【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521112942.html
骨肉の争いになりやすい5つの原因

骨肉の争いになりやすい5つの原因 | LADYCO

LADYCO
骨肉の争いになりやすい5つの原因

昔から骨肉の争いというのはお金や権力が関係しており、少しでも優位に立ちたいという気持ちがそれをドロドロとしたものにしてきました。 今日その点で起こり得る骨肉の争いの5つの点を取り上げてみましょう。

  • お金がからむ相続の問題
  • 会社の経営を誰が握るかの争い
  • 異性がらみでの争い
  • ねたみが関係する問題
  • 親のお世話という問題
  • まとめ

1. お金がからむ相続の問題

お金がからむ相続の問題

骨肉の争いとなるのは、主に親が資産を保有している状態で死去してしまったときであり、その時にその遺産を受け取る資格のある兄弟たちの間での相続をどのように行うのかということで揉めることがあります。 相続の問題で人間の本性が明らかになるものであり、血のつながった兄弟同士であったとしてもお金ということになると少しでも妥協しない、取れるだけ取りたいという強い気持ちで交渉することは少なくありません。

そしてこの問題は少ない金額だと問題がないのではと思うかもしれませんが、そのようなことはなく、少しの金額であったとしても生活がかかっていて遺産をあてにしないと苦しい状況の人は妥協することがありません。

骨肉の争いから殺人にまで発展してしまうケースもあるくらいですので、遺産相続の問題になると兄弟だからという甘えはなく、むしろ他人のように接してどこまでも貪欲になる人がいます。 場合によっては少しでも自分に有利になるように悪巧みをしたりすることさえあるに違いありません。

2. 会社の経営を誰が握るかの争い

会社の経営を誰が握るかの争い

骨肉の争いになり得るのはファミリー経営をしていてその中でこれまで親が経営をすべてきてきたという状況の中でその経営の立場を誰に任せるのかということです。 その人の子供たちの誰かに継がせたいという気持ちがあったとしても、それぞれが上に立って経営したいという気持ちがあればそれは骨肉の争いになりますし、ひょっとしたら今の親の社長や会長としての立場を引きずり下ろしたいという気持ちになることもあるでしょう。

親子で揉めることもあれば兄弟同士で誰か社長になるのか、そんなことで骨肉の争いをするのであり、有名な家具屋の会社がそんな骨肉の争いをしていたのは多くの人たちが知っていることです。 後継者問題はドロドロとしてしまうことがあります。

3. 異性がらみでの争い

異性がらみでの争い

家族ぐるみでお付き合いをしている異性がいて、その異性と誰が付き合うのか、そして誰と結婚するのか、ということで骨肉の争いをすることがあります。 場合によってはすでにお付き合いをしているのに、それを横取りしようとしたりして同じ兄弟姉妹という血のつながりがあるのに、欲しいものは欲しいということで、一人の異性を兄弟で取り合いするかのような状況が生じてしまうことがあります。

まさに骨肉の争いであり、お互いに一歩も引く気配はないし、自分の魅力をアピールするし、相手の努力の邪魔をするようなこともするでしょう。 場合によっては別れさせ屋などの業者を使って無理やり別れさせるようなことまでするかもしれません。

4. ねたみが関係する問題

ねたみが関係する問題

兄弟仲良しであるのが一番よいのですが、一方で親の中には、皆に均等に愛することができず愛情が偏ってしまうことがあります。 特定の兄弟だけが特別に愛されるような状況というのはえこひいきであり、それ以外の兄弟は自分はまるで価値がないかのように扱われているように感じるかもしれません。

出来の良い弟と出来の良くない兄という構図も起こり得ることであり、光と影を感じるような関係は時に一方に優越感、他方にねたみや嫉妬という気持ちを抱かせるものとなります。 偏った愛され方を経験する兄弟というのは骨肉の争いをして憎み合ってしまうことがあります。

5. 親のお世話という問題

親のお世話という問題

骨肉の争いまでは発展しかねないのが、誰か親の世話をするのかということで揉めることです。 どの兄弟もそれをしたくないという気持ちから長男がすべきであるとか、親はあなたにしてもらいたがったいるという感じでできるだけ責任逃れをしたくなりますし、そのための費用という点でもできるだけ出したくないゆえに兄弟の誰かに責任を負わせ、自分は楽な立場でいたいと思うことがあります。

親の世話の問題は長期にわたることであり、自分の毎日のライフスタイルを一変させてしまう可能性があるために、簡単には済まない問題です。

そして親の世話に疲れ、自分ばかりがさせられていることに怒りが爆発し、自分の兄弟や姉妹に復讐したいという気持ちを募らせていくこともあります。 こうした問題もドロドロしていて、大きな緊張を生むことになるかもしれません。

まとめ

骨肉の争いというのは、主に親子や兄弟同士の血のつながった者同士の争いですが、それはお金と地位、そして権力などが関係するときにドロドロとした争いへと発展してしまうことが多いです。

普段絶対に口に出さないようなことも口に出してしまうし、その人の利己的な部分が表れてしまうことでしょう。 そうした争いというのは誇りやプライド、金欲が関係しており、それぞれが納得できないと血縁関係を切るような事態にまで発展してしまうこともあるほど恐ろしいものとなり得ます。

昔から骨肉の争いというのはお金や権力が関係しており、少しでも優位に立ちたいという気持ちがそれをドロドロとしたものにしてきました。 今日その点で起こり得る骨肉の争いの5つの点を取り上げてみましょう。


お金がからむ相続の問題

骨肉の争いとなるのは、主に親が資産を保有している状態で死去してしまったときであり、その時にその遺産を受け取る資格のある兄弟たちの間での相続をどのように行うのかということで揉めることがあります。 相続の問題で人間の本性が明らかになるものであり、血のつながった兄弟同士であったとしてもお金ということになると少しでも妥協しない、取れるだけ取りたいという強い気持ちで交渉することは少なくありません。

そしてこの問題は少ない金額だと問題がないのではと思うかもしれませんが、そのようなことはなく、少しの金額であったとしても生活がかかっていて遺産をあてにしないと苦しい状況の人は妥協することがありません。

骨肉の争いから殺人にまで発展してしまうケースもあるくらいですので、遺産相続の問題になると兄弟だからという甘えはなく、むしろ他人のように接してどこまでも貪欲になる人がいます。 場合によっては少しでも自分に有利になるように悪巧みをしたりすることさえあるに違いありません。

会社の経営を誰が握るかの争い

骨肉の争いになり得るのはファミリー経営をしていてその中でこれまで親が経営をすべてきてきたという状況の中でその経営の立場を誰に任せるのかということです。 その人の子供たちの誰かに継がせたいという気持ちがあったとしても、それぞれが上に立って経営したいという気持ちがあればそれは骨肉の争いになりますし、ひょっとしたら今の親の社長や会長としての立場を引きずり下ろしたいという気持ちになることもあるでしょう。

親子で揉めることもあれば兄弟同士で誰か社長になるのか、そんなことで骨肉の争いをするのであり、有名な家具屋の会社がそんな骨肉の争いをしていたのは多くの人たちが知っていることです。 後継者問題はドロドロとしてしまうことがあります。

1 / 3
記事の続きを読む

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-