【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145314.html
会いたいと言ってくれない彼氏の心理

会いたいと言ってくれない彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
会いたいと言ってくれない彼氏の心理

彼女を不安にさせるほど、自分からは会いたいと言ってくれない男性は、どのような心理でそのような行動に至るのか、挙げていきます。

  • 性的なことへの関心が低い
  • 恥ずかしがり屋さん、男性から言うことに羞恥心がある
  • 追われたい・愛されてる実感がほしい
  • 熱中する趣味がある、そちらが大事
  • デートプランが思いつかない
  • 仕事が忙しく物理的に無理
  • プライドが高い
  • そもそもがインドア派
  • ラインで満たされる
  • マイナス思考
  • 男友達が多い
  • 会わなくても不安にならない
  • 将来を見据えた練習
  • まとめ

1. 性的なことへの関心が低い

性的なことへの関心が低い

男性が女性に会いたいと願う理由には様々なものがありますが、その中の大きな一つが、性的な時間を持ちたい、というものです。

そういった興味が薄い男性は、他の多くの男性のように、そのような理由で会いたくなる衝動が起こらないので、女友達の彼氏たちよりも会いたがる回数が少なくなります。

2. 恥ずかしがり屋さん、男性から言うことに羞恥心がある

恥ずかしがり屋さん、男性から言うことに羞恥心がある

硬派な男性像に憧れている人は、男性から女性に会いたいと言うことに、羞恥心を感じています。

いささか時代錯誤のようにも思いますが、黙って俺について来い、という美意識を貫きたい男性は、女性から男性にすがってくるのが好ましい状態と考えているため、本当は寂しい時があっても、自分からは決して言いません。

3. 追われたい・愛されてる実感がほしい

追われたい・愛されてる実感がほしい

女性から愛されている実感がほしい男性は、女性から欲してくれるのをひたすら待つ傾向があります。

過去に浮気をされたことがある男性は、水面下で女性が離れていくかもしれないという悪い先入観に縛られ、 自分の全身全霊をかけて愛することに臆病になっているため、自分から彼女を欲することを自制してしまいます。

4. 熱中する趣味がある、そちらが大事

熱中する趣味がある、そちらが大事

熱中する趣味を持っている男性は少なくなく、恋愛と同じぐらいの熱量を持っている場合もあるので、時間やお金もデートと同じぐらい、そちらに費やしたいと考えています。

そのため、女性が痺れを切らし連絡をしてくるタイミングで会うぐらいが、そのような男性にとって心地よいデートの頻度であり、結果的に自分からは誘わないという形になります。

5. デートプランが思いつかない

デートプランが思いつかない

完璧主義な男性は、女性をデートに誘うということは、自分がエスコートすることを意味し、良いデートプランができるまで気軽にデートに誘ったりはしません。

男同士で楽しんできた遊びは、女性と一緒に楽しめる遊びではない場合が多く、女性と楽しむデートプランを考えるのが得意ではないため、頻繁にデートに誘えない結果となっています。

6. 仕事が忙しく物理的に無理

仕事が忙しく物理的に無理

仕事が忙しすぎて誘えないというケースも多々あります。

自営業や社長でもない限り、それは自分の意思で自由に変えられるものではないので、男性自身も、彼女に会いたいのに会いたいと言えない辛さや、申し訳なさを感じています。

仕事と彼女の板挟みになってしまうと、男性は彼女を重荷に感じ始めますので、注意しましょう。

7. プライドが高い

プライドが高い

自尊心が高い人は、恋人関係に限らず、友人に対しても、また仕事の上でも、自分が相手から招待されるゲストであるべきと考えています。

ゲストであれば、デートプランも考える必要がありませんし、そのような面倒な作業は、俺様に会いたがる相手の仕事とすら考えているため、自分から誘うことはありません。

8. そもそもがインドア派

そもそもがインドア派

付き合う前からインドアの遊びが好きだった男性は、彼女に会いたくないわけではなく、それ以前に外出したくないという理由で、彼女をあまり誘わないことがあります。

デートの基本コースが彼氏の家という場合は、気軽に誘いの連絡が入りますが、そうではない場合、付き合いが長くなってから、本来の出不精の気質が少しずつ出てくる場合もあります。

9. ラインで満たされる

ラインで満たされる

ラインをコミュニケーションツールとして日常的に使っているカップルの中には、それだけで寂しさが満たされてしまう人がいて、そのような男性は会っていないという感覚が薄くなる傾向があります。

女性の方は、もう10日も会ってないなどと会えない日数を指折り数えていても、男性の方はそれほどの期間が空いたことを言われて気づく有様で、ラインで満たされる体感の違いがそのような結果を生んでいます。

10. マイナス思考

マイナス思考

この日は他に用事があるんじゃないかとか、ちょっとしたことで体調不良なんじゃないかとマイナスの妄想を働かせ、誘ったら迷惑なんじゃないかと自己完結してしまう男性がいます。

休日に遊園地の計画を立てようにも、異常に混んでて機嫌が悪くなったらどうしようとか、話題のレストランで食事をするにも、美味しくなかったらどうしようとか、全てのデートプランをマイナス思考が打ち消してしまい、結局、誘わないことになります。

11. 男友達が多い

男友達が多い

男友達が多い男性は、彼女に会いたくないわけではなく、男友達とも会いたいという理由で、休日を分け合うことがあります。

私と男友達と、どっちが大事なのと言った詰め寄り方をすると、関係が壊れてしまいがちですので、男性のライフスタイルを尊重できない限り、付き合っていくのは難しいです。

自分の彼氏が魅力的なのは、多くの友達に愛されているからとも言えますので、行動を変えられないなら意識を変えることで、この問題を乗り越えることができます。

12. 会わなくても不安にならない

会わなくても不安にならない

会わない期間が長引くことを、マイナスに捉えてしまう人は男女ともに少なくないと思いますが、中にはそのような不安に駆り立てられない男性もいます。

なぜそのようなことが可能かといえば、女性を心から信頼しているからであり、会わないことによって相手の心が自分から離れるとか、相手が浮気しているんじゃないかといったネガティブな印象を、一切持たないため、会わなくても平静を保っていられます。

依存し合う関係ではなく、自立した大人の恋愛ができている人は、このような境地に至ることも多いです。

13. 将来を見据えた練習

将来を見据えた練習

学生時代に付き合ったカップルでも、来年から就職することを見据えた男性や、仕事のプロジェクトで生活スタイルが頻繁に変わることを避けられない男性は、その時になって急に会う回数を減らすのではなく、来るべき日のために寂しくならないように、将来を見据えた頻度で会うことをコントロールしようとします。

このような意図がある男性は、余計な不審を抱かせないように、彼女にもその旨を伝えることを忘れないようにしましょう。

まとめ

会いたいと言わない男性の心理を挙げてきましたが、その内情を知れば、決してネガティブなものばかりではないことがわかります。

自分の彼氏もきっとプラスの理由だと信頼することで、モヤモヤした気持ちを晴らしてしまいましょう。

彼女を不安にさせるほど、自分からは会いたいと言ってくれない男性は、どのような心理でそのような行動に至るのか、挙げていきます。


性的なことへの関心が低い

男性が女性に会いたいと願う理由には様々なものがありますが、その中の大きな一つが、性的な時間を持ちたい、というものです。

そういった興味が薄い男性は、他の多くの男性のように、そのような理由で会いたくなる衝動が起こらないので、女友達の彼氏たちよりも会いたがる回数が少なくなります。

恥ずかしがり屋さん、男性から言うことに羞恥心がある

硬派な男性像に憧れている人は、男性から女性に会いたいと言うことに、羞恥心を感じています。

いささか時代錯誤のようにも思いますが、黙って俺について来い、という美意識を貫きたい男性は、女性から男性にすがってくるのが好ましい状態と考えているため、本当は寂しい時があっても、自分からは決して言いません。

追われたい・愛されてる実感がほしい

女性から愛されている実感がほしい男性は、女性から欲してくれるのをひたすら待つ傾向があります。

過去に浮気をされたことがある男性は、水面下で女性が離れていくかもしれないという悪い先入観に縛られ、 自分の全身全霊をかけて愛することに臆病になっているため、自分から彼女を欲することを自制してしまいます。

熱中する趣味がある、そちらが大事

熱中する趣味を持っている男性は少なくなく、恋愛と同じぐらいの熱量を持っている場合もあるので、時間やお金もデートと同じぐらい、そちらに費やしたいと考えています。

そのため、女性が痺れを切らし連絡をしてくるタイミングで会うぐらいが、そのような男性にとって心地よいデートの頻度であり、結果的に自分からは誘わないという形になります。

デートプランが思いつかない

完璧主義な男性は、女性をデートに誘うということは、自分がエスコートすることを意味し、良いデートプランができるまで気軽にデートに誘ったりはしません。

男同士で楽しんできた遊びは、女性と一緒に楽しめる遊びではない場合が多く、女性と楽しむデートプランを考えるのが得意ではないため、頻繁にデートに誘えない結果となっています。

仕事が忙しく物理的に無理

仕事が忙しすぎて誘えないというケースも多々あります。

自営業や社長でもない限り、それは自分の意思で自由に変えられるものではないので、男性自身も、彼女に会いたいのに会いたいと言えない辛さや、申し訳なさを感じています。

仕事と彼女の板挟みになってしまうと、男性は彼女を重荷に感じ始めますので、注意しましょう。

プライドが高い

自尊心が高い人は、恋人関係に限らず、友人に対しても、また仕事の上でも、自分が相手から招待されるゲストであるべきと考えています。

ゲストであれば、デートプランも考える必要がありませんし、そのような面倒な作業は、俺様に会いたがる相手の仕事とすら考えているため、自分から誘うことはありません。

そもそもがインドア派

付き合う前からインドアの遊びが好きだった男性は、彼女に会いたくないわけではなく、それ以前に外出したくないという理由で、彼女をあまり誘わないことがあります。

デートの基本コースが彼氏の家という場合は、気軽に誘いの連絡が入りますが、そうではない場合、付き合いが長くなってから、本来の出不精の気質が少しずつ出てくる場合もあります。

ラインで満たされる

ラインをコミュニケーションツールとして日常的に使っているカップルの中には、それだけで寂しさが満たされてしまう人がいて、そのような男性は会っていないという感覚が薄くなる傾向があります。

女性の方は、もう10日も会ってないなどと会えない日数を指折り数えていても、男性の方はそれほどの期間が空いたことを言われて気づく有様で、ラインで満たされる体感の違いがそのような結果を生んでいます。

マイナス思考

この日は他に用事があるんじゃないかとか、ちょっとしたことで体調不良なんじゃないかとマイナスの妄想を働かせ、誘ったら迷惑なんじゃないかと自己完結してしまう男性がいます。

休日に遊園地の計画を立てようにも、異常に混んでて機嫌が悪くなったらどうしようとか、話題のレストランで食事をするにも、美味しくなかったらどうしようとか、全てのデートプランをマイナス思考が打ち消してしまい、結局、誘わないことになります。

男友達が多い

男友達が多い男性は、彼女に会いたくないわけではなく、男友達とも会いたいという理由で、休日を分け合うことがあります。

私と男友達と、どっちが大事なのと言った詰め寄り方をすると、関係が壊れてしまいがちですので、男性のライフスタイルを尊重できない限り、付き合っていくのは難しいです。

自分の彼氏が魅力的なのは、多くの友達に愛されているからとも言えますので、行動を変えられないなら意識を変えることで、この問題を乗り越えることができます。

会わなくても不安にならない

会わない期間が長引くことを、マイナスに捉えてしまう人は男女ともに少なくないと思いますが、中にはそのような不安に駆り立てられない男性もいます。

なぜそのようなことが可能かといえば、女性を心から信頼しているからであり、会わないことによって相手の心が自分から離れるとか、相手が浮気しているんじゃないかといったネガティブな印象を、一切持たないため、会わなくても平静を保っていられます。

依存し合う関係ではなく、自立した大人の恋愛ができている人は、このような境地に至ることも多いです。

将来を見据えた練習

学生時代に付き合ったカップルでも、来年から就職することを見据えた男性や、仕事のプロジェクトで生活スタイルが頻繁に変わることを避けられない男性は、その時になって急に会う回数を減らすのではなく、来るべき日のために寂しくならないように、将来を見据えた頻度で会うことをコントロールしようとします。

このような意図がある男性は、余計な不審を抱かせないように、彼女にもその旨を伝えることを忘れないようにしましょう。

会いたいと言わない男性の心理を挙げてきましたが、その内情を知れば、決してネガティブなものばかりではないことがわかります。

自分の彼氏もきっとプラスの理由だと信頼することで、モヤモヤした気持ちを晴らしてしまいましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-