【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518174240.html
好きと言わない男性の心理

好きと言わない男性の心理 | LADYCO

LADYCO
好きと言わない男性の心理

好きと言ってもらえないと女性としては不安になりますし悲しいですよね。

好きと言わない男性の心理について紹介します。

  • 恥ずかしいから
  • 好きと言わないでも分かってくれる
  • 感情表現が苦手
  • 本当に好きと思った時に言う
  • 好きと言うタイミング分からない
  • 好きということがわからない
  • まだ好きではない
  • 好きではない
  • 責任をとりたくない
  • 自分が負けた気がするから
  • 自分のことを好いてくれてる自信がないから
  • 他にも好きな人がいる
  • 好きかどうか聞かれるから
  • 不信感がある
  • まとめ

1. 恥ずかしいから

恥ずかしいから

好きと言うのが恥ずかしいと思っている男性はなかなか好きということを言葉にすることができません。

好きというと照れてしまう、恥ずかしい顔を見られたくないなどという理由があるので、いくら好きと言ってほしいと伝えてもなかなか言ってくれないでしょう。

ただ恥ずかしいと思うのは好きだと思っている証拠なので、あなたが好きじゃないから好きと言わないということではないでしょう。

2. 好きと言わないでも分かってくれる

好きと言わないでも分かってくれる

わざわざ好きと言わなくてもそのほかの行動や言動で好きな気持ちを相手に伝わっていると考えています。

好きと言う以外のことで好きと言うのが伝わっていると自信があるので、こう考えてる男性に好きって言ってくれないことを指摘すると怒ってしまうかもしれません。

好きと言われること以外で愛情を感じ取れるように努力しましょう。

3. 感情表現が苦手

感情表現が苦手

自分の思っていることや、感じていることを表現したりするのが苦手な男性は好きと言わないでしょう。

好きというだけでなく他の感情もあまり表現できないので何を考えているかわからなくなってしまうでしょう。

またそういう男性は感情を伝えても相手から伝わらないと言われた経験もあるので、伝えることがトラウマになってしまっているかもしれません。

4. 本当に好きと思った時に言う

本当に好きと思った時に言う

簡単に好きと言ったら軽いと思われるのが嫌だから好きと言えないパターンです。

なので普段何気ない時に好きと言うこともないです。

本当に好きと思ったタイミングで素直に伝えたいと考えているのでなかなか好きと言わないです。

でも好きな気持ちはあるので、好きかどうか聞かれると言ってくれるでしょう。

5. 好きと言うタイミング分からない

好きと言うタイミング分からない

好きと思っていても、いつどのタイミングで言えばいいのか分からないので、好きと言えないのかもしれません。

そんな男性に好きと言わせるならこちらが好きと言ったり、好きと言ってもらえるような雰囲気づくりが大事になります。

どういう時に言ってほしいか伝えるのもいいでしょう。

6. 好きということがわからない

好きということがわからない

誰かを好きになるという気持ち自体が分からないので、好きと言えないのでしょう。

一緒にいるのが楽しいから一緒にはいたいと思ってるのかもしれません。

それが好きという気持ちだとしても自分では分かってないのかもしれません。

ただ自分の中でそれが好きという感情か分からないので口に出すことが出来ません。

7. まだ好きではない

まだ好きではない

気になる、一緒にいたい、付き合いたいなどとは思っているけど、まだ好きと言えるまでの気持ちになっていないので好きと言わないのかもしれません。

好きと思えるようになったらきちんと言葉で伝えるつもりでいるでしょう。

なのでこの段階で好きかどうか聞かれてもうまく答えられないかもしれません。

好きではない状態で軽々しく好きと言わないある意味真面目なタイプでしょう。

8. 好きではない

好きではない

そもそも好きという気持ちがないので、好きと言えないのでしょう。

好きではないけど一緒にいたい理由があったり、なんとなく一緒にいるだけなのかもしれません。

女性からすると悲しいですが、そう思っている男性なら好きと言わない以外に、好きではないと思える行動や言動をしてるでしょう。

そこに注目してみると好きかどうか判断出来るでしょう。

9. 責任をとりたくない

責任をとりたくない

好きと言ってしまうと、好きと言ったことに対して責任をとらないといけないと考えている人はなかなか好きと簡単には言わないでしょう。

特に女性はあの時好きと言ってくれたのに、と男性を責めるかもしれません。

また過去に好きと言ってそれに対して責められたりした経験があると好きということが出来なくなってしまっているかもしれません。

口に出すのは簡単ですが、言葉の重みは大きいです。

10. 自分が負けた気がするから

自分が負けた気がするから

惚れた方が負けという言葉がありますよね。

実際に恋愛に勝ち負けなんかないですが、プライドが高い男性は自分が好きと言ってしまうとどこか負けている、自分だけ好きで悔しいと思っているので、意地でも好きと自分からは言わないでしょう。

恋愛は素直になることが必要ですが、プライドが邪魔してなかなか好きとは言えないでしょう。

11. 自分のことを好いてくれてる自信がないから

自分のことを好いてくれてる自信がないから

相手の女性のことを好きな気持ちもあるし、好きだと伝えたいと思っているのですが、もし好きと言った時の相手の反応が悪かったらどうしようと考えてしまって好きと言えないのです。

相手も自分のことを好きだという確信があれば好きと言えることが出来ますが、自信がないので好きと言えないのです。

12. 他にも好きな人がいる

他にも好きな人がいる

相手の女性が好きなことは確かなのですが、他の女性も好きだと思っている場合好きだと言わないでしょう。

もちろんそんなことを説明しても相手が分かってくれるはずもありませんし、他の女性のことも好きだと感じている自分に引け目を感じているので、簡単に好きと言えないです。

13. 好きかどうか聞かれるから

好きかどうか聞かれるから

よく自分のことを好きかどうか聞く女性なら、自分のことを信用してくれてないのかなという気持ちになってしまっています。

好きという確かな気持ちがあるのに、何度も好きかどうか聞かれてから言うのに嫌気がさしているかもしれません。

あまり伝えない、不安にさせている男性側にも悪いところもありますが、男性はあまり好きかどうか何度も聞かれるのをよく思っていません。

聞かないでほしいという男性からのメッセージかもしれません。

14. 不信感がある

不信感がある

自分はとても相手のことが好きな気持ちがあるけど、相手に対して不信感があれば好きと言えなくなっているのかもしれません。

例えば本当は他に男がいるんじゃないかなどと不信に感じる部分を見つけてしまうと、相手を信じれなくなり、好きと言うことができなくなるでしょう。

実際にそういった事実がなくても不安になりやすい男性や、疑い深い男性はこの現象に陥りやすいでしょう。

まとめ

いかかでしたか?

好きと言わない理由といっても様々なものがあります。

好きと言わないだけで自分のことを好きじゃないと思うのは間違いかもしれません。

不安な気持ちも分かりますが、まずは相手のことを信じることが大事です。

好きと言ってもらえないと女性としては不安になりますし悲しいですよね。

好きと言わない男性の心理について紹介します。


恥ずかしいから

好きと言うのが恥ずかしいと思っている男性はなかなか好きということを言葉にすることができません。

好きというと照れてしまう、恥ずかしい顔を見られたくないなどという理由があるので、いくら好きと言ってほしいと伝えてもなかなか言ってくれないでしょう。

ただ恥ずかしいと思うのは好きだと思っている証拠なので、あなたが好きじゃないから好きと言わないということではないでしょう。

好きと言わないでも分かってくれる

わざわざ好きと言わなくてもそのほかの行動や言動で好きな気持ちを相手に伝わっていると考えています。

好きと言う以外のことで好きと言うのが伝わっていると自信があるので、こう考えてる男性に好きって言ってくれないことを指摘すると怒ってしまうかもしれません。

好きと言われること以外で愛情を感じ取れるように努力しましょう。

感情表現が苦手

自分の思っていることや、感じていることを表現したりするのが苦手な男性は好きと言わないでしょう。

好きというだけでなく他の感情もあまり表現できないので何を考えているかわからなくなってしまうでしょう。

またそういう男性は感情を伝えても相手から伝わらないと言われた経験もあるので、伝えることがトラウマになってしまっているかもしれません。

本当に好きと思った時に言う

簡単に好きと言ったら軽いと思われるのが嫌だから好きと言えないパターンです。

なので普段何気ない時に好きと言うこともないです。

本当に好きと思ったタイミングで素直に伝えたいと考えているのでなかなか好きと言わないです。

でも好きな気持ちはあるので、好きかどうか聞かれると言ってくれるでしょう。

好きと言うタイミング分からない

好きと思っていても、いつどのタイミングで言えばいいのか分からないので、好きと言えないのかもしれません。

そんな男性に好きと言わせるならこちらが好きと言ったり、好きと言ってもらえるような雰囲気づくりが大事になります。

どういう時に言ってほしいか伝えるのもいいでしょう。

好きということがわからない

誰かを好きになるという気持ち自体が分からないので、好きと言えないのでしょう。

一緒にいるのが楽しいから一緒にはいたいと思ってるのかもしれません。

それが好きという気持ちだとしても自分では分かってないのかもしれません。

ただ自分の中でそれが好きという感情か分からないので口に出すことが出来ません。

まだ好きではない

気になる、一緒にいたい、付き合いたいなどとは思っているけど、まだ好きと言えるまでの気持ちになっていないので好きと言わないのかもしれません。

好きと思えるようになったらきちんと言葉で伝えるつもりでいるでしょう。

なのでこの段階で好きかどうか聞かれてもうまく答えられないかもしれません。

好きではない状態で軽々しく好きと言わないある意味真面目なタイプでしょう。

好きではない

そもそも好きという気持ちがないので、好きと言えないのでしょう。

好きではないけど一緒にいたい理由があったり、なんとなく一緒にいるだけなのかもしれません。

女性からすると悲しいですが、そう思っている男性なら好きと言わない以外に、好きではないと思える行動や言動をしてるでしょう。

そこに注目してみると好きかどうか判断出来るでしょう。

責任をとりたくない

好きと言ってしまうと、好きと言ったことに対して責任をとらないといけないと考えている人はなかなか好きと簡単には言わないでしょう。

特に女性はあの時好きと言ってくれたのに、と男性を責めるかもしれません。

また過去に好きと言ってそれに対して責められたりした経験があると好きということが出来なくなってしまっているかもしれません。

口に出すのは簡単ですが、言葉の重みは大きいです。

自分が負けた気がするから

惚れた方が負けという言葉がありますよね。

実際に恋愛に勝ち負けなんかないですが、プライドが高い男性は自分が好きと言ってしまうとどこか負けている、自分だけ好きで悔しいと思っているので、意地でも好きと自分からは言わないでしょう。

恋愛は素直になることが必要ですが、プライドが邪魔してなかなか好きとは言えないでしょう。

自分のことを好いてくれてる自信がないから

相手の女性のことを好きな気持ちもあるし、好きだと伝えたいと思っているのですが、もし好きと言った時の相手の反応が悪かったらどうしようと考えてしまって好きと言えないのです。

相手も自分のことを好きだという確信があれば好きと言えることが出来ますが、自信がないので好きと言えないのです。

他にも好きな人がいる

相手の女性が好きなことは確かなのですが、他の女性も好きだと思っている場合好きだと言わないでしょう。

もちろんそんなことを説明しても相手が分かってくれるはずもありませんし、他の女性のことも好きだと感じている自分に引け目を感じているので、簡単に好きと言えないです。

好きかどうか聞かれるから

よく自分のことを好きかどうか聞く女性なら、自分のことを信用してくれてないのかなという気持ちになってしまっています。

好きという確かな気持ちがあるのに、何度も好きかどうか聞かれてから言うのに嫌気がさしているかもしれません。

あまり伝えない、不安にさせている男性側にも悪いところもありますが、男性はあまり好きかどうか何度も聞かれるのをよく思っていません。

聞かないでほしいという男性からのメッセージかもしれません。

不信感がある

自分はとても相手のことが好きな気持ちがあるけど、相手に対して不信感があれば好きと言えなくなっているのかもしれません。

例えば本当は他に男がいるんじゃないかなどと不信に感じる部分を見つけてしまうと、相手を信じれなくなり、好きと言うことができなくなるでしょう。

実際にそういった事実がなくても不安になりやすい男性や、疑い深い男性はこの現象に陥りやすいでしょう。

いかかでしたか?

好きと言わない理由といっても様々なものがあります。

好きと言わないだけで自分のことを好きじゃないと思うのは間違いかもしれません。

不安な気持ちも分かりますが、まずは相手のことを信じることが大事です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-