【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180519101605.html
しっかりとした自分のポリシーを持つ重要性12選

しっかりとした自分のポリシーを持つ重要性12選 | LADYCO

LADYCO
しっかりとした自分のポリシーを持つ重要性12選

「ポリシー」を持つと、人生の満足度が上がります。

今回はポリシーを持つ重要性について紹介します。

  • ポリシーとは「基本方針」
  • 目標を達成するためにはポリシーが必要
  • 進む方角を間違えない
  • 後戻りしない
  • 感情に左右されない
  • 決断がしやすくなる
  • 行動力がつく
  • 他人の評価が上がります
  • 他人の評価が気にならなくなります
  • 自由に生きることができます
  • 楽しいと感じやすくなります
  • 満足度の高い人生になります
  • まとめ

1. ポリシーとは「基本方針」

ポリシーとは「基本方針」

しっかりとしたポリシーを持つことは重要です。

まずは「ポリシー」の意味を知っておきましょう。

ポリシーは自分の考えの基本になるもの、根幹をなすもの、「基本方針」のことです。

どのような国にも企業にも基本方針があります。

例えば日本には日本国憲法など、たくさんの基本方針があります。

「基本的人権を尊重する」「戦争をしない」など、日本のポリシーが憲法に明示されているため、人々は安心して暮らすことができます。

個人としてポリシーを持つことは、自分だけの憲法を持つようなものです。

「これを達成したい」「これだけはしない」などのポリシーを持つと、行動をする時にスムーズになります。

2. 目標を達成するためにはポリシーが必要

目標を達成するためにはポリシーが必要

例えば「お金持ちになりたい」「人を傷つけない」というポリシーを持っているだけでも、目標を達成しやすくなります。

お金持ちになるという目標をするための、手段は様々です。

勉強をして一流大学に入学し、大企業に就職する方法でも目標を達成できるでしょう。

または、経営を学び起業する方法もあります。

芸能人になる方法もあります。

その様々な過程で、もうひとつのポリシー「人を傷つけない」ということを守るようにします。

すると詐欺をしてお金持ちになったり、強盗をしてお金持ちになる方法はNGとなります。

ポリシーがあれば、目標を達成するための方法を考えやすくなります。

同時に目標を達成のために、やってはいけないことも明確になります。

3. 進む方角を間違えない

進む方角を間違えない

「大金持ちになる」「人を傷つけない」というポリシーに加えて、「社会に貢献したい」というポリシーがある場合はどうでしょうか。

人を傷つけない方法で大金持ちになることを目指します。

同時に社会にも貢献できるような方向性で、目標達成をする必要があります。

この3つのポリシーがあるだけで、進む方角がうっすらと見えてくるのではないでしょうか。

法令に準じた方法で、第三者の利益になるようなサービスを考えて企業をしたり、大企業の役員になり福祉活動に力を入れたりという方向性です。

それでもたくさんの選択肢がありますが、ポリシーが決まっていれば、大まかな進むべき方角が決まります。

仕事をリタイアするような年齢になり「全然違う場所に来てしまった」ということがなくなります。

4. 後戻りしない

後戻りしない

ポリシーがあれば、進むべき方角が決まります。

例えば南に進むべき船が、北に進んでしまえば、後戻りする必要が出ます。

ポリシーがない人がどれだけ頑張っても、本当に望んでいた方向に進んでいるか確認ができません。

ポリシーがあれば、目標に近づく過程で、何度も方向性を確認することができます。

間違った方角に進んでいれば、すぐに軌道修正することができます。

仮に事情により違う方角に進む時期があっても、後戻りをするような方向に進むことはありません。

結果的に効率的に目標を達成することができます。

5. 感情に左右されない

感情に左右されない

ポリシーがないと、感情に左右されやすくなります。

何かをする時に、目標達成のために必要なことでも「やりたくない」と思うことがあります。

そのような時にポリシーがなければ、やりたくない感情を優先してしまうかもしれません。

必要なステップを踏めないと、目標は達成しにくくなります。

ポリシーを持っていて、やりたくないけれど必要だと感じられれば、感情に流されることもありません。

6. 決断がしやすくなる

決断がしやすくなる

ポリシーがあると決断しやすくなります。

どちらを選択すればいいか分からない時に、ポリシーを基準に決断することができます。

例えば若いうちに経験を積みたい人は、困難な道を選んで進み、様々なことを経験したいと考えるでしょう。

それをポリシーにしておきます。

「できるだけ困難な道を選ぶ」というポリシーがあれば、選択肢がある時に、迷わず困難なほうを選択することができます。

結果的に豊かな経験を積み、目標達成に近づきます。

7. 行動力がつく

行動力がつく

感情的に嫌だと思うことや、困難なことは、ほとんどの場合したくないものです。

「できれば怠けたい」と思うのも人間の真実です。

しかし怠けたいから怠けていると、何もしないのがいちばんということになります。

行動しないと傷つきませんし、疲れないので楽だからです。

ポリシーを持ち、そのポリシーに従って目標を立てると、それを達成することが何よりも大切になります。

嫌なことでも、困難なことでも、目標達成に必要で、ポリシーに従ったものならするようになります。

ポリシーを持っている人は、結果的に行動力がつきます。

8. 他人の評価が上がります

他人の評価が上がります

ポリシーという基本方針を持っている人は、行動を支配するのが感情ではなくポリシーになります。

結果的に行動にブレがなくなり、首尾一貫した言動ができるようになります。

一緒に行動する人たちは、その人に安定感を感じます。

付き合いやすく信頼できる人なので、評価も高くなります。

9. 他人の評価が気にならなくなります

他人の評価が気にならなくなります

他人の評価は上がりますが、他人の評価を気にして行動するわけではありません。

あくまでポリシーに従って行動するだけです。

他人がどのように評価しようと、自分のポリシー通りに行動できれば気にする必要があります。

例え評価が一時的に悪くなっても、気にする必要がなくなります。

10. 自由に生きることができます

自由に生きることができます

他人の目を気にせずに行動できるようになりますので、自由に生きることができます。

必要なのは定期的にポリシーの見直しをするだけです。

悩む必要も、他人の視線を気にして遠慮する必要もありません。

11. 楽しいと感じやすくなります

楽しいと感じやすくなります

ポリシーがあれば、人の目を気にせずに主体的に生きることができます。

主体的に生きると、本当にやりたいことができます。

本当にやりたいことをすると、楽しいと感じることが多くなります。

12. 満足度の高い人生になります

満足度の高い人生になります

ポリシーがあれば、主体的にしたいことをしながら生きていけます。

そしてポリシーに沿った目標を掲げて、努力をして、達成することもできます。

しっかりとした自分のポリシーがあれば、充実した人生、満足度の高い人生を送ることができるでしょう。

まとめ

しっかりとしたポリシーを持つことの重要性を見てきました。

自分の心と相談して、楽しいと思えること、素敵だと感じることを探してみましょう。

そして自分だけのポリシーを、少しずつ増やしていきましょう。

「ポリシー」を持つと、人生の満足度が上がります。

今回はポリシーを持つ重要性について紹介します。


ポリシーとは「基本方針」

しっかりとしたポリシーを持つことは重要です。

まずは「ポリシー」の意味を知っておきましょう。

ポリシーは自分の考えの基本になるもの、根幹をなすもの、「基本方針」のことです。

どのような国にも企業にも基本方針があります。

例えば日本には日本国憲法など、たくさんの基本方針があります。

「基本的人権を尊重する」「戦争をしない」など、日本のポリシーが憲法に明示されているため、人々は安心して暮らすことができます。

個人としてポリシーを持つことは、自分だけの憲法を持つようなものです。

「これを達成したい」「これだけはしない」などのポリシーを持つと、行動をする時にスムーズになります。

目標を達成するためにはポリシーが必要

例えば「お金持ちになりたい」「人を傷つけない」というポリシーを持っているだけでも、目標を達成しやすくなります。

お金持ちになるという目標をするための、手段は様々です。

勉強をして一流大学に入学し、大企業に就職する方法でも目標を達成できるでしょう。

または、経営を学び起業する方法もあります。

芸能人になる方法もあります。

その様々な過程で、もうひとつのポリシー「人を傷つけない」ということを守るようにします。

すると詐欺をしてお金持ちになったり、強盗をしてお金持ちになる方法はNGとなります。

ポリシーがあれば、目標を達成するための方法を考えやすくなります。

同時に目標を達成のために、やってはいけないことも明確になります。

進む方角を間違えない

「大金持ちになる」「人を傷つけない」というポリシーに加えて、「社会に貢献したい」というポリシーがある場合はどうでしょうか。

人を傷つけない方法で大金持ちになることを目指します。

同時に社会にも貢献できるような方向性で、目標達成をする必要があります。

この3つのポリシーがあるだけで、進む方角がうっすらと見えてくるのではないでしょうか。

法令に準じた方法で、第三者の利益になるようなサービスを考えて企業をしたり、大企業の役員になり福祉活動に力を入れたりという方向性です。

それでもたくさんの選択肢がありますが、ポリシーが決まっていれば、大まかな進むべき方角が決まります。

仕事をリタイアするような年齢になり「全然違う場所に来てしまった」ということがなくなります。

後戻りしない

ポリシーがあれば、進むべき方角が決まります。

例えば南に進むべき船が、北に進んでしまえば、後戻りする必要が出ます。

ポリシーがない人がどれだけ頑張っても、本当に望んでいた方向に進んでいるか確認ができません。

ポリシーがあれば、目標に近づく過程で、何度も方向性を確認することができます。

間違った方角に進んでいれば、すぐに軌道修正することができます。

仮に事情により違う方角に進む時期があっても、後戻りをするような方向に進むことはありません。

結果的に効率的に目標を達成することができます。

感情に左右されない

ポリシーがないと、感情に左右されやすくなります。

何かをする時に、目標達成のために必要なことでも「やりたくない」と思うことがあります。

そのような時にポリシーがなければ、やりたくない感情を優先してしまうかもしれません。

必要なステップを踏めないと、目標は達成しにくくなります。

ポリシーを持っていて、やりたくないけれど必要だと感じられれば、感情に流されることもありません。

決断がしやすくなる

ポリシーがあると決断しやすくなります。

どちらを選択すればいいか分からない時に、ポリシーを基準に決断することができます。

例えば若いうちに経験を積みたい人は、困難な道を選んで進み、様々なことを経験したいと考えるでしょう。

それをポリシーにしておきます。

「できるだけ困難な道を選ぶ」というポリシーがあれば、選択肢がある時に、迷わず困難なほうを選択することができます。

結果的に豊かな経験を積み、目標達成に近づきます。

行動力がつく

感情的に嫌だと思うことや、困難なことは、ほとんどの場合したくないものです。

「できれば怠けたい」と思うのも人間の真実です。

しかし怠けたいから怠けていると、何もしないのがいちばんということになります。

行動しないと傷つきませんし、疲れないので楽だからです。

ポリシーを持ち、そのポリシーに従って目標を立てると、それを達成することが何よりも大切になります。

嫌なことでも、困難なことでも、目標達成に必要で、ポリシーに従ったものならするようになります。

ポリシーを持っている人は、結果的に行動力がつきます。

他人の評価が上がります

ポリシーという基本方針を持っている人は、行動を支配するのが感情ではなくポリシーになります。

結果的に行動にブレがなくなり、首尾一貫した言動ができるようになります。

一緒に行動する人たちは、その人に安定感を感じます。

付き合いやすく信頼できる人なので、評価も高くなります。

他人の評価が気にならなくなります

他人の評価は上がりますが、他人の評価を気にして行動するわけではありません。

あくまでポリシーに従って行動するだけです。

他人がどのように評価しようと、自分のポリシー通りに行動できれば気にする必要があります。

例え評価が一時的に悪くなっても、気にする必要がなくなります。

自由に生きることができます

他人の目を気にせずに行動できるようになりますので、自由に生きることができます。

必要なのは定期的にポリシーの見直しをするだけです。

悩む必要も、他人の視線を気にして遠慮する必要もありません。

楽しいと感じやすくなります

ポリシーがあれば、人の目を気にせずに主体的に生きることができます。

主体的に生きると、本当にやりたいことができます。

本当にやりたいことをすると、楽しいと感じることが多くなります。

満足度の高い人生になります

ポリシーがあれば、主体的にしたいことをしながら生きていけます。

そしてポリシーに沿った目標を掲げて、努力をして、達成することもできます。

しっかりとした自分のポリシーがあれば、充実した人生、満足度の高い人生を送ることができるでしょう。

しっかりとしたポリシーを持つことの重要性を見てきました。

自分の心と相談して、楽しいと思えること、素敵だと感じることを探してみましょう。

そして自分だけのポリシーを、少しずつ増やしていきましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-