【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519133543.html
キスフレを作る人の心理

キスフレを作る人の心理 | LADYCO

LADYCO
キスフレを作る人の心理

恋人ではないのにキスをするだけのために会っているといった関係をキスフレと言います。

キス以上の関係はなく、最近ではキスフレを作る人が増えています。

ではなぜキスフレを作ろうと思うのでしょうか。

キスフレを作る人の心理をご紹介します。

  • さみしがりや
  • 安心感がほしい
  • 深い関係が苦手
  • 誰かと繋がっている証がほしい
  • モテている気分になれる
  • 恋人だけでは物足りない
  • ファッション感覚で
  • 自分が一番でいたい
  • 刺激がほしい
  • じらす感覚が楽しい
  • キープしておきたい
  • 優越感に浸れる
  • 自信をつけたい
  • まとめ

1. さみしがりや

さみしがりや

キスフレが欲しいと言う人にはさみしがりやである人が多いと言えます。

キスをすることで異性を留めておき、寂しいときには会ってキスだけで終わるため罪悪感も感じずに済むことから、キスフレを作る人はさみしがりやが多いと言えます。

2. 安心感がほしい

安心感がほしい

唇が触れているだけで安心感を得る人は少なくはありません。

キスフレを作る人というのは、この安心感を求めている傾向にあり、キスフレでも唇を重ねておくことで安心感を求めている傾向にあります。

3. 深い関係が苦手

深い関係が苦手

キスフレ止まりという異性が何人もいるという方も実は少なくはありません。

そのようなひとというのは、実は深い関係が苦手なタイプでもあります。

付き合い始めると、お互いのペースに会わせたり、異性と遊びに行くのも制限されたりと面倒に感じてしまう傾向にあります。

それでも誰かと一緒にいたいと願う人は、深い関係にならないような、キスまでの関係のキスフレを作る傾向にあります。

4. 誰かと繋がっている証がほしい

誰かと繋がっている証がほしい

キスフレを作る人というのは、一人でいることをいやがります。

そのため、誰かと繋がっているという証を求めて、キスフレを作る傾向にあります。

一人だけではなく、複数のキスフレを作ってしまう人こそ、誰かと繋がっている証が欲しいタイプであると言えます。

5. モテている気分になれる

モテている気分になれる

キスフレを作ることで、相手が自分に好意を抱いているという感覚を得ることが出来、モテている気分に浸れる感覚を得たいという方が多いとされています。

好意がなくてもキスをすることが出来るような方もおおいなかで、キスは特別な人としかしないものと感じているような矛盾した思いもあり、キスフレを作ることで相手は自分に好意を抱いているという気持ちになれることを楽しんでいる傾向にあります。

6. 恋人だけでは物足りない

恋人だけでは物足りない

最近では、恋人がいるのにキスフレを作ってしまう方も少なくはありません。

恋人との付き合いが長くなりマンネリ化していたり、恋人がキスをするのが得意ではなかったり、あまり好きではないタイプであると、恋人に対しての不満が生じて、恋人だけでは心が満たされずに、キスフレを作ってしまう人も多いとされています。

7. ファッション感覚で

ファッション感覚で

キスフレを作る人のなかには、キスフレが流行っているからという理由だけで作られる方も多いとされています。

キスフレをファッション感覚にとらえている人も多く、キスフレを作ることで話題を提供したり、自分も時代の流れについていっているような気分になれると、欲しくもないキスフレを無理矢理作るという人もいます。

8. 自分が一番でいたい

自分が一番でいたい

キスフレを作る人の心理には、実は自分が一番でいたいという思いを抱いている人が多いとされています。

キスフレというと、お互いに割りきった関係であるように思いますが、実は自分が一番の存在であることを望んでいたり、信じている人というのも少なくはありません。

誰かの一番でありたい、多くの人の一番でありたいと願う人がキスフレを作る人には多く見られる心理状態だとされています。

9. 刺激がほしい

刺激がほしい

キスフレを作る人は刺激を求めている傾向にあります。

恋人ではないのにキスをするという背徳感がたまらない刺激となっている人も多く、日常では味わうことが出来ない刺激を求めている方が多いとされています。

10. じらす感覚が楽しい

じらす感覚が楽しい

キスフレを作る女性に多く見られる心理としては、キスフレを焦らしているような感覚を楽しんでいる傾向にあります。

自分に好意を抱いているのに、キスだけで焦らしている、といった感覚を楽しむ女性が多いとされています。

11. キープしておきたい

キープしておきたい

キスフレを作るひとというのは、恋人候補となる異性をキープしておきたいという思惑もあります。

体の関係を作ることなく、キスだけに留めていることで、付かず離れずの関係性を確立しており、キスフレを恋人候補として手元に残しておきたいという心理があります。

特に、恋人がいるにもかかわらずキスフレを作る人にはよく見られる傾向にあります。

12. 優越感に浸れる

優越感に浸れる

キスフレを作るのは、優越感に浸ることが出来るからという人も少なくはありません。

キスは深い関係にならない程度に関係を保つための手段としている傾向にあり、キープしておきたいためにキスだけは許してあげる、自分には他にもキスを求めてくる異性というのはたくさんいるのだという優越感に浸りたいと願う人は多く、優越感を得るために、キスフレを何人も作られる方も多いのです。

13. 自信をつけたい

自信をつけたい

キスフレを作る人には、実は自分に自信がないという方も少なくはありません。

自分が異性に好かれる存在であることを認識するために、キスフレを何人も作り、自分のことを受け入れてくれている異性の数に安心している傾向にあります。

異性から受け入れてもらえないとなかなか自分に自信が持てないという人が自分への自信のためにキスフレを作られる傾向にあります。

まとめ

キスフレを作る人の心理的な特徴には、一人でいることに寂しさを感じていたり、常に誰かと繋がっていたいという思いがあります。

キスフレは異性友達の延長でありながら、体の関係を持たないため、自分がモテているという感覚を楽しみたいかたや、相手を手玉に取っているという感覚を楽しみたい方が作られる傾向にあります。

また、なかには恋人がいるにもかかわらずキスフレを作る人もおり、恋人がいるのにキスフレを作る人の心理には、刺激が欲しいと思っていたり、恋人だけでは物足りないという思いから、他の異性に走ってしまう傾向にあるのです。

キスフレを作ることで自信をつけたり、モテている感覚を楽しみたいという方がおおいなかで、なかにはキスフレというものがただ流行っているからという理由だけでキスフレを作ってしまうような、キスフレをファッション感覚で作る人も多く、キスフレを作る人は様々な心理状態であると言えます。

恋人ではないのにキスをするだけのために会っているといった関係をキスフレと言います。

キス以上の関係はなく、最近ではキスフレを作る人が増えています。

ではなぜキスフレを作ろうと思うのでしょうか。

キスフレを作る人の心理をご紹介します。


さみしがりや

キスフレが欲しいと言う人にはさみしがりやである人が多いと言えます。

キスをすることで異性を留めておき、寂しいときには会ってキスだけで終わるため罪悪感も感じずに済むことから、キスフレを作る人はさみしがりやが多いと言えます。

安心感がほしい

唇が触れているだけで安心感を得る人は少なくはありません。

キスフレを作る人というのは、この安心感を求めている傾向にあり、キスフレでも唇を重ねておくことで安心感を求めている傾向にあります。

深い関係が苦手

キスフレ止まりという異性が何人もいるという方も実は少なくはありません。

そのようなひとというのは、実は深い関係が苦手なタイプでもあります。

付き合い始めると、お互いのペースに会わせたり、異性と遊びに行くのも制限されたりと面倒に感じてしまう傾向にあります。

それでも誰かと一緒にいたいと願う人は、深い関係にならないような、キスまでの関係のキスフレを作る傾向にあります。

誰かと繋がっている証がほしい

キスフレを作る人というのは、一人でいることをいやがります。

そのため、誰かと繋がっているという証を求めて、キスフレを作る傾向にあります。

一人だけではなく、複数のキスフレを作ってしまう人こそ、誰かと繋がっている証が欲しいタイプであると言えます。

モテている気分になれる

キスフレを作ることで、相手が自分に好意を抱いているという感覚を得ることが出来、モテている気分に浸れる感覚を得たいという方が多いとされています。

好意がなくてもキスをすることが出来るような方もおおいなかで、キスは特別な人としかしないものと感じているような矛盾した思いもあり、キスフレを作ることで相手は自分に好意を抱いているという気持ちになれることを楽しんでいる傾向にあります。

恋人だけでは物足りない

最近では、恋人がいるのにキスフレを作ってしまう方も少なくはありません。

恋人との付き合いが長くなりマンネリ化していたり、恋人がキスをするのが得意ではなかったり、あまり好きではないタイプであると、恋人に対しての不満が生じて、恋人だけでは心が満たされずに、キスフレを作ってしまう人も多いとされています。

ファッション感覚で

キスフレを作る人のなかには、キスフレが流行っているからという理由だけで作られる方も多いとされています。

キスフレをファッション感覚にとらえている人も多く、キスフレを作ることで話題を提供したり、自分も時代の流れについていっているような気分になれると、欲しくもないキスフレを無理矢理作るという人もいます。

自分が一番でいたい

キスフレを作る人の心理には、実は自分が一番でいたいという思いを抱いている人が多いとされています。

キスフレというと、お互いに割りきった関係であるように思いますが、実は自分が一番の存在であることを望んでいたり、信じている人というのも少なくはありません。

誰かの一番でありたい、多くの人の一番でありたいと願う人がキスフレを作る人には多く見られる心理状態だとされています。

刺激がほしい

キスフレを作る人は刺激を求めている傾向にあります。

恋人ではないのにキスをするという背徳感がたまらない刺激となっている人も多く、日常では味わうことが出来ない刺激を求めている方が多いとされています。

じらす感覚が楽しい

キスフレを作る女性に多く見られる心理としては、キスフレを焦らしているような感覚を楽しんでいる傾向にあります。

自分に好意を抱いているのに、キスだけで焦らしている、といった感覚を楽しむ女性が多いとされています。

キープしておきたい

キスフレを作るひとというのは、恋人候補となる異性をキープしておきたいという思惑もあります。

体の関係を作ることなく、キスだけに留めていることで、付かず離れずの関係性を確立しており、キスフレを恋人候補として手元に残しておきたいという心理があります。

特に、恋人がいるにもかかわらずキスフレを作る人にはよく見られる傾向にあります。

優越感に浸れる

キスフレを作るのは、優越感に浸ることが出来るからという人も少なくはありません。

キスは深い関係にならない程度に関係を保つための手段としている傾向にあり、キープしておきたいためにキスだけは許してあげる、自分には他にもキスを求めてくる異性というのはたくさんいるのだという優越感に浸りたいと願う人は多く、優越感を得るために、キスフレを何人も作られる方も多いのです。

自信をつけたい

キスフレを作る人には、実は自分に自信がないという方も少なくはありません。

自分が異性に好かれる存在であることを認識するために、キスフレを何人も作り、自分のことを受け入れてくれている異性の数に安心している傾向にあります。

異性から受け入れてもらえないとなかなか自分に自信が持てないという人が自分への自信のためにキスフレを作られる傾向にあります。

キスフレを作る人の心理的な特徴には、一人でいることに寂しさを感じていたり、常に誰かと繋がっていたいという思いがあります。

キスフレは異性友達の延長でありながら、体の関係を持たないため、自分がモテているという感覚を楽しみたいかたや、相手を手玉に取っているという感覚を楽しみたい方が作られる傾向にあります。

また、なかには恋人がいるにもかかわらずキスフレを作る人もおり、恋人がいるのにキスフレを作る人の心理には、刺激が欲しいと思っていたり、恋人だけでは物足りないという思いから、他の異性に走ってしまう傾向にあるのです。

キスフレを作ることで自信をつけたり、モテている感覚を楽しみたいという方がおおいなかで、なかにはキスフレというものがただ流行っているからという理由だけでキスフレを作ってしまうような、キスフレをファッション感覚で作る人も多く、キスフレを作る人は様々な心理状態であると言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-