【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20171228162345.html
怖いはずなのに笑ってしまう時の心理

怖いはずなのに笑ってしまう時の心理 | LADYCO

LADYCO
怖いはずなのに笑ってしまう時の心理

本当に怖いときというのは絶対笑うことなどないはずなのですが状況によって笑ってしまうことがあります。

どういったときに笑ってしまうのかいくつかパターンをご紹介します。

  • 恐怖のあまり笑いが込み上げる
  • 笑うことで許しを乞う
  • 助けを求めるまでの時間稼ぎ
  • 実はドッキリではないかと思う
  • 初めての経験のとき
  • 威嚇してるだけに見える
  • 思い出し笑い
  • 怖いけど本気出せば余裕
  • 開き直り
  • もっと怖いことを知っている
  • 恫喝されてるのに矛盾してる
  • 誰かに似ている
  • 条件反射で避けて恥ずかしいとき
  • 自分自身を強く見せたいとき
  • まとめ

1. 恐怖のあまり笑いが込み上げる

恐怖のあまり笑いが込み上げる

怖いのを通り越して自然と笑みを浮かべてしまうときは、死の恐怖を感じるあまり制御が利かなくなってしまうときです。

もうどうしていいかわからないとき、脳は笑うという行動に出てきます。

何かに憑依したかのように笑い始めるので、そばで見ている人を逆に怖がらせることもあります。

2. 笑うことで許しを乞う

笑うことで許しを乞う

相手が怒っているときは笑うことで和やかな雰囲気を作ろうとします。

怖がっている間は空気が凍り付いていますが、笑うと空気の流れも変わってくるので相手をリラックスさせることもできます。

笑うことで相手も和やかになる場合もありますが、さらに怒らせてしまうこともあるので注意が必要です。

3. 助けを求めるまでの時間稼ぎ

助けを求めるまでの時間稼ぎ

笑って許しを乞うのと似ていますが、笑い続けることで相手から襲われるのを時間稼ぎします。

怖くてどうしようもないけど時間稼ぎをすれば、誰かが助けてくれるかもしれないという思いで笑いながら相手をなだめていきます。

4. 実はドッキリではないかと思う

実はドッキリではないかと思う

あまりに怖すぎると、もしかしてこれはドッキリなのではないかと思い、安心感から笑いがこみ上げてきます。

友達のイタズラやテレビ番組の仕込みなのではないかと疑うことで、強張った表情から笑いの表情へと変わってきます。

ドッキリでないとわかったときは恐怖心が倍増します。

5. 初めての経験のとき

初めての経験のとき

今まで怖いを思いをしたことがなくて、自分がこんな怖い思いをするのは、なんだかおかしいと思い始めて笑ってしまうことがあります。

初めてのことでドキドキしながら笑ってしまったり、パニック状態になって笑ってしまいます。

6. 威嚇してるだけに見える

威嚇してるだけに見える

怒っている人が目の前で鬼の形相になっていても、実はたいしたことなくて威嚇してるだけなのではないかと思い始めると、この人可愛いと思い始めて笑ってしまいます。

オラついてるだけだと弱い人だと思うようになってきて、威嚇されていても見下せるようになると笑いが出てきます。

7. 思い出し笑い

思い出し笑い

怖い状況から抜け出そうとしてあれこれ思いを巡らすと、過去に面白かったことが頭をよぎることがあります。

そうしたとき、目の前の状況とは関係なしに笑ってしまいます。

我にかえると緊迫した状況になるので笑いは止まりますが、思い出した内容が強烈だと笑うことがあります。

8. 怖いけど本気出せば余裕

怖いけど本気出せば余裕

本当は怖いのだけど本気を出せば、別に怖くもなんともないと思ったとき笑えるようになります。

気持ちに余裕が残っているときに起こりやすく、自分はこの程度では怖がらないはずと思ったときに、笑うことで本気に備えようとします。

9. 開き直り

開き直り

足がガクガク震えるほど怖いけど、火事場の馬鹿力のような感じになってくると人間は開き直ってきます。

今まで怖かったのが何だったのだろうと思うようになり、ストレスから解放されると急に笑うようになります。

開き直ることで冷静になろうという本能も出始めるので、事態の打開を図ろうとしていきます。

10. もっと怖いことを知っている

もっと怖いことを知っている

怖いのだけど今まで見てきた中では、それほどでもないと思ったときに笑うことがあります。

もっと怖いのを経験していると、仲間と一緒にいたとき自分以外の人が怖がっているのを見て笑ってしまいます。

11. 恫喝されてるのに矛盾してる

恫喝されてるのに矛盾してる

相手が怒っているときにさっき言っていたことと違うことを話し始めると、矛盾しているとき笑ってしまいます。

どこまでこの人は嘘付きなんだろうと、怖いんだけど矛盾点がありすぎて恫喝されていても笑わざる得なくなってきます。

12. 誰かに似ている

誰かに似ている

怒っている人の顔を見ると誰かに似ている時に思わず笑ってしまいます。

動物に似ていたり、お笑い芸人に似ていたりすると、顔がよく似ているなと思い笑い始めてしまいます。

口を尖らせて怒っていればタコに見えてしまったり、アニメによく出てくるキャラクターに似ていると面白くなります。

13. 条件反射で避けて恥ずかしいとき

条件反射で避けて恥ずかしいとき

野球場などで観戦しているときバックネット裏にボールが飛んできたときに、条件反射で避けてしまいます。

網があるので観客席には横からボールが突っ込んでくることがないのがわかっていても、顔を横に移動させてしまいます。

ボールが来ないのがわかると避けたのが恥ずかしくなって笑います。

14. 自分自身を強く見せたいとき

自分自身を強く見せたいとき

周りの人が怖がっているとき、自分も同じように怖がっていると弱い人間だと思われてしまいます。

自分は違う人間なんだという思いを見せようとするとき、笑みを浮かべることで強い人間と思わせようとします。

内心臆病者の人に多いです。

まとめ

怖いときに笑ってしまうパターンというのは、相手をなだめようとして防御するとき、自分自身を大きく見せようとするとき、怖くないのに怖がって恥ずかしい思いをしたときなどいくつかあります。

怖さの限界に達すると何かがふっ切れて笑うこともあるので、心理的に見ると面白いものです。

本当に怖いときというのは絶対笑うことなどないはずなのですが状況によって笑ってしまうことがあります。

どういったときに笑ってしまうのかいくつかパターンをご紹介します。


恐怖のあまり笑いが込み上げる

怖いのを通り越して自然と笑みを浮かべてしまうときは、死の恐怖を感じるあまり制御が利かなくなってしまうときです。

もうどうしていいかわからないとき、脳は笑うという行動に出てきます。

何かに憑依したかのように笑い始めるので、そばで見ている人を逆に怖がらせることもあります。

笑うことで許しを乞う

相手が怒っているときは笑うことで和やかな雰囲気を作ろうとします。

怖がっている間は空気が凍り付いていますが、笑うと空気の流れも変わってくるので相手をリラックスさせることもできます。

笑うことで相手も和やかになる場合もありますが、さらに怒らせてしまうこともあるので注意が必要です。

助けを求めるまでの時間稼ぎ

笑って許しを乞うのと似ていますが、笑い続けることで相手から襲われるのを時間稼ぎします。

怖くてどうしようもないけど時間稼ぎをすれば、誰かが助けてくれるかもしれないという思いで笑いながら相手をなだめていきます。

実はドッキリではないかと思う

あまりに怖すぎると、もしかしてこれはドッキリなのではないかと思い、安心感から笑いがこみ上げてきます。

友達のイタズラやテレビ番組の仕込みなのではないかと疑うことで、強張った表情から笑いの表情へと変わってきます。

ドッキリでないとわかったときは恐怖心が倍増します。

初めての経験のとき

今まで怖いを思いをしたことがなくて、自分がこんな怖い思いをするのは、なんだかおかしいと思い始めて笑ってしまうことがあります。

初めてのことでドキドキしながら笑ってしまったり、パニック状態になって笑ってしまいます。

威嚇してるだけに見える

怒っている人が目の前で鬼の形相になっていても、実はたいしたことなくて威嚇してるだけなのではないかと思い始めると、この人可愛いと思い始めて笑ってしまいます。

オラついてるだけだと弱い人だと思うようになってきて、威嚇されていても見下せるようになると笑いが出てきます。

思い出し笑い

怖い状況から抜け出そうとしてあれこれ思いを巡らすと、過去に面白かったことが頭をよぎることがあります。

そうしたとき、目の前の状況とは関係なしに笑ってしまいます。

我にかえると緊迫した状況になるので笑いは止まりますが、思い出した内容が強烈だと笑うことがあります。

怖いけど本気出せば余裕

本当は怖いのだけど本気を出せば、別に怖くもなんともないと思ったとき笑えるようになります。

気持ちに余裕が残っているときに起こりやすく、自分はこの程度では怖がらないはずと思ったときに、笑うことで本気に備えようとします。

開き直り

足がガクガク震えるほど怖いけど、火事場の馬鹿力のような感じになってくると人間は開き直ってきます。

今まで怖かったのが何だったのだろうと思うようになり、ストレスから解放されると急に笑うようになります。

開き直ることで冷静になろうという本能も出始めるので、事態の打開を図ろうとしていきます。

もっと怖いことを知っている

怖いのだけど今まで見てきた中では、それほどでもないと思ったときに笑うことがあります。

もっと怖いのを経験していると、仲間と一緒にいたとき自分以外の人が怖がっているのを見て笑ってしまいます。

恫喝されてるのに矛盾してる

相手が怒っているときにさっき言っていたことと違うことを話し始めると、矛盾しているとき笑ってしまいます。

どこまでこの人は嘘付きなんだろうと、怖いんだけど矛盾点がありすぎて恫喝されていても笑わざる得なくなってきます。

誰かに似ている

怒っている人の顔を見ると誰かに似ている時に思わず笑ってしまいます。

動物に似ていたり、お笑い芸人に似ていたりすると、顔がよく似ているなと思い笑い始めてしまいます。

口を尖らせて怒っていればタコに見えてしまったり、アニメによく出てくるキャラクターに似ていると面白くなります。

条件反射で避けて恥ずかしいとき

野球場などで観戦しているときバックネット裏にボールが飛んできたときに、条件反射で避けてしまいます。

網があるので観客席には横からボールが突っ込んでくることがないのがわかっていても、顔を横に移動させてしまいます。

ボールが来ないのがわかると避けたのが恥ずかしくなって笑います。

自分自身を強く見せたいとき

周りの人が怖がっているとき、自分も同じように怖がっていると弱い人間だと思われてしまいます。

自分は違う人間なんだという思いを見せようとするとき、笑みを浮かべることで強い人間と思わせようとします。

内心臆病者の人に多いです。

怖いときに笑ってしまうパターンというのは、相手をなだめようとして防御するとき、自分自身を大きく見せようとするとき、怖くないのに怖がって恥ずかしい思いをしたときなどいくつかあります。

怖さの限界に達すると何かがふっ切れて笑うこともあるので、心理的に見ると面白いものです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-