【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155859.html
一人暮らしの彼氏が家に入れてくれない理由

一人暮らしの彼氏が家に入れてくれない理由 | LADYCO

LADYCO
一人暮らしの彼氏が家に入れてくれない理由

お付き合いしている以上は彼氏の家には行ってみたいと思うのが普通だと思います。

それなのに何故か彼氏が家に入れてくれない。

その理由を15選挙げてみたいと思います。

  • 単純に家が汚れている
  • 下心を見せたくない
  • 実は本命がいる
  • むしろ本命(妻)と同棲している
  • 変わった趣味がある
  • 今後がないと考えている
  • プライベートな空間だから
  • 潔癖症
  • 過去に触れられたくない
  • トイレが共用・風呂なし
  • 隣人が変な人
  • 母親が訪ねてくる
  • まとめ

1. 単純に家が汚れている

単純に家が汚れている

特に付き合って間もなければ、いい所を見せたい・嫌われたくないと思うものです。

片づけができないタイプで部屋が汚れており、人に見せられる部屋ではないため好きな彼女には見せられないという思いです。

多少であれば片づけてあげたくなるものですから、逆に女性の心をくすぐります。

ですが、女性が思っている以上に汚れている場合はドン引きしてしまう可能性もあります。

そうなると男性としてはショックですので、だらしない所は見せたくない、しっかりしたところを見せたいと思う男心です。

2. 下心を見せたくない

下心を見せたくない

お付き合いしている人の家に行く以上、多少の心構えを女性も抱くかと思います。

男性にとっても部屋に入れるというのは、ちょっとしたイベントです。

考えすぎな気もしますが、真面目に思われたい、誠実なところを見せたいという考えがあります。

そこで大切にしているアピールとして、まだ家は早いという判断ではないでしょうか。

3. 実は本命がいる

実は本命がいる

実は浮気相手で、他に本命がいるパターンです。

男性からすると気にならないような部分でも、女性は敏感に感じ取るものです。

例えば、女性用のものが置かれていたり、明らかに男性のキャラだと使用しないものがあると疑いがかかります。

家というのは無防備ですから、本命の痕跡または浮気相手を連れ込んだ時の痕跡が残るとまずいという気持ちです。

4. むしろ本命(妻)と同棲している

むしろ本命(妻)と同棲している

その場合は家に本命がいるため家に入れることができません。

また部屋を見れば、男性一人暮らしではなく、女性が住んでいる場合すぐに分かるものです。

カギを本命が持っていると考えると、万が一連れ込んでいても部屋に入ってくる可能性がありますし、そんなリスク普通は侵しません。

5. 変わった趣味がある

変わった趣味がある

自分の家ならば好きなものや人、趣味などが見えるものです。

それを知られたくない、見られるとまずいと考えているのです。

特に男らしい趣味とは別で、女の子に引かれてしまう趣味を持っている場合は見られたくないと考えます。

好きなフィギュアを並べていたり、好きなアイドルのポスターを張っていたりします。

女性には理解するものが難しい趣味もありますので、そこは隠しておきたい気持ちもわかります。

夫婦であっても自分の趣味などを全てオープンにはできないものです。

6. 今後がないと考えている

今後がないと考えている

家に上がれるということは、招かれる側としてはある意味ステップアップしたような気持になるものです。

今後先がないと思われていたり、いずれは別れようと考えられていた場合は家を教えないというのも考えられます。

別れたあと家に来られても困りますし、そういった気持ちがあると家に入れようとは思いません。

人によっては、肉体関係を持つほどの魅力を彼女に感じていない場合、家にあげる利点をそこまで見いだせないのかもしれません。

7. プライベートな空間だから

プライベートな空間だから

家は一人の空間であり、一人でいることが好きという人もいます。

自分の家だからこそ、家での自分なりの過ぎし方などを持っている人もいます。

彼女といえど、プライベートな空間である自分の家に他人を上げるということが許せないのです。

それによりストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

8. 潔癖症

潔癖症

潔癖症な人や細かい男性だと、髪の毛が落ちるのでさえ嫌という人もいます。

そんな人だと、部屋が汚れてしまうことや、物が散らかってしまうことを恐れているのかもしれません。

また家での自分ルール、例えば家に入る前にはコロコロをしてゴミを落とすなど、そういった決まりがある人はそれを他人に強要するわけにもいきませんし家にあげないという選択が一番です。

もし結婚するとなると考えなければいけない問題ですが、お付き合いの段階では家にあげないのがベストです。

9. 過去に触れられたくない

過去に触れられたくない

家に行くとついつい昔の写真やアルバムなどがあったりするものです。

過去に触れられたくない人もいるでしょう。

例えば、昔はすごくダサかったり、逆にヤンキーだったりと、今の自分とは違う所を知られたくないという思いです。

人には誰しも知られたくない黒歴史が存在します。

それを彼女に知られて嫌われる恐れがあるため、家にあげたくないのです。

また、女性は割と別れると捨てる人も多いですが、男性は元彼女の思い出の写真や品物を残す人もいます。

それを今の彼女に見られてはいけないと考える人もいるでしょう。

10. トイレが共用・風呂なし

トイレが共用・風呂なし

自分が住む以上は家賃が安いほうがいいですし、男性だとそこまで家の設備が気にならない人もいます。

そこで、トイレ・風呂が共用の家という可能性があります。

あえてそれを自分から言うのも恥ずかしいですし、人を招くのが恥ずかしいという思いがでてしまいます。

女性からすると、共用のトイレを使用するのは抵抗があります。

11. 隣人が変な人

隣人が変な人

隣人に変な人がいる場合、女性である彼女を呼ぶのは怖いという考えです。

そんな家に住んでいると思われること自体恥ずかしいかもしれませんし、心配される可能性もあります。

また、彼が留守時に彼女が家を訪れるなどという事があれば、彼女の方に何かあるかもしれません。

それを心配しての事です。

12. 母親が訪ねてくる

母親が訪ねてくる

男性一人暮らしの場合だと、意外とよくあるのが母親がたまに訪ねてきて家事などをするパターンです。

一人暮らしをする年齢にもかかわらず、母親がやっていると知られると恥ずかしいものです。

また、それによりマザコンイメージがついてしまう可能性もあります。

そうなると、いいイメージを持つ女性はあまりいないので、引かれてしまう事もあります。

母親がカギを持っていて、突然訪問するという事もありますので、彼女と母親の鉢合わせを危惧しているかもしれません。

まとめ

女性としては彼女であるのだから、部屋に入れてほしいという気持ちが当然あります。

それによって安心したいという思いですが、彼氏には彼氏なりの考えがあるものです。

基本的には何かやましいことがあるのでは、とマイナスに捉えてしまいますが、もしかすると彼女に嫌われてしまうかもしれないという彼なりの思いがあるのかもしれません。

彼の考えを受け止める気持ちができたら、タイミングをみて聞いてみるのがいいでしょう。

お付き合いしている以上は彼氏の家には行ってみたいと思うのが普通だと思います。

それなのに何故か彼氏が家に入れてくれない。

その理由を15選挙げてみたいと思います。


単純に家が汚れている

特に付き合って間もなければ、いい所を見せたい・嫌われたくないと思うものです。

片づけができないタイプで部屋が汚れており、人に見せられる部屋ではないため好きな彼女には見せられないという思いです。

多少であれば片づけてあげたくなるものですから、逆に女性の心をくすぐります。

ですが、女性が思っている以上に汚れている場合はドン引きしてしまう可能性もあります。

そうなると男性としてはショックですので、だらしない所は見せたくない、しっかりしたところを見せたいと思う男心です。

下心を見せたくない

お付き合いしている人の家に行く以上、多少の心構えを女性も抱くかと思います。

男性にとっても部屋に入れるというのは、ちょっとしたイベントです。

考えすぎな気もしますが、真面目に思われたい、誠実なところを見せたいという考えがあります。

そこで大切にしているアピールとして、まだ家は早いという判断ではないでしょうか。

実は本命がいる

実は浮気相手で、他に本命がいるパターンです。

男性からすると気にならないような部分でも、女性は敏感に感じ取るものです。

例えば、女性用のものが置かれていたり、明らかに男性のキャラだと使用しないものがあると疑いがかかります。

家というのは無防備ですから、本命の痕跡または浮気相手を連れ込んだ時の痕跡が残るとまずいという気持ちです。

むしろ本命(妻)と同棲している

その場合は家に本命がいるため家に入れることができません。

また部屋を見れば、男性一人暮らしではなく、女性が住んでいる場合すぐに分かるものです。

カギを本命が持っていると考えると、万が一連れ込んでいても部屋に入ってくる可能性がありますし、そんなリスク普通は侵しません。

変わった趣味がある

自分の家ならば好きなものや人、趣味などが見えるものです。

それを知られたくない、見られるとまずいと考えているのです。

特に男らしい趣味とは別で、女の子に引かれてしまう趣味を持っている場合は見られたくないと考えます。

好きなフィギュアを並べていたり、好きなアイドルのポスターを張っていたりします。

女性には理解するものが難しい趣味もありますので、そこは隠しておきたい気持ちもわかります。

夫婦であっても自分の趣味などを全てオープンにはできないものです。

今後がないと考えている

家に上がれるということは、招かれる側としてはある意味ステップアップしたような気持になるものです。

今後先がないと思われていたり、いずれは別れようと考えられていた場合は家を教えないというのも考えられます。

別れたあと家に来られても困りますし、そういった気持ちがあると家に入れようとは思いません。

人によっては、肉体関係を持つほどの魅力を彼女に感じていない場合、家にあげる利点をそこまで見いだせないのかもしれません。

プライベートな空間だから

家は一人の空間であり、一人でいることが好きという人もいます。

自分の家だからこそ、家での自分なりの過ぎし方などを持っている人もいます。

彼女といえど、プライベートな空間である自分の家に他人を上げるということが許せないのです。

それによりストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

潔癖症

潔癖症な人や細かい男性だと、髪の毛が落ちるのでさえ嫌という人もいます。

そんな人だと、部屋が汚れてしまうことや、物が散らかってしまうことを恐れているのかもしれません。

また家での自分ルール、例えば家に入る前にはコロコロをしてゴミを落とすなど、そういった決まりがある人はそれを他人に強要するわけにもいきませんし家にあげないという選択が一番です。

もし結婚するとなると考えなければいけない問題ですが、お付き合いの段階では家にあげないのがベストです。

過去に触れられたくない

家に行くとついつい昔の写真やアルバムなどがあったりするものです。

過去に触れられたくない人もいるでしょう。

例えば、昔はすごくダサかったり、逆にヤンキーだったりと、今の自分とは違う所を知られたくないという思いです。

人には誰しも知られたくない黒歴史が存在します。

それを彼女に知られて嫌われる恐れがあるため、家にあげたくないのです。

また、女性は割と別れると捨てる人も多いですが、男性は元彼女の思い出の写真や品物を残す人もいます。

それを今の彼女に見られてはいけないと考える人もいるでしょう。

トイレが共用・風呂なし

自分が住む以上は家賃が安いほうがいいですし、男性だとそこまで家の設備が気にならない人もいます。

そこで、トイレ・風呂が共用の家という可能性があります。

あえてそれを自分から言うのも恥ずかしいですし、人を招くのが恥ずかしいという思いがでてしまいます。

女性からすると、共用のトイレを使用するのは抵抗があります。

隣人が変な人

隣人に変な人がいる場合、女性である彼女を呼ぶのは怖いという考えです。

そんな家に住んでいると思われること自体恥ずかしいかもしれませんし、心配される可能性もあります。

また、彼が留守時に彼女が家を訪れるなどという事があれば、彼女の方に何かあるかもしれません。

それを心配しての事です。

母親が訪ねてくる

男性一人暮らしの場合だと、意外とよくあるのが母親がたまに訪ねてきて家事などをするパターンです。

一人暮らしをする年齢にもかかわらず、母親がやっていると知られると恥ずかしいものです。

また、それによりマザコンイメージがついてしまう可能性もあります。

そうなると、いいイメージを持つ女性はあまりいないので、引かれてしまう事もあります。

母親がカギを持っていて、突然訪問するという事もありますので、彼女と母親の鉢合わせを危惧しているかもしれません。

女性としては彼女であるのだから、部屋に入れてほしいという気持ちが当然あります。

それによって安心したいという思いですが、彼氏には彼氏なりの考えがあるものです。

基本的には何かやましいことがあるのでは、とマイナスに捉えてしまいますが、もしかすると彼女に嫌われてしまうかもしれないという彼なりの思いがあるのかもしれません。

彼の考えを受け止める気持ちができたら、タイミングをみて聞いてみるのがいいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-