【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519173225.html
その場しのぎのウソを繰り返す人の心理

その場しのぎのウソを繰り返す人の心理 | LADYCO

LADYCO
その場しのぎのウソを繰り返す人の心理

時と場合によってはウソが必要なこともあります。

ですが、基本的にウソは良くないものでしょう。

その場しのぎのウソを繰り返す人は周りにいませんか?

なぜウソばかりつくのだろうと思う事もあるかと思います。

そんな人の心理をいくつか紹介したいと思います。

  • 自己防衛
  • 認められたい
  • 努力が好きではない
  • 自信がない
  • 見栄っ張り
  • 相手を恐れている
  • 構ってほしい
  • ウソが悪いとは思っていない
  • 嫌われたくない
  • ウソが好き
  • まとめ

1. 自己防衛

自己防衛

自分を守りたいという思いからウソをつく場合が一番多いでしょう。

本当の事を言っては自分にとって良くない結果がある場合、ウソをついて逃れようとしているのです。

場合によっては、罰が下されることもありますから、それが怖いのでしょう。

その心理は理解できる人も多いのではないでしょうか。

ただ自分勝手なウソにはなりますので、繰り返していてはいけません。

2. 認められたい

認められたい

自己防衛の気持ちとは別で、ただ自分を認めてほしいというあまりにウソを繰り返す人もいます。

相手から認められたいというのは、納得できる心理かと思います。

しかしウソをついて信頼を得ることは違います。

また、逆に仕事ができる人ほど認められたいという願望が強い人もいます。

常に認めていてほしくて、その信頼を失う事を恐れてしまいます。

そのため、必要以上に良く見せておきたいため、必要に応じてウソをついてしまう事もあります。

3. 努力が好きではない

努力が好きではない

努力して真実にできる人は、ウソなどつきません。

努力が好きではないからこそ、簡単にウソをついてやったように見せたいのです。

認められたいという場合や、本当のことを言ったら怒られる場合は、ウソをついてしまうのでしょう。

そもそも努力が好きではないのに、楽に認められたいと考えてしまうとウソをつくという行動に出てしまいます。

4. 自信がない

自信がない

自分に自信がないとウソを繰り返してしまうでしょう。

本当の自分に自信がないと、自信が持てる自分になるためにウソをついてしまいます。

例えば、好意をもっている人に対して、好かれるためにウソをついてしまう事があります。

他にも、知ったかぶりをしてしまう事もあるでしょう。

本当のことを言えば嫌われる、相手からの評価を気にしすぎる人はそうなってしまいがちです。

劣等感から無意識にウソをついてしまう人は、さらにウソを繰り返してしまうのです。

5. 見栄っ張り

見栄っ張り

見栄っ張りな性格からウソを繰り返してしまう人も多いでしょう。

お金持ちだと思われたい、仕事ができる人に見られたい、などなど。

人は相手からよく見られたいと思うものです。

自信がないに通じるものにも思いますが、自分を大きく見せて優位に立ちたいという心理があります。

6. 相手を恐れている

相手を恐れている

これは特定の人に対して、ウソを繰り返す人の心理です。

例えば、彼氏彼女や夫婦間、上司と部下などです。

相手に対して悪い事をしてしまった、ミスをしてしまったりした場合ウソをつくことがあります。

相手によっては、正直に話すこともあるでしょう。

ですが、あまりにも相手を恐れていると正直に話す恐ろしさが勝ってしまいウソをついてしまいます。

またその場合は、同じような事があった時、同じようにウソをついてしまうでしょう。

そうなるとウソを繰り返すことになります。

7. 構ってほしい

構ってほしい

ウソをつくことで構ってほしいという心理もあります。

自分のことが大好きな人ほど、人から注目されたい、構ってほしいという心理からウソを重ねてしまいます。

虚言癖と言われるものになるかと思います。

自分よりも他の誰かが注目されていると不機嫌になる人はいませんか。

そのタイプは注目されるためには、ウソをつくことも平気という人が多いです。

モテ自慢や、芸能人と友達とウソをついたり、みんなから構ってほしい、羨ましがられたいという心理です。

羨望のまなざしで見られること自体に優越感を感じてしまっているのでしょう。

8. ウソが悪いとは思っていない

ウソが悪いとは思っていない

そもそもウソを繰り返す人は、ウソ自体をそこまで悪いとは思っていません。

普通の人ならば、ウソをつくことで良心が傷んでしまうものです。

そのため、正直に打ち明けたり、ウソを繰り返すことはありません。

ウソを繰り返すというのは、そこまでウソをつくことに罪悪感が無いと言えます。

しかもその場しのぎというのは、バレてしまう可能性が高いウソですから、重要に感じていないでしょう。

9. 嫌われたくない

嫌われたくない

嫌われたくない、相手に合わせてしまうウソもあります。

自分勝手のウソという訳ではないので、そこまで悪い心理ではないかと思います。

お人好しの性格の人や、自己主張が苦手な人はその場に合わせてウソをつくことがあります。

要はその場にいる人が言う事に話を合わせてしまうのです。

結果的に、人によって言っている事が違ったり、八方美人になってしまうでしょう。

10. ウソが好き

ウソが好き

ウソをつくことで、いくらでも好きに話をつくれます。

それ自体に楽しみを感じてしまったり、味をしめてしまうと繰り返してしまうことがあります。

ウソで話をおもしろくしたり、ウソの話で相手を驚かせたりと、自分の思うようにできます。

相手の反応を見て、さらにウソを重ねて盛り上げようとしてしまいます。

悪い事をしている意識が無くなってしまい、繰り返してしまいがちです。

まとめ

その場しのぎのウソを繰り返してしまう人は、弱い人が多いのではないかと思います。

自分を守りたい、良く見せたいなど、強く思ってしまうのでしょう。

多少のウソは誰にでもありますが、ウソを繰り返すようではいけません。

ウソをつかなくてもいい状況にできるように、本人も周りも気にしていくことが大事だと思われます。

時と場合によってはウソが必要なこともあります。

ですが、基本的にウソは良くないものでしょう。

その場しのぎのウソを繰り返す人は周りにいませんか?

なぜウソばかりつくのだろうと思う事もあるかと思います。

そんな人の心理をいくつか紹介したいと思います。


自己防衛

自分を守りたいという思いからウソをつく場合が一番多いでしょう。

本当の事を言っては自分にとって良くない結果がある場合、ウソをついて逃れようとしているのです。

場合によっては、罰が下されることもありますから、それが怖いのでしょう。

その心理は理解できる人も多いのではないでしょうか。

ただ自分勝手なウソにはなりますので、繰り返していてはいけません。

認められたい

自己防衛の気持ちとは別で、ただ自分を認めてほしいというあまりにウソを繰り返す人もいます。

相手から認められたいというのは、納得できる心理かと思います。

しかしウソをついて信頼を得ることは違います。

また、逆に仕事ができる人ほど認められたいという願望が強い人もいます。

常に認めていてほしくて、その信頼を失う事を恐れてしまいます。

そのため、必要以上に良く見せておきたいため、必要に応じてウソをついてしまう事もあります。

努力が好きではない

努力して真実にできる人は、ウソなどつきません。

努力が好きではないからこそ、簡単にウソをついてやったように見せたいのです。

認められたいという場合や、本当のことを言ったら怒られる場合は、ウソをついてしまうのでしょう。

そもそも努力が好きではないのに、楽に認められたいと考えてしまうとウソをつくという行動に出てしまいます。

自信がない

自分に自信がないとウソを繰り返してしまうでしょう。

本当の自分に自信がないと、自信が持てる自分になるためにウソをついてしまいます。

例えば、好意をもっている人に対して、好かれるためにウソをついてしまう事があります。

他にも、知ったかぶりをしてしまう事もあるでしょう。

本当のことを言えば嫌われる、相手からの評価を気にしすぎる人はそうなってしまいがちです。

劣等感から無意識にウソをついてしまう人は、さらにウソを繰り返してしまうのです。

見栄っ張り

見栄っ張りな性格からウソを繰り返してしまう人も多いでしょう。

お金持ちだと思われたい、仕事ができる人に見られたい、などなど。

人は相手からよく見られたいと思うものです。

自信がないに通じるものにも思いますが、自分を大きく見せて優位に立ちたいという心理があります。

相手を恐れている

これは特定の人に対して、ウソを繰り返す人の心理です。

例えば、彼氏彼女や夫婦間、上司と部下などです。

相手に対して悪い事をしてしまった、ミスをしてしまったりした場合ウソをつくことがあります。

相手によっては、正直に話すこともあるでしょう。

ですが、あまりにも相手を恐れていると正直に話す恐ろしさが勝ってしまいウソをついてしまいます。

またその場合は、同じような事があった時、同じようにウソをついてしまうでしょう。

そうなるとウソを繰り返すことになります。

構ってほしい

ウソをつくことで構ってほしいという心理もあります。

自分のことが大好きな人ほど、人から注目されたい、構ってほしいという心理からウソを重ねてしまいます。

虚言癖と言われるものになるかと思います。

自分よりも他の誰かが注目されていると不機嫌になる人はいませんか。

そのタイプは注目されるためには、ウソをつくことも平気という人が多いです。

モテ自慢や、芸能人と友達とウソをついたり、みんなから構ってほしい、羨ましがられたいという心理です。

羨望のまなざしで見られること自体に優越感を感じてしまっているのでしょう。

ウソが悪いとは思っていない

そもそもウソを繰り返す人は、ウソ自体をそこまで悪いとは思っていません。

普通の人ならば、ウソをつくことで良心が傷んでしまうものです。

そのため、正直に打ち明けたり、ウソを繰り返すことはありません。

ウソを繰り返すというのは、そこまでウソをつくことに罪悪感が無いと言えます。

しかもその場しのぎというのは、バレてしまう可能性が高いウソですから、重要に感じていないでしょう。

嫌われたくない

嫌われたくない、相手に合わせてしまうウソもあります。

自分勝手のウソという訳ではないので、そこまで悪い心理ではないかと思います。

お人好しの性格の人や、自己主張が苦手な人はその場に合わせてウソをつくことがあります。

要はその場にいる人が言う事に話を合わせてしまうのです。

結果的に、人によって言っている事が違ったり、八方美人になってしまうでしょう。

ウソが好き

ウソをつくことで、いくらでも好きに話をつくれます。

それ自体に楽しみを感じてしまったり、味をしめてしまうと繰り返してしまうことがあります。

ウソで話をおもしろくしたり、ウソの話で相手を驚かせたりと、自分の思うようにできます。

相手の反応を見て、さらにウソを重ねて盛り上げようとしてしまいます。

悪い事をしている意識が無くなってしまい、繰り返してしまいがちです。

その場しのぎのウソを繰り返してしまう人は、弱い人が多いのではないかと思います。

自分を守りたい、良く見せたいなど、強く思ってしまうのでしょう。

多少のウソは誰にでもありますが、ウソを繰り返すようではいけません。

ウソをつかなくてもいい状況にできるように、本人も周りも気にしていくことが大事だと思われます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-