【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163655.html
彼女が年齢を詐称している理由

彼女が年齢を詐称している理由 | LADYCO

LADYCO
彼女が年齢を詐称している理由

付き合っている彼女が実は年齢偽っていた、そんなケースは実はそれほど珍しい事ではありません。

なぜ女性はそんな嘘をついてしまうのでしょうか。

  • 彼よりも4~5歳以上年上で言いずらかった
  • バレないだろう、外見に中途半端な自信がある
  • 遊びの関係だった本命じゃない
  • 最初は結婚する気がなかった
  • 過去にトラウマがある
  • 男性は若い女性が好きだと思っている
  • 交際に発展するとは思っていなかった
  • 彼の周りにいる女性達が若い
  • 出会いがネット
  • 周りに若いと言われる
  • 男性に甘えたい、プライドが高い女性
  • 自分には何もないと思っている
  • 子供だと思われたくない
  • まとめ

1. 彼よりも4~5歳以上年上で言いずらかった

彼よりも4~5歳以上年上で言いずらかった

1歳や2歳程度なら彼よりも年上であっても女性側もあまり気にする事はありません。

また、同い年の男性や年上の男性と付き合う時も多くの女性が年齢をごまかす事はないでしょう。

ですが、4~5歳以上も年が上となると話は別です。

女性は圧倒的に彼よりも年上の事を気にする生き物なのです。

それゆえ、年の差が4~5歳以上になると、自分が年上という事を気にして年齢を若く詐称してしまうものなんですね。

2. バレないだろう、外見に中途半端な自信がある

バレないだろう、外見に中途半端な自信がある

外見に中途半端な自信がある女性は年齢を詐称しがちです。

まず、圧倒的に自分の容姿に自信がある場合は、年齢を気にする事はありません。

例え自分より10歳以上若い女性であっても、自身のルックスの方が魅力的だと分かっているから誤魔化す必要もないんですね。

しかし、よくいる程度の美人は中途半端に容姿に自信がある為に、少しでも若く美しく見せたい思うもの。

年齢を重ねるごとに自分のルックスが衰えてきているという、不安があるんですね。

だからこそそれを認めたくないという思いもあり、自分が相手から見られたい年齢に数字を詐称してしまうのです。

3. 遊びの関係だった本命じゃない

遊びの関係だった本命じゃない

残念な事に彼女が年齢を詐称する理由のひとつに、本命じゃないというケースがあります。

他に本命がいる場合や遊びの場合、個人情報を教えない為に嘘をついている可能性があるのです。

また、本命じゃないからその場を盛り上げる為にノリで年齢を若く言ってしまうというケースもあるでしょう。

4. 最初は結婚する気がなかった

最初は結婚する気がなかった

結婚をする事になれば、絶対に年齢詐称はバレてしまうものです。

それを分かっていながら嘘をつくという事は、結婚する気がないという理由があげられます。

他に相手がいる訳でも遊びという訳でもないけれど、結婚はしない・長く付き合う気はないという場合、男性に好印象を与える為に年齢を若く詐称してしまう事があります。

5. 過去にトラウマがある

過去にトラウマがある

過去に男性から年齢の事で酷いことを言われた経験がある、または年齢を理由に振られてしまった経験がある場合、それが彼女のトラウマとなっているのかもしれません。

そのトラウマのせいで、彼に本当の年齢を伝えられなくなっている恐れがあります。

6. 男性は若い女性が好きだと思っている

男性は若い女性が好きだと思っている

男性は、若い女の方が好きだと思っている女性は思いのほか多いものです。

大抵の女性はそう感る事があるのではないのでしょうか。

でも、その思い込みが強すぎる女性は、彼に年齢を若く詐称してしまう事があります。

彼を騙そうというより、相手に嫌われたくない、好かれたいという感情が嘘をつく理由なのです。

7. 交際に発展するとは思っていなかった

交際に発展するとは思っていなかった

バーで偶然一緒になったり、友達の付き合いで参加した合コンなどで出会った場合、女性は年齢詐称をすることがあります。

特に男性側が自分より年下だった場合、ついほんの少し見栄をはって本当の年齢より若く言ってしまう事があるでしょう。

交際するとは思っていないため、バレる事はないと思い軽い気持ちで女性は嘘をついてしまうんですね。

8. 彼の周りにいる女性達が若い

彼の周りにいる女性達が若い

彼の周りにいる職場関係であったり友人達が自分よりも若いと、負けたくないという張り合いの気持ちから、年齢を若く詐称してしまう女性がいます。

周りにいる若い女性達に対する嫉妬であったり、プライドが実年齢を詐称してしまう理由なのです。

9. 出会いがネット

出会いがネット

最近ではSNSなどを通して男女が出会う機会が増えています。

男性と違い女性側は、実際は会う気がなくネット上の友達を求めていたり、バーチャルな恋愛を楽しみたいと思っている人が多いものです。

そのため、ネットでは架空上の自分を演じている人が少なくありません。

もちろん年齢も実際の年ではなく架空の年齢をうたっています。

つまり、年齢詐称の理由は実際に会う気はなかったという事になります。

ネット上だけの関係なら年齢詐称もバレないと思って、嘘をついてしまうのですね。

10. 周りに若いと言われる

周りに若いと言われる

自分でも外見に気を遣っていて、周りの人からも若いと言われている女性は年齢詐称をしがちです。

自分なら年齢を詐称してもばれないだろうという絶対的な自信から、彼にまで年齢を若く言ってしまうんですね。

あまり深く物事を考えず、周りにも若いと言われてつい調子にのり後先考えずに嘘をついてしまった、というのが年齢詐称の理由である事もあるのです。

11. 男性に甘えたい、プライドが高い女性

男性に甘えたい、プライドが高い女性

男性に甘えたいけれど、プライドが高い女性が、年齢詐称をしてしまうケースがあります。

プライドが高い為に同い年や自分より年下の男性に甘えられないという女性が、つい年齢を下に言ってしまうのです。

年齢が男性よりも若いと、こうしたプライドの高い女性でも甘えやすくなるんですね。

男性に可愛く甘えたい、そんな理由で嘘をついてしまうのです。

12. 自分には何もないと思っている

自分には何もないと思っている

自分に自信がない人でも、若さはそれだけで武器になります。

でも、月日を重ねるごとに若さという武器は必ず失われていきます。

そんな時、それ以外に勝負するものが自分には何もないと思っている女性は、彼に年齢を若く偽ってしまう事があるでしょう。

ありのままの自分には自信がなく、勝負が出来ないと思っているかこそ彼に年齢詐称してしまうのです。

13. 子供だと思われたくない

子供だと思われたくない

彼が自分よりずっと年上だったり、落ち着いている大人の雰囲気が漂う男性の場合、彼に子供だと思われたくないが為に実年齢よりも上に詐称する事があります。

実年齢よりも上に詐称する女性は少数波ですが、彼に釣り合いたい、子供扱いされたくないという理由から年齢を上乗せ詐称するケースがあるのです。

まとめ

こうしてみると分かるように最後の理由以外は、女性は実際よりも若く年齢を詐称しているという事が分かりますね。

これは、女性が男性よりもずっと年齢を意識しており、若くいたいという思いの現れだと言えます。

だからどのケースであっても彼よりも年が上なのはイヤ、恥ずかしい、女は若い方が良いという思いが根底に隠されているのです。

そして、多くの場合は相手を傷つける為ではなく嫌われたくない、好かれたいという思いがある事を男性は分かってあげたいですね。

付き合っている彼女が実は年齢偽っていた、そんなケースは実はそれほど珍しい事ではありません。

なぜ女性はそんな嘘をついてしまうのでしょうか。


彼よりも4~5歳以上年上で言いずらかった

1歳や2歳程度なら彼よりも年上であっても女性側もあまり気にする事はありません。

また、同い年の男性や年上の男性と付き合う時も多くの女性が年齢をごまかす事はないでしょう。

ですが、4~5歳以上も年が上となると話は別です。

女性は圧倒的に彼よりも年上の事を気にする生き物なのです。

それゆえ、年の差が4~5歳以上になると、自分が年上という事を気にして年齢を若く詐称してしまうものなんですね。

バレないだろう、外見に中途半端な自信がある

外見に中途半端な自信がある女性は年齢を詐称しがちです。

まず、圧倒的に自分の容姿に自信がある場合は、年齢を気にする事はありません。

例え自分より10歳以上若い女性であっても、自身のルックスの方が魅力的だと分かっているから誤魔化す必要もないんですね。

しかし、よくいる程度の美人は中途半端に容姿に自信がある為に、少しでも若く美しく見せたい思うもの。

年齢を重ねるごとに自分のルックスが衰えてきているという、不安があるんですね。

だからこそそれを認めたくないという思いもあり、自分が相手から見られたい年齢に数字を詐称してしまうのです。

遊びの関係だった本命じゃない

残念な事に彼女が年齢を詐称する理由のひとつに、本命じゃないというケースがあります。

他に本命がいる場合や遊びの場合、個人情報を教えない為に嘘をついている可能性があるのです。

また、本命じゃないからその場を盛り上げる為にノリで年齢を若く言ってしまうというケースもあるでしょう。

最初は結婚する気がなかった

結婚をする事になれば、絶対に年齢詐称はバレてしまうものです。

それを分かっていながら嘘をつくという事は、結婚する気がないという理由があげられます。

他に相手がいる訳でも遊びという訳でもないけれど、結婚はしない・長く付き合う気はないという場合、男性に好印象を与える為に年齢を若く詐称してしまう事があります。

過去にトラウマがある

過去に男性から年齢の事で酷いことを言われた経験がある、または年齢を理由に振られてしまった経験がある場合、それが彼女のトラウマとなっているのかもしれません。

そのトラウマのせいで、彼に本当の年齢を伝えられなくなっている恐れがあります。

男性は若い女性が好きだと思っている

男性は、若い女の方が好きだと思っている女性は思いのほか多いものです。

大抵の女性はそう感る事があるのではないのでしょうか。

でも、その思い込みが強すぎる女性は、彼に年齢を若く詐称してしまう事があります。

彼を騙そうというより、相手に嫌われたくない、好かれたいという感情が嘘をつく理由なのです。

交際に発展するとは思っていなかった

バーで偶然一緒になったり、友達の付き合いで参加した合コンなどで出会った場合、女性は年齢詐称をすることがあります。

特に男性側が自分より年下だった場合、ついほんの少し見栄をはって本当の年齢より若く言ってしまう事があるでしょう。

交際するとは思っていないため、バレる事はないと思い軽い気持ちで女性は嘘をついてしまうんですね。

彼の周りにいる女性達が若い

彼の周りにいる職場関係であったり友人達が自分よりも若いと、負けたくないという張り合いの気持ちから、年齢を若く詐称してしまう女性がいます。

周りにいる若い女性達に対する嫉妬であったり、プライドが実年齢を詐称してしまう理由なのです。

出会いがネット

最近ではSNSなどを通して男女が出会う機会が増えています。

男性と違い女性側は、実際は会う気がなくネット上の友達を求めていたり、バーチャルな恋愛を楽しみたいと思っている人が多いものです。

そのため、ネットでは架空上の自分を演じている人が少なくありません。

もちろん年齢も実際の年ではなく架空の年齢をうたっています。

つまり、年齢詐称の理由は実際に会う気はなかったという事になります。

ネット上だけの関係なら年齢詐称もバレないと思って、嘘をついてしまうのですね。

周りに若いと言われる

自分でも外見に気を遣っていて、周りの人からも若いと言われている女性は年齢詐称をしがちです。

自分なら年齢を詐称してもばれないだろうという絶対的な自信から、彼にまで年齢を若く言ってしまうんですね。

あまり深く物事を考えず、周りにも若いと言われてつい調子にのり後先考えずに嘘をついてしまった、というのが年齢詐称の理由である事もあるのです。

男性に甘えたい、プライドが高い女性

男性に甘えたいけれど、プライドが高い女性が、年齢詐称をしてしまうケースがあります。

プライドが高い為に同い年や自分より年下の男性に甘えられないという女性が、つい年齢を下に言ってしまうのです。

年齢が男性よりも若いと、こうしたプライドの高い女性でも甘えやすくなるんですね。

男性に可愛く甘えたい、そんな理由で嘘をついてしまうのです。

自分には何もないと思っている

自分に自信がない人でも、若さはそれだけで武器になります。

でも、月日を重ねるごとに若さという武器は必ず失われていきます。

そんな時、それ以外に勝負するものが自分には何もないと思っている女性は、彼に年齢を若く偽ってしまう事があるでしょう。

ありのままの自分には自信がなく、勝負が出来ないと思っているかこそ彼に年齢詐称してしまうのです。

子供だと思われたくない

彼が自分よりずっと年上だったり、落ち着いている大人の雰囲気が漂う男性の場合、彼に子供だと思われたくないが為に実年齢よりも上に詐称する事があります。

実年齢よりも上に詐称する女性は少数波ですが、彼に釣り合いたい、子供扱いされたくないという理由から年齢を上乗せ詐称するケースがあるのです。

こうしてみると分かるように最後の理由以外は、女性は実際よりも若く年齢を詐称しているという事が分かりますね。

これは、女性が男性よりもずっと年齢を意識しており、若くいたいという思いの現れだと言えます。

だからどのケースであっても彼よりも年が上なのはイヤ、恥ずかしい、女は若い方が良いという思いが根底に隠されているのです。

そして、多くの場合は相手を傷つける為ではなく嫌われたくない、好かれたいという思いがある事を男性は分かってあげたいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-