【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155109.html
デートで飲みすぎてしまう男性の心理

デートで飲みすぎてしまう男性の心理 | LADYCO

LADYCO
デートで飲みすぎてしまう男性の心理

デートと言えば、一緒に遊んだりお昼を食べたり買い物を楽しんだりして、そして夜はお酒を交えながら会話を弾ませるものです。

気になる異性との食事は誰でも楽しいものですが、ついついお酒を飲みすぎてしまって台無しにしてしまった、なんて話もたまに聞きます。

今回はそんな、デートで飲みすぎてしまう男性の心理について、詳しく見ていきます。

  • かっこいいところを見せたくて
  • 楽し過ぎてついつい
  • 緊張して
  • 疲れから
  • もっと楽しみたい
  • 距離を縮めたい
  • 自分の話をもっとしたい
  • 告白しようと思って
  • 何かアクシデントを期待している
  • 下心がある
  • 女性に負けたくない
  • お酒が好きだから
  • 相手の女性が大好きだから
  • まとめ

1. かっこいいところを見せたくて

かっこいいところを見せたくて

お酒に弱いより、強くてたくさん飲める男性の方が男らしく見えるものです。

だからといってかっこいいところを見せようと無理して飲んでしまうと、かえってかっこ悪いところを見せてしまうことになります。

背伸びをせず、ありのままの自分で勝負した方がいいでしょう。

2. 楽し過ぎてついつい

楽し過ぎてついつい

気分が良いとお酒も進むものです。

気になる女性のと食事となれば、それは男性にとって非常に楽しく幸せな時間です。

ついつい普段よりもお酒が進んでしまって、気が付いたら楽しい時間が終わってしまっていた、なんてことにならないように気を付けて下さいね。

3. 緊張して

緊張して

気になる女性と二人きりの食事は緊張するものです。

そして緊張すると人はじっとしていられないものでもあります。

手元にお酒があればそれを口に運んでしまいますし、お酒がなくなれば落ち着かなくなり、すぐにお酒を頼んでしまいます。

結果、無意識の内にハイペースで飲んでしまい、飲み過ぎてしまうのです。

4. 疲れから

疲れから

気の知れた男友達と飲みに行くのであれば何も気にせずに好き放題飲むことができますが、相手が女性であれば話は別です。

仕草の一つ一つ、言葉の一つ一つにも気を配らなくてはなりません。

そうやって過ごしていることに疲れが溜まることで、お酒のペースが上がってしまい、またよく回ってしまうことに繋がります。

5. もっと楽しみたい

もっと楽しみたい

楽しい食事の時間、お酒を飲み出すとさらに楽しくなるものです。

お酒好きの方にとって、お酒は飲めば飲むほど楽しくなる、ある意味で魔法の飲み物です。

ただでさえ楽しいのに、もっとお酒を飲んだらもっと楽しくなるのではないか、もっと楽しく食事をしたい、という気持ちが、無茶なペースを作り出して飲んでしまうことになります。

6. 距離を縮めたい

距離を縮めたい

普段人見知りの方がお酒を飲むと人が変わって誰とでも仲良くなれる、というのは良くあることです。

お酒の力を借りてもっと踏み込んだ話をしたいと思うあまり、お酒を飲み過ぎてしまって話どころじゃなくなってしまう、なんてこともあります。

お酒は心強い味方であると同時に、恐ろしい敵であることを忘れてはいけません。

7. 自分の話をもっとしたい

自分の話をもっとしたい

気になる女性に自分のことをもっと知ってほしいと思うのは、ごく自然のことです。

ですが女性の話を聞いてばかりで、自分の話をすることが苦手な男性は案外と多いものです。

酔いが回ってきて多少鈍感になることで、自分のことを話すことができる状態になりたい、そうやってお酒を飲むタイプの方もいらっしゃいます。

お酒の力を少し借りるくらいならなんてことないのですが、行き過ぎるとただの空気が読めないダメ男になりますので、注意が必要です。

8. 告白しようと思って

告白しようと思って

好きな女性に告白することは、非常に勇気のいることです。

多少お酒の力を借りて告白しようと、その覚悟を決めている間にもお酒を飲み続けてしまい、挙句それどころではなくなってしまいます。

考え事をしながらお酒を飲む時は、手遊びのようにお酒を飲んでしまいがちですので、特にペースに気を付けた方が良いです。

9. 何かアクシデントを期待している

何かアクシデントを期待している

お酒を飲むと、人は違った一面を見せるようになります。

自分がお酒を飲むことで相手の女性にもお酒を進んで飲んでもらうことで、何か面白いことが起こらないか期待している男性は、意外と多いです。

ですが、そんなことを考えている内に自分が飲み過ぎてしまう、というアクシデントを引き起こしてしまうのです。

10. 下心がある

下心がある

上記に共通する部分がありますが、食事の後に何かを期待している男性は、特にお酒の力を頼った飲み方をします。

大人の男女が一緒にお酒を飲んでいるのですから、その後何かが起こってもおかしくない状況です。

このタイプの方の場合は、飲み過ぎてしまうというよりも、ガンガン飲んで酔っ払ってアクシデントを起こそうとしている、と言った方が適切ですね。

11. 女性に負けたくない

女性に負けたくない

男性だからといってお酒に強いわけでなく、中には一般的な女性よりも飲めない男性の方もいらっしゃいます。

ですがせっかくのデートですから、男性の気持ちとしては女性よりもお酒を飲めるところを見せておきたいところです。

本来は自分のペースを守ってお酒を飲まなければいけないものですが、負けたくない一心で相手の女性にペースを合わせ無理して飲むことで、結果飲み過ぎてしまうのです。

12. お酒が好きだから

お酒が好きだから

これは単純過ぎますが、ただただお酒が好きなだけな方もいらっしゃいます。

特に何かを考えているわけでもない純粋な酒好きですので、一緒になる女性は苦労することが多いことでしょう。

だからといってダメ男であるとは言い切れませんが、何事も節度を守ることが大切です。

13. 相手の女性が大好きだから

相手の女性が大好きだから

最終的にはこれに尽きます。

大好きだからこそ、リラックスできずに緊張してしまい、普段通りの自分を振る舞うことができずに、飲み過ぎてしまうことになります。

このタイプの男性は、飲み過ぎて失敗をしてしまったとしても必ず、翌日には迷惑を掛けてしまったことに対する謝罪を、誠心誠意行います。

そんな男性はダメ男だと決めつけるのはまだ早いので、寛大な気持ちで許してあげてじっくりとお付き合いをしてあげてください。

まとめ

ダメ男と言っても本当に多種多様なダメ男がおります。

確かにお酒を飲み過ぎて迷惑を掛けてしまうことはダメなことですが、それだけでダメな男だと決めつけるのは勿体ない話です。

少なくとも、男性がデートで飲み過ぎてしまう時、女性に対しての前向きな気持ちあるからこそ飲み過ぎてしまった、という可能性も考えられるからです。

もし男性がデートで飲み過ぎて潰れてしまったとしても、そこは一息ついて、男性の次の出方を見ることで、本当にダメ男なのか実はいい男なのかを見極めてみてはいかがでしょうか。

デートと言えば、一緒に遊んだりお昼を食べたり買い物を楽しんだりして、そして夜はお酒を交えながら会話を弾ませるものです。

気になる異性との食事は誰でも楽しいものですが、ついついお酒を飲みすぎてしまって台無しにしてしまった、なんて話もたまに聞きます。

今回はそんな、デートで飲みすぎてしまう男性の心理について、詳しく見ていきます。


かっこいいところを見せたくて

お酒に弱いより、強くてたくさん飲める男性の方が男らしく見えるものです。

だからといってかっこいいところを見せようと無理して飲んでしまうと、かえってかっこ悪いところを見せてしまうことになります。

背伸びをせず、ありのままの自分で勝負した方がいいでしょう。

楽し過ぎてついつい

気分が良いとお酒も進むものです。

気になる女性のと食事となれば、それは男性にとって非常に楽しく幸せな時間です。

ついつい普段よりもお酒が進んでしまって、気が付いたら楽しい時間が終わってしまっていた、なんてことにならないように気を付けて下さいね。

緊張して

気になる女性と二人きりの食事は緊張するものです。

そして緊張すると人はじっとしていられないものでもあります。

手元にお酒があればそれを口に運んでしまいますし、お酒がなくなれば落ち着かなくなり、すぐにお酒を頼んでしまいます。

結果、無意識の内にハイペースで飲んでしまい、飲み過ぎてしまうのです。

疲れから

気の知れた男友達と飲みに行くのであれば何も気にせずに好き放題飲むことができますが、相手が女性であれば話は別です。

仕草の一つ一つ、言葉の一つ一つにも気を配らなくてはなりません。

そうやって過ごしていることに疲れが溜まることで、お酒のペースが上がってしまい、またよく回ってしまうことに繋がります。

もっと楽しみたい

楽しい食事の時間、お酒を飲み出すとさらに楽しくなるものです。

お酒好きの方にとって、お酒は飲めば飲むほど楽しくなる、ある意味で魔法の飲み物です。

ただでさえ楽しいのに、もっとお酒を飲んだらもっと楽しくなるのではないか、もっと楽しく食事をしたい、という気持ちが、無茶なペースを作り出して飲んでしまうことになります。

距離を縮めたい

普段人見知りの方がお酒を飲むと人が変わって誰とでも仲良くなれる、というのは良くあることです。

お酒の力を借りてもっと踏み込んだ話をしたいと思うあまり、お酒を飲み過ぎてしまって話どころじゃなくなってしまう、なんてこともあります。

お酒は心強い味方であると同時に、恐ろしい敵であることを忘れてはいけません。

自分の話をもっとしたい

気になる女性に自分のことをもっと知ってほしいと思うのは、ごく自然のことです。

ですが女性の話を聞いてばかりで、自分の話をすることが苦手な男性は案外と多いものです。

酔いが回ってきて多少鈍感になることで、自分のことを話すことができる状態になりたい、そうやってお酒を飲むタイプの方もいらっしゃいます。

お酒の力を少し借りるくらいならなんてことないのですが、行き過ぎるとただの空気が読めないダメ男になりますので、注意が必要です。

告白しようと思って

好きな女性に告白することは、非常に勇気のいることです。

多少お酒の力を借りて告白しようと、その覚悟を決めている間にもお酒を飲み続けてしまい、挙句それどころではなくなってしまいます。

考え事をしながらお酒を飲む時は、手遊びのようにお酒を飲んでしまいがちですので、特にペースに気を付けた方が良いです。

何かアクシデントを期待している

お酒を飲むと、人は違った一面を見せるようになります。

自分がお酒を飲むことで相手の女性にもお酒を進んで飲んでもらうことで、何か面白いことが起こらないか期待している男性は、意外と多いです。

ですが、そんなことを考えている内に自分が飲み過ぎてしまう、というアクシデントを引き起こしてしまうのです。

下心がある

上記に共通する部分がありますが、食事の後に何かを期待している男性は、特にお酒の力を頼った飲み方をします。

大人の男女が一緒にお酒を飲んでいるのですから、その後何かが起こってもおかしくない状況です。

このタイプの方の場合は、飲み過ぎてしまうというよりも、ガンガン飲んで酔っ払ってアクシデントを起こそうとしている、と言った方が適切ですね。

女性に負けたくない

男性だからといってお酒に強いわけでなく、中には一般的な女性よりも飲めない男性の方もいらっしゃいます。

ですがせっかくのデートですから、男性の気持ちとしては女性よりもお酒を飲めるところを見せておきたいところです。

本来は自分のペースを守ってお酒を飲まなければいけないものですが、負けたくない一心で相手の女性にペースを合わせ無理して飲むことで、結果飲み過ぎてしまうのです。

お酒が好きだから

これは単純過ぎますが、ただただお酒が好きなだけな方もいらっしゃいます。

特に何かを考えているわけでもない純粋な酒好きですので、一緒になる女性は苦労することが多いことでしょう。

だからといってダメ男であるとは言い切れませんが、何事も節度を守ることが大切です。

相手の女性が大好きだから

最終的にはこれに尽きます。

大好きだからこそ、リラックスできずに緊張してしまい、普段通りの自分を振る舞うことができずに、飲み過ぎてしまうことになります。

このタイプの男性は、飲み過ぎて失敗をしてしまったとしても必ず、翌日には迷惑を掛けてしまったことに対する謝罪を、誠心誠意行います。

そんな男性はダメ男だと決めつけるのはまだ早いので、寛大な気持ちで許してあげてじっくりとお付き合いをしてあげてください。

ダメ男と言っても本当に多種多様なダメ男がおります。

確かにお酒を飲み過ぎて迷惑を掛けてしまうことはダメなことですが、それだけでダメな男だと決めつけるのは勿体ない話です。

少なくとも、男性がデートで飲み過ぎてしまう時、女性に対しての前向きな気持ちあるからこそ飲み過ぎてしまった、という可能性も考えられるからです。

もし男性がデートで飲み過ぎて潰れてしまったとしても、そこは一息ついて、男性の次の出方を見ることで、本当にダメ男なのか実はいい男なのかを見極めてみてはいかがでしょうか。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-