【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519142745.html
恋人や配偶者に連絡しても繋がらない時に不安になる心理

恋人や配偶者に連絡しても繋がらない時に不安になる心理 | LADYCO

LADYCO
恋人や配偶者に連絡しても繋がらない時に不安になる心理

パートナーに連絡したときに繋がらない時に不安になるのは当然です。

逆に自分が連絡に応えられなかったとき、パートナーはどう思っているのでしょうか。

その心理についてご紹介します。

  • パートナーに何かあったのではないかと不安になる
  • 浮気をしているのではないかと疑ってしまう
  • 嫌われてしまったのではないかと思ってしまう
  • 何か不快になる連絡の取り方をしてしまったのではないかと思う
  • パートナーの健康面や忙しさを心配してしまう
  • 隠し事をしているのでは?と不安になる
  • 自分たちの関係そのものに対する不安
  • 相手が何を考えているのかわからない
  • そもそも誰とでも常に繋がっていないと不安になる
  • まとめ

1. パートナーに何かあったのではないかと不安になる

パートナーに何かあったのではないかと不安になる

まず第一に頭に浮かぶ不安は、自分の愛する人の身に何か起こってしまったのではないか?

ということです。

特に心配性の人であれば、パートナーがテロに巻き込まれているなど、現実的に考えてありえないような状況に陥っているのでは. という不安を抱くこともあるでしょう。

パートナーを大切に思っていて、失いたくないと思っているからこそこのような心理状態になってしまうのです。

2. 浮気をしているのではないかと疑ってしまう

浮気をしているのではないかと疑ってしまう

これは疑り深い人が抱きやすい不安です。

相手と連絡が取れない時間、もしかすると相手は自分以外の男性・女性と会っているのではないか. ?という不安にさいなまれます。

その根底には、相手のことを信頼しきれていないという心理があるのです。

また、自分自身に心当たりがある場合もパートナーを必要以上に疑ってしまうことがあります。

3. 嫌われてしまったのではないかと思ってしまう

嫌われてしまったのではないかと思ってしまう

たった短い時間連絡がつかないというだけでも、「もしかして私のことを嫌いになってしまったから返事をしてくれないのではないか」と不安になる人もいます。

相手からの愛情を常に感じていないと不安になってしまったり、相手に愛されていたいと強く思う心理がこの不安を引き起こしてしまいます。

4. 何か不快になる連絡の取り方をしてしまったのではないかと思う

何か不快になる連絡の取り方をしてしまったのではないかと思う

例えばメールなどの返信がこなかった場合、「何か不快に思わせてしまったので返信がないのではないか?

と考えることもあるでしょう。

自分の発言のせいで相手の気分を乱してしまったのではないかと感じ、不安になります。

嫌われてしまったのではないかという不安ともつながります。

その根底にある心理とは、相手を気遣う気持ちと自分を責めてしまう気持ちです。

5. パートナーの健康面や忙しさを心配してしまう

パートナーの健康面や忙しさを心配してしまう

これはしばらく会うことができていない恋人同士であると抱くことがある不安です。

相手の状況を知るためには電話やメールで連絡を取り合うしかないのに、その連絡が繋がらないとなると、パートナーが連絡が取れなくなるほどの健康面での異常や、忙しすぎる状況に陥っているのでは?と考えてしまいます。

ここには会えない状況であってもパートナーに元気でいてほしいと思う心理があります。

6. 隠し事をしているのでは?と不安になる

隠し事をしているのでは?と不安になる

浮気以外にも、ほかの隠し事をしているのではないかと考えてしまい不安になる人もいます。

例えば自分に隠れて副業をしているのではないか?

自分が知らない姿があるのではないか?

と考えてしまいます。

どんなに親しい相手でも、自分以外の誰かのことを完全に知っておくことはできません。

それでも相手のことを何でも知っておきたいと思う心理がこの不安につながるのです。

7. 自分たちの関係そのものに対する不安

自分たちの関係そのものに対する不安

ほんの一瞬だけ連絡がとれない、等であればこの不安を抱く人はいないでしょう。

定期的に連絡がつかないことがある場合など、「もしかして私たちの関係はもう終わっているのでは?」とはっとする瞬間があるかもしれません。

お互いに安心しているからこそ連絡を返さない、ということもありますが、マンネリ化しているのではないかという不安を抱くことがあります。

相手との関係を長続きさせたいという心理があり、このような不安を抱くことがあります。

8. 相手が何を考えているのかわからない

相手が何を考えているのかわからない

連絡を取り合うということは、意思の疎通をするということです。

たとえば小さなことであれば、その日の夕飯に何を食べたいか、など、連絡が取れればすぐに確認できる相手の意思を、連絡がとれないと確認することができません。

そのときその瞬間に相手の思考が知りたいと思った場合、連絡が繋がらないということが不安につながります。

9. そもそも誰とでも常に繋がっていないと不安になる

そもそも誰とでも常に繋がっていないと不安になる

ほとんどの人がスマホを持ち歩き、常にどこにいても連絡が取りあえたり、SNSなどで近況を見ることができたりする時代です。

その中で、誰かと連絡がつかないという状況に不安を抱くことがあります。

これに関しては、ある種の依存症のようなもので、常に携帯を触っていないと不安になったり、何度も繰り返しメッセージの確認をしてしまったりします。

自分の中でスマホやインターネットの世界が占める割合が大きくなりすぎていて、常に自分や相手がその世界の中にいないと不安という気持ちがこの不安の原因です。

まとめ

以上、恋人や配偶者に連絡してもつながらない時に不安になる心理9選でした。

どんな不安を抱いたとしても、その多くが杞憂です。

あまり心配しすぎず、のんびりと連絡が取れるようになるのを待つことがこれらの不安に対処する方法なのではないでしょうか。

パートナーに連絡したときに繋がらない時に不安になるのは当然です。

逆に自分が連絡に応えられなかったとき、パートナーはどう思っているのでしょうか。

その心理についてご紹介します。


パートナーに何かあったのではないかと不安になる

まず第一に頭に浮かぶ不安は、自分の愛する人の身に何か起こってしまったのではないか?

ということです。

特に心配性の人であれば、パートナーがテロに巻き込まれているなど、現実的に考えてありえないような状況に陥っているのでは. という不安を抱くこともあるでしょう。

パートナーを大切に思っていて、失いたくないと思っているからこそこのような心理状態になってしまうのです。

浮気をしているのではないかと疑ってしまう

これは疑り深い人が抱きやすい不安です。

相手と連絡が取れない時間、もしかすると相手は自分以外の男性・女性と会っているのではないか. ?という不安にさいなまれます。

その根底には、相手のことを信頼しきれていないという心理があるのです。

また、自分自身に心当たりがある場合もパートナーを必要以上に疑ってしまうことがあります。

嫌われてしまったのではないかと思ってしまう

たった短い時間連絡がつかないというだけでも、「もしかして私のことを嫌いになってしまったから返事をしてくれないのではないか」と不安になる人もいます。

相手からの愛情を常に感じていないと不安になってしまったり、相手に愛されていたいと強く思う心理がこの不安を引き起こしてしまいます。

何か不快になる連絡の取り方をしてしまったのではないかと思う

例えばメールなどの返信がこなかった場合、「何か不快に思わせてしまったので返信がないのではないか?

と考えることもあるでしょう。

自分の発言のせいで相手の気分を乱してしまったのではないかと感じ、不安になります。

嫌われてしまったのではないかという不安ともつながります。

その根底にある心理とは、相手を気遣う気持ちと自分を責めてしまう気持ちです。

パートナーの健康面や忙しさを心配してしまう

これはしばらく会うことができていない恋人同士であると抱くことがある不安です。

相手の状況を知るためには電話やメールで連絡を取り合うしかないのに、その連絡が繋がらないとなると、パートナーが連絡が取れなくなるほどの健康面での異常や、忙しすぎる状況に陥っているのでは?と考えてしまいます。

ここには会えない状況であってもパートナーに元気でいてほしいと思う心理があります。

隠し事をしているのでは?と不安になる

浮気以外にも、ほかの隠し事をしているのではないかと考えてしまい不安になる人もいます。

例えば自分に隠れて副業をしているのではないか?

自分が知らない姿があるのではないか?

と考えてしまいます。

どんなに親しい相手でも、自分以外の誰かのことを完全に知っておくことはできません。

それでも相手のことを何でも知っておきたいと思う心理がこの不安につながるのです。

自分たちの関係そのものに対する不安

ほんの一瞬だけ連絡がとれない、等であればこの不安を抱く人はいないでしょう。

定期的に連絡がつかないことがある場合など、「もしかして私たちの関係はもう終わっているのでは?」とはっとする瞬間があるかもしれません。

お互いに安心しているからこそ連絡を返さない、ということもありますが、マンネリ化しているのではないかという不安を抱くことがあります。

相手との関係を長続きさせたいという心理があり、このような不安を抱くことがあります。

相手が何を考えているのかわからない

連絡を取り合うということは、意思の疎通をするということです。

たとえば小さなことであれば、その日の夕飯に何を食べたいか、など、連絡が取れればすぐに確認できる相手の意思を、連絡がとれないと確認することができません。

そのときその瞬間に相手の思考が知りたいと思った場合、連絡が繋がらないということが不安につながります。

そもそも誰とでも常に繋がっていないと不安になる

ほとんどの人がスマホを持ち歩き、常にどこにいても連絡が取りあえたり、SNSなどで近況を見ることができたりする時代です。

その中で、誰かと連絡がつかないという状況に不安を抱くことがあります。

これに関しては、ある種の依存症のようなもので、常に携帯を触っていないと不安になったり、何度も繰り返しメッセージの確認をしてしまったりします。

自分の中でスマホやインターネットの世界が占める割合が大きくなりすぎていて、常に自分や相手がその世界の中にいないと不安という気持ちがこの不安の原因です。

以上、恋人や配偶者に連絡してもつながらない時に不安になる心理9選でした。

どんな不安を抱いたとしても、その多くが杞憂です。

あまり心配しすぎず、のんびりと連絡が取れるようになるのを待つことがこれらの不安に対処する方法なのではないでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-