【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519143712.html
相手の気持ちが分からない理由

相手の気持ちが分からない理由 | LADYCO

LADYCO
相手の気持ちが分からない理由

恋愛中に、「相手の気持ちが分からない」と感じることがあります。

逆に「相手が自分の気持ちを分かってくれない」と感じることもあるでしょう。

なぜこのようなことになるのか理由を見てみましょう。

  • 恋愛経験が少ない
  • 恋に恋している
  • 付き合ったばっかりで浮かれている
  • 恋人のことを高く見過ぎている
  • 架空の女性と付き合っているよう思う
  • 理想の恋人像を投影している
  • 父親や母親と比べている
  • 自尊心が低い
  • 先入観が強い
  • 不安な気持ちが強い
  • 相手が嘘をついている
  • 相手が理想の自分を演じている
  • 気持ちが分からないふりをしている
  • まとめ

1. 恋愛経験が少ない

恋愛経験が少ない

相手の気持ちが分からない人は、恋愛経験が少ない人かもしれません。

例えば初デートに行く時に、どのような場所をデートスポットに選べば相手が喜ぶかどうかよくわからないかもしれません。

デートの定番スポットを選ぶ、相手に行きたいところを聞く、または自分が行きたいところを提案して承諾を取るなど、相手が喜ぶデートスポットの選び方はいくつもあります。

しかし恋愛経験が少ないと、そのような当たり前のことに気付けません。

結局、トリッキーだったりチープな雰囲気の場所をデートスポットに選んでしまい、気まずいムードにしてしまったりします。

恋愛経験が少ないため、相手のことを考えているのに、適切な手を打てない人です。

2. 恋に恋している

恋に恋している

恋愛経験が少ない人は、付き合っている相手のことを好きな気持ちはもちろんあるのですが、恋愛をしている自分のことを好きな気持ちが強すぎます。

恋人とオシャレな街を歩いている時も、相手の気持ちを考えるより、「カップルで街歩きしている自分、最高!」となってしまいます。

相手が行きたい場所や、行きたい飲食店がどこなのか考えるよりも、「恋人ができたら行きたかった場所」を優先してしまいます。

心の中を知れば、たわいものないことですし、むしろかわいいのですが、付き合っている相手からすればそうは取れないかもしれません。

「わがままなやつだ」「付き合ったのは失敗だった」と思われるかもしれません。

恋愛に恋する気持ちは抑えて、目の前の恋人にもっと向き合う必要があるでしょう。

3. 付き合ったばっかりで浮かれている

付き合ったばっかりで浮かれている

彼氏や彼女と付き合っている自分が誇らしく、友達に自慢したいという気持ちが強い人がいます。

相手の気持ちも考えずに、友達との飲み会の場所に連れて行ったり、友達と電話で話させようとします。

彼氏や彼女は、まだ友達とは会いたいと思っていないかもしれません。

ふたりきりの時間を大切にしたいと思っている可能性が高いでしょう。

恋愛相手は自慢するためにいるのではないことを知りましょう。

4. 恋人のことを高く見過ぎている

恋人のことを高く見過ぎている

恋人のことをとても高い人に見過ぎてしまう人もいます。

やはり恋愛経験が少ない人に多く、普通の女性をお嬢様扱いしてしまうことがあります。

例えば男性が、彼女のことを高く見過ぎて、食事のたびに高級レストランに連れて行ったとしたらどうでしょうか。

もし彼女がお嬢様として育っていない場合、たまには高級レストランもいいですが、いつもだと緊張してしまいくつろげないと思います。

ファストフードでまったりと、食事と会話を楽しみたいと思っているかもしれません。

5. 架空の女性と付き合っているよう思う

架空の女性と付き合っているよう思う

ふつうの家庭に育ったのに相手が自分をお嬢様だと思って付き合っていることが分かると、お嬢様じゃないとまずいのかと相手が感じます。

そこで彼女が、お嬢様風に演じながら恋愛を続けるようなこともあります。

彼氏は彼女のことを勘違いしているし、彼女は架空の女性を演じています。

まるで架空の女性と付き合っているような変な感じになってしまうでしょう。

6. 理想の恋人像を投影している

理想の恋人像を投影している

相手を高く見るのとは違い、自分の理想の恋人像を、恋愛相手に投影する人もいます。

相手の気持ちを考えずに、「彼女はこう思っているに違いない」「彼はきっとこうしたいと思っている」と決めつけて行動します。

相手からすると、自分の気持ちを分かってくれない変な人だと感じるでしょう。

子どもの頃から恋愛に憧れていて、理想の恋人のイメージが固まりすぎると、このような変な感じになってしまいます。

7. 父親や母親と比べている

父親や母親と比べている

自分の父親と彼氏、母親と彼女を比べてしまう人もいます。

「父親はこうするから、彼氏もこうするだろう」「母親はこうしてくれるから、彼女もしてくれるに決まっているはず」という感じです。

母親が優しい男性は、デートをしたら彼女がお弁当を作ってくるに違いないと思い込みます。

そして彼女がデートに手ぶらで来た時に「なんでだよ」と怒ったりします。

彼女は料理が苦手かもしれませんし、忙しくて料理をする暇がないのかもしれません。

ふたりで美味しい料理を食べにレストランに行きたかったのかもしれません。

性が一緒だというだけで、父と彼、母と彼女を同一視すると、相手の気持ちが分からなくなります。

8. 自尊心が低い

自尊心が低い

自尊心が低く、自信がない人は、相手の気持ちをわかろうとする余裕がありません。

デート中も「自分が傷つかないように行動する」ことで精いっぱいです。

9. 先入観が強い

先入観が強い

恋愛はこういうものだ、という先入観が強い人も問題です。

デートとは、オシャレな街角で待ち合わせをして、テーマパークに行き、夜景が見えるレストランで食事をするものだという先入観があるとします。

しかし相手によっては、部屋でまったり過ごすのが好きですし、ドライブをするのが好きかもしれません。

先入観でデートコースを決めてしまえば、相手の気持ちが分からない人になってしまいます。

10. 不安な気持ちが強い

不安な気持ちが強い

不安な気持ちが強すぎると、相手の気持ちを考える余裕がなくなります。

例えば夜の街が怖い人は、どんなに恋愛相手が夜の街に行きたがっても一緒に行くことはできません。

キスをするのが怖い人も、相手の気持ちを無視して拒否をすることになるでしょう。

何かに極端な不安に感じる人は、そのことを彼氏や彼女に事前に伝えた方が、誤解を生まずに済むかもしれません。

11. 相手が嘘をついている

相手が嘘をついている

相手が嘘をついている場合は、相手の気持ちが分からなくても当然です。

例えば他に別の恋人がいる人の気持ちを想定しながら、付き合うことはできないからです。

12. 相手が理想の自分を演じている

相手が理想の自分を演じている

彼氏が理想の男性像を演じていたり、彼女が理想の女性像を演じていることがあります。

しかし本当の彼と、彼が理想と思う男性像がかけ離れている場合、二人と付き合っているような感じになります。

相手の気持ちが分かりにくくなります。

13. 気持ちが分からないふりをしている

気持ちが分からないふりをしている

例えば彼女が自分と別れたいと思っていることを知ってしまった場合、彼氏はその気持ちに気付かないふりをするでしょう。

相手の気持ちが分かると、自分に都合悪くなる場合は、分かっているのに分からないふりをすることがあります。

まとめ

恋愛中に相手の気持ちが分からなくなった時は、恋愛のイメージや先入観を取り払いましょう。

「目の前のひとりの人」に向き合うことが大切です。

理想の恋人でもなく、親に似た人でもなく、ひとりの個人と認識することから始めましょう。

恋愛中に、「相手の気持ちが分からない」と感じることがあります。

逆に「相手が自分の気持ちを分かってくれない」と感じることもあるでしょう。

なぜこのようなことになるのか理由を見てみましょう。


恋愛経験が少ない

相手の気持ちが分からない人は、恋愛経験が少ない人かもしれません。

例えば初デートに行く時に、どのような場所をデートスポットに選べば相手が喜ぶかどうかよくわからないかもしれません。

デートの定番スポットを選ぶ、相手に行きたいところを聞く、または自分が行きたいところを提案して承諾を取るなど、相手が喜ぶデートスポットの選び方はいくつもあります。

しかし恋愛経験が少ないと、そのような当たり前のことに気付けません。

結局、トリッキーだったりチープな雰囲気の場所をデートスポットに選んでしまい、気まずいムードにしてしまったりします。

恋愛経験が少ないため、相手のことを考えているのに、適切な手を打てない人です。

恋に恋している

恋愛経験が少ない人は、付き合っている相手のことを好きな気持ちはもちろんあるのですが、恋愛をしている自分のことを好きな気持ちが強すぎます。

恋人とオシャレな街を歩いている時も、相手の気持ちを考えるより、「カップルで街歩きしている自分、最高!」となってしまいます。

相手が行きたい場所や、行きたい飲食店がどこなのか考えるよりも、「恋人ができたら行きたかった場所」を優先してしまいます。

心の中を知れば、たわいものないことですし、むしろかわいいのですが、付き合っている相手からすればそうは取れないかもしれません。

「わがままなやつだ」「付き合ったのは失敗だった」と思われるかもしれません。

恋愛に恋する気持ちは抑えて、目の前の恋人にもっと向き合う必要があるでしょう。

付き合ったばっかりで浮かれている

彼氏や彼女と付き合っている自分が誇らしく、友達に自慢したいという気持ちが強い人がいます。

相手の気持ちも考えずに、友達との飲み会の場所に連れて行ったり、友達と電話で話させようとします。

彼氏や彼女は、まだ友達とは会いたいと思っていないかもしれません。

ふたりきりの時間を大切にしたいと思っている可能性が高いでしょう。

恋愛相手は自慢するためにいるのではないことを知りましょう。

恋人のことを高く見過ぎている

恋人のことをとても高い人に見過ぎてしまう人もいます。

やはり恋愛経験が少ない人に多く、普通の女性をお嬢様扱いしてしまうことがあります。

例えば男性が、彼女のことを高く見過ぎて、食事のたびに高級レストランに連れて行ったとしたらどうでしょうか。

もし彼女がお嬢様として育っていない場合、たまには高級レストランもいいですが、いつもだと緊張してしまいくつろげないと思います。

ファストフードでまったりと、食事と会話を楽しみたいと思っているかもしれません。

架空の女性と付き合っているよう思う

ふつうの家庭に育ったのに相手が自分をお嬢様だと思って付き合っていることが分かると、お嬢様じゃないとまずいのかと相手が感じます。

そこで彼女が、お嬢様風に演じながら恋愛を続けるようなこともあります。

彼氏は彼女のことを勘違いしているし、彼女は架空の女性を演じています。

まるで架空の女性と付き合っているような変な感じになってしまうでしょう。

理想の恋人像を投影している

相手を高く見るのとは違い、自分の理想の恋人像を、恋愛相手に投影する人もいます。

相手の気持ちを考えずに、「彼女はこう思っているに違いない」「彼はきっとこうしたいと思っている」と決めつけて行動します。

相手からすると、自分の気持ちを分かってくれない変な人だと感じるでしょう。

子どもの頃から恋愛に憧れていて、理想の恋人のイメージが固まりすぎると、このような変な感じになってしまいます。

父親や母親と比べている

自分の父親と彼氏、母親と彼女を比べてしまう人もいます。

「父親はこうするから、彼氏もこうするだろう」「母親はこうしてくれるから、彼女もしてくれるに決まっているはず」という感じです。

母親が優しい男性は、デートをしたら彼女がお弁当を作ってくるに違いないと思い込みます。

そして彼女がデートに手ぶらで来た時に「なんでだよ」と怒ったりします。

彼女は料理が苦手かもしれませんし、忙しくて料理をする暇がないのかもしれません。

ふたりで美味しい料理を食べにレストランに行きたかったのかもしれません。

性が一緒だというだけで、父と彼、母と彼女を同一視すると、相手の気持ちが分からなくなります。

自尊心が低い

自尊心が低く、自信がない人は、相手の気持ちをわかろうとする余裕がありません。

デート中も「自分が傷つかないように行動する」ことで精いっぱいです。

先入観が強い

恋愛はこういうものだ、という先入観が強い人も問題です。

デートとは、オシャレな街角で待ち合わせをして、テーマパークに行き、夜景が見えるレストランで食事をするものだという先入観があるとします。

しかし相手によっては、部屋でまったり過ごすのが好きですし、ドライブをするのが好きかもしれません。

先入観でデートコースを決めてしまえば、相手の気持ちが分からない人になってしまいます。

不安な気持ちが強い

不安な気持ちが強すぎると、相手の気持ちを考える余裕がなくなります。

例えば夜の街が怖い人は、どんなに恋愛相手が夜の街に行きたがっても一緒に行くことはできません。

キスをするのが怖い人も、相手の気持ちを無視して拒否をすることになるでしょう。

何かに極端な不安に感じる人は、そのことを彼氏や彼女に事前に伝えた方が、誤解を生まずに済むかもしれません。

相手が嘘をついている

相手が嘘をついている場合は、相手の気持ちが分からなくても当然です。

例えば他に別の恋人がいる人の気持ちを想定しながら、付き合うことはできないからです。

相手が理想の自分を演じている

彼氏が理想の男性像を演じていたり、彼女が理想の女性像を演じていることがあります。

しかし本当の彼と、彼が理想と思う男性像がかけ離れている場合、二人と付き合っているような感じになります。

相手の気持ちが分かりにくくなります。

気持ちが分からないふりをしている

例えば彼女が自分と別れたいと思っていることを知ってしまった場合、彼氏はその気持ちに気付かないふりをするでしょう。

相手の気持ちが分かると、自分に都合悪くなる場合は、分かっているのに分からないふりをすることがあります。

恋愛中に相手の気持ちが分からなくなった時は、恋愛のイメージや先入観を取り払いましょう。

「目の前のひとりの人」に向き合うことが大切です。

理想の恋人でもなく、親に似た人でもなく、ひとりの個人と認識することから始めましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-