【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163739.html
彼氏と釣り合わないと言われても自信を持ったがいい理由

彼氏と釣り合わないと言われても自信を持ったがいい理由 | LADYCO

LADYCO
彼氏と釣り合わないと言われても自信を持ったがいい理由

友人や周りの人から「あなたと彼氏は釣り合わない」と言われたらショックですよね。

しかし、自分に自信を持って関係を続けた方が良い方向に向かう場合も多いです。

この記事ではその理由について詳しくまとめました

  • 嫉妬や羨望の言葉は聞き流した方がいいから
  • 恋を邪魔する人は友人じゃないから
  • 無駄な争いは避けた方が良いから
  • ネガティブな気持ちは周囲に伝播するから
  • 彼に釣り合う女性になろうと努力できるから
  • 自信をなくすのは彼に対しても失礼だから
  • その程度の言葉で諦めていたら、関係は続かないから
  • 全てを彼に合わせる必要はないから
  • 障害のある恋の方が燃えやすいから
  • 自分が不幸だと感じるとより不幸を呼んでしまうから
  • たとえ心ない言葉でも、正しい指摘の場合もあるから
  • 自分の生きたいように生きた方が幸せだから
  • 不安に感じたらストレートに彼に伝えた方がよいから
  • まとめ

1. 嫉妬や羨望の言葉は聞き流した方がいいから

嫉妬や羨望の言葉は聞き流した方がいいから

かっこいい彼氏や、スポーツ万能な彼氏など、周りからも人気がある人が彼氏だと、嫉妬されやすいです。

そのために「あなたは彼とは釣り合わない」と酷いことを言う場合もあるでしょう。

誰しも、嫉妬したり、羨ましく感じたりする場面はあります。

心のない言葉はスルーして、自分と彼は好き合っているのだからそれでいいじゃないかと 開き直る方が、精神衛生上よいやり方なのです。

理不尽な非難や悪口を聞き流す力を身につけましょう。

2. 恋を邪魔する人は友人じゃないから

恋を邪魔する人は友人じゃないから

「あなたは彼と釣り合わない」と友人が行ってきた場合は、特に気をつけましょう。

「あなたと彼は性格も能力も全然違うから. . 」 「あなたと彼は家柄も生活も違うから. . 」 というように、何かと理由を見つけて反対してきます。

本当に心配している場合もありますが、多くの場合は嫉妬です。

「私も彼が好きだったのに」「彼に友人をとられたようで悔しい」 など、彼大してだけではなく、友人であるあなたに独占欲を抱く友人もいます。

束縛心が強く、嫉妬深いので、関係がこじれやすいので気をつけましょう。

3. 無駄な争いは避けた方が良いから

無駄な争いは避けた方が良いから

嫉妬や羨望の言葉に、いちいちつっかかって、喧嘩を買うのもやめましょう。

「私とあななたちでは格が違う」「彼は見る目があった、あなたたちの目は節穴」 「どうせ嫉妬しているだけでしょ。

かわいそうに」
と思うだけなら良いですが、直接言えば、さらに争いはヒートアップしてしまいます。

自分に自信を持つことは大切ですが、鼻にかけたような態度や言動はやめましょう。

何もせず、ただ彼が好きだという気持ちを持っていれば、自然と自信や誇りも出てきます。

口は災いの元だということを胸に刻みましょう。

4. ネガティブな気持ちは周囲に伝播するから

ネガティブな気持ちは周囲に伝播するから

周囲から心ない言葉を受けて、「どうせ私は彼とは釣り合わない」とネガティブなるのはやめましょう。

ネガティブな気持ちは、周囲にも彼にも伝わってしまうものです。

そうした暗い気持ちに付け込んで、彼を奪っていくようなライバルもいるでしょう。

そして、ネガティブな気持ちは自分に悪い暗示をかけてしまうのです。

笑顔もなくなり、自分の才能や魅力を発揮することができなくなってしまいます。

自信を持って前向き、彼と付き合いましょう。

5. 彼に釣り合う女性になろうと努力できるから

彼に釣り合う女性になろうと努力できるから

「あなたと彼は釣り合わない」と言われたら、落ち込むよりも、自分磨きをしましょう。

より美しくなるための生活をしたり、メイクや美容法を試したりと、さまざまなことができます。

また、勉強や仕事、趣味など、自分の興味あるものに積極的にチャレンジし、内面を磨くこともできます。

彼の胃袋を掴みたいのであれば、料理を習ってみるのも良いでしょう。

前向きに変化し、進むことで、よりあなたの魅力がアップするのです。

6. 自信をなくすのは彼に対しても失礼だから

自信をなくすのは彼に対しても失礼だから

「彼とわたしは釣り合わない」と自信をなくすのは、彼に対しても失礼です。

せっかく、あなたを好きになり、関係を結ぼうと決めたのに、こんな後ろ向きな態度で、自己否定することは、彼の意思を否定することと一緒です。

彼への感謝や思いやりを忘れなければ、ネガティブな気持ちはなくなるはずです。

7. その程度の言葉で諦めていたら、関係は続かないから

その程度の言葉で諦めていたら、関係は続かないから

「あなたと彼は釣り合わない」 その程度の言葉で諦めていたら、恋愛にしろ、友情にしろ、家族にしろ、関係は続きません。

人間関係にはさまざまな問題や障害が付きものです。

簡単に落ち込み、手放してしまったら、誰とも仲良くはなれないのです。

出会った縁に感謝し、たとえ辛いことがあっても乗り越えようとする気持ちが大切です。

8. 全てを彼に合わせる必要はないから

全てを彼に合わせる必要はないから

「あなたと彼は釣り合わない」と言われても、全てを彼に合わせる必要はありません。

彼に捨てられたくなくて、生活も、趣味も何もかも合わせ、半ば召使のようについていくのは、もう恋愛とは言えないでしょう。

もちろん譲り合うことは大切ですが、自分の意思を持ち貫く必要性も多いのです。

自分は自分、彼は彼と、割り切って、自分の生きたいように生きることも大切なのです。

9. 障害のある恋の方が燃えやすいから

障害のある恋の方が燃えやすいから

嫉妬や羨望など、さまざま黒い気持ちが渦巻き、友人や、他の女性、彼の家族などが、二人の関係を邪魔しようとした時、むしろ燃えるという女性もいるでしょう。

恋に刺激や危険、障害はつきもので、それを乗り越え、彼と結ばれるのが良いと感じています。

刺激を求めるあまり、あえていばらの道を通ってしまうこともあるので気をつけましょう。

自ら危険を呼び、彼や周囲の人たちを巻き込むのは、マナー違反です。

10. 自分が不幸だと感じるとより不幸を呼んでしまうから

自分が不幸だと感じるとより不幸を呼んでしまうから

「彼とわたしは釣り合わない、私はなんて情けなく不幸なんだ. . 」 というように、悲劇のヒロインを演じるのもあまりよい思考とは言えません。

こうした不幸に浸る思想の人は、無意識に不幸を呼び、不幸へと進んでしまうことが多いのです。

自傷的で破滅的であり、そうした不幸へ周囲の人も引きずりこんでしまう場合もあるのです。

「自分は幸せだ!」と感じた方が、より幸せになれます。

朝起きたら、「今日も楽しく充実した日になるぞ!」という気持ちを脳に叩きこむことも、ポジティブシンキングにおいて、有効なやり方なのでオススメです。

11. たとえ心ない言葉でも、正しい指摘の場合もあるから

たとえ心ない言葉でも、正しい指摘の場合もあるから

たとえ心ない言葉を言われたとしても、実は正しい指摘も含まれている場合があります。

「あなたマナーがなっていないから彼とは釣り合わない。

だから勉強すべき」
「あなたは笑顔が少なくてかわいらしくないから彼とは釣り合わない、だからもっと自分を磨くべき」 というように、嫉妬や毒はあっても、厳しく指摘してくれることもあるのです。

こうした言葉に少し耳を傾けて、自分を見直すことも大切でしょう。

しかし、全部真に受けているとストレスになるで、ある程度は流す力も必要です。

12. 自分の生きたいように生きた方が幸せだから

自分の生きたいように生きた方が幸せだから

周囲の言葉や、彼の生き方にいちいち影響されてしまうのもよくありません。

最終的には、自分の人生を有意義に歩むことが大切です。

自分は何をしたいか、どうすべきなのか、きちんと考えて、人間関係を構築し、幸せをつかみましょう。

13. 不安に感じたらストレートに彼に伝えた方がよいから

不安に感じたらストレートに彼に伝えた方がよいから

心ない言葉を言われて、不安に感じたら、抱え込み悩むのではなく、その不安を彼に直接言った方が良いでしょう。

きっと彼は、「そんなこと悩む必要はない」「あなたが好きなんだからそれでよい」 と言ってくれるはずです。

くよくよせずに、自分に自信を持って、付き合いを続けましょう。

まとめ

「釣り合わない」と言う言葉は、嫉妬や羨望の意味に他なりません。

いちいち気にするのではなく、自分にとって有意義な意見を取り入れ、自信を持って彼と付き合うことが大切です。

友人や周りの人から「あなたと彼氏は釣り合わない」と言われたらショックですよね。

しかし、自分に自信を持って関係を続けた方が良い方向に向かう場合も多いです。

この記事ではその理由について詳しくまとめました


嫉妬や羨望の言葉は聞き流した方がいいから

かっこいい彼氏や、スポーツ万能な彼氏など、周りからも人気がある人が彼氏だと、嫉妬されやすいです。

そのために「あなたは彼とは釣り合わない」と酷いことを言う場合もあるでしょう。

誰しも、嫉妬したり、羨ましく感じたりする場面はあります。

心のない言葉はスルーして、自分と彼は好き合っているのだからそれでいいじゃないかと 開き直る方が、精神衛生上よいやり方なのです。

理不尽な非難や悪口を聞き流す力を身につけましょう。

恋を邪魔する人は友人じゃないから

「あなたは彼と釣り合わない」と友人が行ってきた場合は、特に気をつけましょう。

「あなたと彼は性格も能力も全然違うから. . 」 「あなたと彼は家柄も生活も違うから. . 」 というように、何かと理由を見つけて反対してきます。

本当に心配している場合もありますが、多くの場合は嫉妬です。

「私も彼が好きだったのに」「彼に友人をとられたようで悔しい」 など、彼大してだけではなく、友人であるあなたに独占欲を抱く友人もいます。

束縛心が強く、嫉妬深いので、関係がこじれやすいので気をつけましょう。

無駄な争いは避けた方が良いから

嫉妬や羨望の言葉に、いちいちつっかかって、喧嘩を買うのもやめましょう。

「私とあななたちでは格が違う」「彼は見る目があった、あなたたちの目は節穴」 「どうせ嫉妬しているだけでしょ。

かわいそうに」
と思うだけなら良いですが、直接言えば、さらに争いはヒートアップしてしまいます。

自分に自信を持つことは大切ですが、鼻にかけたような態度や言動はやめましょう。

何もせず、ただ彼が好きだという気持ちを持っていれば、自然と自信や誇りも出てきます。

口は災いの元だということを胸に刻みましょう。

ネガティブな気持ちは周囲に伝播するから

周囲から心ない言葉を受けて、「どうせ私は彼とは釣り合わない」とネガティブなるのはやめましょう。

ネガティブな気持ちは、周囲にも彼にも伝わってしまうものです。

そうした暗い気持ちに付け込んで、彼を奪っていくようなライバルもいるでしょう。

そして、ネガティブな気持ちは自分に悪い暗示をかけてしまうのです。

笑顔もなくなり、自分の才能や魅力を発揮することができなくなってしまいます。

自信を持って前向き、彼と付き合いましょう。

彼に釣り合う女性になろうと努力できるから

「あなたと彼は釣り合わない」と言われたら、落ち込むよりも、自分磨きをしましょう。

より美しくなるための生活をしたり、メイクや美容法を試したりと、さまざまなことができます。

また、勉強や仕事、趣味など、自分の興味あるものに積極的にチャレンジし、内面を磨くこともできます。

彼の胃袋を掴みたいのであれば、料理を習ってみるのも良いでしょう。

前向きに変化し、進むことで、よりあなたの魅力がアップするのです。

自信をなくすのは彼に対しても失礼だから

「彼とわたしは釣り合わない」と自信をなくすのは、彼に対しても失礼です。

せっかく、あなたを好きになり、関係を結ぼうと決めたのに、こんな後ろ向きな態度で、自己否定することは、彼の意思を否定することと一緒です。

彼への感謝や思いやりを忘れなければ、ネガティブな気持ちはなくなるはずです。

その程度の言葉で諦めていたら、関係は続かないから

「あなたと彼は釣り合わない」 その程度の言葉で諦めていたら、恋愛にしろ、友情にしろ、家族にしろ、関係は続きません。

人間関係にはさまざまな問題や障害が付きものです。

簡単に落ち込み、手放してしまったら、誰とも仲良くはなれないのです。

出会った縁に感謝し、たとえ辛いことがあっても乗り越えようとする気持ちが大切です。

全てを彼に合わせる必要はないから

「あなたと彼は釣り合わない」と言われても、全てを彼に合わせる必要はありません。

彼に捨てられたくなくて、生活も、趣味も何もかも合わせ、半ば召使のようについていくのは、もう恋愛とは言えないでしょう。

もちろん譲り合うことは大切ですが、自分の意思を持ち貫く必要性も多いのです。

自分は自分、彼は彼と、割り切って、自分の生きたいように生きることも大切なのです。

障害のある恋の方が燃えやすいから

嫉妬や羨望など、さまざま黒い気持ちが渦巻き、友人や、他の女性、彼の家族などが、二人の関係を邪魔しようとした時、むしろ燃えるという女性もいるでしょう。

恋に刺激や危険、障害はつきもので、それを乗り越え、彼と結ばれるのが良いと感じています。

刺激を求めるあまり、あえていばらの道を通ってしまうこともあるので気をつけましょう。

自ら危険を呼び、彼や周囲の人たちを巻き込むのは、マナー違反です。

自分が不幸だと感じるとより不幸を呼んでしまうから

「彼とわたしは釣り合わない、私はなんて情けなく不幸なんだ. . 」 というように、悲劇のヒロインを演じるのもあまりよい思考とは言えません。

こうした不幸に浸る思想の人は、無意識に不幸を呼び、不幸へと進んでしまうことが多いのです。

自傷的で破滅的であり、そうした不幸へ周囲の人も引きずりこんでしまう場合もあるのです。

「自分は幸せだ!」と感じた方が、より幸せになれます。

朝起きたら、「今日も楽しく充実した日になるぞ!」という気持ちを脳に叩きこむことも、ポジティブシンキングにおいて、有効なやり方なのでオススメです。

たとえ心ない言葉でも、正しい指摘の場合もあるから

たとえ心ない言葉を言われたとしても、実は正しい指摘も含まれている場合があります。

「あなたマナーがなっていないから彼とは釣り合わない。

だから勉強すべき」
「あなたは笑顔が少なくてかわいらしくないから彼とは釣り合わない、だからもっと自分を磨くべき」 というように、嫉妬や毒はあっても、厳しく指摘してくれることもあるのです。

こうした言葉に少し耳を傾けて、自分を見直すことも大切でしょう。

しかし、全部真に受けているとストレスになるで、ある程度は流す力も必要です。

自分の生きたいように生きた方が幸せだから

周囲の言葉や、彼の生き方にいちいち影響されてしまうのもよくありません。

最終的には、自分の人生を有意義に歩むことが大切です。

自分は何をしたいか、どうすべきなのか、きちんと考えて、人間関係を構築し、幸せをつかみましょう。

不安に感じたらストレートに彼に伝えた方がよいから

心ない言葉を言われて、不安に感じたら、抱え込み悩むのではなく、その不安を彼に直接言った方が良いでしょう。

きっと彼は、「そんなこと悩む必要はない」「あなたが好きなんだからそれでよい」 と言ってくれるはずです。

くよくよせずに、自分に自信を持って、付き合いを続けましょう。

「釣り合わない」と言う言葉は、嫉妬や羨望の意味に他なりません。

いちいち気にするのではなく、自分にとって有意義な意見を取り入れ、自信を持って彼と付き合うことが大切です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-