【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519135320.html
やたら褒めちぎる人の心理

やたら褒めちぎる人の心理 | LADYCO

LADYCO
やたら褒めちぎる人の心理

話していると自分をほめてばかりの目の前の人。

そんな人に戸惑ったことはありませんか?

そこまでほめることないのになと違和感を感じた時に相手の心はどんな動きをしているのでしょう。

ライトなものから裏があるものまで千差万別。

どれに当てはまるかによってその後の付き合い方を考え直すチャンスです。

  • 内心で優越感に浸っている!
  • ほめてさえいれば何とかなると思っている!
  • 他に特に話題がない!
  • 自分に自信がないから卑屈になっている!
  • もっと詳細に話してくれればそれがもっと自分のものになる!
  • 距離の測りようがないと困られている!
  • この場でわが身が危ういと危機感を持たれている!
  • とにかく問題が起こらないようにとだけ考えられている!
  • 本当はその人が窮屈に感じている!

1. 内心で優越感に浸っている!

内心で優越感に浸っている!

褒められているからと言って額面通りに受け取っていいわけではありません。

口先で褒めながら全く違うことを内心で考えて優越感に浸られているだけなのかもしれません。

人の心のうちは見えないようで見えてくるもの。

何らかの違和感を感じだしたらその会話から距離を置くタイミングです。

2. ほめてさえいれば何とかなると思っている!

ほめてさえいれば何とかなると思っている!

あまり考えないで相手との会話をしなくてはならない場合に相手がその場をしのごうとして、とにかくほめておけばなんとかなるだろうとある種の逃げの一手をうたれている場合があります。

裏がないけれど話を続けるのは難しいでしょう。

3. 他に特に話題がない!

他に特に話題がない!

無難な話題として天気の話題の次くらいに誉め言葉があげられるでしょう。

誉め言葉は簡単に相手に対する肯定感を示すことにつながりますから何しろ無難というものです。

無難な話題に徹しなくてはならないほど本当は話すべきことがないことの裏返しでもありますから、害はないものの続けてもあんまり意味があるやりとりでもありません。

4. 自分に自信がないから卑屈になっている!

自分に自信がないから卑屈になっている!

目の前の人に比べてちょっと引け目を感じる人がよくする行動の一つに「とにかく褒める」があります。

誉め言葉のそのあとに(どうせ自分は)が隠されていて、それが出ていないだけ。

こんな場合はあまりお互いプラスになるとは言えません。

自信がないのは相手の問題。

少し話題を変えてみても褒め続ける様子が変わらないようであれば、思い切って距離をとったほうがいいかもしれません。

5. もっと詳細に話してくれればそれがもっと自分のものになる!

もっと詳細に話してくれればそれがもっと自分のものになる!

褒めると喜ぶ人がいて、褒めれば褒めるほど話してくれるはずだ。

そんなそろばんの下での誉め言葉の狙いは「もっとその情報が欲しい、それそのものが欲しい」などの所有したい欲が生まれてきているからかもしれません。

特に出して構わない場合は思い切って詳細情報を出してしまう方向に話を切り替えてしまう方がいいかもしれません。

6. 距離の測りようがないと困られている!

距離の測りようがないと困られている!

何を言ったらこの人は満足するのかちっとも読めないとなると、当座褒めておくしかない。

そんな風に考える人もいるはず。

言ってみれば、お互いにとって未知の距離をちょうどよく図っていくための、いわば前哨戦のようなもの。

こうしたやり取りの後で誉め言葉ではない部分を得られたのなら、距離が縮まってきた兆しです。

7. この場でわが身が危ういと危機感を持たれている!

この場でわが身が危ういと危機感を持たれている!

アウェイにくれば誰しも危機意識をもっていなくてはなりません。

何かがありませんようにととにかく誉め言葉を言いながら本当はその人自身を守ろうという護身の希望があるのかもしれません。

護身しなくてはならない状況ではないとわかるような安心させるやり取りがあればすぐに収まるでしょう。

8. とにかく問題が起こらないようにとだけ考えられている!

とにかく問題が起こらないようにとだけ考えられている!

ほめておきさえすればまさか問題にはならない。

そう考えて穏便な空気のままでいたい場合に処世術としてほめ続ける場合もあります。

ほめることが万能とは言いませんがほめられて悪い気がする人はそうそういないというのもこれまた事実。

ほめられている部分は少なくとも実際に評価されていると考えて割り切ったやりとりをしましょう。

9. 本当はその人が窮屈に感じている!

ほめなくては居場所が得られないというほどにその人がその場を窮屈に感じている可能性もあります。

とにかくほめとけ!なぜなら居心地があまりに悪すぎるからだ!こんな風に話している場合は大概誉め言葉が当たり障りのないものに変化してきています。

窮屈だと思っている人と一緒にいるのはお互い窮屈。

ほどほどほどでこの話を切り上げたいのだと出されているサインなのかもしれません。

話していると自分をほめてばかりの目の前の人。

そんな人に戸惑ったことはありませんか?

そこまでほめることないのになと違和感を感じた時に相手の心はどんな動きをしているのでしょう。

ライトなものから裏があるものまで千差万別。

どれに当てはまるかによってその後の付き合い方を考え直すチャンスです。


内心で優越感に浸っている!

褒められているからと言って額面通りに受け取っていいわけではありません。

口先で褒めながら全く違うことを内心で考えて優越感に浸られているだけなのかもしれません。

人の心のうちは見えないようで見えてくるもの。

何らかの違和感を感じだしたらその会話から距離を置くタイミングです。

ほめてさえいれば何とかなると思っている!

あまり考えないで相手との会話をしなくてはならない場合に相手がその場をしのごうとして、とにかくほめておけばなんとかなるだろうとある種の逃げの一手をうたれている場合があります。

裏がないけれど話を続けるのは難しいでしょう。

他に特に話題がない!

無難な話題として天気の話題の次くらいに誉め言葉があげられるでしょう。

誉め言葉は簡単に相手に対する肯定感を示すことにつながりますから何しろ無難というものです。

無難な話題に徹しなくてはならないほど本当は話すべきことがないことの裏返しでもありますから、害はないものの続けてもあんまり意味があるやりとりでもありません。

自分に自信がないから卑屈になっている!

目の前の人に比べてちょっと引け目を感じる人がよくする行動の一つに「とにかく褒める」があります。

誉め言葉のそのあとに(どうせ自分は)が隠されていて、それが出ていないだけ。

こんな場合はあまりお互いプラスになるとは言えません。

自信がないのは相手の問題。

少し話題を変えてみても褒め続ける様子が変わらないようであれば、思い切って距離をとったほうがいいかもしれません。

もっと詳細に話してくれればそれがもっと自分のものになる!

褒めると喜ぶ人がいて、褒めれば褒めるほど話してくれるはずだ。

そんなそろばんの下での誉め言葉の狙いは「もっとその情報が欲しい、それそのものが欲しい」などの所有したい欲が生まれてきているからかもしれません。

特に出して構わない場合は思い切って詳細情報を出してしまう方向に話を切り替えてしまう方がいいかもしれません。

距離の測りようがないと困られている!

何を言ったらこの人は満足するのかちっとも読めないとなると、当座褒めておくしかない。

そんな風に考える人もいるはず。

言ってみれば、お互いにとって未知の距離をちょうどよく図っていくための、いわば前哨戦のようなもの。

こうしたやり取りの後で誉め言葉ではない部分を得られたのなら、距離が縮まってきた兆しです。

この場でわが身が危ういと危機感を持たれている!

アウェイにくれば誰しも危機意識をもっていなくてはなりません。

何かがありませんようにととにかく誉め言葉を言いながら本当はその人自身を守ろうという護身の希望があるのかもしれません。

護身しなくてはならない状況ではないとわかるような安心させるやり取りがあればすぐに収まるでしょう。

とにかく問題が起こらないようにとだけ考えられている!

ほめておきさえすればまさか問題にはならない。

そう考えて穏便な空気のままでいたい場合に処世術としてほめ続ける場合もあります。

ほめることが万能とは言いませんがほめられて悪い気がする人はそうそういないというのもこれまた事実。

ほめられている部分は少なくとも実際に評価されていると考えて割り切ったやりとりをしましょう。

ほめなくては居場所が得られないというほどにその人がその場を窮屈に感じている可能性もあります。

とにかくほめとけ!なぜなら居心地があまりに悪すぎるからだ!こんな風に話している場合は大概誉め言葉が当たり障りのないものに変化してきています。

窮屈だと思っている人と一緒にいるのはお互い窮屈。

ほどほどほどでこの話を切り上げたいのだと出されているサインなのかもしれません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-