【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519103611.html
気が付かない人と気が付く人の違い12選

気が付かない人と気が付く人の違い12選 | LADYCO

LADYCO
気が付かない人と気が付く人の違い12選

この世には気が付かない人と気が付く人といます。

気が付かない方がいい場合もありますし、一概に気が付く方が得というわけでもありません。

気が付きすぎると小さなことが気になりますし精神的にも弱ってしまうことがありますから。

それでは気が付かない人と気が付く人の違いとは何なのかを説明していきましょう。

  • 観察力があるかないか
  • 人への興味が強いか弱いか
  • 性格的なもの
  • これまでの人生経験
  • 思いやりの度合い
  • 向上心
  • 感受性
  • 自己中度の違い
  • マメか面倒くさがり屋か
  • 職業的なもの
  • お金の使い方
  • 他人の気持ちを読む能力
  • まとめ

1. 観察力があるかないか

観察力があるかないか

よく気が付く人ほどものごとをよく見ています。

観察力があるのです。

一方で気が付かない人は観察をしません。

ですから同じものごとを見ていても気が付く人と気が付かない人では全然違った感想を持つのです。

気が付かない人ほど気が付く人のことを「気にしすぎ」といった一言で片づけてしまう傾向があります。

2. 人への興味が強いか弱いか

人への興味が強いか弱いか

なにごとにも気がまわる、気が付く人というのは人への興味があります。

人間好きの人もいれば人間嫌いの人もいますが、いずれにしても自分以外の人への興味はあるのです。

気が付かない人というのは往々にして他人への興味が薄いのが特徴です。

いい意味では流されない、自分を持っているといえますが、悪い意味では自分さえ良ければいいといった性格にとらえられることもありますし、時に冷たい人と映ることもあります。

3. 性格的なもの

性格的なもの

気が付く人というのはどこか小心なところもあります。

相手の機嫌を損ねないようにと顔色をうかがってしまうところがあります。

少々神経質なところもあります。

それに対して、気が付かない人は相手が不愉快になっても気にしませんし、そもそも不機嫌になっていること自体気が付かないことがあります。

見ている周りが冷や冷やするなんて場面も時にあります。

誰かに教えてもらっても「え、怒ってるの?わからなかった」とあっけらかんとしたものです。

4. これまでの人生経験

これまでの人生経験

気が付く、付かないというのはある意味人生経験の差でもあります。

新入社員とベテラン社員では察しの速さが違って当然でもあります。

経験があると予測がたてられますし、慣れもあります。

経験がないとまず自分の中にデータがありませんのでどうしていいかわからないのです。

これは仕事に限らず、人づきあい、恋愛、生活といったあらゆる場面であることです。

気が付く人ほどそのことに関しての経験が豊富であり、気が付かない人は経験がない、少ないということが関係しています。

ですから今現在気が付かないことが多くひんしゅくを買うような人であっても経験を積むことである程度改善される余地はあるということです。

5. 思いやりの度合い

思いやりの度合い

人づきあいの場面で、あの人はよく気が付く、あの人が気が付かないといった差はどこからくるのかと思いますよね。

それは相手へ対しての思いやりがあるかないかといったことも関係しています。

やはり相手のことが好きという思いがあればその人の利益を一番に考えますし、嫌がることはしたくないと考えます。

気が付かない人は少々思いやりに欠けるといったら言い過ぎかもしれませんが、さほど重要と感じていない傾向はあります。

「人に甘えるな」「何で自分がしてあげないといけないのか」このような思考をしているので自分以外のことには気が付かないままということになります。

6. 向上心

向上心

気が付く人というのはいつも自分以外のことにもアンテナを張っている人です。

人と関わることで何かを学び取ろうという前向きさがあります。

またちょっとしたことにも注目してよく考える癖があります。

それが裏目となって人のトラブルに巻き込まれてしまうこともありますが、基本的に向上心があります。

失敗からも何かを学ぶ精神があります。

気が付かない人というのはいい意味で鈍感力が高いので、人間関係でも小さなことに悩んだりすることはありません。

大らかな気持ちで生きていけるという点では素晴らしいのですが、新しいことを取り入れることよりは現状維持の方が多いです。

ですから改善した方がいいポイントにも気が付かないままといったことがありますが本人的にストレスフリーです。

7. 感受性

感受性

気が付く人は感受性が強いです。

ですから通常「気のせいかな」とスルーするようなこともつい深読みしてしまって精神的に自分を追い詰めてしまうということがあります。

気が付かない人は感受性はさほど強くはありません。

どこかのんびりとしたところがあり人から指摘して気が付くことも日常茶飯事です。

気が付かないので相手の嫌味なども通じない、気にしないといった性格ですから悩むことがほとんどなく、また考えても仕方ないと一晩寝たら忘れるといったタイプです。

8. 自己中度の違い

自己中度の違い

よく気が付く人は仕事でも人間関係でも相手のことを考えて自分の意見はあまり主張することはありません。

場の空気をまるく収めることが得意でつきあいやすいと思われることが多い人です。

気が付かない人は自己中心的な性格であることが多く良くも悪くも他人より自分に注意が向いているといえます。

ですから人に流されないといういい面もありますし、協調性に欠けるといった弱点もあります。

9. マメか面倒くさがり屋か

マメか面倒くさがり屋か

気が付く人は常日頃からマメです。

みんなに連絡したりとりまとめることが上手ですから幹事的な役割を任されることも多いです。

またマネージャー業なども向いています。

気が付かない人は面倒くさがり屋で少々ルーズな性格であることが多いですが、人のことも気にかけないので相手のミスを責めたりすることも少ないです。

ですから人からは若干ルーズではあるけれど気楽、憎めないと思われる傾向です。

10. 職業的なもの

職業的なもの

気が付く、気が付かないといったことは日々の習慣でも左右されます。

特に職業的なことは大きいです。

接客業に就いている人は相手の顔色をある程度読めないと仕事になりませんから、必然的に気が付く人となっていきます。

また人と接しない、自分だけで仕事をしているといったタイプは人慣れしませんので気が付かないままということもあるでしょう。

11. お金の使い方

お金の使い方

気が付く人は人にちょっとしたプレゼントをしたり、お土産を買ってあげたりと交際費をケチることはありません。

気が付かない人は自分のことにしかお金は使いませんし、人に何かしてあげるといった発想はないことが多いです。

12. 他人の気持ちを読む能力

他人の気持ちを読む能力

気が付く人は他人の気持ちを読む、空気を読む能力が高いです。

気が付かない人は他人の気持ちを読むことが苦手、空気も読めないといった人が多いです。

他人の気持ちが読め過ぎて苦しくなる場合もありますし、読めないことで気楽ということもありますのでどちらがいいかとは単純には判断できません。

ただ他人の気持ちを読む能力には個人差があります。

これは育った環境、それまでの経験など色々な要素が関係しているのです。

まとめ

以上気が付かない人と気が付く人の違いを説明しました。

参考にしてみてくださいね。

この世には気が付かない人と気が付く人といます。

気が付かない方がいい場合もありますし、一概に気が付く方が得というわけでもありません。

気が付きすぎると小さなことが気になりますし精神的にも弱ってしまうことがありますから。

それでは気が付かない人と気が付く人の違いとは何なのかを説明していきましょう。


観察力があるかないか

よく気が付く人ほどものごとをよく見ています。

観察力があるのです。

一方で気が付かない人は観察をしません。

ですから同じものごとを見ていても気が付く人と気が付かない人では全然違った感想を持つのです。

気が付かない人ほど気が付く人のことを「気にしすぎ」といった一言で片づけてしまう傾向があります。

人への興味が強いか弱いか

なにごとにも気がまわる、気が付く人というのは人への興味があります。

人間好きの人もいれば人間嫌いの人もいますが、いずれにしても自分以外の人への興味はあるのです。

気が付かない人というのは往々にして他人への興味が薄いのが特徴です。

いい意味では流されない、自分を持っているといえますが、悪い意味では自分さえ良ければいいといった性格にとらえられることもありますし、時に冷たい人と映ることもあります。

性格的なもの

気が付く人というのはどこか小心なところもあります。

相手の機嫌を損ねないようにと顔色をうかがってしまうところがあります。

少々神経質なところもあります。

それに対して、気が付かない人は相手が不愉快になっても気にしませんし、そもそも不機嫌になっていること自体気が付かないことがあります。

見ている周りが冷や冷やするなんて場面も時にあります。

誰かに教えてもらっても「え、怒ってるの?わからなかった」とあっけらかんとしたものです。

これまでの人生経験

気が付く、付かないというのはある意味人生経験の差でもあります。

新入社員とベテラン社員では察しの速さが違って当然でもあります。

経験があると予測がたてられますし、慣れもあります。

経験がないとまず自分の中にデータがありませんのでどうしていいかわからないのです。

これは仕事に限らず、人づきあい、恋愛、生活といったあらゆる場面であることです。

気が付く人ほどそのことに関しての経験が豊富であり、気が付かない人は経験がない、少ないということが関係しています。

ですから今現在気が付かないことが多くひんしゅくを買うような人であっても経験を積むことである程度改善される余地はあるということです。

思いやりの度合い

人づきあいの場面で、あの人はよく気が付く、あの人が気が付かないといった差はどこからくるのかと思いますよね。

それは相手へ対しての思いやりがあるかないかといったことも関係しています。

やはり相手のことが好きという思いがあればその人の利益を一番に考えますし、嫌がることはしたくないと考えます。

気が付かない人は少々思いやりに欠けるといったら言い過ぎかもしれませんが、さほど重要と感じていない傾向はあります。

「人に甘えるな」「何で自分がしてあげないといけないのか」このような思考をしているので自分以外のことには気が付かないままということになります。

向上心

気が付く人というのはいつも自分以外のことにもアンテナを張っている人です。

人と関わることで何かを学び取ろうという前向きさがあります。

またちょっとしたことにも注目してよく考える癖があります。

それが裏目となって人のトラブルに巻き込まれてしまうこともありますが、基本的に向上心があります。

失敗からも何かを学ぶ精神があります。

気が付かない人というのはいい意味で鈍感力が高いので、人間関係でも小さなことに悩んだりすることはありません。

大らかな気持ちで生きていけるという点では素晴らしいのですが、新しいことを取り入れることよりは現状維持の方が多いです。

ですから改善した方がいいポイントにも気が付かないままといったことがありますが本人的にストレスフリーです。

感受性

気が付く人は感受性が強いです。

ですから通常「気のせいかな」とスルーするようなこともつい深読みしてしまって精神的に自分を追い詰めてしまうということがあります。

気が付かない人は感受性はさほど強くはありません。

どこかのんびりとしたところがあり人から指摘して気が付くことも日常茶飯事です。

気が付かないので相手の嫌味なども通じない、気にしないといった性格ですから悩むことがほとんどなく、また考えても仕方ないと一晩寝たら忘れるといったタイプです。

自己中度の違い

よく気が付く人は仕事でも人間関係でも相手のことを考えて自分の意見はあまり主張することはありません。

場の空気をまるく収めることが得意でつきあいやすいと思われることが多い人です。

気が付かない人は自己中心的な性格であることが多く良くも悪くも他人より自分に注意が向いているといえます。

ですから人に流されないといういい面もありますし、協調性に欠けるといった弱点もあります。

マメか面倒くさがり屋か

気が付く人は常日頃からマメです。

みんなに連絡したりとりまとめることが上手ですから幹事的な役割を任されることも多いです。

またマネージャー業なども向いています。

気が付かない人は面倒くさがり屋で少々ルーズな性格であることが多いですが、人のことも気にかけないので相手のミスを責めたりすることも少ないです。

ですから人からは若干ルーズではあるけれど気楽、憎めないと思われる傾向です。

職業的なもの

気が付く、気が付かないといったことは日々の習慣でも左右されます。

特に職業的なことは大きいです。

接客業に就いている人は相手の顔色をある程度読めないと仕事になりませんから、必然的に気が付く人となっていきます。

また人と接しない、自分だけで仕事をしているといったタイプは人慣れしませんので気が付かないままということもあるでしょう。

お金の使い方

気が付く人は人にちょっとしたプレゼントをしたり、お土産を買ってあげたりと交際費をケチることはありません。

気が付かない人は自分のことにしかお金は使いませんし、人に何かしてあげるといった発想はないことが多いです。

他人の気持ちを読む能力

気が付く人は他人の気持ちを読む、空気を読む能力が高いです。

気が付かない人は他人の気持ちを読むことが苦手、空気も読めないといった人が多いです。

他人の気持ちが読め過ぎて苦しくなる場合もありますし、読めないことで気楽ということもありますのでどちらがいいかとは単純には判断できません。

ただ他人の気持ちを読む能力には個人差があります。

これは育った環境、それまでの経験など色々な要素が関係しているのです。

以上気が付かない人と気が付く人の違いを説明しました。

参考にしてみてくださいね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-