【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519155415.html
酔った勢いでキスする男性の心理

酔った勢いでキスする男性の心理 | LADYCO

LADYCO
酔った勢いでキスする男性の心理

アルコールが入ると、普段しないような行動に出てしまうという方も少なくはありません。

酔った勢いで思わずキスをしてしまう男性というのも多いと言えます。

しかし、酔った勢いとは言え、どうしてキスをしたのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで、酔った勢いで思わずキスをしてしまう男性の心理をご紹介します。

  • 寂しくなってしまったから
  • ただのキス魔
  • 下心がある
  • 相手が魅力的に見えた
  • 相手が誘っていると勘違い
  • キスをするタイミングを図っていた
  • 開放的な気分に流されて
  • 何をしても許されると思った
  • 相手の反応を知りたくて
  • 言い逃れ出きる環境だから
  • その場を盛り上げるため
  • 自分に自信がないため
  • からかって楽しんでいる
  • まとめ

1. 寂しくなってしまったから

寂しくなってしまったから

アルコールが入ると、人寂しくなってしまうという人は少なくはありません。

そのため、どことなく寂しくなってしまい、人の温もりがほしくて思わずキスをしてしまうというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性にみられる心理状態であるとされています。

2. ただのキス魔

ただのキス魔

酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは、ただのキスが好きなキス魔である可能性もあります。

アルコールが入っていないときはキス魔としての理性が、誰彼構わずキスをすることを抑えてくれますが、アルコールが入ると、勢いに任せてここぞとばかりにキスをするのは、ただのキス魔である可能性は大きいと言えます。

3. 下心がある

下心がある

お酒の勢いに任せてキスをして来る男性は、実はその後のことを考えているのかもしれません。

下心があることを隠し、あくまでもお酒の勢いでキスをしてしまったというアピールをして、相手の反応をみつつ、その後の関係に持っていこうという魂胆かもしれません。

酔った勢いでキスをしてしまう男性は少なからずとも下心があるといえます。

4. 相手が魅力的に見えた

相手が魅力的に見えた

お酒が入ると、普段は友だちにしか思えなかった女性もとても魅力的に見えてしまう傾向にあります。

こんなに可愛かったかなと思い、そのまま酔った勢いでキスをしてしまう男性というのが多いと言えます。

5. 相手が誘っていると勘違い

相手が誘っていると勘違い

アルコールが入ると、お互い良い気持ちになり、特に女性は酔いが回ってしまうと、頬が赤くなって目がトロンとしていつもよりも色っぽくなります。

その状態をみて、女性が自分を誘っていると勘違いをしてしまい、女性が望んでいるからとキスをしてしまうというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性によくみられる心理状態です。

6. キスをするタイミングを図っていた

キスをするタイミングを図っていた

常々、その女性とキスをするタイミングがないかと、キスをするタイミングを図っていた男性というのは、酔った勢いでキスをしてしまう傾向にあります。

これまでは慎重にタイミングを図っていた男性であっても、アルコールの力によって思考が停止してしまい、思わず我慢することが出来なくなったという心理状態であるとされています。

7. 開放的な気分に流されて

開放的な気分に流されて

お酒を飲むと、普段感じることが出来ないような開放的になり、その場の雰囲気に流されてしまう男性も少なくはありません。

アルコールは普段秘めていたものを開放させるような力がありますので、酔った勢いでキスをするという人も多いと言えます。

8. 何をしても許されると思った

何をしても許されると思った

酔った勢いでキスをしてしまうという男性は、アルコールが入った状態なら何をしても相手は許してくれると思っているようなところがあります。

酔った勢いと言ったら相手も納得せざるを得ないと感じている傾向にあります。

9. 相手の反応を知りたくて

相手の反応を知りたくて

キスをする相手に好意があり、もしもキスをしてしまったら相手はどのような反応をするのかみてみたいといった思いで、酔った勢いでキスをしてしまう男性も少なくはありません。

相手の反応によってその後の対応の仕方も変えるというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性にはよくみられます。

10. 言い逃れ出きる環境だから

言い逃れ出きる環境だから

例え相手にキスをしたことを拒絶されたとしても、アルコールが入った状態だったからと言い逃れをすることが出きる状況というのを見越してキスをして来る男性というのも少なからずいます。

アルコールが入っている場所では男性は、言い逃れをすることが出来る絶好の環境だと思っている方も少なくはないのです。

11. その場を盛り上げるため

その場を盛り上げるため

大勢の人と飲み会をしていると、酔った勢いで誰にでもキスをして来る男性はいますが、単にその場の雰囲気を盛り上げたいだけという場合がほとんどです。

キスをすることで周りが盛り上がってくれるため。

盛り上げ役に徹するために、酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは多いと言えます。

12. 自分に自信がないため

自分に自信がないため

普段自分からはキスをすることが出来ないような、自分に自信がない男性というのは、酔った勢いでキスをしてしまう傾向にあります。

キスをしたいけれど、自分からキスを迫ったら受け入れてくれないと思い悩んでいる人には、酔った勢いに任せてキスをしてしまうとされています。

13. からかって楽しんでいる

からかって楽しんでいる

酔った勢いでキスをしてしまう男性のなかには、キスをしたことで相手の反応を見て、楽しんでいる男性も少なからずともいます。

恥ずかしがっているにしても、喜んでいるにしても、怒っているにしても、その戸惑っているような女性の反応が楽しくて、酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは実は少なくはありません。

まとめ

酔った勢いでキスをする男性というのは、下心があるケースが多いと言えます。

アルコールが入っているから気持ちが大きくなり、普段はできないような行動をとってしまったり、普段キスをしたいと思っている相手にお酒のせいにしてキスを迫る傾向にあるのです。

名かには女性のことをずっと思っていて、なかなか打ち明けることが出来ずにお酒の力を借りたという男性もいますが、ほとんどの場合は下心があるケースが多いと言えます。

お酒を飲むと開放的な気分になり、更にはお酒の場というのは何をしてもお酒のせいにすることが出来るため、それを利用している男性も少なくはありません。

本当に酔った勢いでのことなのか、それとも酔った勢いということで思いのままキスをしているのか、その真意は人それぞれです。

また、なかには、キスをして女性の反応をみてからかっているような男性や、その場が盛り上がるからという理由でキスをして来る男性もいます。

酔った勢いでのキスというのはあまり良い意味合いを込めていない場合が多いですので、酔った勢いでキスをしようとしてきた場合は断固拒否するというのも大切です。

アルコールが入ると、普段しないような行動に出てしまうという方も少なくはありません。

酔った勢いで思わずキスをしてしまう男性というのも多いと言えます。

しかし、酔った勢いとは言え、どうしてキスをしたのか疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

そこで、酔った勢いで思わずキスをしてしまう男性の心理をご紹介します。


寂しくなってしまったから

アルコールが入ると、人寂しくなってしまうという人は少なくはありません。

そのため、どことなく寂しくなってしまい、人の温もりがほしくて思わずキスをしてしまうというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性にみられる心理状態であるとされています。

ただのキス魔

酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは、ただのキスが好きなキス魔である可能性もあります。

アルコールが入っていないときはキス魔としての理性が、誰彼構わずキスをすることを抑えてくれますが、アルコールが入ると、勢いに任せてここぞとばかりにキスをするのは、ただのキス魔である可能性は大きいと言えます。

下心がある

お酒の勢いに任せてキスをして来る男性は、実はその後のことを考えているのかもしれません。

下心があることを隠し、あくまでもお酒の勢いでキスをしてしまったというアピールをして、相手の反応をみつつ、その後の関係に持っていこうという魂胆かもしれません。

酔った勢いでキスをしてしまう男性は少なからずとも下心があるといえます。

相手が魅力的に見えた

お酒が入ると、普段は友だちにしか思えなかった女性もとても魅力的に見えてしまう傾向にあります。

こんなに可愛かったかなと思い、そのまま酔った勢いでキスをしてしまう男性というのが多いと言えます。

相手が誘っていると勘違い

アルコールが入ると、お互い良い気持ちになり、特に女性は酔いが回ってしまうと、頬が赤くなって目がトロンとしていつもよりも色っぽくなります。

その状態をみて、女性が自分を誘っていると勘違いをしてしまい、女性が望んでいるからとキスをしてしまうというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性によくみられる心理状態です。

キスをするタイミングを図っていた

常々、その女性とキスをするタイミングがないかと、キスをするタイミングを図っていた男性というのは、酔った勢いでキスをしてしまう傾向にあります。

これまでは慎重にタイミングを図っていた男性であっても、アルコールの力によって思考が停止してしまい、思わず我慢することが出来なくなったという心理状態であるとされています。

開放的な気分に流されて

お酒を飲むと、普段感じることが出来ないような開放的になり、その場の雰囲気に流されてしまう男性も少なくはありません。

アルコールは普段秘めていたものを開放させるような力がありますので、酔った勢いでキスをするという人も多いと言えます。

何をしても許されると思った

酔った勢いでキスをしてしまうという男性は、アルコールが入った状態なら何をしても相手は許してくれると思っているようなところがあります。

酔った勢いと言ったら相手も納得せざるを得ないと感じている傾向にあります。

相手の反応を知りたくて

キスをする相手に好意があり、もしもキスをしてしまったら相手はどのような反応をするのかみてみたいといった思いで、酔った勢いでキスをしてしまう男性も少なくはありません。

相手の反応によってその後の対応の仕方も変えるというのが、酔った勢いでキスをしてしまう男性にはよくみられます。

言い逃れ出きる環境だから

例え相手にキスをしたことを拒絶されたとしても、アルコールが入った状態だったからと言い逃れをすることが出きる状況というのを見越してキスをして来る男性というのも少なからずいます。

アルコールが入っている場所では男性は、言い逃れをすることが出来る絶好の環境だと思っている方も少なくはないのです。

その場を盛り上げるため

大勢の人と飲み会をしていると、酔った勢いで誰にでもキスをして来る男性はいますが、単にその場の雰囲気を盛り上げたいだけという場合がほとんどです。

キスをすることで周りが盛り上がってくれるため。

盛り上げ役に徹するために、酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは多いと言えます。

自分に自信がないため

普段自分からはキスをすることが出来ないような、自分に自信がない男性というのは、酔った勢いでキスをしてしまう傾向にあります。

キスをしたいけれど、自分からキスを迫ったら受け入れてくれないと思い悩んでいる人には、酔った勢いに任せてキスをしてしまうとされています。

からかって楽しんでいる

酔った勢いでキスをしてしまう男性のなかには、キスをしたことで相手の反応を見て、楽しんでいる男性も少なからずともいます。

恥ずかしがっているにしても、喜んでいるにしても、怒っているにしても、その戸惑っているような女性の反応が楽しくて、酔った勢いでキスをしてしまう男性というのは実は少なくはありません。

酔った勢いでキスをする男性というのは、下心があるケースが多いと言えます。

アルコールが入っているから気持ちが大きくなり、普段はできないような行動をとってしまったり、普段キスをしたいと思っている相手にお酒のせいにしてキスを迫る傾向にあるのです。

名かには女性のことをずっと思っていて、なかなか打ち明けることが出来ずにお酒の力を借りたという男性もいますが、ほとんどの場合は下心があるケースが多いと言えます。

お酒を飲むと開放的な気分になり、更にはお酒の場というのは何をしてもお酒のせいにすることが出来るため、それを利用している男性も少なくはありません。

本当に酔った勢いでのことなのか、それとも酔った勢いということで思いのままキスをしているのか、その真意は人それぞれです。

また、なかには、キスをして女性の反応をみてからかっているような男性や、その場が盛り上がるからという理由でキスをして来る男性もいます。

酔った勢いでのキスというのはあまり良い意味合いを込めていない場合が多いですので、酔った勢いでキスをしようとしてきた場合は断固拒否するというのも大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-