【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172604.html
店員に対して態度の悪い人の心理

店員に対して態度の悪い人の心理 | LADYCO

LADYCO
店員に対して態度の悪い人の心理

店員に対して態度が悪い人は思わず引いてしまいますよね。

店員に対して態度が悪い人の心理は特徴はあるのでしょうか?

  • プライドが高い
  • 短気
  • 横柄
  • ストレスを抱えている
  • 支配欲がある
  • 劣等感が強い
  • 頭が固い
  • 自己中心的
  • 感情の起伏が激しい
  • せっかち
  • 店員を下に見ている
  • どうでもいいと思っている
  • まとめ

1. プライドが高い

プライドが高い

店員に対して態度が悪い人の多くは、プライドが高いという特徴があります。

従業員は客に対して敬語を使って接客をします。

それは店を訪れてくれたという敬意の現れですが、同じ人間であるという事は変わりません。

プライドが高いゆえに、それを当たり前だと思ってしまいます。

店員に対して態度が悪い人は、店員のそういった姿勢を当たり前に感じているプライドの高い人であると言えます。

2. 短気

短気

店員い横柄な態度をとってしまう理由に、短気であるということも挙げられます。

店員の対応は人によってそれぞれです。

新人の方もいるでしょうし、中々仕事が覚えられないという人だっています。

たどたどしい接客をしてしまうこともありますが、短気な人はそれがどうしても気に障ってしまうという人が多いのです。

短気な人は、少しでも気に入らない事があると爆発してしまう事があります。

店員に態度が悪くなってしまうのは、短気なせいだとも言えるでしょう。

3. 横柄

横柄

元々横柄である人も、店員に対して態度を悪くしてしまいます。

横柄な人は、客は偉いもので、店員は下の者という認識をしている人が多いです。

そのため、店員に少しでも気に入らないところがあると、下の奴が偉そうに、と思ってしまったり、店員には何を言っても良いと思ってしまっている事がとても多くあります。

店員は店の事を全て知っていて当たり前で、客を喜ばせるものだ、と思っている人もいます。

横柄な人というのは、それだけで店員に態度が悪くなりがちなのです。

4. ストレスを抱えている

ストレスを抱えている

誰しもうまく行かない事があったり、嫌な事があったりすると、ストレスが溜まります。

ストレスが溜まるとイライラしますよね、そこで店員に対して嫌な態度をとってしまう事があるのです。

ストレスをためている人は、自分の感情を制御できないという状態に陥ることが多いです。

そのため八つ当たりのように店員に接してしまい、態度が悪くなってしまうのです。

5. 支配欲がある

支配欲がある

支配欲が強い人も、店員に態度が悪くなりがちです。

支配欲が強い人は、立場が弱いと判断した人に対してとても強気に出てしまう傾向にあります。

店員は店に来てくれた感謝として敬意を示しますが、その経緯を立場が弱いと言う風に勘違いを起こし、態度が悪くなってしまいます。

普段から支配欲という、他者を征服したいという思いを抱えている人は、店員や従業員に強く出てしまいがちだと言えます。

6. 劣等感が強い

劣等感が強い

劣等感の強さ故に、店員に態度が悪くなってしまう人も居ます。

劣等感が強い人は、何かトラブルがあった時に「どうせ自分が悪いんでしょ?」といったふうに卑屈になってしまう事が多いのです。

劣等感の強さ故に、卑屈になってしまうのです。

そのため店員に対してネチネチ嫌味を言うことになり、態度が悪くなってしまうのです。

劣等感が強く、なおかつ自分は間違っていないと思いがちな人が、店員に態度が悪くなってしまうと言えます。

7. 頭が固い

頭が固い

頭が固いと、自分が想定した順序で物事を考えがちになります。

こうじゃないとおかしい・普通はこうじゃないのか、という志向に捕らわれて、店員がどんなに丁寧に接客していても「自分の想定と違う所」ばかりが目に入って、結果的に態度が悪くなってしまいます。

柔軟に物事を考えて「こう言う事もあるのか」と言う考えに至れず、口には出さずに態度に出してしまう、と言う事もありますね

8. 自己中心的

自己中心的

上記の「頭が固い」が、さらに悪化した状態とも言えるのが、この「自己中心的」という特徴です。

自分の想定の中でしか物事を捉えられず、極端な人は自分の都合でしか動きません。

考え方も同じく、自分の都合や考えだけが正しいと考える傾向が強いので、店員に落ち度がなくても自然と「自分が正しい」「つまり人は間違えている」といった態度になってしまい、その結果、態度が悪いと感じられるんですね。

9. 感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいというのは、店員に対する反応がその時々で違うと言う事にもなります。

例えば、その時は納得して買い物をして行った客が、「あとで思えば」と店員の対応について思い返した時に感情の琴線に触れて、クレームにまではいかないものの、次に店に訪れた時に嫌な気持ちになった事を思い出して、それをそのまま態度に出してしまう、と言ったように、思うように事が進まなかったり、自分の感情を上手く処理できなかったりすると、しれが態度に現れてしまうんですね。

10. せっかち

せっかち

せっかちな人は、他人に対して態度が悪くなりがちです。

相手が赤の他人で特に親交を築かなくても問題のない相手になると、せっかちな人は自分の苛立ちをあらわにします。

急いでいるんだからもっと早くしてほしいと、表情が険しくなったり足をタンタンと鳴らしてみたりして、その気持ちを表に出します。

最終的には、店員に対して睨んだりする人もいるでしょう。

その態度が、店員からしてみれば「態度が悪いお客様」と言うように映ってしまうんですね。

11. 店員を下に見ている

店員を下に見ている

店員に態度が悪くなるのは、一重に店員は立場が低いものであると思っているからです。

上司や友達には絶対やらないような人でも店員に態度が悪くなってしまうのは、この心理が働いているからなのです。

様々な店があり、店員も働く人によって様々ですが、店員を同じ人間であるという見方をせずに、店員というものであると認識している人までいます。

12. どうでもいいと思っている

どうでもいいと思っている

態度が悪いというものにも種類があります。

嫌味を言ったり大声を出したり、文句を言ったりと様々なものがありますが、その中でも、店員に対して無言であったり、何かを差すときに顎を使ったりなど、不愛想を酷くしたような態度を取る人も居ます。

この態度の悪さは、自分に関りのない人間すべてがどうでもいいという心理によって引き起こされているのです。

まとめ

いかがでしたか?

恋人にしたくない、幻滅するのはどんなところかアンケートを取った時、必ずと言っていいほど上がってくる「店員に態度が悪い人」には、このような特徴や心理が働いています。

どれも無自覚で行っている場合が多く、言っても治せないという事がほとんどです。

嫌だと思ったら距離を取るなどして、対策を取る必要があるのかもしれませんね。

店員に対して態度が悪い人は思わず引いてしまいますよね。

店員に対して態度が悪い人の心理は特徴はあるのでしょうか?


プライドが高い

店員に対して態度が悪い人の多くは、プライドが高いという特徴があります。

従業員は客に対して敬語を使って接客をします。

それは店を訪れてくれたという敬意の現れですが、同じ人間であるという事は変わりません。

プライドが高いゆえに、それを当たり前だと思ってしまいます。

店員に対して態度が悪い人は、店員のそういった姿勢を当たり前に感じているプライドの高い人であると言えます。

短気

店員い横柄な態度をとってしまう理由に、短気であるということも挙げられます。

店員の対応は人によってそれぞれです。

新人の方もいるでしょうし、中々仕事が覚えられないという人だっています。

たどたどしい接客をしてしまうこともありますが、短気な人はそれがどうしても気に障ってしまうという人が多いのです。

短気な人は、少しでも気に入らない事があると爆発してしまう事があります。

店員に態度が悪くなってしまうのは、短気なせいだとも言えるでしょう。

横柄

元々横柄である人も、店員に対して態度を悪くしてしまいます。

横柄な人は、客は偉いもので、店員は下の者という認識をしている人が多いです。

そのため、店員に少しでも気に入らないところがあると、下の奴が偉そうに、と思ってしまったり、店員には何を言っても良いと思ってしまっている事がとても多くあります。

店員は店の事を全て知っていて当たり前で、客を喜ばせるものだ、と思っている人もいます。

横柄な人というのは、それだけで店員に態度が悪くなりがちなのです。

ストレスを抱えている

誰しもうまく行かない事があったり、嫌な事があったりすると、ストレスが溜まります。

ストレスが溜まるとイライラしますよね、そこで店員に対して嫌な態度をとってしまう事があるのです。

ストレスをためている人は、自分の感情を制御できないという状態に陥ることが多いです。

そのため八つ当たりのように店員に接してしまい、態度が悪くなってしまうのです。

支配欲がある

支配欲が強い人も、店員に態度が悪くなりがちです。

支配欲が強い人は、立場が弱いと判断した人に対してとても強気に出てしまう傾向にあります。

店員は店に来てくれた感謝として敬意を示しますが、その経緯を立場が弱いと言う風に勘違いを起こし、態度が悪くなってしまいます。

普段から支配欲という、他者を征服したいという思いを抱えている人は、店員や従業員に強く出てしまいがちだと言えます。

劣等感が強い

劣等感の強さ故に、店員に態度が悪くなってしまう人も居ます。

劣等感が強い人は、何かトラブルがあった時に「どうせ自分が悪いんでしょ?」といったふうに卑屈になってしまう事が多いのです。

劣等感の強さ故に、卑屈になってしまうのです。

そのため店員に対してネチネチ嫌味を言うことになり、態度が悪くなってしまうのです。

劣等感が強く、なおかつ自分は間違っていないと思いがちな人が、店員に態度が悪くなってしまうと言えます。

頭が固い

頭が固いと、自分が想定した順序で物事を考えがちになります。

こうじゃないとおかしい・普通はこうじゃないのか、という志向に捕らわれて、店員がどんなに丁寧に接客していても「自分の想定と違う所」ばかりが目に入って、結果的に態度が悪くなってしまいます。

柔軟に物事を考えて「こう言う事もあるのか」と言う考えに至れず、口には出さずに態度に出してしまう、と言う事もありますね

自己中心的

上記の「頭が固い」が、さらに悪化した状態とも言えるのが、この「自己中心的」という特徴です。

自分の想定の中でしか物事を捉えられず、極端な人は自分の都合でしか動きません。

考え方も同じく、自分の都合や考えだけが正しいと考える傾向が強いので、店員に落ち度がなくても自然と「自分が正しい」「つまり人は間違えている」といった態度になってしまい、その結果、態度が悪いと感じられるんですね。

感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいというのは、店員に対する反応がその時々で違うと言う事にもなります。

例えば、その時は納得して買い物をして行った客が、「あとで思えば」と店員の対応について思い返した時に感情の琴線に触れて、クレームにまではいかないものの、次に店に訪れた時に嫌な気持ちになった事を思い出して、それをそのまま態度に出してしまう、と言ったように、思うように事が進まなかったり、自分の感情を上手く処理できなかったりすると、しれが態度に現れてしまうんですね。

せっかち

せっかちな人は、他人に対して態度が悪くなりがちです。

相手が赤の他人で特に親交を築かなくても問題のない相手になると、せっかちな人は自分の苛立ちをあらわにします。

急いでいるんだからもっと早くしてほしいと、表情が険しくなったり足をタンタンと鳴らしてみたりして、その気持ちを表に出します。

最終的には、店員に対して睨んだりする人もいるでしょう。

その態度が、店員からしてみれば「態度が悪いお客様」と言うように映ってしまうんですね。

店員を下に見ている

店員に態度が悪くなるのは、一重に店員は立場が低いものであると思っているからです。

上司や友達には絶対やらないような人でも店員に態度が悪くなってしまうのは、この心理が働いているからなのです。

様々な店があり、店員も働く人によって様々ですが、店員を同じ人間であるという見方をせずに、店員というものであると認識している人までいます。

どうでもいいと思っている

態度が悪いというものにも種類があります。

嫌味を言ったり大声を出したり、文句を言ったりと様々なものがありますが、その中でも、店員に対して無言であったり、何かを差すときに顎を使ったりなど、不愛想を酷くしたような態度を取る人も居ます。

この態度の悪さは、自分に関りのない人間すべてがどうでもいいという心理によって引き起こされているのです。

いかがでしたか?

恋人にしたくない、幻滅するのはどんなところかアンケートを取った時、必ずと言っていいほど上がってくる「店員に態度が悪い人」には、このような特徴や心理が働いています。

どれも無自覚で行っている場合が多く、言っても治せないという事がほとんどです。

嫌だと思ったら距離を取るなどして、対策を取る必要があるのかもしれませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-