【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521101259.html
元彼の結婚を悔しいと感じる理由

元彼の結婚を悔しいと感じる理由 | LADYCO

LADYCO
元彼の結婚を悔しいと感じる理由

元彼の結婚の事実を知ったときに、胸にグサッとくる女性がいます。

なぜ元彼が結婚すると悔しいのか、その理由を紹介します。

  • 「自分じゃダメなの」という思い
  • 「先を越された」という思い
  • 相手の女性が単純に素敵
  • 自分にない長所がある相手
  • 自分の欠点が浮かび上がる相手
  • 自分との恋愛がステップになっている
  • まだ元彼が好き
  • 痛恨のミスをしてしまった女性
  • 「元彼に不幸にされた」という思い
  • 自分は結婚できそうにない
  • まとめ

1. 「自分じゃダメなの」という思い

「自分じゃダメなの」という思い

元彼は自分と付き合っていたのに、結婚をせずに別れたという事実があります。

なのに結婚をするということは、元彼には結婚の意思があり、そして元彼の結婚相手は「自分じゃダメだった」ということになります。

特に元彼と結婚をしたくて、何度かそのことをほのめかしたことがある女性は、自分じゃダメだった. という思いが強くなるでしょう。

全く知らない相手や、友達の男性、あまり関係性の深くない相手の結婚なら受け流せる女性も、元彼の結婚はスルーできません。

なぜなら自分を良く知っている男性に、「選ばれなかった」という否定の意味合いを感じてしまい、とても悔しくなってしまうのです。

元彼がずっと結婚しないのなら、元彼は結婚を望んでいなかったという結論になり、気持ちが滅入ることもないでしょう。

しかし元彼が結婚をしてしまうと、都合の良い解釈もできなくなってしまいます。

しかし元彼にも結婚をするタイミングがあり、出会った時期が違ったら結婚をしていたかもしれません。

あまり深く考えて悩むのは止めましょう。

2. 「先を越された」という思い

「先を越された」という思い

元彼と学生時代の同級生だったり、新卒で知り合い付き合い始めたカップルだったりすると、元彼の結婚を聞いて「先を越された」と思う気持ちが強いかもしれません。

同級生の男性が先に結婚すると、かなり先を越された感じになります。

先を越されたのは事実ですが、悔しいと思うかどうかは女性次第です。

ライバル心が強く、負けず嫌いで、どんなことでも負けたくないタイプの女性は、元彼の結婚を悔しく思うかもしれません。

もちろん人生に勝ち負けはありませんし、結婚という土俵でも「先に結婚した方が勝ち」ということはありません。

元彼の結婚は祝福して、自分も素敵な結婚相手を選んで幸せになることを考えたほうがいいでしょう。

3. 相手の女性が単純に素敵

相手の女性が単純に素敵

元彼の結婚相手が単純に素敵だった場合、悔しいと思うかもしれません。

自分よりも上だなと感じられる女性に対して、ライバル心が出てしまう女性は特にそうでしょう。

女性としての魅力の勝負に敗れたと考えてしまうかもしれません。

一方で素敵な女性のことは単純に素敵だと思える素直な女性もいます。

元彼が素敵な女性を捕まえたことを、シンプルに祝福できるタイプの女性です。

このような優しい女性なら、すぐに素敵な彼氏や結婚相手がみつかるでしょう。

4. 自分にない長所がある相手

自分にない長所がある相手

元彼の結婚相手が、自分にない長所を持っている場合はショックを受けるかもしれません。

特にそのことがコンプレックスになっている女性はなおさらです。

例えば元彼が8頭身美人と結婚した時に、スタイルに自信のない女性はショックを受けるでしょう。

「この部分で彼女に負けた」と打ちひしがれてしまうかもしれません。

もちろん彼が彼女を結婚相手に選んだ理由は全く違うかもしれません。

一緒にいて落ち着く女性だからかもしれません。

何かはっきりしたコンプレックスを持っている女性は、その点を誤解しやすいので注意が必要です。

5. 自分の欠点が浮かび上がる相手

自分の欠点が浮かび上がる相手

元彼の結婚相手を見ると、自分の欠点が浮かび上がるように感じることがあります。

例えば料理上手の女性と元彼が結婚した時に、料理ができない女性は衝撃を受けるかもしれません。

元彼は、自分が料理ができないことに、ずっと不満を持っていたのだろうと感じてしまうでしょう。

自分の欠点を目の前に突き付けられたような嫌な気持ちになるかもしれません。

特に料理を上手に作れないことに気付いていて、いつか料理ができるようになりたいと思っていた人ほど「遅かった」と思ってしまうかもしれません。

元彼が彼女を選んだ理由は、やはりまるで違うかもしれません。

「そろそろ結婚して落ち着きたい」と単純に思っただけの可能性が高いです。

自分の欠点のせいで元彼と結婚できなかったと思ってしまう必要はありません。

6. 自分との恋愛がステップになっている

自分との恋愛がステップになっている

元彼の結婚相手と会った時に、自分との恋愛が「ステップ」になったなと感じることがあります。

例えば彼女が「とても優しい女性」だった時に、元彼が優しい女性を選んだのは、気が強い女性と付き合って「反省したから」だと考えてしまいます。

もちろん気の強い女性とは元カノである自分のことです。

つまり元彼は自分との恋愛で学んだことを活かし、結婚相手を選んだのだと感じてしまうのです。

自分の恋愛がステップだと感じると、踏み台にされたようで嫌かもしれません。

しかし自分が結婚相手を選ぶ時に、元彼との恋愛をステップにすればおあいこです。

素敵な結婚相手を選び、素敵な結婚をしましょう。

7. まだ元彼が好き

まだ元彼が好き

まだ元彼のことが忘れられない女性は、元彼の結婚にショックを受けます。

元彼の結婚は「完全にふられた」ということを意味しますので、ショックを受けても仕方のないことでしょう。

なるべく早く元彼の思いを吹っ切ることが大切です。

元彼の結婚により次の恋愛に進みやすくなったことを感謝するようにしましょう。

8. 痛恨のミスをしてしまった女性

痛恨のミスをしてしまった女性

元彼と結婚するはずだったのに、何か大きなミスをして別れることになった女性がいるでしょう。

このような「痛恨のミス」をしたために、元彼との関係を終わらせてしまった女性は、元彼の結婚にショックを受けるでしょう。

例えばそれは「浮気」かもしれません。

それも酔った勢いでしてしまった、好きでもない相手との一夜だけの関係かもしれまえせん。

あのミスさえなければ、今頃元彼と結婚していたのは自分だったと思うと、いたたまれない気持ちになるでしょう。

この場合も気持ちを切り替えることが大切です。

早く元彼のことを忘れて、新しい第一歩を踏み出すようにしましょう。

9. 「元彼に不幸にされた」という思い

「元彼に不幸にされた」という思い

元彼との恋愛が必ずしも良いものでなかった女性もいるでしょう。

元彼と付き合ったことにより、自分が不幸になったと感じている女性もいます。

そのような女性は、元彼が結婚をしてしあわせになることを許せないかもしれません。

または結婚相手が自分と同じようにならないか、心配になる場合もあるかもしれません。

10. 自分は結婚できそうにない

自分は結婚できそうにない

元彼は晴れて結婚をしたけれど、自分はこの先、結婚できそうにない. このように考えてしまうと悲しくなります。

元彼の結婚に悔しいと思ってしまい、「なぜ別れてしまったんだろう」と今さらながらに後悔するかもしれません。

しかし元彼と別れたのには確かな理由があったはずです。

昔は良かったと思って、過去に逃げ込んでも意味はありません。

それよりも、もっと素敵な男性と恋愛をして結婚をするように前向きな気持ちになれるよう、気分をアップしましょう。

また結婚だけがしあわせにつながる道ではありません。

自分なりのしあわせになる方法を探し、素敵な人生を送りましょう。

まとめ

元彼の結婚を悔しいと感じる女性は、元彼と別れたことを後悔している女性かもしれません。

または元彼の結婚を祝福できない理由がある女性かもしれません。

また単純に「結婚はいいもの」と思いすぎている女性かもしれません。

元彼が結婚できたのに、自分はできないと思ってしまうと、元彼の結婚は悔しいものになります。

しかし「自分はもっと素敵な男性と結婚できる」と思いさえすれば、元彼を平気で祝福できるようになるでしょう。

元彼の結婚の事実を知ったときに、胸にグサッとくる女性がいます。

なぜ元彼が結婚すると悔しいのか、その理由を紹介します。


「自分じゃダメなの」という思い

元彼は自分と付き合っていたのに、結婚をせずに別れたという事実があります。

なのに結婚をするということは、元彼には結婚の意思があり、そして元彼の結婚相手は「自分じゃダメだった」ということになります。

特に元彼と結婚をしたくて、何度かそのことをほのめかしたことがある女性は、自分じゃダメだった. という思いが強くなるでしょう。

全く知らない相手や、友達の男性、あまり関係性の深くない相手の結婚なら受け流せる女性も、元彼の結婚はスルーできません。

なぜなら自分を良く知っている男性に、「選ばれなかった」という否定の意味合いを感じてしまい、とても悔しくなってしまうのです。

元彼がずっと結婚しないのなら、元彼は結婚を望んでいなかったという結論になり、気持ちが滅入ることもないでしょう。

しかし元彼が結婚をしてしまうと、都合の良い解釈もできなくなってしまいます。

しかし元彼にも結婚をするタイミングがあり、出会った時期が違ったら結婚をしていたかもしれません。

あまり深く考えて悩むのは止めましょう。

「先を越された」という思い

元彼と学生時代の同級生だったり、新卒で知り合い付き合い始めたカップルだったりすると、元彼の結婚を聞いて「先を越された」と思う気持ちが強いかもしれません。

同級生の男性が先に結婚すると、かなり先を越された感じになります。

先を越されたのは事実ですが、悔しいと思うかどうかは女性次第です。

ライバル心が強く、負けず嫌いで、どんなことでも負けたくないタイプの女性は、元彼の結婚を悔しく思うかもしれません。

もちろん人生に勝ち負けはありませんし、結婚という土俵でも「先に結婚した方が勝ち」ということはありません。

元彼の結婚は祝福して、自分も素敵な結婚相手を選んで幸せになることを考えたほうがいいでしょう。

相手の女性が単純に素敵

元彼の結婚相手が単純に素敵だった場合、悔しいと思うかもしれません。

自分よりも上だなと感じられる女性に対して、ライバル心が出てしまう女性は特にそうでしょう。

女性としての魅力の勝負に敗れたと考えてしまうかもしれません。

一方で素敵な女性のことは単純に素敵だと思える素直な女性もいます。

元彼が素敵な女性を捕まえたことを、シンプルに祝福できるタイプの女性です。

このような優しい女性なら、すぐに素敵な彼氏や結婚相手がみつかるでしょう。

自分にない長所がある相手

元彼の結婚相手が、自分にない長所を持っている場合はショックを受けるかもしれません。

特にそのことがコンプレックスになっている女性はなおさらです。

例えば元彼が8頭身美人と結婚した時に、スタイルに自信のない女性はショックを受けるでしょう。

「この部分で彼女に負けた」と打ちひしがれてしまうかもしれません。

もちろん彼が彼女を結婚相手に選んだ理由は全く違うかもしれません。

一緒にいて落ち着く女性だからかもしれません。

何かはっきりしたコンプレックスを持っている女性は、その点を誤解しやすいので注意が必要です。

自分の欠点が浮かび上がる相手

元彼の結婚相手を見ると、自分の欠点が浮かび上がるように感じることがあります。

例えば料理上手の女性と元彼が結婚した時に、料理ができない女性は衝撃を受けるかもしれません。

元彼は、自分が料理ができないことに、ずっと不満を持っていたのだろうと感じてしまうでしょう。

自分の欠点を目の前に突き付けられたような嫌な気持ちになるかもしれません。

特に料理を上手に作れないことに気付いていて、いつか料理ができるようになりたいと思っていた人ほど「遅かった」と思ってしまうかもしれません。

元彼が彼女を選んだ理由は、やはりまるで違うかもしれません。

「そろそろ結婚して落ち着きたい」と単純に思っただけの可能性が高いです。

自分の欠点のせいで元彼と結婚できなかったと思ってしまう必要はありません。

自分との恋愛がステップになっている

元彼の結婚相手と会った時に、自分との恋愛が「ステップ」になったなと感じることがあります。

例えば彼女が「とても優しい女性」だった時に、元彼が優しい女性を選んだのは、気が強い女性と付き合って「反省したから」だと考えてしまいます。

もちろん気の強い女性とは元カノである自分のことです。

つまり元彼は自分との恋愛で学んだことを活かし、結婚相手を選んだのだと感じてしまうのです。

自分の恋愛がステップだと感じると、踏み台にされたようで嫌かもしれません。

しかし自分が結婚相手を選ぶ時に、元彼との恋愛をステップにすればおあいこです。

素敵な結婚相手を選び、素敵な結婚をしましょう。

まだ元彼が好き

まだ元彼のことが忘れられない女性は、元彼の結婚にショックを受けます。

元彼の結婚は「完全にふられた」ということを意味しますので、ショックを受けても仕方のないことでしょう。

なるべく早く元彼の思いを吹っ切ることが大切です。

元彼の結婚により次の恋愛に進みやすくなったことを感謝するようにしましょう。

痛恨のミスをしてしまった女性

元彼と結婚するはずだったのに、何か大きなミスをして別れることになった女性がいるでしょう。

このような「痛恨のミス」をしたために、元彼との関係を終わらせてしまった女性は、元彼の結婚にショックを受けるでしょう。

例えばそれは「浮気」かもしれません。

それも酔った勢いでしてしまった、好きでもない相手との一夜だけの関係かもしれまえせん。

あのミスさえなければ、今頃元彼と結婚していたのは自分だったと思うと、いたたまれない気持ちになるでしょう。

この場合も気持ちを切り替えることが大切です。

早く元彼のことを忘れて、新しい第一歩を踏み出すようにしましょう。

「元彼に不幸にされた」という思い

元彼との恋愛が必ずしも良いものでなかった女性もいるでしょう。

元彼と付き合ったことにより、自分が不幸になったと感じている女性もいます。

そのような女性は、元彼が結婚をしてしあわせになることを許せないかもしれません。

または結婚相手が自分と同じようにならないか、心配になる場合もあるかもしれません。

自分は結婚できそうにない

元彼は晴れて結婚をしたけれど、自分はこの先、結婚できそうにない. このように考えてしまうと悲しくなります。

元彼の結婚に悔しいと思ってしまい、「なぜ別れてしまったんだろう」と今さらながらに後悔するかもしれません。

しかし元彼と別れたのには確かな理由があったはずです。

昔は良かったと思って、過去に逃げ込んでも意味はありません。

それよりも、もっと素敵な男性と恋愛をして結婚をするように前向きな気持ちになれるよう、気分をアップしましょう。

また結婚だけがしあわせにつながる道ではありません。

自分なりのしあわせになる方法を探し、素敵な人生を送りましょう。

元彼の結婚を悔しいと感じる女性は、元彼と別れたことを後悔している女性かもしれません。

または元彼の結婚を祝福できない理由がある女性かもしれません。

また単純に「結婚はいいもの」と思いすぎている女性かもしれません。

元彼が結婚できたのに、自分はできないと思ってしまうと、元彼の結婚は悔しいものになります。

しかし「自分はもっと素敵な男性と結婚できる」と思いさえすれば、元彼を平気で祝福できるようになるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-