【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519155357.html
彼氏に愛されているか不安になる心理

彼氏に愛されているか不安になる心理 | LADYCO

LADYCO
彼氏に愛されているか不安になる心理

付き合っているのに、彼氏に愛されているのか不安になってしまう方も多いと思います。

ではなぜ愛されているのか不安になってしまうのでしょうか。

彼氏に愛されているのか不安になってしまう心理をご紹介します。

  • 愛情表現が足りない
  • 連絡が少ない
  • 会う回数が少ない
  • 会っても会話が弾まない
  • 自分のことを話そうとしない
  • 話をしても聞いてくれていない
  • 会うのはいつも自分から誘う
  • 記念日を覚えてくれていない
  • 焼きもちを妬いてくれない
  • 別れ際はあっさり
  • ベッドで過ごす時間が短い
  • キスしてくれない
  • 他の女性に目が行っている
  • まとめ

1. 愛情表現が足りない

愛情表現が足りない

日本の男性というのは愛情表現が下手だと言われていますが、最近ではしっかりと愛情表現をする人が増えています。

そのなかで、好きといってくれなかったり、愛情表現が極端に少ないと、本当に自分のことを愛して鞍手いるのだろうかと不安になってしまう傾向にあります。

そのため、愛情表現が足りない男性と付き合っている女性というのは、愛されているのか不安になってしまうと言えます。

2. 連絡が少ない

連絡が少ない

連絡してくる回数が少なかったり、付き合い始めた頃よりも明らかに連絡してくる回数が減少したなと感じたとき、自分のことを愛してくれているのか不安になってしまう傾向にあります。

女性のなかには、連絡の数で愛されているか否かを図る人もおり、連絡の数と愛情は深い関係性があると思われている方も多いとされています。

3. 会う回数が少ない

会う回数が少ない

会う回数が少なかったり、減少していくと、もしかしたら彼氏は自分のことを愛していないのではないかと不安になってしまう方も少なくはありません。

v 会う回数が少ないということは、会いたいと感じていないこととなり、愛してくれていないのだと信じ込んでしまう女性というのが多いとされています。

4. 会っても会話が弾まない

会っても会話が弾まない

例え会ったとしても、なかなか会話が弾まないと感じたとき、愛されていないのかもしれないと思う傾向にあります。

久しぶりに会って話すことがたくさんあるはずなのにお互いに黙っていることが多かったり、会話を提供しても盛り上がりに欠けて会話が弾まないと感じたとき、愛されていないのかもしれないと思う方も少なくはありません。

5. 自分のことを話そうとしない

自分のことを話そうとしない

会話をしていてもいつも聞き役に徹底しており、自分のことを話そうとしない男性というのは、女性から見ると素性を隠したがっているように見られてしまいます。

そのため、自分のことを話そうとしない男性と付き合っている女性というのは、自分のことを愛していないため素性を隠したがるのだと思い、愛されていないのだという結論に達してしまう傾向にあります。

6. 話をしても聞いてくれていない

話をしても聞いてくれていない

会話を提供して、楽しい時間を過ごそうと彼女が努力をしても、彼氏は話を聞いてくれているのかもよく分からないような感じで相槌も適当にされてしまうと、自分に興味がないのだと思い、愛されていないのだと思い込んでしまう傾向にあります。

7. 会うのはいつも自分から誘う

会うのはいつも自分から誘う

なかなか会ってくれずにしかも会うときは自分ばかり誘って相手から会いたいと言ってくれないといった場合、女性というのは愛されていないのだと感じてしまいます。

自分ばかりが会いたいと思っていて、相手は仕方なく会ってくれているのかもしれないと思い込み、誘う回数が減少していく傾向にもあります。

8. 記念日を覚えてくれていない

記念日を覚えてくれていない

誕生日や付き合った記念日など二人だけの特別な日というのを覚えてくれていないのは、自分のことを愛してくれていないからだと思う女性は少なくはありません。

女性というのは、記念日など大切にしている人が多く、記念日を忘れられていると愛してくれていないからだと思い込んでしまう傾向にあります。

9. 焼きもちを妬いてくれない

焼きもちを妬いてくれない

彼女が他の男性と話をしていても、男友達と遊びに行っても、全く焼きもちを妬いてくれないような彼氏は自分のことを愛してくれていないのだと思い込んでしまう傾向にあります。

愛してくれているのなら焼きもちを妬くのが当たり前だと感じている女性も多く、焼きもちを妬かせるために他の男性と遊びに行って彼氏の反応を確かめている女性も少なくはありません。

10. 別れ際はあっさり

別れ際はあっさり

デートの終わり、彼女の方は別れを惜しんでいるのに、彼の方はあっさり帰ってしまったりしていると、女性は不信感を抱いてしまいます。

もしかしてデートが楽しくなかったのだろうかと思い、やっぱり自分のことを愛していないから、離れることが寂しいと思わないのだと思い込んでしまう人も多いとされています。

11. ベッドで過ごす時間が短い

ベッドで過ごす時間が短い

ベッドで二人で身体を合わせた後、すぐにシャワーを浴びてホテルを出ようとしたりと、ベッドでなにもせずに過ごす時間が短い場合、女性は愛されていないのだと感じる傾向にあります。

ベッドで抱き合う時間が愛情の証だと思っている女性も多く、ベッドで抱き合う時間が短いと、自分のことを愛していないのだと感じてしまう傾向にあるのです。

12. キスしてくれない

キスしてくれない

体の関係はあるのに、なかなかキスはしてくれないという場合、本当に自分のことを愛してくれてはないと感じてしまう傾向にあります。

キスは好きな人としかしないものだと思っている女性というのは大変多く、キスをしてくれない男性は体目当てであり、愛してくれていないのだと思い込んでしまう人も多いとされています。

13. 他の女性に目が行っている

他の女性に目が行っている

一緒に歩いていても他の女性にばかり視線がいっていたり、テレビでかわいい女優などが出ると見入ってしまったりすると、女性は自分では物足りないため他の女性に目がいってしまうのだと思い込んでしまう傾向にあります。

そのため、他の女性に目が行く彼氏に対しては自分のことを愛していないという不信感を抱いてしまう傾向にあります。

まとめ

女性が彼氏から愛されていないのだと感じる瞬間というのは様々です。

単に愛情表現が足りないというだけではなく、会う回数やキスをする回数、身体を重ねたあとの抱き合う時間などによっても女性というのは愛情を図っている傾向にあります。

恋人に愛されているのか不安になってしまうのは、相手を思っているのであれば当然のことです。

彼女を不安にさせてしまっていると感じている男性というのは、会う回数が少なくないか、連絡を怠っているのではないか、または彼女のことを束縛したくないと思い、彼女の行動に口を出さないようにしているのではないかを見直してみることが大切となります。

付き合っているのに、彼氏に愛されているのか不安になってしまう方も多いと思います。

ではなぜ愛されているのか不安になってしまうのでしょうか。

彼氏に愛されているのか不安になってしまう心理をご紹介します。


愛情表現が足りない

日本の男性というのは愛情表現が下手だと言われていますが、最近ではしっかりと愛情表現をする人が増えています。

そのなかで、好きといってくれなかったり、愛情表現が極端に少ないと、本当に自分のことを愛して鞍手いるのだろうかと不安になってしまう傾向にあります。

そのため、愛情表現が足りない男性と付き合っている女性というのは、愛されているのか不安になってしまうと言えます。

連絡が少ない

連絡してくる回数が少なかったり、付き合い始めた頃よりも明らかに連絡してくる回数が減少したなと感じたとき、自分のことを愛してくれているのか不安になってしまう傾向にあります。

女性のなかには、連絡の数で愛されているか否かを図る人もおり、連絡の数と愛情は深い関係性があると思われている方も多いとされています。

会う回数が少ない

会う回数が少なかったり、減少していくと、もしかしたら彼氏は自分のことを愛していないのではないかと不安になってしまう方も少なくはありません。

v 会う回数が少ないということは、会いたいと感じていないこととなり、愛してくれていないのだと信じ込んでしまう女性というのが多いとされています。

会っても会話が弾まない

例え会ったとしても、なかなか会話が弾まないと感じたとき、愛されていないのかもしれないと思う傾向にあります。

久しぶりに会って話すことがたくさんあるはずなのにお互いに黙っていることが多かったり、会話を提供しても盛り上がりに欠けて会話が弾まないと感じたとき、愛されていないのかもしれないと思う方も少なくはありません。

自分のことを話そうとしない

会話をしていてもいつも聞き役に徹底しており、自分のことを話そうとしない男性というのは、女性から見ると素性を隠したがっているように見られてしまいます。

そのため、自分のことを話そうとしない男性と付き合っている女性というのは、自分のことを愛していないため素性を隠したがるのだと思い、愛されていないのだという結論に達してしまう傾向にあります。

話をしても聞いてくれていない

会話を提供して、楽しい時間を過ごそうと彼女が努力をしても、彼氏は話を聞いてくれているのかもよく分からないような感じで相槌も適当にされてしまうと、自分に興味がないのだと思い、愛されていないのだと思い込んでしまう傾向にあります。

会うのはいつも自分から誘う

なかなか会ってくれずにしかも会うときは自分ばかり誘って相手から会いたいと言ってくれないといった場合、女性というのは愛されていないのだと感じてしまいます。

自分ばかりが会いたいと思っていて、相手は仕方なく会ってくれているのかもしれないと思い込み、誘う回数が減少していく傾向にもあります。

記念日を覚えてくれていない

誕生日や付き合った記念日など二人だけの特別な日というのを覚えてくれていないのは、自分のことを愛してくれていないからだと思う女性は少なくはありません。

女性というのは、記念日など大切にしている人が多く、記念日を忘れられていると愛してくれていないからだと思い込んでしまう傾向にあります。

焼きもちを妬いてくれない

彼女が他の男性と話をしていても、男友達と遊びに行っても、全く焼きもちを妬いてくれないような彼氏は自分のことを愛してくれていないのだと思い込んでしまう傾向にあります。

愛してくれているのなら焼きもちを妬くのが当たり前だと感じている女性も多く、焼きもちを妬かせるために他の男性と遊びに行って彼氏の反応を確かめている女性も少なくはありません。

別れ際はあっさり

デートの終わり、彼女の方は別れを惜しんでいるのに、彼の方はあっさり帰ってしまったりしていると、女性は不信感を抱いてしまいます。

もしかしてデートが楽しくなかったのだろうかと思い、やっぱり自分のことを愛していないから、離れることが寂しいと思わないのだと思い込んでしまう人も多いとされています。

ベッドで過ごす時間が短い

ベッドで二人で身体を合わせた後、すぐにシャワーを浴びてホテルを出ようとしたりと、ベッドでなにもせずに過ごす時間が短い場合、女性は愛されていないのだと感じる傾向にあります。

ベッドで抱き合う時間が愛情の証だと思っている女性も多く、ベッドで抱き合う時間が短いと、自分のことを愛していないのだと感じてしまう傾向にあるのです。

キスしてくれない

体の関係はあるのに、なかなかキスはしてくれないという場合、本当に自分のことを愛してくれてはないと感じてしまう傾向にあります。

キスは好きな人としかしないものだと思っている女性というのは大変多く、キスをしてくれない男性は体目当てであり、愛してくれていないのだと思い込んでしまう人も多いとされています。

他の女性に目が行っている

一緒に歩いていても他の女性にばかり視線がいっていたり、テレビでかわいい女優などが出ると見入ってしまったりすると、女性は自分では物足りないため他の女性に目がいってしまうのだと思い込んでしまう傾向にあります。

そのため、他の女性に目が行く彼氏に対しては自分のことを愛していないという不信感を抱いてしまう傾向にあります。

女性が彼氏から愛されていないのだと感じる瞬間というのは様々です。

単に愛情表現が足りないというだけではなく、会う回数やキスをする回数、身体を重ねたあとの抱き合う時間などによっても女性というのは愛情を図っている傾向にあります。

恋人に愛されているのか不安になってしまうのは、相手を思っているのであれば当然のことです。

彼女を不安にさせてしまっていると感じている男性というのは、会う回数が少なくないか、連絡を怠っているのではないか、または彼女のことを束縛したくないと思い、彼女の行動に口を出さないようにしているのではないかを見直してみることが大切となります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-