【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518172546.html
同性を嫌がる彼女の心理

同性を嫌がる彼女の心理 | LADYCO

LADYCO
同性を嫌がる彼女の心理

今回は「同性の友達と遊ばない!同棲を嫌がる彼女の心理」についてまとめます。

自分の彼女が同性との付き合いがあまりないとしたら、なぜそうなのか、気になるところです。

  • 男性の中でちやほやされたい
  • 彼女が男っぽい性格である
  • 恋愛の話が苦手である
  • 人の悪口が苦手である
  • 自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌である
  • 彼氏のことをとられそうで怖い
  • 彼氏と一緒の時間を作りたい
  • 美容の話をするのが苦手である
  • 話自体が下手である
  • 効率を考える人である
  • 比較されるのが嫌である
  • 人付き合い自体が苦手である
  • 粘着質なのが苦手である
  • まとめ

1. 男性の中でちやほやされたい

男性の中でちやほやされたい

同性を嫌がるにはそれなりの理由があります。

女性の中にいるより男性の輪の中にいた方が、紅一点としてちやほやされるので居心地がよいという場合があります。

男性は、男性ばかりの中にいる女性についてはつい守ってあげたい存在と思うようになります。

その女性の前でいいところを見せようという意識も働くので、その女性は自分が女王様にでもなったような気分になるのです。

2. 彼女が男っぽい性格である

彼女が男っぽい性格である

その彼女が男っぽい性格の場合は、女性といるのを嫌う傾向があります。

男っぽくサバサバしているのであれば、女性特有のネチネチとした会話の中には入りづらいものです。

そういう雰囲気を元々嫌います。

これについては彼女の性格を把握している彼氏であれば、想像がつきそうなものです。

3. 恋愛の話が苦手である

恋愛の話が苦手である

女性同士は集まると恋愛の話になる確率が高いです。

ほぼ100%と言ってもいいくらい、そういった話になります。

恋愛の話はお互いが盛り上がるならば際限なく盛り上がる楽しい話題ですが、そうでもない人にとっては苦痛に感じる時もあるかもしれません。

女性だからといって恋愛の話が必ずしも得意というわけではないのです。

4. 人の悪口が苦手である

人の悪口が苦手である

女性同士が集まると出てくる話題として、他人の悪口があります。

その場にいない人のことで盛り上がるのです。

いつもは友人として付き合いがある人に対しても、その場にいないのであれば悪口の対象になるから怖いものです。

こういった話が元々好きではないという人は、女性でも結構います。

最初からそういった集団に入るのを避けるものです。

5. 自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌である

自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌である

女性は恋愛の話で盛り上がりますが、人の話であればよいけれども自分の話をするのは苦手、というパターンの人もいます。

自分のこと、自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌なのです。

彼氏のことを言うだけならいいのですが、相手からは「その彼氏って、本当に大丈夫?」と、悪い面を勝手に想像して何かを言われるのです。

女性は詮索しがちなので、勝手にありもしない想像の方にいってしまいます。

集団であるとなおさらです。

その話を聞くのも嫌ですし、つい何となく周りに合わせてしまうために流れに乗ってしまう自分も嫌なのです。

6. 彼氏のことをとられそうで怖い

彼氏のことをとられそうで怖い

彼氏がいると分かると「紹介してほしい」と言ってくる女性がいます。

自分の友人の彼氏なのであいさつをしておきたいという理由です。

しかし実は友人の彼氏を奪ってしまうタイプの人もいます。

奪うことに情熱を傾けるのです。

こういった人はさりげなく近づいていき、連絡先を自然と交換し、こっそりやりとりをして接触を続けていくのです。

いつの間にか彼氏に二股をかけられていたり、自分の方が振られたりするという最悪のパターンになることもあります。

こういうことが怖くて、同性を嫌がったりするのです。

7. 彼氏と一緒の時間を作りたい

彼氏と一緒の時間を作りたい

忙しい彼女であればあり得ますが、自由になる時間が限られているために、彼氏との時間を優先すると同性と一緒にいなくなります。

友人より彼氏をとるというタイプです。

こういった理由であれば、束縛が強すぎなければ特に気にすることもないでしょう。

一緒にいる時間を大切に過ごしてください。

8. 美容の話をするのが苦手である

美容の話をするのが苦手である

同性を嫌がるには、美容の話が苦手という理由もあり得ます。

女性が集まると化粧品の話になったりもします。

オススメを言い合ったり、その場で試してみたりするのです。

髪型やネイルの話にもなったりします。

男性からみると理解ができないようなことかもしれませんが、女性の中にも一定の割合で理解が出来ないようなタイプがいます。

美容についてそんなに興味がないので、話題に入っていけないのです。

9. 話自体が下手である

話自体が下手である

口下手という人は、マシンガントークをする女性の輪の中では浮いてしまうかもしれません。

話したいのにテンポについていけずに疎外感を感じるということがあります。

こういった人は、おっとりとした同じタイプの女性といるか、女性同士の輪の中にはいないようにしています。

口下手であっても、ちゃんと話を聞いてくれたりするような良い面はたくさんあります。

彼氏はそういった面を好きになっているはずなので、特に問題はありません。

10. 効率を考える人である

効率を考える人である

日々効率的な生き方を目指しているような、少し男性的なところがある女性は、女性同士の集団の中にはあまり深く入っていかない傾向があります。

女性の話は冗長であり、内容に意味がないことが多いので、時間の無駄に感じるのです。

普段から忙しく、サバサバした性格の女性に多いです。

男性的な考えを持っているので、男性と気が合ったり、男性と張り合ったりすることもあることでしょう。

11. 比較されるのが嫌である

比較されるのが嫌である

女性といると、とかく比較されることになります。

女性同士は仲が良さそうに見えて、水面下では常に自分と相手のどちらが上かということを見定めているのです。

これがひどくなるといわゆる「マウンティング」という行為になります。

程度の差はあれど、女性はマウンティングをしながら生活している生き物です。

この集団の中にいると、常に誰かと比較されることになるのです。

比較自体が嫌である女性は近づかなくなります。

12. 人付き合い自体が苦手である

人付き合い自体が苦手である

女性は人付き合いをとにかく重視します。

仕事もプライベートもとにかく人間関係を良好にすることがベースなのです。

ベースというよりは、人間関係が最終目的となってしまう場合もよくあります。

本来の目的達成よりも、その場にいる人との関係を良好にすることに心血を注ぐのです。

女性に多い思考パターンです。

人付き合いが苦手な女性はついていけないことでしょう。

つい同性を敬遠してしまいます。

13. 粘着質なのが苦手である

粘着質なのが苦手である

女性はとにかくつるんで行動します。

一人で行動するタイプは少ないと言っていいでしょう。

周りに合わせようというのが強く、仲間意識が強いのはいいのですが、時に相手に対して粘着質になってしまうことがあります。

相手に対して、過度に合わせてしまったり、過度に合わせるような強要があったりします。

こういった付き合い方を苦手とする女性もいます。

彼女がこういったタイプであれば、彼氏はよく理解してあげた方がよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

彼女が同性を嫌がるにはそれなりの心理状態と理由があるのです。

彼女の話をよく聞くことで分かってくることもあります。

彼女に同性の友人が少ないことが気になったら、一度よく話してみることをオススメします。

今回は「同性の友達と遊ばない!同棲を嫌がる彼女の心理」についてまとめます。

自分の彼女が同性との付き合いがあまりないとしたら、なぜそうなのか、気になるところです。


男性の中でちやほやされたい

同性を嫌がるにはそれなりの理由があります。

女性の中にいるより男性の輪の中にいた方が、紅一点としてちやほやされるので居心地がよいという場合があります。

男性は、男性ばかりの中にいる女性についてはつい守ってあげたい存在と思うようになります。

その女性の前でいいところを見せようという意識も働くので、その女性は自分が女王様にでもなったような気分になるのです。

彼女が男っぽい性格である

その彼女が男っぽい性格の場合は、女性といるのを嫌う傾向があります。

男っぽくサバサバしているのであれば、女性特有のネチネチとした会話の中には入りづらいものです。

そういう雰囲気を元々嫌います。

これについては彼女の性格を把握している彼氏であれば、想像がつきそうなものです。

恋愛の話が苦手である

女性同士は集まると恋愛の話になる確率が高いです。

ほぼ100%と言ってもいいくらい、そういった話になります。

恋愛の話はお互いが盛り上がるならば際限なく盛り上がる楽しい話題ですが、そうでもない人にとっては苦痛に感じる時もあるかもしれません。

女性だからといって恋愛の話が必ずしも得意というわけではないのです。

人の悪口が苦手である

女性同士が集まると出てくる話題として、他人の悪口があります。

その場にいない人のことで盛り上がるのです。

いつもは友人として付き合いがある人に対しても、その場にいないのであれば悪口の対象になるから怖いものです。

こういった話が元々好きではないという人は、女性でも結構います。

最初からそういった集団に入るのを避けるものです。

自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌である

女性は恋愛の話で盛り上がりますが、人の話であればよいけれども自分の話をするのは苦手、というパターンの人もいます。

自分のこと、自分の彼氏のことを聞かれるのが嫌なのです。

彼氏のことを言うだけならいいのですが、相手からは「その彼氏って、本当に大丈夫?」と、悪い面を勝手に想像して何かを言われるのです。

女性は詮索しがちなので、勝手にありもしない想像の方にいってしまいます。

集団であるとなおさらです。

その話を聞くのも嫌ですし、つい何となく周りに合わせてしまうために流れに乗ってしまう自分も嫌なのです。

彼氏のことをとられそうで怖い

彼氏がいると分かると「紹介してほしい」と言ってくる女性がいます。

自分の友人の彼氏なのであいさつをしておきたいという理由です。

しかし実は友人の彼氏を奪ってしまうタイプの人もいます。

奪うことに情熱を傾けるのです。

こういった人はさりげなく近づいていき、連絡先を自然と交換し、こっそりやりとりをして接触を続けていくのです。

いつの間にか彼氏に二股をかけられていたり、自分の方が振られたりするという最悪のパターンになることもあります。

こういうことが怖くて、同性を嫌がったりするのです。

彼氏と一緒の時間を作りたい

忙しい彼女であればあり得ますが、自由になる時間が限られているために、彼氏との時間を優先すると同性と一緒にいなくなります。

友人より彼氏をとるというタイプです。

こういった理由であれば、束縛が強すぎなければ特に気にすることもないでしょう。

一緒にいる時間を大切に過ごしてください。

美容の話をするのが苦手である

同性を嫌がるには、美容の話が苦手という理由もあり得ます。

女性が集まると化粧品の話になったりもします。

オススメを言い合ったり、その場で試してみたりするのです。

髪型やネイルの話にもなったりします。

男性からみると理解ができないようなことかもしれませんが、女性の中にも一定の割合で理解が出来ないようなタイプがいます。

美容についてそんなに興味がないので、話題に入っていけないのです。

話自体が下手である

口下手という人は、マシンガントークをする女性の輪の中では浮いてしまうかもしれません。

話したいのにテンポについていけずに疎外感を感じるということがあります。

こういった人は、おっとりとした同じタイプの女性といるか、女性同士の輪の中にはいないようにしています。

口下手であっても、ちゃんと話を聞いてくれたりするような良い面はたくさんあります。

彼氏はそういった面を好きになっているはずなので、特に問題はありません。

効率を考える人である

日々効率的な生き方を目指しているような、少し男性的なところがある女性は、女性同士の集団の中にはあまり深く入っていかない傾向があります。

女性の話は冗長であり、内容に意味がないことが多いので、時間の無駄に感じるのです。

普段から忙しく、サバサバした性格の女性に多いです。

男性的な考えを持っているので、男性と気が合ったり、男性と張り合ったりすることもあることでしょう。

比較されるのが嫌である

女性といると、とかく比較されることになります。

女性同士は仲が良さそうに見えて、水面下では常に自分と相手のどちらが上かということを見定めているのです。

これがひどくなるといわゆる「マウンティング」という行為になります。

程度の差はあれど、女性はマウンティングをしながら生活している生き物です。

この集団の中にいると、常に誰かと比較されることになるのです。

比較自体が嫌である女性は近づかなくなります。

人付き合い自体が苦手である

女性は人付き合いをとにかく重視します。

仕事もプライベートもとにかく人間関係を良好にすることがベースなのです。

ベースというよりは、人間関係が最終目的となってしまう場合もよくあります。

本来の目的達成よりも、その場にいる人との関係を良好にすることに心血を注ぐのです。

女性に多い思考パターンです。

人付き合いが苦手な女性はついていけないことでしょう。

つい同性を敬遠してしまいます。

粘着質なのが苦手である

女性はとにかくつるんで行動します。

一人で行動するタイプは少ないと言っていいでしょう。

周りに合わせようというのが強く、仲間意識が強いのはいいのですが、時に相手に対して粘着質になってしまうことがあります。

相手に対して、過度に合わせてしまったり、過度に合わせるような強要があったりします。

こういった付き合い方を苦手とする女性もいます。

彼女がこういったタイプであれば、彼氏はよく理解してあげた方がよいでしょう。

いかがでしたでしょうか。

彼女が同性を嫌がるにはそれなりの心理状態と理由があるのです。

彼女の話をよく聞くことで分かってくることもあります。

彼女に同性の友人が少ないことが気になったら、一度よく話してみることをオススメします。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-