【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519131013.html
なんでも先延ばしにする人の心理

なんでも先延ばしにする人の心理 | LADYCO

LADYCO
なんでも先延ばしにする人の心理

なんでも先延ばしにする人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個についてお伝えしています。

  • どうにかなるという思い
  • 計画性がない
  • 嫌なことは後回し
  • 誰かが助けてくれる
  • 状況が変わるかもしれないという期待
  • 集中できるときに行う
  • 何となく
  • 誘惑に負ける
  • いつも不安な表情
  • チャレンジ精神が欠けている
  • まとめ

1. どうにかなるという思い

どうにかなるという思い

これを今行わなくても、そのうちどうにかなるという根拠のない自信を抱く人がいます。

また行うべき事柄に期限があり、それがまだ先である場合などは「今行う必要はない」と感じて先延ばしにしてしまうのです。

しかしこのような考え方をしている人の多くは知らず識らずのうちに期限が迫ってしまい、結局のところ苦しい思いをしなければならないことが多々あります。

2. 計画性がない

計画性がない

上記でも述べたように、行うべき事柄に期限がある場合はなんとなく気持ちが楽になることがあります。

確かに今すぐにそれを行う必要はないかもしれません。

しかし計画を立てて無理のない仕方で行わないのなら、後で苦しい思いをすることになります。

そして物事を先延ばしにする人の多くは計画性がなく、単に「今行う必要はない」という考え方によって楽観的な見方をします。

このような状況は非常に危険です。

3. 嫌なことは後回し

嫌なことは後回し

何でも嫌なことは後回しにしてしまう人がいます。

このような人も行うべき事柄が不得意なものである場合、それを先延ばしにしてしまうのです。

しかし嫌なことはいつまでたっても嫌なこととして残ってしまいます。

気持ちを整理してそれを行わなければ解決には至りません。

そのため思い切ってそれを行う気力が必要であり、曖昧にしてしまうことがないように注意しなければなりません。

4. 誰かが助けてくれる

誰かが助けてくれる

自分が行えなかったことは誰かが助けてくれるに違いないと考え、とりあえず不得意なことはすぐに行わずに先延ばしにするという人がいます。

しかしこれも根拠のない自信です。

またそのような人物が現れなかったとき、結局は自分で物事を解決しなければなりません。

そしてこの事実に気づいたときには時間が少なくなっていることも多々あり、苦しい思いをすることになってしまうのです。

5. 状況が変わるかもしれないという期待

状況が変わるかもしれないという期待

これまで考えてきたようにやるべきことを先延ばしにしてしまう主な理由はそれが面倒なことであったり、不得意なことであったりするというものです。

そして中には期限ギリギリまで待ち、状況が変化するのを待つ人がいます。

もしかするとこれを行わなくてもよくなるかもしれないという淡い気合を抱くのです。

もちろんそのような状況は無きにしも非ずです。

しかし状況が変わらなかった場合、苦しい思いをすることになるのは言うまでもありません。

6. 集中できるときに行う

集中できるときに行う

不得意なことは集中して行うべきであると考え、気持ちが高まるまで待つ人がいます。

中には期限ギリギリにならなければ気持ちが高まらないと感じ、あえて早めに取りかかることをしない人もいます。

もちろん集中力は大切ですが、いざというときのことを考えるとこのような考え方は非常に危険であると言えます。

7. 何となく

何となく

「自分の不得意なことは行いたくはないけれども、いつかは行わなければならない」という気持ちがダラダラと続くと、いつの間にか期限が迫っているという状況に陥ってしまいます。

このように何となく過ごしていたらいつの間にか切羽詰まっていたという経験をしたことにある人は少なくないはずです。

このように何となく危機感を感じずにいたら大変なことになっていたという人もたくさんいるのです。

8. 誘惑に負ける

誘惑に負ける

行うべき事柄があるのはわかっているものの、自分が好きなことをまずは行いたいという誘惑に負けてしまい、それを先延ばしにしてしまう人がいます。

このような誘惑は突然訪れることがあります。

たとえば仕事終わりに飲みに誘われたり、突然休日に友人から遊びの誘いを受けるなどです。

このような誘惑に直面したときに「やらなければいけないことがあるので」と言って断る勇気がなければ、それが先延ばしになってしまうのです。

9. いつも不安な表情

いつも不安な表情

行わなければならないことがあるものの、それを先延ばしにしていると常に憂鬱感を感じることになります。

そのためそれが行われるまでは表情が曇っているのが一般的です。

また精神も浮き沈みが激しくなり、感情的にも問題を抱えるようになります。

このようなことに陥らないようにするためにも、行うべきことはすぐに片付けるのがお勧めです。

10. チャレンジ精神が欠けている

チャレンジ精神が欠けている

不得意なことをクリアしようとする人にはチャレンジ精神が備わっています。

そしてそれをコンプリートしたときの喜びなどに付いても承知しており、それらがモチベーションとなってやる気が湧いてくるのです。

しかし嫌なことを後回しにする人はそのような精神が備わっていません。

そのため不安が先立ち、やる気が起きてこないのです。

まとめ

不得意なことを後回しにしてしまうという心理は理解できます。

しかし後回しにするとストレスや不安を抱えるようになるために、それらは早めに片付けるのがふさわしいと言えます。

なんでも先延ばしにする人にはいくつかの特徴があります。

ここではそのうちの10個についてお伝えしています。


どうにかなるという思い

これを今行わなくても、そのうちどうにかなるという根拠のない自信を抱く人がいます。

また行うべき事柄に期限があり、それがまだ先である場合などは「今行う必要はない」と感じて先延ばしにしてしまうのです。

しかしこのような考え方をしている人の多くは知らず識らずのうちに期限が迫ってしまい、結局のところ苦しい思いをしなければならないことが多々あります。

計画性がない

上記でも述べたように、行うべき事柄に期限がある場合はなんとなく気持ちが楽になることがあります。

確かに今すぐにそれを行う必要はないかもしれません。

しかし計画を立てて無理のない仕方で行わないのなら、後で苦しい思いをすることになります。

そして物事を先延ばしにする人の多くは計画性がなく、単に「今行う必要はない」という考え方によって楽観的な見方をします。

このような状況は非常に危険です。

嫌なことは後回し

何でも嫌なことは後回しにしてしまう人がいます。

このような人も行うべき事柄が不得意なものである場合、それを先延ばしにしてしまうのです。

しかし嫌なことはいつまでたっても嫌なこととして残ってしまいます。

気持ちを整理してそれを行わなければ解決には至りません。

そのため思い切ってそれを行う気力が必要であり、曖昧にしてしまうことがないように注意しなければなりません。

誰かが助けてくれる

自分が行えなかったことは誰かが助けてくれるに違いないと考え、とりあえず不得意なことはすぐに行わずに先延ばしにするという人がいます。

しかしこれも根拠のない自信です。

またそのような人物が現れなかったとき、結局は自分で物事を解決しなければなりません。

そしてこの事実に気づいたときには時間が少なくなっていることも多々あり、苦しい思いをすることになってしまうのです。

状況が変わるかもしれないという期待

これまで考えてきたようにやるべきことを先延ばしにしてしまう主な理由はそれが面倒なことであったり、不得意なことであったりするというものです。

そして中には期限ギリギリまで待ち、状況が変化するのを待つ人がいます。

もしかするとこれを行わなくてもよくなるかもしれないという淡い気合を抱くのです。

もちろんそのような状況は無きにしも非ずです。

しかし状況が変わらなかった場合、苦しい思いをすることになるのは言うまでもありません。

集中できるときに行う

不得意なことは集中して行うべきであると考え、気持ちが高まるまで待つ人がいます。

中には期限ギリギリにならなければ気持ちが高まらないと感じ、あえて早めに取りかかることをしない人もいます。

もちろん集中力は大切ですが、いざというときのことを考えるとこのような考え方は非常に危険であると言えます。

何となく

「自分の不得意なことは行いたくはないけれども、いつかは行わなければならない」という気持ちがダラダラと続くと、いつの間にか期限が迫っているという状況に陥ってしまいます。

このように何となく過ごしていたらいつの間にか切羽詰まっていたという経験をしたことにある人は少なくないはずです。

このように何となく危機感を感じずにいたら大変なことになっていたという人もたくさんいるのです。

誘惑に負ける

行うべき事柄があるのはわかっているものの、自分が好きなことをまずは行いたいという誘惑に負けてしまい、それを先延ばしにしてしまう人がいます。

このような誘惑は突然訪れることがあります。

たとえば仕事終わりに飲みに誘われたり、突然休日に友人から遊びの誘いを受けるなどです。

このような誘惑に直面したときに「やらなければいけないことがあるので」と言って断る勇気がなければ、それが先延ばしになってしまうのです。

いつも不安な表情

行わなければならないことがあるものの、それを先延ばしにしていると常に憂鬱感を感じることになります。

そのためそれが行われるまでは表情が曇っているのが一般的です。

また精神も浮き沈みが激しくなり、感情的にも問題を抱えるようになります。

このようなことに陥らないようにするためにも、行うべきことはすぐに片付けるのがお勧めです。

チャレンジ精神が欠けている

不得意なことをクリアしようとする人にはチャレンジ精神が備わっています。

そしてそれをコンプリートしたときの喜びなどに付いても承知しており、それらがモチベーションとなってやる気が湧いてくるのです。

しかし嫌なことを後回しにする人はそのような精神が備わっていません。

そのため不安が先立ち、やる気が起きてこないのです。

不得意なことを後回しにしてしまうという心理は理解できます。

しかし後回しにするとストレスや不安を抱えるようになるために、それらは早めに片付けるのがふさわしいと言えます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-