【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171218170459.html
無駄が嫌いな人の心理

無駄が嫌いな人の心理 | LADYCO

LADYCO
無駄が嫌いな人の心理

無駄が嫌いで、無駄なことをすると後悔する、それは多くの人たちが同意することでしょう。

とはいえとりわけ無駄が大嫌いな人というのはそのような心理が働くからなのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。

  • スマートにかっこよく生きたい
  • 成果主義や結果重視の考え
  • シンプルライフが一番魅力
  • 無駄を減らすことがストレスの軽減になる
  • 損をすることの悔しい気持ち
  • いつもそれをすることのメリットデメリットを考えている
  • 楽しいかどうか
  • 人生が短いと感じている
  • まとめ

1. スマートにかっこよく生きたい

スマートにかっこよく生きたい

無駄なことをするというのはスマートなことではないし、頭が悪いことというイメージがありますので、それを嫌う傾向にあります。

かっこよくスマートになんでも効率的に行動したいので時間がかかり無駄と思えることはしたくないしそれをする意味がないと思うことでしょう。

1つ1つの動きをいつも意識しており、かっこよさを示したいのです。

2. 成果主義や結果重視の考え

成果主義や結果重視の考え

やることが多過ぎて睡眠時間を減らして仕事をしている人たちは効率重視であり、成果主義なところがあります。

いかに無駄を省くかが経営の基本であり、効率化であるというスタイルがいつも頭の中にありますのでとことんまで無駄を省いていきたいのです。

そのような思考がいつもある人は、仕事以外のプライベートな部分においても無駄なことはしないし、自分にとって価値のあるものしかしないというストイックな感じになりやすいでしょう。

3. シンプルライフが一番魅力

シンプルライフが一番魅力

シンプルに生きることが一番良いと感じている人たちはあれこれと首を突っ込むようなことはしません。

必要なものがあればそれで十分という考えであり、それ以外のものは無駄であるという考えがあります。

できるだけ動きを少なくしてシンプルライフを第一に考えている人たちは買うものでもよく選びますし、無駄使いはしないのであり、もしそれをすると後悔するほどの罪悪感さえあるかもしれません。

4. 無駄を減らすことがストレスの軽減になる

無駄を減らすことがストレスの軽減になる

無駄と思えることをなくすることで生活スタイルそのものはすっきりしていますので、煩い事が減りストレスの軽減につながるという価値観を持っています。

そうすることでより重要なことに焦点を合わせやすくなり、それは仕事や家庭や恋人のことその他のこともかもしれませんが、それに時間とエネルギーを注ぐことがしやすくなるのです。

5. 損をすることの悔しい気持ち

損をすることの悔しい気持ち

損をするというのは金額の代償に関わらず嫌な気持ちになるものです。

そしてそれはお金だけではなくそれに使った時間もです。

近くでも売っていたものをそれと知らずに遠くまでわざわざ買いに行ったかもしれず、それは金額こそ同じであったとしてもそこに行くだけの交通費と時間を無駄にしてしまうのであり、損をしたと感じるのです。

損をするのはとても嫌であり、ちょっと確認することや少し調べればわかったことなのにそれをしなかったということで悔しい気持ちはかなり起こることでしょう。

6. いつもそれをすることのメリットデメリットを考えている

いつもそれをすることのメリットデメリットを考えている

それをすることが無駄かどうかというのはその人にとってメリットがあるのかないのか、それに尽きるのでそのことをいつも考えています。

特にこれまでやったことのないことをする場合にはそれを真剣に考えます。

無駄と思えてやってみたことが結果として後でやっておいてよかったと思うこともありますので判断は難しいのですが、自分にとってメリットがあるのかどうかをいつも考えており、儲かるかどうかそんな思考が強いです。

7. 楽しいかどうか

楽しいかどうか

それが楽しいのか楽しくないのかで無駄なのかそうではないのかが決まってくる思考を持っています。

楽しいことにはいくらでもお金を使うし時間たっぷりするかもしれませんが、楽しくないことほど苦痛なものはなく、それをすることには意味がないつまり無駄だと感じるのです。

ワクワクさせてくれるようなものでないと無駄と感じる人もいます。

8. 人生が短いと感じている

人生が短いと感じている

人生は80年、最近は90歳まで普通に生きることも珍しいことではなくなってきましたが、それでも人生はとても短いと感じているのは、それだけ月日が過ぎるのが早いと感じているか、あるいは目的ある人生をできるだけおくりたいという強い気持ちを持っているからであり、そのような思考を持つ人たちというのは、無駄なことに時間をかけたくありません。

過ぎた時間というのは取り戻すことはできませんので、有意義なことに時間を使いたいし、人生の目的を見いだしている人というのは、それに一途なのです。

まとめ

時間やお金を無駄にしたくないというのは、よっぽどすることがなにもなく毎日ぼーっと過ごしている人やお金があり過ぎて使いみちがないという人以外は誰もが思っていることではないでしょうか。

とはいえ無駄なことをするかしないかというのはその人の価値観に大きく左右されますので、すべてが同じではありません。

時間やお金を無駄にすることなく生きている人たちというのは充実感を味わっていますし、その点でブレがなく、そしてこれからも無駄にしたくないという気持ちを持ち続けていくことでしょう。

効率的でシンプル、スマートな人生を目指しているのです。

無駄が嫌いで、無駄なことをすると後悔する、それは多くの人たちが同意することでしょう。

とはいえとりわけ無駄が大嫌いな人というのはそのような心理が働くからなのでしょうか。

次の8つの点を考慮してみましょう。


スマートにかっこよく生きたい

無駄なことをするというのはスマートなことではないし、頭が悪いことというイメージがありますので、それを嫌う傾向にあります。

かっこよくスマートになんでも効率的に行動したいので時間がかかり無駄と思えることはしたくないしそれをする意味がないと思うことでしょう。

1つ1つの動きをいつも意識しており、かっこよさを示したいのです。

成果主義や結果重視の考え

やることが多過ぎて睡眠時間を減らして仕事をしている人たちは効率重視であり、成果主義なところがあります。

いかに無駄を省くかが経営の基本であり、効率化であるというスタイルがいつも頭の中にありますのでとことんまで無駄を省いていきたいのです。

そのような思考がいつもある人は、仕事以外のプライベートな部分においても無駄なことはしないし、自分にとって価値のあるものしかしないというストイックな感じになりやすいでしょう。

シンプルライフが一番魅力

シンプルに生きることが一番良いと感じている人たちはあれこれと首を突っ込むようなことはしません。

必要なものがあればそれで十分という考えであり、それ以外のものは無駄であるという考えがあります。

できるだけ動きを少なくしてシンプルライフを第一に考えている人たちは買うものでもよく選びますし、無駄使いはしないのであり、もしそれをすると後悔するほどの罪悪感さえあるかもしれません。

無駄を減らすことがストレスの軽減になる

無駄と思えることをなくすることで生活スタイルそのものはすっきりしていますので、煩い事が減りストレスの軽減につながるという価値観を持っています。

そうすることでより重要なことに焦点を合わせやすくなり、それは仕事や家庭や恋人のことその他のこともかもしれませんが、それに時間とエネルギーを注ぐことがしやすくなるのです。

損をすることの悔しい気持ち

損をするというのは金額の代償に関わらず嫌な気持ちになるものです。

そしてそれはお金だけではなくそれに使った時間もです。

近くでも売っていたものをそれと知らずに遠くまでわざわざ買いに行ったかもしれず、それは金額こそ同じであったとしてもそこに行くだけの交通費と時間を無駄にしてしまうのであり、損をしたと感じるのです。

損をするのはとても嫌であり、ちょっと確認することや少し調べればわかったことなのにそれをしなかったということで悔しい気持ちはかなり起こることでしょう。

いつもそれをすることのメリットデメリットを考えている

それをすることが無駄かどうかというのはその人にとってメリットがあるのかないのか、それに尽きるのでそのことをいつも考えています。

特にこれまでやったことのないことをする場合にはそれを真剣に考えます。

無駄と思えてやってみたことが結果として後でやっておいてよかったと思うこともありますので判断は難しいのですが、自分にとってメリットがあるのかどうかをいつも考えており、儲かるかどうかそんな思考が強いです。

楽しいかどうか

それが楽しいのか楽しくないのかで無駄なのかそうではないのかが決まってくる思考を持っています。

楽しいことにはいくらでもお金を使うし時間たっぷりするかもしれませんが、楽しくないことほど苦痛なものはなく、それをすることには意味がないつまり無駄だと感じるのです。

ワクワクさせてくれるようなものでないと無駄と感じる人もいます。

人生が短いと感じている

人生は80年、最近は90歳まで普通に生きることも珍しいことではなくなってきましたが、それでも人生はとても短いと感じているのは、それだけ月日が過ぎるのが早いと感じているか、あるいは目的ある人生をできるだけおくりたいという強い気持ちを持っているからであり、そのような思考を持つ人たちというのは、無駄なことに時間をかけたくありません。

過ぎた時間というのは取り戻すことはできませんので、有意義なことに時間を使いたいし、人生の目的を見いだしている人というのは、それに一途なのです。

時間やお金を無駄にしたくないというのは、よっぽどすることがなにもなく毎日ぼーっと過ごしている人やお金があり過ぎて使いみちがないという人以外は誰もが思っていることではないでしょうか。

とはいえ無駄なことをするかしないかというのはその人の価値観に大きく左右されますので、すべてが同じではありません。

時間やお金を無駄にすることなく生きている人たちというのは充実感を味わっていますし、その点でブレがなく、そしてこれからも無駄にしたくないという気持ちを持ち続けていくことでしょう。

効率的でシンプル、スマートな人生を目指しているのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-