【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521094812.html
元彼が気になる心理

元彼が気になる心理 | LADYCO

LADYCO
元彼が気になる心理

ふと過去のことを思い出してしまうことはありませんか?

その中でも恋愛の思い出や情報は、良いものも悪いものも忘れがたく、記憶に残ってしまいがちです。

新しい彼氏がいるのに、彼氏がなんて思っていないのに、今充実しているのに、突然昔のことがよみがえってきてしまうことは少ないのではないでしょうか。

別れたはずの人のことを気になってしまうのは、どうしてなのでしょうか。

ここでは、元彼が気になってしまう心理について、いろいろなパターンで考えてみました。

  • 寂しい
  • 気持ちがよみがえって
  • デートの思い出
  • 五感の記憶
  • 愛着がある
  • ただの欲求
  • 彼氏が欲しい
  • お金に困っている
  • 何してるんだろう
  • まだ好き
  • まとめ

1. 寂しい

寂しい

お付き合いをしている間は、常に仲の良い関係の存在がいるわけで、好きな時に会えるでしょうから、寂しさを感じなくなっていることが多いです。

また彼氏がいる時に感じる寂しさは、嫉妬や幸せだからこそのものなので、孤独から感じる寂しさとは違うものだと考えます。

友達はいても彼氏を失うことで心のよりどころを一つ失ってしまうことになるので、心にぽっかり穴が空いたような状態になるでしょう。

ですから、いくら元気を装ってみたとしても、どこか寂しげになってしまうでしょう。

ふと感じてしまう感情だと思うので、防ぐというのは難しいでしょう。

そんな時、元彼の存在は確実にチラつきます。

2. 気持ちがよみがえって

気持ちがよみがえって

好きだった時の気持ちがよみがえってきて、独りぼっちだと感じてしまい元彼にもすがりたいような気持ちになります。

そんなとき、元彼のことがチラつきます。

ただ現在好きという気持ちが続いているかどうかとは違うので、思い出がよみがえってきているだけだと考えられます。

「2人で過ごす時間は幸せだな」とか「好きって美しい気持ちだな」とか、相手がいないとわからないような気持ちを思い浮かべたり感じたりすると、過去に感じたその気持ちがよみがえってきてしまうのかもしれません。

うれしくも寂しい現実ですね。

3. デートの思い出

デートの思い出

例えば新しい彼氏や友達と元彼との思い出の場所に行った時、過去を思い出します。

「毎日一緒に下校した通学路」とか「いつも立ち話をした高架下」とか「初めてキスした公園」とか、青春ですね。

青春時代の記憶のほうが深く刻まれる気がします。

きっとその場所でも楽しめますが、「昔はあの人と行ったな」とか「あの時はあんなことしたな」とかよみがえってしまうものです。

そしてそれが楽しい思い出だったりすると、今の彼氏を放っておいてしまうくらい思い出に浸ってしまうこともなくはないでしょう。

嫌な思い出はもちろん、楽しかった思い出も後には残酷な記憶になったりもします。

4. 五感の記憶

五感の記憶

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚に残っている記憶から、元彼を連想してしまうこともあります。

例えば視覚は元彼と同じような顔の人がいたとか、例えば嗅覚はタバコを吸う元彼なら同じタバコの臭いとか、例えば聴覚は元彼の声に似ているとか、例えば味覚は一緒に食べた思い出の料理とか、例えば触覚は肌触りとかです。

当時は思い出になるなんて思ってなかったようなことが、後になって深く記憶に残る出来事になるなんてという感じです。

でも五感は自然な記憶なので、止められないし強く印象に残るものに間違いないでしょう。

5. 愛着がある

愛着がある

長い間お付き合いをしていた場合、嫌いになって別れたとしても、なんだかんだ寂しく思う時があります。

それが愛着からくる感情です。

小さいころずっと思っていたお人形などを今は使わないのに捨てられないことってありますよね。

愛着とはそういうようなものです。

必要の可否に関わらず捨てがたい、離れがたいと思ってしまって、元彼の現在さえも気になってしまいます。

でも好きではないので将来はないでしょうが、なぜだか気にしてしまうものです。

6. ただの欲求

ただの欲求

お付き合いをするわけですから、大人なら体の関係があってもおかしくありません。

慢性化していた場合は特に、一人になってしまうと身体が寂しさを感じてしまうかもしれません。

脳では「嫌い」「いらない」「別れて正解」と思っていても、身体が「欲しい」「必要」「会いたい」と思ってしまっていると、自分の中でモヤモヤが発生し、気にせずにはいられなくなってしまうでしょう。

この感覚はあまり良くないですし危険なので、要注意です。

7. 彼氏が欲しい

彼氏が欲しい

新しい彼氏がいれば大丈夫でしょうが、新しい彼氏ができていなくて一人の場合は、ただ彼氏が欲しくて元彼に目がいってしまうことがあります。

好きだとかそういう感情ではなく、彼氏依存症になってしまっているのではないでしょうか。

しかしそうなってしまうと、もう誰でも良くなってしまっている可能性があります。

だから嫌いになって別れたはずの元彼のことまでも気になってしまうのでしょう。

気をつけでほしいものです。

8. お金に困っている

お金に困っている

男の人がいればおごってもらえるという感覚がある女性は少なからず存在するでしょう。

好きとか嫌いとかではなくお金のために男の人を求める場合は、誰でもいいので、元彼もその選択肢のうちに入ります。

昔一緒に時間を過ごした仲ですから、身近ですし誘いやすいです。

ですから、現在の素性等は把握しておきたいのでしょう。

純粋な気になるという気持ちとは全く違う、ひん曲がった感情です。

でもそう感じられる人は、女に生まれて幸せですね。

9. 何してるんだろう

何してるんだろう

ただただ単純に、何をしているのか気になってしまうことはよくあることでしょう。

元彼に限らず、昔の友達やライバルなど過去に深く関わったり個人的にライバル視していたり、そんな人は記憶に残りやすいので、ずっと会っていないと「今は何をしているのか」気になるでしょう。

でも知ったところでどうこうしないし、特に何も思いはしないでしょう。

ちょっと気になるだけです。

知って、「あ、今はこんなことしてるんだ」「こんな人になったんだ」「新しい彼女もできたのか」など事実を見るだけです。

そこに可も不可もないでしょう。

10. まだ好き

まだ好き

気になるということは、まだ好きなのかもしれません。

はっきりとした好意はなくても、どこか他の人とは違う感情がわいてしまっているのであれば、もしかしたらそれは好きという気持ちなのかもしれません。

別に悪いことではないですし、少なくない感情です。

好きだからこそ気になるし、好きだからこそその気持ちを抑えられないのでしょう。

でも一度別れてしまっているので、復縁しようと思ったら少し大変でしょう。

ただ一度好きになった人ですから、お互いに近寄りたいという気持ちがあれば、発展するのにそれほど時間は必要ないと考えます。

ただし、どちらからでも勇気は必要ですね。

まとめ

理由は人それぞれだとは思いますが、記憶が飛ばない限り過去を完全に消し去ることはできません。

良き思い出も悪き思い出も、忘れようと意識したって頭のどこか隅には残ってしまうものです。

でも、過去を選ぶか現実を選ぶかという選択に迫られたら、迷わず現実を選択すべきです。

過去に何があろうとも、今が幸せであればそれでいいのです。

もしも元彼との復縁を考えるのであれば、そうすることでこれから自分自身が幸せになれると思うのであれば復縁を望むべきですが、愛着や過去の記憶だけで復縁を望むのはやめておくのが最善でしょう。

気になるで留めておきましょう。

どちらにせよ、選択の機会は何度もあるでしょうから、失敗を恐れず直感で判断するのが良いと考えます。

気になるという些細な気持ちも大切にしましょう。

上記は個人的な意見ですので、批判等は受け付けません。

ふと過去のことを思い出してしまうことはありませんか?

その中でも恋愛の思い出や情報は、良いものも悪いものも忘れがたく、記憶に残ってしまいがちです。

新しい彼氏がいるのに、彼氏がなんて思っていないのに、今充実しているのに、突然昔のことがよみがえってきてしまうことは少ないのではないでしょうか。

別れたはずの人のことを気になってしまうのは、どうしてなのでしょうか。

ここでは、元彼が気になってしまう心理について、いろいろなパターンで考えてみました。


寂しい

お付き合いをしている間は、常に仲の良い関係の存在がいるわけで、好きな時に会えるでしょうから、寂しさを感じなくなっていることが多いです。

また彼氏がいる時に感じる寂しさは、嫉妬や幸せだからこそのものなので、孤独から感じる寂しさとは違うものだと考えます。

友達はいても彼氏を失うことで心のよりどころを一つ失ってしまうことになるので、心にぽっかり穴が空いたような状態になるでしょう。

ですから、いくら元気を装ってみたとしても、どこか寂しげになってしまうでしょう。

ふと感じてしまう感情だと思うので、防ぐというのは難しいでしょう。

そんな時、元彼の存在は確実にチラつきます。

気持ちがよみがえって

好きだった時の気持ちがよみがえってきて、独りぼっちだと感じてしまい元彼にもすがりたいような気持ちになります。

そんなとき、元彼のことがチラつきます。

ただ現在好きという気持ちが続いているかどうかとは違うので、思い出がよみがえってきているだけだと考えられます。

「2人で過ごす時間は幸せだな」とか「好きって美しい気持ちだな」とか、相手がいないとわからないような気持ちを思い浮かべたり感じたりすると、過去に感じたその気持ちがよみがえってきてしまうのかもしれません。

うれしくも寂しい現実ですね。

デートの思い出

例えば新しい彼氏や友達と元彼との思い出の場所に行った時、過去を思い出します。

「毎日一緒に下校した通学路」とか「いつも立ち話をした高架下」とか「初めてキスした公園」とか、青春ですね。

青春時代の記憶のほうが深く刻まれる気がします。

きっとその場所でも楽しめますが、「昔はあの人と行ったな」とか「あの時はあんなことしたな」とかよみがえってしまうものです。

そしてそれが楽しい思い出だったりすると、今の彼氏を放っておいてしまうくらい思い出に浸ってしまうこともなくはないでしょう。

嫌な思い出はもちろん、楽しかった思い出も後には残酷な記憶になったりもします。

五感の記憶

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚に残っている記憶から、元彼を連想してしまうこともあります。

例えば視覚は元彼と同じような顔の人がいたとか、例えば嗅覚はタバコを吸う元彼なら同じタバコの臭いとか、例えば聴覚は元彼の声に似ているとか、例えば味覚は一緒に食べた思い出の料理とか、例えば触覚は肌触りとかです。

当時は思い出になるなんて思ってなかったようなことが、後になって深く記憶に残る出来事になるなんてという感じです。

でも五感は自然な記憶なので、止められないし強く印象に残るものに間違いないでしょう。

愛着がある

長い間お付き合いをしていた場合、嫌いになって別れたとしても、なんだかんだ寂しく思う時があります。

それが愛着からくる感情です。

小さいころずっと思っていたお人形などを今は使わないのに捨てられないことってありますよね。

愛着とはそういうようなものです。

必要の可否に関わらず捨てがたい、離れがたいと思ってしまって、元彼の現在さえも気になってしまいます。

でも好きではないので将来はないでしょうが、なぜだか気にしてしまうものです。

ただの欲求

お付き合いをするわけですから、大人なら体の関係があってもおかしくありません。

慢性化していた場合は特に、一人になってしまうと身体が寂しさを感じてしまうかもしれません。

脳では「嫌い」「いらない」「別れて正解」と思っていても、身体が「欲しい」「必要」「会いたい」と思ってしまっていると、自分の中でモヤモヤが発生し、気にせずにはいられなくなってしまうでしょう。

この感覚はあまり良くないですし危険なので、要注意です。

彼氏が欲しい

新しい彼氏がいれば大丈夫でしょうが、新しい彼氏ができていなくて一人の場合は、ただ彼氏が欲しくて元彼に目がいってしまうことがあります。

好きだとかそういう感情ではなく、彼氏依存症になってしまっているのではないでしょうか。

しかしそうなってしまうと、もう誰でも良くなってしまっている可能性があります。

だから嫌いになって別れたはずの元彼のことまでも気になってしまうのでしょう。

気をつけでほしいものです。

お金に困っている

男の人がいればおごってもらえるという感覚がある女性は少なからず存在するでしょう。

好きとか嫌いとかではなくお金のために男の人を求める場合は、誰でもいいので、元彼もその選択肢のうちに入ります。

昔一緒に時間を過ごした仲ですから、身近ですし誘いやすいです。

ですから、現在の素性等は把握しておきたいのでしょう。

純粋な気になるという気持ちとは全く違う、ひん曲がった感情です。

でもそう感じられる人は、女に生まれて幸せですね。

何してるんだろう

ただただ単純に、何をしているのか気になってしまうことはよくあることでしょう。

元彼に限らず、昔の友達やライバルなど過去に深く関わったり個人的にライバル視していたり、そんな人は記憶に残りやすいので、ずっと会っていないと「今は何をしているのか」気になるでしょう。

でも知ったところでどうこうしないし、特に何も思いはしないでしょう。

ちょっと気になるだけです。

知って、「あ、今はこんなことしてるんだ」「こんな人になったんだ」「新しい彼女もできたのか」など事実を見るだけです。

そこに可も不可もないでしょう。

まだ好き

気になるということは、まだ好きなのかもしれません。

はっきりとした好意はなくても、どこか他の人とは違う感情がわいてしまっているのであれば、もしかしたらそれは好きという気持ちなのかもしれません。

別に悪いことではないですし、少なくない感情です。

好きだからこそ気になるし、好きだからこそその気持ちを抑えられないのでしょう。

でも一度別れてしまっているので、復縁しようと思ったら少し大変でしょう。

ただ一度好きになった人ですから、お互いに近寄りたいという気持ちがあれば、発展するのにそれほど時間は必要ないと考えます。

ただし、どちらからでも勇気は必要ですね。

理由は人それぞれだとは思いますが、記憶が飛ばない限り過去を完全に消し去ることはできません。

良き思い出も悪き思い出も、忘れようと意識したって頭のどこか隅には残ってしまうものです。

でも、過去を選ぶか現実を選ぶかという選択に迫られたら、迷わず現実を選択すべきです。

過去に何があろうとも、今が幸せであればそれでいいのです。

もしも元彼との復縁を考えるのであれば、そうすることでこれから自分自身が幸せになれると思うのであれば復縁を望むべきですが、愛着や過去の記憶だけで復縁を望むのはやめておくのが最善でしょう。

気になるで留めておきましょう。

どちらにせよ、選択の機会は何度もあるでしょうから、失敗を恐れず直感で判断するのが良いと考えます。

気になるという些細な気持ちも大切にしましょう。

上記は個人的な意見ですので、批判等は受け付けません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-