【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519175221.html
束縛する彼氏の心理

束縛する彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
束縛する彼氏の心理

彼氏ができて、これからだと思った矢先、彼が束縛魔だったことが発覚しました。

あなたは彼をどう思いますか?

そんな彼が何を思っているのか考えてみましょう。

またそんな彼にはどうやって接すればいいのか考えてみましょう。

  • 彼女のことが好きすぎるあまり束縛
  • 自分に自信がなくて束縛
  • ただのわがままで束縛
  • いじわるで束縛
  • 王様気分の束縛
  • 心配症すぎて束縛
  • キープしておきたくて束縛
  • まねっこで束縛
  • 甘え下手の束縛
  • 束縛マニア
  • まとめ

1. 彼女のことが好きすぎるあまり束縛

彼女のことが好きすぎるあまり束縛

可愛らしい束縛です。

また一番一般的だと思われます。

好きだから傍にいてほしい、好きだから他の人と話さないでほしい、好きだから自分以外を見ないでほしいなど、誰にも盗られたくない、自分のものなんだと言わんばかりの行動でしょう。

愛が縄を作り出しているわけなので、強い愛とも考えられます。

こんな彼は、愛を受け止めてほしいと思っています。

ですから、あなただけを見ているので安心してくださいという想いを伝えてあげましょう。

それもわかりやすく大きくです。

そうすれば、多少は安心されてあげられるのではないでしょうか。

2. 自分に自信がなくて束縛

自分に自信がなくて束縛

彼女が自分以外の人と話したり遊んだりしたら気持ちが揺らいでしまうかもしれないという考えから、束縛に走ってしまうケースです。

他と比べられると勝てる気がしないから、比較対象を作らせないためもの行動ではないかと考えられます。

比較しないで済むように、ふたりだけの世界を作ってみましょう。

そしてその世界で彼を褒めて持ち上げてあげましょう。

彼には自信がないわけですから、私には素敵に映ってますということを伝えてみてはいかがでしょう。

3. ただのわがままで束縛

ただのわがままで束縛

駄々をこねている子どものような感覚でしょうか。

一度わがままを言ってしまい、それをきっかけに考えを翻したくないという思いからわがままを言い続けてしまっているのかもしれません。

幼少期からわがままを許されて育った人に多いでしょう。

あなたがそのわがままを可愛いと思えるのであれば、特にすることはないでしょう。

もしやめてほしい、減らしてほしいという思いがあるのでしたら言ってみてもいいかもしれません。

やめてというよりは困るといった感じに伝えると効果があるでしょう。

わがままを言ってくるくらいですから、あなたのことを好きなことは間違いないでしょう。

4. いじわるで束縛

いじわるで束縛

束縛をゲームとして楽しんでしている場合です。

束縛して彼女がそれ通りに流されてしまうと楽しくなってしますかもしれません。

男の子って小さいころから好きな子にはちょっかいをかけることが多いですので、それの延長なのかもしれません。

優しさで包んであげるか、ノリに乗ってあげるかのどちらかでしょう。

どちらにしても彼を楽しませ続ける必要があります。

あなたが尽くしていれば、もし何かに困ったとき等はあなたを守ってくれるでしょう。

5. 王様気分の束縛

王様気分の束縛

何もかも自分が牛耳っていると思いたくなってしまうケースです。

いわゆる俺様系ナルシスト系に多いタイプだと考えられます。

とにかく自分の思った通りに動いてほしくいという思いから、彼女の行動を制限します。

優越感に浸りたいのでしょう。

尻に敷かれるのが嫌な人は、即別れるべきです。

こういう人はそうそう変わりません。

我慢しないで言いたいことを言ってみてください。

それでも彼がやめない場合、あなたが嫌だと思う場合はさよならするのをおすすめします。

本当にあなたを想っている人なら、言えばわかってくれるはずです。

6. 心配症すぎて束縛

心配症すぎて束縛

彼女の行動を読めないと何をしでかすかわからないという思いから、心配で行動を制御しようとします。

これは好きだからとか自分に自信がないとかではなく、ただ心配しているだけです。

よく言えば、常に想ってくれているわけです。

しかし悪く言えば、相手を信頼できていないということになります。

できるだけ彼の心配をなくせるように尽くしましょう。

しかし限度はあると思うので、話し合ってみるといいでしょう。

悪気はないパターンなので、責めないようにしましょう。

7. キープしておきたくて束縛

キープしておきたくて束縛

ただ彼女のことを想っているのではなく、候補としてキープするため手放さないようにするために束縛をしているかもしれません。

キープですから愛情というよりは物欲に近いものを感じます。

こういう場合は、気がついたらすぐに別れましょう。

あなたが傷つくだけです。

でもどうしても彼のことが好きなら、頑張るか彼の想いを確認してみるのもいいかもしれません。

8. まねっこで束縛

まねっこで束縛

親が束縛をし合っていた、もしくは子どものころ親に束縛をされていた場合です。

愛情からというよりは束縛という行為自体が日常にあったため当たり前になっており、自然と束縛をしてしまうのです。

もしかしたら束縛を束縛として感じない体質になっているかもしれません。

この場合本人には悪気もないので、責めるのは完全に間違いです。

大丈夫だよと安心させてあげましょう。

日常として認識しているだけなので、安心と別のやり方を伝えていけばきっと変わってくれます。

9. 甘え下手の束縛

甘え下手の束縛

甘えたいけど甘え方がわからないという人に多いです。

想いが空回りして、強い表現の仕方になってしまっています。

これは自信のなさや経験のなさをものがたっている気もします。

自分だけの小さな世界にある固定観念を崩せにいるのではないでしょうか。

難しいパターンですが、あなたがお手本を見せるといいかもしれません。

それを見て彼も甘え方を学び、過度の束縛がなくなることが期待できます。

10. 束縛マニア

束縛マニア

束縛すること、束縛されることを好んでいる人もいます。

する側される側が了承した上では別に問題ないと思いますし、それもまた一つの愛の形だと言えるでしょう。

理解し難い人もいるかもしれませんが、フェチみたいなものだと思います。

人にはそれぞれこだわりや好みがあるので、無理やりでなければ大丈夫でしょう。

これはどうしようもないケースです。

気が合うならいいですが、気が合わないと思うならさよならすべきです。

まとめ

一般的に、独占欲が束縛に関係してきていると考えられます。

しかし、その欲が発生する理由がさまざまなため、可愛いらしい束縛とそうでない酷い束縛があるのかもしれません。

束縛を許すか許さないかは、彼女次第です。

何があっても好きという気持ちが勝るのであれば本物の愛でしょうから、ふたりで一緒にい続けることをおすすめします。

しかし、束縛されるのが嫌だったり耐えられなかったりするのであれば、崩壊する前に早期解決をおすすめします。

彼側も彼女が嫌だと言っているのに束縛を続けているようでは、彼女を本当に想っているとは考えにくいでしょう。

ただ束縛の基準は人それぞれですから、お互い話し合って明るい道を探してください。

上記は個人的な意見ですので、批判等は受けかねます。

彼氏ができて、これからだと思った矢先、彼が束縛魔だったことが発覚しました。

あなたは彼をどう思いますか?

そんな彼が何を思っているのか考えてみましょう。

またそんな彼にはどうやって接すればいいのか考えてみましょう。


彼女のことが好きすぎるあまり束縛

可愛らしい束縛です。

また一番一般的だと思われます。

好きだから傍にいてほしい、好きだから他の人と話さないでほしい、好きだから自分以外を見ないでほしいなど、誰にも盗られたくない、自分のものなんだと言わんばかりの行動でしょう。

愛が縄を作り出しているわけなので、強い愛とも考えられます。

こんな彼は、愛を受け止めてほしいと思っています。

ですから、あなただけを見ているので安心してくださいという想いを伝えてあげましょう。

それもわかりやすく大きくです。

そうすれば、多少は安心されてあげられるのではないでしょうか。

自分に自信がなくて束縛

彼女が自分以外の人と話したり遊んだりしたら気持ちが揺らいでしまうかもしれないという考えから、束縛に走ってしまうケースです。

他と比べられると勝てる気がしないから、比較対象を作らせないためもの行動ではないかと考えられます。

比較しないで済むように、ふたりだけの世界を作ってみましょう。

そしてその世界で彼を褒めて持ち上げてあげましょう。

彼には自信がないわけですから、私には素敵に映ってますということを伝えてみてはいかがでしょう。

ただのわがままで束縛

駄々をこねている子どものような感覚でしょうか。

一度わがままを言ってしまい、それをきっかけに考えを翻したくないという思いからわがままを言い続けてしまっているのかもしれません。

幼少期からわがままを許されて育った人に多いでしょう。

あなたがそのわがままを可愛いと思えるのであれば、特にすることはないでしょう。

もしやめてほしい、減らしてほしいという思いがあるのでしたら言ってみてもいいかもしれません。

やめてというよりは困るといった感じに伝えると効果があるでしょう。

わがままを言ってくるくらいですから、あなたのことを好きなことは間違いないでしょう。

いじわるで束縛

束縛をゲームとして楽しんでしている場合です。

束縛して彼女がそれ通りに流されてしまうと楽しくなってしますかもしれません。

男の子って小さいころから好きな子にはちょっかいをかけることが多いですので、それの延長なのかもしれません。

優しさで包んであげるか、ノリに乗ってあげるかのどちらかでしょう。

どちらにしても彼を楽しませ続ける必要があります。

あなたが尽くしていれば、もし何かに困ったとき等はあなたを守ってくれるでしょう。

王様気分の束縛

何もかも自分が牛耳っていると思いたくなってしまうケースです。

いわゆる俺様系ナルシスト系に多いタイプだと考えられます。

とにかく自分の思った通りに動いてほしくいという思いから、彼女の行動を制限します。

優越感に浸りたいのでしょう。

尻に敷かれるのが嫌な人は、即別れるべきです。

こういう人はそうそう変わりません。

我慢しないで言いたいことを言ってみてください。

それでも彼がやめない場合、あなたが嫌だと思う場合はさよならするのをおすすめします。

本当にあなたを想っている人なら、言えばわかってくれるはずです。

心配症すぎて束縛

彼女の行動を読めないと何をしでかすかわからないという思いから、心配で行動を制御しようとします。

これは好きだからとか自分に自信がないとかではなく、ただ心配しているだけです。

よく言えば、常に想ってくれているわけです。

しかし悪く言えば、相手を信頼できていないということになります。

できるだけ彼の心配をなくせるように尽くしましょう。

しかし限度はあると思うので、話し合ってみるといいでしょう。

悪気はないパターンなので、責めないようにしましょう。

キープしておきたくて束縛

ただ彼女のことを想っているのではなく、候補としてキープするため手放さないようにするために束縛をしているかもしれません。

キープですから愛情というよりは物欲に近いものを感じます。

こういう場合は、気がついたらすぐに別れましょう。

あなたが傷つくだけです。

でもどうしても彼のことが好きなら、頑張るか彼の想いを確認してみるのもいいかもしれません。

まねっこで束縛

親が束縛をし合っていた、もしくは子どものころ親に束縛をされていた場合です。

愛情からというよりは束縛という行為自体が日常にあったため当たり前になっており、自然と束縛をしてしまうのです。

もしかしたら束縛を束縛として感じない体質になっているかもしれません。

この場合本人には悪気もないので、責めるのは完全に間違いです。

大丈夫だよと安心させてあげましょう。

日常として認識しているだけなので、安心と別のやり方を伝えていけばきっと変わってくれます。

甘え下手の束縛

甘えたいけど甘え方がわからないという人に多いです。

想いが空回りして、強い表現の仕方になってしまっています。

これは自信のなさや経験のなさをものがたっている気もします。

自分だけの小さな世界にある固定観念を崩せにいるのではないでしょうか。

難しいパターンですが、あなたがお手本を見せるといいかもしれません。

それを見て彼も甘え方を学び、過度の束縛がなくなることが期待できます。

束縛マニア

束縛すること、束縛されることを好んでいる人もいます。

する側される側が了承した上では別に問題ないと思いますし、それもまた一つの愛の形だと言えるでしょう。

理解し難い人もいるかもしれませんが、フェチみたいなものだと思います。

人にはそれぞれこだわりや好みがあるので、無理やりでなければ大丈夫でしょう。

これはどうしようもないケースです。

気が合うならいいですが、気が合わないと思うならさよならすべきです。

一般的に、独占欲が束縛に関係してきていると考えられます。

しかし、その欲が発生する理由がさまざまなため、可愛いらしい束縛とそうでない酷い束縛があるのかもしれません。

束縛を許すか許さないかは、彼女次第です。

何があっても好きという気持ちが勝るのであれば本物の愛でしょうから、ふたりで一緒にい続けることをおすすめします。

しかし、束縛されるのが嫌だったり耐えられなかったりするのであれば、崩壊する前に早期解決をおすすめします。

彼側も彼女が嫌だと言っているのに束縛を続けているようでは、彼女を本当に想っているとは考えにくいでしょう。

ただ束縛の基準は人それぞれですから、お互い話し合って明るい道を探してください。

上記は個人的な意見ですので、批判等は受けかねます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-