【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519155417.html
彼氏と自然消滅したいと思う彼女の心理

彼氏と自然消滅したいと思う彼女の心理 | LADYCO

LADYCO
彼氏と自然消滅したいと思う彼女の心理

この前のデートでは、あんなに楽しそうにしていたのに連絡しても反応が薄い…彼女の方から連絡がこない…などの経験はありませんか?

これは、もしかしたら、彼女があなたとの自然消滅を願っての行動かもしれません。

なぜ、彼女たちは自然消滅という道を選ぶのか、その理由についてみていきます。

  • 別れ話を切り出すのが怖い
  • 別れ話をしても納得してくれないことが分かっているから
  • 多忙で連絡が取れない
  • 相手を悲しませたくないから
  • 他に素敵な男性が現われたから
  • まだお付き合いが浅い
  • 別れるのが時間の問題であるとき
  • 別れ話をするのが面倒臭い
  • 恨まれるのが怖い
  • 完全に終わらせたくない恋だから
  • まとめ

1. 別れ話を切り出すのが怖い

別れ話を切り出すのが怖い

お付き合いしている男性がガテン系だったり、お付き合いしてる時に殴られた経験などがあると、女性は別れ話を切り出したくても怖くてできない場合があります。

別れ話をすることで、再び彼氏が怒り狂って殴ってきたり、怒鳴ったりするのではないかという不安が彼女たちに自然消滅という道を選ばせています。

別れ話をしても冷静に話ができず、感情をむきだしにしてくるような彼氏には自然消滅という終わり方が1番最善の方法だと思っています。

2. 別れ話をしても納得してくれないことが分かっているから

別れ話をしても納得してくれないことが分かっているから

女性の気持ちは冷めているのに、男性の気持ちはまだ盛り上がったままというときに、自然消滅という形をとる場合があります。

別れ話を切り出しても、納得してくれないことが分かっているからです。

「もう一度、チャンスが欲しい」「嫌いなところがあれば直すよ」などと男性側から訴えられて別れ話が延長戦に持ち込まれるのを避けるためです。

もう男性にはすっかり気持ちが冷めているけど、男性側はきっと別れ話に納得してくれなさそうだという時は面倒なのでいつの間にかフェードアウトしておこうと思っています。

3. 多忙で連絡が取れない

多忙で連絡が取れない

男性と別れるつもりがないのに本当に忙しくて連絡できずにいるパターンです。

別れるつもりはないのに、返信を怠って気まずくなり彼女の方から連絡できずにいたり、気付いた時には自然消滅のようになっていたりというときがあります。

こんなときは、女性の身勝手かもしれませんが、男性の方から連絡をして助け舟を出してあげると良いです。

彼女の方からは、散々今まで連絡とれずにいて、今さら自分勝手に連絡できないなどと思って躊躇している場合があります。

4. 相手を悲しませたくないから

相手を悲しませたくないから

別れ話をすることで、相手を悲しい気持ちにさせたくないという優しさから自然消滅という形をとる場合があります。

別れ話をすることで相手を傷つけてしまうのではないか、落ち込ませるのだはないかという気遣いからきています。

自然消滅という形で自然に別れを悟らせるのが1番男性にとって優しい選択肢であると思っています。

5. 他に素敵な男性が現われたから

他に素敵な男性が現われたから

新しい素敵な男性が現われてしまったけど、まだお付き合いする関係にまで至らない場合、女性からの連絡が途絶えがちになります。

連絡が途絶えがちになるのは、今、お付き合いしている男性に興味や関心が薄れてきている証拠です。

しかし、新しい素敵な男性との関係がまだ軌道に乗っていないうちは、今、お付き合いしている男性との別れ話の決定打にもならず、別れ話を切り出せずにいます。

6. まだお付き合いが浅い

まだお付き合いが浅い

お付き合いしてから数カ月しか経っていない、お付き合いしているといえども年に数回しかデートをしていないなど、お付き合いしている期間が短かったり、関係がまだ浅かったりすると、別れ話をする必要もないかと思い、自然消滅をとる場合があります。

別れ話をするほど、まだ深いつながりで結ばれていない時は自然消滅で別れることが多いです。

7. 別れるのが時間の問題であるとき

別れるのが時間の問題であるとき

わざわざ別れを切り出さなくても、気持ちがお互いに冷めているのをなんとなく悟っている時があります。

そんなときは自然消滅という形をとる場合が多いです。

相手に言わなくても、別れたいという気持ちが伝わっていると思っているからです。

別れるのも時間の問題であるときは、女性の方から徐々に連絡の頻度が減っていきます。

8. 別れ話をするのが面倒臭い

別れ話をするのが面倒臭い

別れ話を切り出すタイミングは難しいです。

いつ、どんなときに話をすればよいのかなど、考えるだけでも大変です。

それに、今さら気持ちのない相手に会って、わざわざ別れ話をするのも面倒だというときに自然消滅で終わらせてしまおうとするときがあります。

完全に女性の身勝手な行動です。

男性が自分のことを好きなら、なおさら別れ話を切り出すのが面倒になります。

連絡を怠ることでなんとか自分の気持ちに気づいてほしいと思っています。

9. 恨まれるのが怖い

恨まれるのが怖い

別れ話を切り出すことで、男性に恨まれるのではないかと思い、怖がってできない女性がいます。

そういう女性は男性と別れる時、自然消滅を選びます。

自然消滅ならいつの間にか恋愛関係が終わるので、恨まれることなく綺麗に別れられるからです。

10. 完全に終わらせたくない恋だから

完全に終わらせたくない恋だから

他にもっと素敵な男性がいるかもしれないから、とりあえず今、お付き合いしている男性をストックしておこうという時があります。

そんなときは、別れを自然消滅という形で曖昧にしておこうとします。

自然消滅なら、後で「あのときは忙しくて連絡できなかった」などと言えば、また復縁できるかもしれないからです。

まとめ

自然消滅になる前は、必ず女性からの連絡の頻度が減るので、そのような状態がきたら、女性に別れたいのか聞いてみた方がスッキリするでしょう。

女性は一度嫌になったら、何がなんでも嫌になってしまう傾向があります。

女性が別れたいというときは、早めに手を引く方が時間の無駄になりません。

この前のデートでは、あんなに楽しそうにしていたのに連絡しても反応が薄い…彼女の方から連絡がこない…などの経験はありませんか?

これは、もしかしたら、彼女があなたとの自然消滅を願っての行動かもしれません。

なぜ、彼女たちは自然消滅という道を選ぶのか、その理由についてみていきます。


別れ話を切り出すのが怖い

お付き合いしている男性がガテン系だったり、お付き合いしてる時に殴られた経験などがあると、女性は別れ話を切り出したくても怖くてできない場合があります。

別れ話をすることで、再び彼氏が怒り狂って殴ってきたり、怒鳴ったりするのではないかという不安が彼女たちに自然消滅という道を選ばせています。

別れ話をしても冷静に話ができず、感情をむきだしにしてくるような彼氏には自然消滅という終わり方が1番最善の方法だと思っています。

別れ話をしても納得してくれないことが分かっているから

女性の気持ちは冷めているのに、男性の気持ちはまだ盛り上がったままというときに、自然消滅という形をとる場合があります。

別れ話を切り出しても、納得してくれないことが分かっているからです。

「もう一度、チャンスが欲しい」「嫌いなところがあれば直すよ」などと男性側から訴えられて別れ話が延長戦に持ち込まれるのを避けるためです。

もう男性にはすっかり気持ちが冷めているけど、男性側はきっと別れ話に納得してくれなさそうだという時は面倒なのでいつの間にかフェードアウトしておこうと思っています。

多忙で連絡が取れない

男性と別れるつもりがないのに本当に忙しくて連絡できずにいるパターンです。

別れるつもりはないのに、返信を怠って気まずくなり彼女の方から連絡できずにいたり、気付いた時には自然消滅のようになっていたりというときがあります。

こんなときは、女性の身勝手かもしれませんが、男性の方から連絡をして助け舟を出してあげると良いです。

彼女の方からは、散々今まで連絡とれずにいて、今さら自分勝手に連絡できないなどと思って躊躇している場合があります。

相手を悲しませたくないから

別れ話をすることで、相手を悲しい気持ちにさせたくないという優しさから自然消滅という形をとる場合があります。

別れ話をすることで相手を傷つけてしまうのではないか、落ち込ませるのだはないかという気遣いからきています。

自然消滅という形で自然に別れを悟らせるのが1番男性にとって優しい選択肢であると思っています。

他に素敵な男性が現われたから

新しい素敵な男性が現われてしまったけど、まだお付き合いする関係にまで至らない場合、女性からの連絡が途絶えがちになります。

連絡が途絶えがちになるのは、今、お付き合いしている男性に興味や関心が薄れてきている証拠です。

しかし、新しい素敵な男性との関係がまだ軌道に乗っていないうちは、今、お付き合いしている男性との別れ話の決定打にもならず、別れ話を切り出せずにいます。

まだお付き合いが浅い

お付き合いしてから数カ月しか経っていない、お付き合いしているといえども年に数回しかデートをしていないなど、お付き合いしている期間が短かったり、関係がまだ浅かったりすると、別れ話をする必要もないかと思い、自然消滅をとる場合があります。

別れ話をするほど、まだ深いつながりで結ばれていない時は自然消滅で別れることが多いです。

別れるのが時間の問題であるとき

わざわざ別れを切り出さなくても、気持ちがお互いに冷めているのをなんとなく悟っている時があります。

そんなときは自然消滅という形をとる場合が多いです。

相手に言わなくても、別れたいという気持ちが伝わっていると思っているからです。

別れるのも時間の問題であるときは、女性の方から徐々に連絡の頻度が減っていきます。

別れ話をするのが面倒臭い

別れ話を切り出すタイミングは難しいです。

いつ、どんなときに話をすればよいのかなど、考えるだけでも大変です。

それに、今さら気持ちのない相手に会って、わざわざ別れ話をするのも面倒だというときに自然消滅で終わらせてしまおうとするときがあります。

完全に女性の身勝手な行動です。

男性が自分のことを好きなら、なおさら別れ話を切り出すのが面倒になります。

連絡を怠ることでなんとか自分の気持ちに気づいてほしいと思っています。

恨まれるのが怖い

別れ話を切り出すことで、男性に恨まれるのではないかと思い、怖がってできない女性がいます。

そういう女性は男性と別れる時、自然消滅を選びます。

自然消滅ならいつの間にか恋愛関係が終わるので、恨まれることなく綺麗に別れられるからです。

完全に終わらせたくない恋だから

他にもっと素敵な男性がいるかもしれないから、とりあえず今、お付き合いしている男性をストックしておこうという時があります。

そんなときは、別れを自然消滅という形で曖昧にしておこうとします。

自然消滅なら、後で「あのときは忙しくて連絡できなかった」などと言えば、また復縁できるかもしれないからです。

自然消滅になる前は、必ず女性からの連絡の頻度が減るので、そのような状態がきたら、女性に別れたいのか聞いてみた方がスッキリするでしょう。

女性は一度嫌になったら、何がなんでも嫌になってしまう傾向があります。

女性が別れたいというときは、早めに手を引く方が時間の無駄になりません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-