【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163703.html
メールの返信の遅い人の心理

メールの返信の遅い人の心理 | LADYCO

LADYCO
メールの返信の遅い人の心理

メールの遅い人は、主におおざっぱな性格の人か細やか過ぎる性格の人に分けられます。

この記事ではさらに細かくその心理や特徴について分析していきます。

  • 面倒くさがり
  • 筆まめじゃない
  • 大ざっぱである
  • のんびりしている
  • 束縛されるのが嫌い
  • 遅刻や寝坊が多い
  • 頭の回転が鈍い
  • 緊張しやすい
  • 繊細で細やか過ぎる
  • ネガティブな性格である
  • メールよりも直接話したい性格
  • 相手に興味がない
  • 仕事や趣味で忙しい
  • まとめ

1. 面倒くさがり

面倒くさがり

メールの返信が遅い人は、面倒くさがりな性格の人が多いです。

連絡をすること自体にそもそも執着がなく、相手にそれを伝える必要性を感じない場合が多いのです。

それゆえに行き違いや誤解が生まれやすいのもネックです。

時には自分から連絡したり、相手にメッセージを返すことも大切です。

マメすぎる人も嫌がられますが、 あまりに便りがないと、冷たい人だと思われてしまうことが多いです。

2. 筆まめじゃない

筆まめじゃない

メールや手紙を書くことが苦手な人も、 返信が遅い場合が多いです。

筆まめではなく、ついつい連絡ややり取りをサボってしまいがちです。

日記や手帳なども、三日坊主で終わってしまう場合も多いでしょう。

いざ、文章で気持ちを伝えろと言われても、何を書いてよいかわからず戸惑ってしまったり、恥ずかしくなってしまうこともあります。

3. 大ざっぱである

大ざっぱである

メールの返信が遅い人は大ざっぱであることが多いです。

よく言えば大らかで鷹揚な人とも言えます。

相手の返信が遅くても気にならないことが多いでしょう。

人間関係においては、よくもわるくも鈍感なので、ストレスを抱え込みすぎず、傷付きにくい性格とも言えます。

逆に、無意識で無神経な発言をしてしまうこともあるので気をつけなければなりません。

4. のんびりしている

のんびりしている

メールの返信が遅い人は、生活全般においてのんびりしている場合が多いです。

ごはんを食べるのもゆっくり、移動ものんびり、仕事もマイペースというように、のんびりしすぎて、せっかちな人から嫌われやすいです。

しかし、相手にもスピードを求めない優しさも持っています。

コツコツ、じっくり取り組む作業や仕事が得意な場合も多いです。

5. 束縛されるのが嫌い

束縛されるのが嫌い

メールの返信が遅い人は、束縛をされるのを嫌う傾向が強いです。

自分の時間を奪われるのが嫌で、相手への返信は後回しにすることが多いでしょう。

また、メールの内容について考える時間を無駄だと感じる場合もあり、返信しても短いメールや、内容の薄い場合が多いです。

変に付け足しをするよりも、端的で分かりやすい方がよいと感じている人も多く、短文ですっきりとしている点では、長所と言えるかもしれません。

ただし、恋人とのメールには甘さが欠けることがあるので、時には気を遣わなければなりません。

6. 遅刻や寝坊が多い

遅刻や寝坊が多い

メールの返信が遅い人は、時間にルーズな場合も多いです。

遅刻が多かったり、いつも寝坊してしまったりと、生活において緩みがちな面が出てしまい、叱られることも多いでしょう。

約束を反故にする上、連絡も遅れやすいので、友人や恋人から嫌われる場合もあります。

少々、誠意に欠ける態度が増えてしまう場面があるので、気を引き締めて真面目に対応しなければなりません。

また、こうしただらしなさから、世話焼きで何でも許すような母親のような友人や恋人がいることも多いです。

7. 頭の回転が鈍い

頭の回転が鈍い

メールの返信が遅い人は、鈍感で、頭の回転が遅い場合もあります。

当意即妙な対応ができず、相手の言葉に対してベストな答えをすることができません。

考え過ぎてしまい、どうしたものかと云々唸ってしまうこともあるでしょう。

突然の発表やインタビューなども苦手で、ちんぷんかんぷんな答えをしてしまう場合もあります。

じっくりと腰をすえて物事に取り組むことはできますが、反射神経が鈍く、機転が利かないのがネックです。

8. 緊張しやすい

緊張しやすい

メールの返信が遅い人は、緊張しやすい性格の場合もあります。

好きな人や、友人からメールが来ると、固まってしまい、必要以上にドキドキしてしまいます。

どう返信すればいいか、どのように反応すればよいのか、分からなくなり混乱することも多いです。

こうした緊張しやすい人は、メールのみならず、対話ではなおさら緊張してパニックなってしまうことも多いです。

言葉を噛んでしまったり、言葉に詰まったり、考え過ぎて相手の話が聞けなくなったり、ちぐはぐな受け答えをしたりとコミュケーションにおいて失態が多く、それゆえに誤解を生んでしまうのが欠点です。

9. 繊細で細やか過ぎる

繊細で細やか過ぎる

繊細で考え過ぎる人も、返信に困り、遅くなってしまうことが多いです。

「この受け答えで大丈夫だろうか」 「無難にまとまっただろうか」 「相手は気にしないだろうか」 というように、いろいろと気を遣いすぎたり、送るメールを何度も確認しすぎて、時間がかかってしまうことが多いのです。

気にしすぎて、結局送れなかったということもあるでしょう。

こうした細やかさがストレスに繋がることもあるので、気をつけましょう。

10. ネガティブな性格である

ネガティブな性格である

「どうせ返信しても返ってこない」 「自分の会話なんてつまらない」 というように、ネガティブなことを考え過ぎて、 メールの返信が遅れたり、返信そのものがない人もいます。

ある意味では自己中心的で卑屈な性格とも言えます。

何の断りもない時は、儀礼的な短い内容でもいいので、返信するのが礼儀です。

また、相手と距離を置きたいのであれば、忙しいことなどを理由にして断りをいれましょう。

遠慮しすぎたり、自己否定しすぎることも、相手に失礼な行為なのです。

11. メールよりも直接話したい性格

メールよりも直接話したい性格

メールは面倒で野暮ったく感じ、それよりも直接話したい人も、 メールから離れがちで、いざ返信しようともやる気が起きないことが多いです。

メールで返信するよりも、電話で連絡した方が早いと、TPOに関係なく電話をしてくるような場合もあります。

時に、マナー違反になることもあるので、相手に断りをいれたり、周囲の状況を見て電話をしましょう。

また、突然相手に会いに行くのも、失礼になる場合が多いので、連絡はすべきです。

12. 相手に興味がない

相手に興味がない

相手にもう興味がない場合は、返信が遅くなることが多いです。

何を話しても盛り上がらなかったり、相手の話に興味が湧かなかったりした時、自分から連絡を断ちきる場合もあるでしょう。

また、相手がしつこくてうんざりしているパターンもあります。

仕事や勉強、家庭の事情などを絡めて、距離を置くのも穏便に済ませられる方法のひとつです。

13. 仕事や趣味で忙しい

仕事や趣味で忙しい

仕事や勉強、趣味などで忙しい場合も、連絡は遅れるものです。

相手と連絡を取り合う場合は、そうした事情を先に伝えてからするようにしましょう。

何時までならメールできる、今日はここまで、というように二人でルールを作ることも大切です。

また、送る側もそうした事情を察して、しつこくない程度にメールしましょう。

互いの気遣いや遠慮が、良好な関係に繋がります。

まとめ

メールの返信が遅い理由や背景はさまざまです。

しかし、どんな理由であっても、お互いに誠意や思いやりを持って、コミュケーションすることが大切なのです。

自分本位にメールを無視したり、送りすぎたりすることはやめましょう。

メールの遅い人は、主におおざっぱな性格の人か細やか過ぎる性格の人に分けられます。

この記事ではさらに細かくその心理や特徴について分析していきます。


面倒くさがり

メールの返信が遅い人は、面倒くさがりな性格の人が多いです。

連絡をすること自体にそもそも執着がなく、相手にそれを伝える必要性を感じない場合が多いのです。

それゆえに行き違いや誤解が生まれやすいのもネックです。

時には自分から連絡したり、相手にメッセージを返すことも大切です。

マメすぎる人も嫌がられますが、 あまりに便りがないと、冷たい人だと思われてしまうことが多いです。

筆まめじゃない

メールや手紙を書くことが苦手な人も、 返信が遅い場合が多いです。

筆まめではなく、ついつい連絡ややり取りをサボってしまいがちです。

日記や手帳なども、三日坊主で終わってしまう場合も多いでしょう。

いざ、文章で気持ちを伝えろと言われても、何を書いてよいかわからず戸惑ってしまったり、恥ずかしくなってしまうこともあります。

大ざっぱである

メールの返信が遅い人は大ざっぱであることが多いです。

よく言えば大らかで鷹揚な人とも言えます。

相手の返信が遅くても気にならないことが多いでしょう。

人間関係においては、よくもわるくも鈍感なので、ストレスを抱え込みすぎず、傷付きにくい性格とも言えます。

逆に、無意識で無神経な発言をしてしまうこともあるので気をつけなければなりません。

のんびりしている

メールの返信が遅い人は、生活全般においてのんびりしている場合が多いです。

ごはんを食べるのもゆっくり、移動ものんびり、仕事もマイペースというように、のんびりしすぎて、せっかちな人から嫌われやすいです。

しかし、相手にもスピードを求めない優しさも持っています。

コツコツ、じっくり取り組む作業や仕事が得意な場合も多いです。

束縛されるのが嫌い

メールの返信が遅い人は、束縛をされるのを嫌う傾向が強いです。

自分の時間を奪われるのが嫌で、相手への返信は後回しにすることが多いでしょう。

また、メールの内容について考える時間を無駄だと感じる場合もあり、返信しても短いメールや、内容の薄い場合が多いです。

変に付け足しをするよりも、端的で分かりやすい方がよいと感じている人も多く、短文ですっきりとしている点では、長所と言えるかもしれません。

ただし、恋人とのメールには甘さが欠けることがあるので、時には気を遣わなければなりません。

遅刻や寝坊が多い

メールの返信が遅い人は、時間にルーズな場合も多いです。

遅刻が多かったり、いつも寝坊してしまったりと、生活において緩みがちな面が出てしまい、叱られることも多いでしょう。

約束を反故にする上、連絡も遅れやすいので、友人や恋人から嫌われる場合もあります。

少々、誠意に欠ける態度が増えてしまう場面があるので、気を引き締めて真面目に対応しなければなりません。

また、こうしただらしなさから、世話焼きで何でも許すような母親のような友人や恋人がいることも多いです。

頭の回転が鈍い

メールの返信が遅い人は、鈍感で、頭の回転が遅い場合もあります。

当意即妙な対応ができず、相手の言葉に対してベストな答えをすることができません。

考え過ぎてしまい、どうしたものかと云々唸ってしまうこともあるでしょう。

突然の発表やインタビューなども苦手で、ちんぷんかんぷんな答えをしてしまう場合もあります。

じっくりと腰をすえて物事に取り組むことはできますが、反射神経が鈍く、機転が利かないのがネックです。

緊張しやすい

メールの返信が遅い人は、緊張しやすい性格の場合もあります。

好きな人や、友人からメールが来ると、固まってしまい、必要以上にドキドキしてしまいます。

どう返信すればいいか、どのように反応すればよいのか、分からなくなり混乱することも多いです。

こうした緊張しやすい人は、メールのみならず、対話ではなおさら緊張してパニックなってしまうことも多いです。

言葉を噛んでしまったり、言葉に詰まったり、考え過ぎて相手の話が聞けなくなったり、ちぐはぐな受け答えをしたりとコミュケーションにおいて失態が多く、それゆえに誤解を生んでしまうのが欠点です。

繊細で細やか過ぎる

繊細で考え過ぎる人も、返信に困り、遅くなってしまうことが多いです。

「この受け答えで大丈夫だろうか」 「無難にまとまっただろうか」 「相手は気にしないだろうか」 というように、いろいろと気を遣いすぎたり、送るメールを何度も確認しすぎて、時間がかかってしまうことが多いのです。

気にしすぎて、結局送れなかったということもあるでしょう。

こうした細やかさがストレスに繋がることもあるので、気をつけましょう。

ネガティブな性格である

「どうせ返信しても返ってこない」 「自分の会話なんてつまらない」 というように、ネガティブなことを考え過ぎて、 メールの返信が遅れたり、返信そのものがない人もいます。

ある意味では自己中心的で卑屈な性格とも言えます。

何の断りもない時は、儀礼的な短い内容でもいいので、返信するのが礼儀です。

また、相手と距離を置きたいのであれば、忙しいことなどを理由にして断りをいれましょう。

遠慮しすぎたり、自己否定しすぎることも、相手に失礼な行為なのです。

メールよりも直接話したい性格

メールは面倒で野暮ったく感じ、それよりも直接話したい人も、 メールから離れがちで、いざ返信しようともやる気が起きないことが多いです。

メールで返信するよりも、電話で連絡した方が早いと、TPOに関係なく電話をしてくるような場合もあります。

時に、マナー違反になることもあるので、相手に断りをいれたり、周囲の状況を見て電話をしましょう。

また、突然相手に会いに行くのも、失礼になる場合が多いので、連絡はすべきです。

相手に興味がない

相手にもう興味がない場合は、返信が遅くなることが多いです。

何を話しても盛り上がらなかったり、相手の話に興味が湧かなかったりした時、自分から連絡を断ちきる場合もあるでしょう。

また、相手がしつこくてうんざりしているパターンもあります。

仕事や勉強、家庭の事情などを絡めて、距離を置くのも穏便に済ませられる方法のひとつです。

仕事や趣味で忙しい

仕事や勉強、趣味などで忙しい場合も、連絡は遅れるものです。

相手と連絡を取り合う場合は、そうした事情を先に伝えてからするようにしましょう。

何時までならメールできる、今日はここまで、というように二人でルールを作ることも大切です。

また、送る側もそうした事情を察して、しつこくない程度にメールしましょう。

互いの気遣いや遠慮が、良好な関係に繋がります。

メールの返信が遅い理由や背景はさまざまです。

しかし、どんな理由であっても、お互いに誠意や思いやりを持って、コミュケーションすることが大切なのです。

自分本位にメールを無視したり、送りすぎたりすることはやめましょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-