【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518163639.html
異性に理解されたい気持ちや心理

異性に理解されたい気持ちや心理 | LADYCO

LADYCO
異性に理解されたい気持ちや心理

なんで分かってくれないの!異性に理解されたい気持ちや心理を13選まとめました。

  • 好きな気持ち
  • 大切に思っている気持ち
  • 特別だと思っている気持ち
  • 他の人と一緒じゃないという気持ち
  • 嫌な気持ち
  • 苦手について
  • 生理的に無理なものについて
  • 人に理解されない趣味について
  • フェチについて
  • 微妙な差について
  • これだけはしたくない気持ち
  • 説明はしたくない気持ち
  • これくらい察して欲しい
  • まとめ

1. 好きな気持ち

好きな気持ち

「あなたのことが好き」という気持ちは、分かってもらいたい気持ちの代表でしょう。

直接口に出さなくても、態度や言葉の端々から、好きだという気持ちを感じ取って欲しいという人も多いはずです。

あまりにも自分の気持ちが伝わらないと「何で分かってくれないの」と怒り出す人もいます。

好きだと直接言わないほうにも問題がありますが、察しが悪すぎるの罪作りなのかもしれません。

モテる男性や女性の中には、「なんで好きな気持ちが伝わらないの」と、何人もの異性からキレられているかもしれません。

2. 大切に思っている気持ち

大切に思っている気持ち

好きという強い気持ちではなく、静かに愛する気持ち、大切に思っているという気持ちも分かってもらいたい気持ちです。

「大切にしているよ」と言葉に出してしまったら、元も子もないような気持ちですので、なおさら理解してもらいたいでしょう。

例えば何かの習い事の師匠と弟子のような関係で、師匠側が弟子のことを大切に思っているとします。

しかし立場上、甘い言葉は口に出せません。

それでもきっと「大切に思っていることを分かってもらいたい」と思っているでしょう。

口下手な父親が娘に対して思うような気持ちです。

3. 特別だと思っている気持ち

特別だと思っている気持ち

会社の上司が部下に対して「特別だ」と感じていることがあります。

上司は部下に公平に接するべきだと考えている人は、そのような特別な部下に対しても普通に接することになります。

いずれは自分のポジションを譲ろうと思っているような逸材で、その気持ちを分かってもらいたいと思っているはずです。

気持ちが伝わらないで、他の部署に異動願いを出してしまったり、転職されてしまった時に「何で分からないんだ」と強く思うでしょう。

伝えにくいですが、熱い気持ちのひとつです。

4. 他の人と一緒じゃないという気持ち

他の人と一緒じゃないという気持ち

異性に対して、好きまではいかないけれど、その他大勢ではない時に、「他の人と一緒ではないよ」という、オーラを出す人がいます。

例えば年上の女性が、若い男性に対して、「恋人候補のひとりだよ」と唾をつけるような感じです。

同性から見ると、ちょっと嫌な感じの人に見えてしまうかもしれません。

それでも、たくさんの恋人予備軍を作りたい男性や女性は、このような微妙な愛情の光線を目から出しているのです。

5. 嫌な気持ち

嫌な気持ち

嫌な気持ちは、好きな気持ちと同じくらい分かってもらいたいはずです。

女性が男性の上司から飲み会に誘われた時に、ちょっと嫌なそぶりをしたとします。

その時に女性は、「本当に嫌なんです」と強く思っていることがあります。

冗談じゃなくて、本当に嫌だから察してくださいと強く言いたいところですが、社会マナー上、そうすることはできません。

嫌な気持ちは比較的相手に伝わりやすいものですが、中には全然気にしないタイプの人がいます。

このような相手には、嫌な気持ちを理解してほしくて仕方がないでしょう。

6. 苦手について

苦手について

苦手なことについても、理解して欲しいと思うはずです。

何か仕事を割り振られた時に、なぜか自分が苦手な仕事を振り分けられることがあります。

そのような時に「何でよりにもよって、私の苦手な仕事を振るんだ」と思うかもしれません。

もしかしたら割り振りをした相手には、苦手を克服してもらいたいという深い思慮があるかもしれませんが、たいていはあまり深く考えています。

自分の得意なこと、苦手なことは相手に察してもらいたいことのひとつでしょう。

7. 生理的に無理なものについて

生理的に無理なものについて

「鳥が嫌い」「虫が嫌い」という人がいます。

「生き物全般が苦手」という人や「ご飯が苦手」という人もいます。

理由は何かといえば「生理的に」としか説明ができないようなことがあります。

「犬が嫌い」「猫が嫌い」な場合などは「何で」としつこく理由を聞かれてしまうでしょう。

誰にでも生理的に無理なものがあることは、理解してほしいものです。

8. 人に理解されない趣味について

人に理解されない趣味について

例えば5人組のアイドルグループがいる時に、いちばん人気のない人を推しメンにしてしまう人がいます。

「何でその人がいいの」と聞かれてしまって、困るかもしれません。

またマイナーな趣味を持っている人も、その趣味を持っていることを理解されにくいでしょう。

多数派でない趣味や好みを持つ人は、なかなかその心理を理解してもらえません。

その代り同じ趣味や好みを持つ同志をみつけると、すぐに仲良くなれるというメリットがあります。

9. フェチについて

フェチについて

マイナーな趣味に似ていますが、「フェチ」もなかなか理解されにくいものです。

男性の女性の好きな部分で「胸フェチ」「尻フェチ」は理解されやすいものですが、「親指の爪フェチ」や、「耳の穴フェチ」などの場合は理解されにくいでしょう。

他にもなぜか好きな形のビンがあったり、好きな道の形があったり、人には知られざるフェチがあります。

特殊なフェチを持つ人は、すでに理解されることをあきらめているケースが多いですが、理解されたらとても嬉しいでしょう。

10. 微妙な差について

微妙な差について

「AとBは全然違う」ということが理解されない時に、イライラする人がいます。

他の人から見ると、同じに見えるからなおさらです。

双子の子どもがいる親は、自分はふたりが全くの別人に見えるのに、他の人から見ると同じに見えることが許せないかもしれません。

好きな物を見る目、審美眼はどんどん洗練されますので、他者との違いが大きくなります。

イライラも大きくなってしまうかもしれません。

11. これだけはしたくない気持ち

これだけはしたくない気持ち

例えば「結婚式はしたくない」という人がいます。

恋愛も結婚もしたいのに、結婚式だけはしたくない人です。

一般的すぎることほど、なかなか他人には理解されませんが、どうしても「これだけはしたくない」と強く思うものが人にはあります。

「ビールのお酌」などもそのひとつの例でしょう。

12. 説明はしたくない気持ち

説明はしたくない気持ち

「好き」という気持ちや「嫌」という気持ちを、「説明したくない」という気持ちもあります。

説明することはできるけれど、説明はしたくないのです。

「説明をしたら台無し」だと思うようなことがあります。

その気持ちを理解してほしいと強く願う人もいるでしょう。

13. これくらい察して欲しい

これくらい察して欲しい

付き合って長い恋人同士や夫婦の場合は、いちいち行動や言葉の理由を説明したくないでしょう。

怒っている時に「何で怒っているの」と聞かれると、余計腹が立ってしまいます。

「これくらい察しろ」と心の中でキレているはずです。

まとめ

伝わらなくて歯がゆい気持ちになるような気持ちがあります。

人によってその気持ちが違います。

また言わなくても伝わると信じている人と、そうでない人の差も大きいです。

日本人は特に、察して欲しい人が多いので、歯がゆい気持ちになる人がたくさんいるでしょう。

なんで分かってくれないの!異性に理解されたい気持ちや心理を13選まとめました。


好きな気持ち

「あなたのことが好き」という気持ちは、分かってもらいたい気持ちの代表でしょう。

直接口に出さなくても、態度や言葉の端々から、好きだという気持ちを感じ取って欲しいという人も多いはずです。

あまりにも自分の気持ちが伝わらないと「何で分かってくれないの」と怒り出す人もいます。

好きだと直接言わないほうにも問題がありますが、察しが悪すぎるの罪作りなのかもしれません。

モテる男性や女性の中には、「なんで好きな気持ちが伝わらないの」と、何人もの異性からキレられているかもしれません。

大切に思っている気持ち

好きという強い気持ちではなく、静かに愛する気持ち、大切に思っているという気持ちも分かってもらいたい気持ちです。

「大切にしているよ」と言葉に出してしまったら、元も子もないような気持ちですので、なおさら理解してもらいたいでしょう。

例えば何かの習い事の師匠と弟子のような関係で、師匠側が弟子のことを大切に思っているとします。

しかし立場上、甘い言葉は口に出せません。

それでもきっと「大切に思っていることを分かってもらいたい」と思っているでしょう。

口下手な父親が娘に対して思うような気持ちです。

特別だと思っている気持ち

会社の上司が部下に対して「特別だ」と感じていることがあります。

上司は部下に公平に接するべきだと考えている人は、そのような特別な部下に対しても普通に接することになります。

いずれは自分のポジションを譲ろうと思っているような逸材で、その気持ちを分かってもらいたいと思っているはずです。

気持ちが伝わらないで、他の部署に異動願いを出してしまったり、転職されてしまった時に「何で分からないんだ」と強く思うでしょう。

伝えにくいですが、熱い気持ちのひとつです。

他の人と一緒じゃないという気持ち

異性に対して、好きまではいかないけれど、その他大勢ではない時に、「他の人と一緒ではないよ」という、オーラを出す人がいます。

例えば年上の女性が、若い男性に対して、「恋人候補のひとりだよ」と唾をつけるような感じです。

同性から見ると、ちょっと嫌な感じの人に見えてしまうかもしれません。

それでも、たくさんの恋人予備軍を作りたい男性や女性は、このような微妙な愛情の光線を目から出しているのです。

嫌な気持ち

嫌な気持ちは、好きな気持ちと同じくらい分かってもらいたいはずです。

女性が男性の上司から飲み会に誘われた時に、ちょっと嫌なそぶりをしたとします。

その時に女性は、「本当に嫌なんです」と強く思っていることがあります。

冗談じゃなくて、本当に嫌だから察してくださいと強く言いたいところですが、社会マナー上、そうすることはできません。

嫌な気持ちは比較的相手に伝わりやすいものですが、中には全然気にしないタイプの人がいます。

このような相手には、嫌な気持ちを理解してほしくて仕方がないでしょう。

苦手について

苦手なことについても、理解して欲しいと思うはずです。

何か仕事を割り振られた時に、なぜか自分が苦手な仕事を振り分けられることがあります。

そのような時に「何でよりにもよって、私の苦手な仕事を振るんだ」と思うかもしれません。

もしかしたら割り振りをした相手には、苦手を克服してもらいたいという深い思慮があるかもしれませんが、たいていはあまり深く考えています。

自分の得意なこと、苦手なことは相手に察してもらいたいことのひとつでしょう。

生理的に無理なものについて

「鳥が嫌い」「虫が嫌い」という人がいます。

「生き物全般が苦手」という人や「ご飯が苦手」という人もいます。

理由は何かといえば「生理的に」としか説明ができないようなことがあります。

「犬が嫌い」「猫が嫌い」な場合などは「何で」としつこく理由を聞かれてしまうでしょう。

誰にでも生理的に無理なものがあることは、理解してほしいものです。

人に理解されない趣味について

例えば5人組のアイドルグループがいる時に、いちばん人気のない人を推しメンにしてしまう人がいます。

「何でその人がいいの」と聞かれてしまって、困るかもしれません。

またマイナーな趣味を持っている人も、その趣味を持っていることを理解されにくいでしょう。

多数派でない趣味や好みを持つ人は、なかなかその心理を理解してもらえません。

その代り同じ趣味や好みを持つ同志をみつけると、すぐに仲良くなれるというメリットがあります。

フェチについて

マイナーな趣味に似ていますが、「フェチ」もなかなか理解されにくいものです。

男性の女性の好きな部分で「胸フェチ」「尻フェチ」は理解されやすいものですが、「親指の爪フェチ」や、「耳の穴フェチ」などの場合は理解されにくいでしょう。

他にもなぜか好きな形のビンがあったり、好きな道の形があったり、人には知られざるフェチがあります。

特殊なフェチを持つ人は、すでに理解されることをあきらめているケースが多いですが、理解されたらとても嬉しいでしょう。

微妙な差について

「AとBは全然違う」ということが理解されない時に、イライラする人がいます。

他の人から見ると、同じに見えるからなおさらです。

双子の子どもがいる親は、自分はふたりが全くの別人に見えるのに、他の人から見ると同じに見えることが許せないかもしれません。

好きな物を見る目、審美眼はどんどん洗練されますので、他者との違いが大きくなります。

イライラも大きくなってしまうかもしれません。

これだけはしたくない気持ち

例えば「結婚式はしたくない」という人がいます。

恋愛も結婚もしたいのに、結婚式だけはしたくない人です。

一般的すぎることほど、なかなか他人には理解されませんが、どうしても「これだけはしたくない」と強く思うものが人にはあります。

「ビールのお酌」などもそのひとつの例でしょう。

説明はしたくない気持ち

「好き」という気持ちや「嫌」という気持ちを、「説明したくない」という気持ちもあります。

説明することはできるけれど、説明はしたくないのです。

「説明をしたら台無し」だと思うようなことがあります。

その気持ちを理解してほしいと強く願う人もいるでしょう。

これくらい察して欲しい

付き合って長い恋人同士や夫婦の場合は、いちいち行動や言葉の理由を説明したくないでしょう。

怒っている時に「何で怒っているの」と聞かれると、余計腹が立ってしまいます。

「これくらい察しろ」と心の中でキレているはずです。

伝わらなくて歯がゆい気持ちになるような気持ちがあります。

人によってその気持ちが違います。

また言わなくても伝わると信じている人と、そうでない人の差も大きいです。

日本人は特に、察して欲しい人が多いので、歯がゆい気持ちになる人がたくさんいるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-