【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101403.html
失恋後、態度が悪くなった元彼の心理

失恋後、態度が悪くなった元彼の心理 | LADYCO

LADYCO
失恋後、態度が悪くなった元彼の心理

失恋後、態度が悪くなった元彼の心理を8選まとめました。

1. 金輪際、自分にかかわってほしくない

金輪際、自分にかかわってほしくない

金輪際、自分にかかわるなと考えている人は態度がいきなり悪くなったりすることがあります。

特に、これは彼女のほうが原因で別れることになってしまった彼氏によくある行動です。

わかりやすく言えば、浮気をしてしまい、それが彼氏にばれて別れることになったという人はこういう態度をとられてしまう可能性が非常に高いです。

こういう場合は、相手に何を言っても許してもらえることは難しいです。

もし、許してもらいたい、またもう一度付き合いたいというのであれば、まずは反省をするところから始めましょう。

そうしなければ、いつまでたっても許してくれることはないでしょう。

要するに彼氏は態度で反省をしているということを見せてほしいと思っているということになります。

なので、まずはきちんと反省をするところから始めてみてはいかがでしょうか。

2. まだ怒っている

まだ怒っている

これもやはりあなたに原因がある可能性があります。

上記でも言いましたが、浮気が原因で別れることになってしまったという人たちによくあります。

やはり浮気をされたほうはそう簡単に許すことができません。

なので、いざ話しかけようとしても結局話すことができずに以前のように接することができなくなってしまい、態度が悪くなってしまうのでしょう。

はっきり言ってしまえばこれは彼女側に責任があるため、許してもらうために自分の悪いところを直すようにしましょう。

特にもう一度付き合ってもらいたいと考えている人はきちんと直すようにしましょう。

いやもう付き合わなくてもいいやという人たちはなるべく彼氏にはかかわらないようにしたほうがいいかもしれません。

というのも彼氏は何となくもう一度付き合いたいという気持ちを察することができるため、付き合いたいという気持ちがないのに何で今まで通り話しかけてくるんだ、ふざけるなと考えてしまう人も中にはいます。

なので、付き合いたいと考えていないのであれば、なるべくかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

3. 態度を悪くすることで申し訳ないという気持ちにさせたい

態度を悪くすることで申し訳ないという気持ちにさせたい

彼氏の皆さんはよく態度を悪くさせることによって申し訳ないという気持ちにさせたいと考えてしまう人もいますが、このやり方は正直やめたほうがいいでしょう。

そもそも、なぜ申し訳ない気持ちにさえたいのかから考えるようにしましょう。

中には当然罪悪感を持ってもらい悪いところを直してもらいたいと考えている人もいれば、単なる復讐で態度を悪くしている人もいるでしょう。

反省させるために突き放しているのであれば、まだいいほうですが、復讐で突き放しているのであればやめたほうがいいでしょう。

確かに復讐を考えているということは十中八九浮気をされた人が多いでしょう。

しかし、復讐をしたところで何もなりません。

むしろ人を傷つけているのですから、自分も彼女と同じような人間ということになってしまうのです。

何があっても人を傷つけるような人にはならないようにしましょう。

人を傷つけてしまえば、自分を傷つけた彼女と同じということを常に頭に入れておくようにしましょう。

それでは彼女を責めることもできません。

4. 謝ってもらいたい

謝ってもらいたい

やはり中には態度を悪くすることできちんと謝ってもらいたいと考えている人もいます。

ですが、これはきちんと自分の悪いところを直してから謝るようにしましょう。

そうしなければ、彼氏は何も反省していない、ただ誤れば済むと思っているだけじゃないかと考えてしまう可能性があります。

なので、やはりきちんと自分の悪いところを直すようにしてから謝るようにしましょう。

浮気をしてしまった人など、彼氏を裏切ってしまったことが原因で別れたという人たち以外はまだやり直せるチャンスがあります。

きちんと自分の悪いところを直して反省したというところを彼氏にアピールしましょう。

謝る際は彼氏の機嫌のいい時にしましょう。

そうしないとまともに話を聞いてもらえない可能性があります。

きちんと話を聞いてもらえるように空気を読むということも覚えるようにしましょう。

5. やり直したいといってもらいたい

やり直したいといってもらいたい

中にはもう一度付き合ってほしい、やり直したいといってもらおうと思って態度を悪くしてしまう人もいます。

正直こういう人たちと付き合うこと自体危険です。

というのもこういう人たちは何かしら理由をつけて別れたいんだと脅してあなたが泣く姿を見たいがために態度を悪くしたりする変わった性癖の持ち主の可能性があるからです。

なので、いざもう一度付き合うことになっても少しでも悪いことをしたら理由をつけて別れようとし、あなたの悲しむ姿を見ようとしてくる場合もあります。

そうなってしまうとあなたがつらい思いをしてしまうでしょう。

なので、こういう人に別れようといわれたら素直に分かったといい、もうかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

6. どう接していいのかわからない

どう接していいのかわからない

いざ別れることになって、今後どういう風に接したらいいのかよく分かっていない可能性もあります。

そのため、冷たい態度をとってしまったという可能性もあります。

彼氏のみなさんは基本かかわらないようにするか今まで通り友達感覚で話すようにしていきましょう。

間違っても冷たく接したり暴言ばかりはいたりしないようにしましょう。

人を傷つけてしまうような行動は極力控えるようにしましょう。

自然消滅で別れてしまったという人たちは今まで通りに接してあげるようにしましょう。

そうすれば、もしかしたらまた付き合える可能性があるかもしれません。

7. 今の彼女にそうさせられている

今の彼女にそうさせられている

今付き合っている彼女が依存しやすい子で、元カノに話しかけないように強要している可能性があります。

なので、もし相手に彼女がいるのであれば、なるべくかかわらないようにしてあげたほうがいいでしょう。

それが原因で彼氏が別れることになってしまい、彼氏を苦しめてしまう可能性もあります。

なので、なるべくかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

また、依存が強い彼女の方々はなるべく束縛をしないようにしましょう。

束縛は時に彼氏につらい思いをさせてしまう可能性があります。

なので、何でもかんでも縛り付けないようにしましょう。

8. 誰かに命令させられている

誰かに命令させられている

誰かにあいつと仲良くするなと命令されている可能性があります。

というのも私も一時期もうあいつとかかわるなと言われたことがありました。

相手の浮気が原因で別れることになったのですが、それを知った友人たちが制裁しようと周りにいた人たちにかかわらないようにして一人ぼっちにさせようとしていたことが後からわかりました。

どんなにひどいことをされてもこちらがいじめ側にならないようにしましょう。

そうしなければ浮気していた人と同じような人になってしまいます。

まとめ

別れた内容にもよりますが、基本許すことができなくて冷たく接している可能性が非常に高いです。

もし態度が原因で別れることになってしまった、ひどいことを言ってしまって別れることになってしまったという人達はまずは自分の悪いところを直すようにしてから謝るようにしましょう。

そうしなければ、いつまでたっても前のように接してもらえることはないでしょう。

きちんと反省をすることに意味がありますので、自分が原因だとわかっているのであればきちんと反省をするようにしましょう。

失恋後、態度が悪くなった元彼の心理を8選まとめました。

金輪際、自分にかかわってほしくない

金輪際、自分にかかわるなと考えている人は態度がいきなり悪くなったりすることがあります。

特に、これは彼女のほうが原因で別れることになってしまった彼氏によくある行動です。

わかりやすく言えば、浮気をしてしまい、それが彼氏にばれて別れることになったという人はこういう態度をとられてしまう可能性が非常に高いです。

こういう場合は、相手に何を言っても許してもらえることは難しいです。

もし、許してもらいたい、またもう一度付き合いたいというのであれば、まずは反省をするところから始めましょう。

そうしなければ、いつまでたっても許してくれることはないでしょう。

要するに彼氏は態度で反省をしているということを見せてほしいと思っているということになります。

なので、まずはきちんと反省をするところから始めてみてはいかがでしょうか。

まだ怒っている

これもやはりあなたに原因がある可能性があります。

上記でも言いましたが、浮気が原因で別れることになってしまったという人たちによくあります。

やはり浮気をされたほうはそう簡単に許すことができません。

なので、いざ話しかけようとしても結局話すことができずに以前のように接することができなくなってしまい、態度が悪くなってしまうのでしょう。

はっきり言ってしまえばこれは彼女側に責任があるため、許してもらうために自分の悪いところを直すようにしましょう。

特にもう一度付き合ってもらいたいと考えている人はきちんと直すようにしましょう。

いやもう付き合わなくてもいいやという人たちはなるべく彼氏にはかかわらないようにしたほうがいいかもしれません。

というのも彼氏は何となくもう一度付き合いたいという気持ちを察することができるため、付き合いたいという気持ちがないのに何で今まで通り話しかけてくるんだ、ふざけるなと考えてしまう人も中にはいます。

なので、付き合いたいと考えていないのであれば、なるべくかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

態度を悪くすることで申し訳ないという気持ちにさせたい

彼氏の皆さんはよく態度を悪くさせることによって申し訳ないという気持ちにさせたいと考えてしまう人もいますが、このやり方は正直やめたほうがいいでしょう。

そもそも、なぜ申し訳ない気持ちにさえたいのかから考えるようにしましょう。

中には当然罪悪感を持ってもらい悪いところを直してもらいたいと考えている人もいれば、単なる復讐で態度を悪くしている人もいるでしょう。

反省させるために突き放しているのであれば、まだいいほうですが、復讐で突き放しているのであればやめたほうがいいでしょう。

確かに復讐を考えているということは十中八九浮気をされた人が多いでしょう。

しかし、復讐をしたところで何もなりません。

むしろ人を傷つけているのですから、自分も彼女と同じような人間ということになってしまうのです。

何があっても人を傷つけるような人にはならないようにしましょう。

人を傷つけてしまえば、自分を傷つけた彼女と同じということを常に頭に入れておくようにしましょう。

それでは彼女を責めることもできません。

謝ってもらいたい

やはり中には態度を悪くすることできちんと謝ってもらいたいと考えている人もいます。

ですが、これはきちんと自分の悪いところを直してから謝るようにしましょう。

そうしなければ、彼氏は何も反省していない、ただ誤れば済むと思っているだけじゃないかと考えてしまう可能性があります。

なので、やはりきちんと自分の悪いところを直すようにしてから謝るようにしましょう。

浮気をしてしまった人など、彼氏を裏切ってしまったことが原因で別れたという人たち以外はまだやり直せるチャンスがあります。

きちんと自分の悪いところを直して反省したというところを彼氏にアピールしましょう。

謝る際は彼氏の機嫌のいい時にしましょう。

そうしないとまともに話を聞いてもらえない可能性があります。

きちんと話を聞いてもらえるように空気を読むということも覚えるようにしましょう。

やり直したいといってもらいたい

中にはもう一度付き合ってほしい、やり直したいといってもらおうと思って態度を悪くしてしまう人もいます。

正直こういう人たちと付き合うこと自体危険です。

というのもこういう人たちは何かしら理由をつけて別れたいんだと脅してあなたが泣く姿を見たいがために態度を悪くしたりする変わった性癖の持ち主の可能性があるからです。

なので、いざもう一度付き合うことになっても少しでも悪いことをしたら理由をつけて別れようとし、あなたの悲しむ姿を見ようとしてくる場合もあります。

そうなってしまうとあなたがつらい思いをしてしまうでしょう。

なので、こういう人に別れようといわれたら素直に分かったといい、もうかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

どう接していいのかわからない

いざ別れることになって、今後どういう風に接したらいいのかよく分かっていない可能性もあります。

そのため、冷たい態度をとってしまったという可能性もあります。

彼氏のみなさんは基本かかわらないようにするか今まで通り友達感覚で話すようにしていきましょう。

間違っても冷たく接したり暴言ばかりはいたりしないようにしましょう。

人を傷つけてしまうような行動は極力控えるようにしましょう。

自然消滅で別れてしまったという人たちは今まで通りに接してあげるようにしましょう。

そうすれば、もしかしたらまた付き合える可能性があるかもしれません。

今の彼女にそうさせられている

今付き合っている彼女が依存しやすい子で、元カノに話しかけないように強要している可能性があります。

なので、もし相手に彼女がいるのであれば、なるべくかかわらないようにしてあげたほうがいいでしょう。

それが原因で彼氏が別れることになってしまい、彼氏を苦しめてしまう可能性もあります。

なので、なるべくかかわらないようにしたほうがいいでしょう。

また、依存が強い彼女の方々はなるべく束縛をしないようにしましょう。

束縛は時に彼氏につらい思いをさせてしまう可能性があります。

なので、何でもかんでも縛り付けないようにしましょう。

誰かに命令させられている

誰かにあいつと仲良くするなと命令されている可能性があります。

というのも私も一時期もうあいつとかかわるなと言われたことがありました。

相手の浮気が原因で別れることになったのですが、それを知った友人たちが制裁しようと周りにいた人たちにかかわらないようにして一人ぼっちにさせようとしていたことが後からわかりました。

どんなにひどいことをされてもこちらがいじめ側にならないようにしましょう。

そうしなければ浮気していた人と同じような人になってしまいます。

別れた内容にもよりますが、基本許すことができなくて冷たく接している可能性が非常に高いです。

もし態度が原因で別れることになってしまった、ひどいことを言ってしまって別れることになってしまったという人達はまずは自分の悪いところを直すようにしてから謝るようにしましょう。

そうしなければ、いつまでたっても前のように接してもらえることはないでしょう。

きちんと反省をすることに意味がありますので、自分が原因だとわかっているのであればきちんと反省をするようにしましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-