【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519145259.html
辛い物が食べたい心理

辛い物が食べたい心理 | LADYCO

LADYCO
辛い物が食べたい心理

最近のブームとして、辛党ブームがあります。

バラエティー番組では、有名芸能人が辛党アピールをして、 どれだけ辛い物を食べられるかを挑戦しています。

今回は、辛い物が食べたい心理について紹介します。

  • 向上心がある。
  • 過度なストレスを持っている。
  • 常に刺激を求めている。
  • 欲求不満である。
  • 耐えることが好きである。
  • 元気である。
  • 自分を痛めつけて、安心する。
  • 情緒不安定である。
  • 疲れている。
  • もともとの食生活が辛いものに囲まれて育っている。
  • 小さい時のトラウマがある。
  • みんなで騒ぎたいとき。
  • スパイスの香りを感じた時
  • まとめ

1. 向上心がある。

向上心がある。

向上心がある人は、常に高い目標を課して自分を高めようとしています。

もし、それが辛いものであれば今よりもっと辛い物を欲します。

そして、克服した時に達成感、満足感を味わうのです。

辛い物への克服が、自分の自信へと変わっていきます。

2. 過度なストレスを持っている。

過度なストレスを持っている。

日常生活で、ストレスをため込んでいると、人間は発散しようとします。

ストレス社会の現代でストレスをため込んでいる方は多いと思います。

人によって発散方法はさまざまですが、辛い物を求めることは、手軽で 経済的なストレス発散方法といえます。

また、最近の辛党ブームもきっかけになっています。

3. 常に刺激を求めている。

常に刺激を求めている。

常に危険なことが好き、普通の生き方がつまらないと思っている方は辛党の特徴といえます。

見た目や服装も個性的な方が多いです。

通常では考えられない辛い食べ物を、自分がどこまで耐えられるのか ドキドキのスリルを感じ、挑戦しているのです。

4. 欲求不満である。

欲求不満である。

常に快楽を求めている方は辛党が多いです。

辛い物は、味覚ではなく痛みです。

自分を痛めつけることで、無意識に快楽を味わっています。

辛い物は、相手がいなくてもいつでも自分で準備ができます。

その手軽さから、辛党の人は多い傾向にあります。

5. 耐えることが好きである。

耐えることが好きである。

楽な道に進むよりも、進んで険しい道に進む方は辛党の傾向があります。

真面目な方にも多いですが、つらい思いをすることで安心します。

矛盾しているようですが、複雑な心理の方が多いです。

恋愛相手に酷いことをされても、好きで居続けてしまう方などはこのような心理傾向にあります。

6. 元気である。

元気である。

とにかく元気いっぱいで、恐れを知らない方は自分を試したい心理があります。

どれだけ辛い物を食べられるのか挑戦し、その経験を友達に報告することで喜びを得ます。

若い方は特に多い傾向にあります。

また、辛い物は血行を良くするので、美容のために辛い物を摂取することも特徴です。

7. 自分を痛めつけて、安心する。

自分を痛めつけて、安心する。

自分の失敗に落ち込み、その代償は自分自信を痛めつけることで 安心する方は辛党の特徴といえます。

特殊な心理の持ち主ですが、一般の人でも何か失敗したときに気合を入れる目的で自分を叩くことがあると思います。

その、心理が激しくなるとどんどん辛い物を欲してしまいます。

8. 情緒不安定である。

情緒不安定である。

ストレスをため込み過ぎると無意識に発散したい欲望が目覚めます。

発散することで、心の安定を図る人間の防御本能と言えるでしょう。

辛党の方の中には情緒不安であることが多いです。

9. 疲れている。

疲れている。

疲れているとき、急に辛い物が食べたい時があります。

しかし、常に疲れている。

夜寝つけない。

やる気が出ない方は、 辛党が多いです。

特に女子は男性に比べて体力ない傾向にあるので 元気を出すために辛党に走る傾向があります。

10. もともとの食生活が辛いものに囲まれて育っている。

もともとの食生活が辛いものに囲まれて育っている。

小さいときからの食生活が常に辛い物に囲まれている方は辛党です。

当たり前ではありますが、このような方は、年世代にも渡って辛い物に慣れているので、少々の辛い食べ物は何も感じないのと一緒なのです。

このような、生活環境で育った方は当然、辛党の傾向が強いです。

11. 小さい時のトラウマがある。

小さい時のトラウマがある。

トラウマがある方は、それを打ち消そうと辛いものに走る傾向にあります。

無意識のことが多いため、本人も自覚が無い事がほとんどです。

人間誰しも、何かしらのトラウマはある物なので、最近の激辛ブームも そのような背景があるのかもしれません。

12. みんなで騒ぎたいとき。

みんなで騒ぎたいとき。

みんなで騒ぎたい時は、盛り上げるために辛い物を欲する傾向にあります。

アドレナリンをより上げるためには、お酒と辛いものはセットで楽しむといった方は多い思います。

辛い物を見ただけで食欲が出てきますし、楽しいパーティーには必ず必要なアイテムと言えます。

特に、何か特別な事があるときは人間の心理を高揚させますので、辛いものを求めるのは当然なのかもしれません。

13. スパイスの香りを感じた時

スパイスの香りを感じた時

空腹のとき、たまたまスパイスの香りを嗅いだときがあると思います。

そのような時は、腹の虫が聞こえ、つい辛い物を食べたいと思うはずです。

スパイスは漢方薬でもありますので、それを求めることは当たり前なのかもしれません。

カレーを嫌いな人はあまり聞きません。

まとめ

今回、辛い物を食べたい心理について紹介しました。

激辛ブームから、様々なお店が紹介されています。

今後さらに、辛党の方は増えると思います。

ただ、やはり辛い物を食べすぎるのは良くありません。

体の震えを抑えて食べている方も多いようですが、体を壊しては意味がありませんので、適度に楽しむことが一番だと思います。

最近のブームとして、辛党ブームがあります。

バラエティー番組では、有名芸能人が辛党アピールをして、 どれだけ辛い物を食べられるかを挑戦しています。

今回は、辛い物が食べたい心理について紹介します。


向上心がある。

向上心がある人は、常に高い目標を課して自分を高めようとしています。

もし、それが辛いものであれば今よりもっと辛い物を欲します。

そして、克服した時に達成感、満足感を味わうのです。

辛い物への克服が、自分の自信へと変わっていきます。

過度なストレスを持っている。

日常生活で、ストレスをため込んでいると、人間は発散しようとします。

ストレス社会の現代でストレスをため込んでいる方は多いと思います。

人によって発散方法はさまざまですが、辛い物を求めることは、手軽で 経済的なストレス発散方法といえます。

また、最近の辛党ブームもきっかけになっています。

常に刺激を求めている。

常に危険なことが好き、普通の生き方がつまらないと思っている方は辛党の特徴といえます。

見た目や服装も個性的な方が多いです。

通常では考えられない辛い食べ物を、自分がどこまで耐えられるのか ドキドキのスリルを感じ、挑戦しているのです。

欲求不満である。

常に快楽を求めている方は辛党が多いです。

辛い物は、味覚ではなく痛みです。

自分を痛めつけることで、無意識に快楽を味わっています。

辛い物は、相手がいなくてもいつでも自分で準備ができます。

その手軽さから、辛党の人は多い傾向にあります。

耐えることが好きである。

楽な道に進むよりも、進んで険しい道に進む方は辛党の傾向があります。

真面目な方にも多いですが、つらい思いをすることで安心します。

矛盾しているようですが、複雑な心理の方が多いです。

恋愛相手に酷いことをされても、好きで居続けてしまう方などはこのような心理傾向にあります。

元気である。

とにかく元気いっぱいで、恐れを知らない方は自分を試したい心理があります。

どれだけ辛い物を食べられるのか挑戦し、その経験を友達に報告することで喜びを得ます。

若い方は特に多い傾向にあります。

また、辛い物は血行を良くするので、美容のために辛い物を摂取することも特徴です。

自分を痛めつけて、安心する。

自分の失敗に落ち込み、その代償は自分自信を痛めつけることで 安心する方は辛党の特徴といえます。

特殊な心理の持ち主ですが、一般の人でも何か失敗したときに気合を入れる目的で自分を叩くことがあると思います。

その、心理が激しくなるとどんどん辛い物を欲してしまいます。

情緒不安定である。

ストレスをため込み過ぎると無意識に発散したい欲望が目覚めます。

発散することで、心の安定を図る人間の防御本能と言えるでしょう。

辛党の方の中には情緒不安であることが多いです。

疲れている。

疲れているとき、急に辛い物が食べたい時があります。

しかし、常に疲れている。

夜寝つけない。

やる気が出ない方は、 辛党が多いです。

特に女子は男性に比べて体力ない傾向にあるので 元気を出すために辛党に走る傾向があります。

もともとの食生活が辛いものに囲まれて育っている。

小さいときからの食生活が常に辛い物に囲まれている方は辛党です。

当たり前ではありますが、このような方は、年世代にも渡って辛い物に慣れているので、少々の辛い食べ物は何も感じないのと一緒なのです。

このような、生活環境で育った方は当然、辛党の傾向が強いです。

小さい時のトラウマがある。

トラウマがある方は、それを打ち消そうと辛いものに走る傾向にあります。

無意識のことが多いため、本人も自覚が無い事がほとんどです。

人間誰しも、何かしらのトラウマはある物なので、最近の激辛ブームも そのような背景があるのかもしれません。

みんなで騒ぎたいとき。

みんなで騒ぎたい時は、盛り上げるために辛い物を欲する傾向にあります。

アドレナリンをより上げるためには、お酒と辛いものはセットで楽しむといった方は多い思います。

辛い物を見ただけで食欲が出てきますし、楽しいパーティーには必ず必要なアイテムと言えます。

特に、何か特別な事があるときは人間の心理を高揚させますので、辛いものを求めるのは当然なのかもしれません。

スパイスの香りを感じた時

空腹のとき、たまたまスパイスの香りを嗅いだときがあると思います。

そのような時は、腹の虫が聞こえ、つい辛い物を食べたいと思うはずです。

スパイスは漢方薬でもありますので、それを求めることは当たり前なのかもしれません。

カレーを嫌いな人はあまり聞きません。

今回、辛い物を食べたい心理について紹介しました。

激辛ブームから、様々なお店が紹介されています。

今後さらに、辛党の方は増えると思います。

ただ、やはり辛い物を食べすぎるのは良くありません。

体の震えを抑えて食べている方も多いようですが、体を壊しては意味がありませんので、適度に楽しむことが一番だと思います。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-