、実際に声にしてみると考えが整理できる場合があります。

むろん、一般的にはひとりごとを自宅で言う・実際に友人や家族に相談するなどが考えられますが、「電話をしている振り」をしたところで誰かに迷惑になるのでもないですから、とりあえず電話をしている振りをして「声にしてみる」といった心理も考えられますね。

キャッチセールスを避けている

通話中の女性に、路上のキャッチセールスが声をかけることはまずありません。

そうしたセールス等が予想されるエリアでは、あらかじめ電話をしている状態で歩くのも一つの防衛戦略になります。

自分の意見を見知らぬ人に聞かせたい

「やっぱり浮気する男の人って最低だと思う」とか「パワハラが当然だと思っている上司とか、本当ダメだと思う」などの思いを、道の見知らぬ人にも伝えたいとしたら、どうしたらいいでしょう。

…まさか、いきなりアチコチの人に話しかけるわけにもいきませんね。

そういったとき携帯電話を使えば、あたかも知人・友人に愚痴を言っているように見せかけながら、自分の考えを見知らぬ人にも発信できるのです。

あたかも携帯電話で通話しているような「振り」をする女性心理も、こう見てみますと多様なものです。

それぞれに理由があり、実際に狙った効果が出る場合も少なくないものです。

「単に変わった人である」と片付けてしまうにはもったいない例も。

男性でも参考とできる部分はあるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-