【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180521093734.html
マザコンの心理

マザコンの心理 | LADYCO

LADYCO
マザコンの心理

母親のことを大切に思うのは決して悪いことではありません。

しかし、それが度を過ぎてしまうと、マザコンと呼ばれてマイナスなイメージを抱かれる方も多いとされています。

マザコンというワードは男性だけに使われるのではなく、女性においても母親に依存している人マザコンと呼ぶのですが、ではマザコンの心理とはどのようなものなのでしょうか。

母親に依存しているマザコンの心理をご紹介します。

  • あまえん坊
  • 一人で決断することが出来ない
  • 自分に自信がない
  • 依存性がある
  • 自分の意見を言えない
  • 母親を毛嫌いする
  • 依存していることを認めない
  • 心配症
  • 人を信用していない
  • 母親に哀れみを感じている
  • まとめ

1. あまえん坊

あまえん坊

マザコンというと、一人で過ごすことが出来ない、あまえん坊である傾向にあります。

これは母親だけではなく、恋人や友達にも当てはまることであり、マザコンの人というのは誰かに甘えていないと気が済まないといったような心理状態にある傾向が見られます。

そのため、恋人になった人が異様な程甘えん坊である場合、マザコンとである可能性というのは非常に高いとされています。

2. 一人で決断することが出来ない

一人で決断することが出来ない

マザコンというと、母親に甘えているだけの人のことだと思われている方も多いのですが、実際のマザコンというのは、母親の言うことは絶対であると信じている人であり、物事を幼い頃から自分で決断することができず、母親に相談して決めてもらっていたタイプが多いと言えます。

そのため、マザコンである人というのは、自分で決断を下すことが出来ないようなタイプの人というのが多く、誰かに決定してもらいたいタイプであるとされています。

3. 自分に自信がない

自分に自信がない

自分に自身が持てないという人はマザコンの心理として挙げられています。

マザコンの人は実は幼い頃から母親の愛情を感じたことがなかった人というのが多く、なにか達成することができても褒めてもらった経験がないというような人は、自分に自信が持てない傾向にあります。

自信が持てないため、自分よりも優れていると思い込んでいる母親に頼る傾向があり、その結果、マザコンと呼ばれるに至る人が多いとされています。

4. 依存性がある

依存性がある

マザコンの人というのは、依存心が強く、母親だけではなく、物や人に対しての独占欲が人一倍強い傾向にあります。

母親というのは産まれる前からずっと一緒にいる存在です。

依存性がある人というのは、長い間一緒に過ごしてきた相手には異様な程依存をしてしまう傾向にあります。

そのため、お腹にいるときからずっと一緒であった母親には自分のものであるという所有者のような意識が芽生えている人も少なくはありません。

小さい頃にもらったぬいぐるみやタオルケットなどがボロボロになっても捨てることが出来ずにいるようなタイプというの依存性が強く、マザコンである可能性が非常に高いとされています。

5. 自分の意見を言えない

自分の意見を言えない

自分の意見を言うことが出来ないようなタイプの人というのは、常に母親の顔色を窺って生活をしてきた可能性があり、マザコンタイプであるとされています。

マザコンは母親の言うことに逆らうことが出来ないようなタイプのことを言い、小さな頃から自分の意見を聞いてもらえずに、母親が望むようなことをしてきた傾向にあります。

行きたい学校よりも母親が望む学校の試験を挑んだり、母親が好むような友人と遊んだりと、母親が納得するような自分を演じてきた傾向にあるため、自分の意見を言うことが出来ないようなタイプの人は母親にはさからえないマザコンであるとされています。

6. 母親を毛嫌いする

母親を毛嫌いする

実はマザコンの人には母親を毛嫌いしているといった方も少なくはありません。

母親の悪口を言ったり、母親と離れたいと思ってはいたり、母親に対してなにか恨みでもあるかのような感情を抱いているような人は、一見マザコンとはほど遠いとされていますが、毛嫌いをしているということは母親を強く意識しており、毛嫌いしているはずなのに母親に指図されことに対して絶対的に従うようなタイプというのは、真相心理のなかでは母親の支配下にあり、母親に依存をしているマザコンであると言えるのです。

7. 依存していることを認めない

依存していることを認めない

マザコンである人というのは、自分がマザコンであるということを絶対に認めようとはしません。

周りに対しては母親のことを嫌っているようなぶっきらぼうな態度を取ったりと、母親に依存していることを周りに悟られないようにしていたり、自身も気がついていない傾向にあります。

8. 心配症

心配症

心配症の人はマザコンである可能性が高いと言われています。

その背景には、マザコンというのは、母親に対して安心感と自分の生き方への導きを求めています。

そのため、母親の存在がない場面では自分の決断が正しかったのかなどの心配が生じやすく、心配症である傾向にあります。

ただの心配症であれば母親に助言を求めたり、母親に悩みを打ち明けただけでその心配から解放されるということはないのですが、マザコンである人は、悩みを母親に打ち明けただけで心が晴れるような思いになれ、母親を精神安定剤のように感じている傾向にあります。

9. 人を信用していない

人を信用していない

マザコンの人は母親を信用していると思われがちですが、実は母親を信用していないからこそマザコンになってしまう傾向にあります。

恋人に異様なまでに依存してしまうのは、恋人の浮気などを心配しているからであり、信用しているのであれば依存する必要性はありません。

同じようにマザコンの人というのは、母親を信用しているようで、実は信用できていない部分があるため依存してしまうのです。

母親である前に一人の人間であるためいつか裏切るのではないか、嫌われるのではない、または嫌われているとさえ感じてしまっているといった心理状態も見られます。

10. 母親に哀れみを感じている

母親に哀れみを感じている

マザコンである人の心理状態として、母親に対してあわれみのような感情を抱いているような人も少なくはありません。

特に片親として育ててきてくれたり、父親との関係があまりよくない家庭で育ってきた場合は、母親が無力であり、自分が離れてしまったら一人っきりになってしまうのではないだろうかという哀れみを抱いている傾向も見られます。

そのため、母親に対して自分は離れないし裏切らないから大丈夫だという意味を込めて接していく傾向にあり、母親の機嫌を損ねたり、心配をさせないように母親に依存してしまうといったケースも少なくはありません。

まとめ

マザコンというと、母親に甘えて常に一緒にいるというイメージを持たれていたと思いますが、真のマザコンというのは甘えだけではない心の闇があるということが理解できたのではないでしょうか。

マザコンの定義があやふやになってしまい、母親と買い物に行って荷物をもってあげただけでマザコンと呼ばれてしまう傾向にありますが、母親のためになにかをしてあげるというのはマザコンではなく親孝行です。

マザコンというのは、母親の支配下にあるような状態のことを言い、なにかを決断しなくてはならない時には母親に相談しなくては決められなかったり、母親の望むような自分になることで頭が一杯の人のことを言うのです。

親孝行とマザコンは紙一重だとされていますが、マザコンの心理を知ることでその違いは明確です。

親孝行は母親のために協力をしてあげることが出来る自立した人であり、マザコンは母親が喜ぶ自分にならなくてはならないと奮闘をしているような人のことを言い、自立できていない母親ありきの人であったり、自分を強く持てないタイプの人である傾向にあります。

母親のことを大切に思うのは決して悪いことではありません。

しかし、それが度を過ぎてしまうと、マザコンと呼ばれてマイナスなイメージを抱かれる方も多いとされています。

マザコンというワードは男性だけに使われるのではなく、女性においても母親に依存している人マザコンと呼ぶのですが、ではマザコンの心理とはどのようなものなのでしょうか。

母親に依存しているマザコンの心理をご紹介します。


あまえん坊

マザコンというと、一人で過ごすことが出来ない、あまえん坊である傾向にあります。

これは母親だけではなく、恋人や友達にも当てはまることであり、マザコンの人というのは誰かに甘えていないと気が済まないといったような心理状態にある傾向が見られます。

そのため、恋人になった人が異様な程甘えん坊である場合、マザコンとである可能性というのは非常に高いとされています。

一人で決断することが出来ない

マザコンというと、母親に甘えているだけの人のことだと思われている方も多いのですが、実際のマザコンというのは、母親の言うことは絶対であると信じている人であり、物事を幼い頃から自分で決断することができず、母親に相談して決めてもらっていたタイプが多いと言えます。

そのため、マザコンである人というのは、自分で決断を下すことが出来ないようなタイプの人というのが多く、誰かに決定してもらいたいタイプであるとされています。

自分に自信がない

自分に自身が持てないという人はマザコンの心理として挙げられています。

マザコンの人は実は幼い頃から母親の愛情を感じたことがなかった人というのが多く、なにか達成することができても褒めてもらった経験がないというような人は、自分に自信が持てない傾向にあります。

自信が持てないため、自分よりも優れていると思い込んでいる母親に頼る傾向があり、その結果、マザコンと呼ばれるに至る人が多いとされています。

依存性がある

マザコンの人というのは、依存心が強く、母親だけではなく、物や人に対しての独占欲が人一倍強い傾向にあります。

母親というのは産まれる前からずっと一緒にいる存在です。

依存性がある人というのは、長い間一緒に過ごしてきた相手には異様な程依存をしてしまう傾向にあります。

そのため、お腹にいるときからずっと一緒であった母親には自分のものであるという所有者のような意識が芽生えている人も少なくはありません。

小さい頃にもらったぬいぐるみやタオルケットなどがボロボロになっても捨てることが出来ずにいるようなタイプというの依存性が強く、マザコンである可能性が非常に高いとされています。

自分の意見を言えない

自分の意見を言うことが出来ないようなタイプの人というのは、常に母親の顔色を窺って生活をしてきた可能性があり、マザコンタイプであるとされています。

マザコンは母親の言うことに逆らうことが出来ないようなタイプのことを言い、小さな頃から自分の意見を聞いてもらえずに、母親が望むようなことをしてきた傾向にあります。

行きたい学校よりも母親が望む学校の試験を挑んだり、母親が好むような友人と遊んだりと、母親が納得するような自分を演じてきた傾向にあるため、自分の意見を言うことが出来ないようなタイプの人は母親にはさからえないマザコンであるとされています。

母親を毛嫌いする

実はマザコンの人には母親を毛嫌いしているといった方も少なくはありません。

母親の悪口を言ったり、母親と離れたいと思ってはいたり、母親に対してなにか恨みでもあるかのような感情を抱いているような人は、一見マザコンとはほど遠いとされていますが、毛嫌いをしているということは母親を強く意識しており、毛嫌いしているはずなのに母親に指図されことに対して絶対的に従うようなタイプというのは、真相心理のなかでは母親の支配下にあり、母親に依存をしているマザコンであると言えるのです。

依存していることを認めない

マザコンである人というのは、自分がマザコンであるということを絶対に認めようとはしません。

周りに対しては母親のことを嫌っているようなぶっきらぼうな態度を取ったりと、母親に依存していることを周りに悟られないようにしていたり、自身も気がついていない傾向にあります。

心配症

心配症の人はマザコンである可能性が高いと言われています。

その背景には、マザコンというのは、母親に対して安心感と自分の生き方への導きを求めています。

そのため、母親の存在がない場面では自分の決断が正しかったのかなどの心配が生じやすく、心配症である傾向にあります。

ただの心配症であれば母親に助言を求めたり、母親に悩みを打ち明けただけでその心配から解放されるということはないのですが、マザコンである人は、悩みを母親に打ち明けただけで心が晴れるような思いになれ、母親を精神安定剤のように感じている傾向にあります。

人を信用していない

マザコンの人は母親を信用していると思われがちですが、実は母親を信用していないからこそマザコンになってしまう傾向にあります。

恋人に異様なまでに依存してしまうのは、恋人の浮気などを心配しているからであり、信用しているのであれば依存する必要性はありません。

同じようにマザコンの人というのは、母親を信用しているようで、実は信用できていない部分があるため依存してしまうのです。

母親である前に一人の人間であるためいつか裏切るのではないか、嫌われるのではない、または嫌われているとさえ感じてしまっているといった心理状態も見られます。

母親に哀れみを感じている

マザコンである人の心理状態として、母親に対してあわれみのような感情を抱いているような人も少なくはありません。

特に片親として育ててきてくれたり、父親との関係があまりよくない家庭で育ってきた場合は、母親が無力であり、自分が離れてしまったら一人っきりになってしまうのではないだろうかという哀れみを抱いている傾向も見られます。

そのため、母親に対して自分は離れないし裏切らないから大丈夫だという意味を込めて接していく傾向にあり、母親の機嫌を損ねたり、心配をさせないように母親に依存してしまうといったケースも少なくはありません。

マザコンというと、母親に甘えて常に一緒にいるというイメージを持たれていたと思いますが、真のマザコンというのは甘えだけではない心の闇があるということが理解できたのではないでしょうか。

マザコンの定義があやふやになってしまい、母親と買い物に行って荷物をもってあげただけでマザコンと呼ばれてしまう傾向にありますが、母親のためになにかをしてあげるというのはマザコンではなく親孝行です。

マザコンというのは、母親の支配下にあるような状態のことを言い、なにかを決断しなくてはならない時には母親に相談しなくては決められなかったり、母親の望むような自分になることで頭が一杯の人のことを言うのです。

親孝行とマザコンは紙一重だとされていますが、マザコンの心理を知ることでその違いは明確です。

親孝行は母親のために協力をしてあげることが出来る自立した人であり、マザコンは母親が喜ぶ自分にならなくてはならないと奮闘をしているような人のことを言い、自立できていない母親ありきの人であったり、自分を強く持てないタイプの人である傾向にあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-