【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155057.html
元カノの話をしない彼氏の心理

元カノの話をしない彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
元カノの話をしない彼氏の心理

彼氏に元カノの話を聞きたくても話したがらない男性がいます。

それはどうしてなのでしょうか。

彼氏なりの言いたくない理由が見え隠れしています。

  • 彼女にやきもちをやかせたくない
  • 元カノを思い出したくないほど嫌い
  • 元カノへの未練を思い出してしまう
  • もう終わったことだから引きずりたくない
  • 単に思い出すのが面倒である
  • 過度な期待をかけられたくない
  • 自分が嫌われてしまうのが怖い
  • 何でもかんでも知ろうとする女が苦手
  • 彼女の元カレのことも気になってしまうのが嫌
  • 元カノにも自分の話をしていてほしくない
  • 遊び人だと思われたくない
  • 口下手でうまく話せそうにない
  • 優しい性格だから元カノのことを悪く言えない
  • まとめ

1. 彼女にやきもちをやかせたくない

彼女にやきもちをやかせたくない

元カノの話をしない彼氏は今の彼女にやきもちをやかせたくないと考えています。

聞いてくる時点で気にしているという証拠であり、詳しく聞けばその光景を鮮明に思い浮かべてしまって余計に忘れられなくなってしまうと考えているのです。

過去にどうしても聞きたいと言われて話したことがあり、そこからぎくしゃくしてしまったという経験がある彼氏なら絶対に繰り返すことはないでしょう。

2. 元カノを思い出したくないほど嫌い

元カノを思い出したくないほど嫌い

自分自身がもう元カノのことを思い出したくないと思うほどなら彼女にも話したくはありません。

せっかく記憶から消そうとしていることも思い出してしまってイライラしたり落ち込んだりしてしまいます。

そのせいでせっかくの彼女との時間も台無しになってしまうでしょう。

それなのにしつこく言われ続けると彼女に対してストレスと感じるので早々に諦めてもらおうとします。

3. 元カノへの未練を思い出してしまう

元カノへの未練を思い出してしまう

ちょっとでも元カノへの未練がある彼氏なら今の彼女とやっていくと決めた決意が揺らがないためにも元カノの話をするべきではないと考えます。

それが自分のためであり、彼女のためだからです。

話しているうちにやっぱり好きだという気持ちが強く出てしまうと止められる自信がないのかもしれません。

でも彼女にはそうは言えないので「言いたくない」としか言えません。

4. もう終わったことだから引きずりたくない

もう終わったことだから引きずりたくない

竹を割ったような性格の彼氏なら終わったことを話すなんて無意味だと考えます。

話したところで何かが変わるわけではないですし、誰も得はしません。

それなら今の彼女との未来を語り合う方がずっと建設的です。

過去より未来を見るタイプの彼氏は彼女にもそうあってほしいと望んでいます。

5. 単に思い出すのが面倒である

単に思い出すのが面倒である

元カノの話をしてと言われてももうすっかり忘れてしまうほどの浅い関係であったり、何年も前のことだから覚えていないということもあります。

それは言いたくないために言っている言い訳ではなく本当にそうなのであれば聞くのも無理な話です。

ひとつのことに固執しない彼氏ならこうやって次々に忘れていってしまうのかもしれませんね。

6. 過度な期待をかけられたくない

過度な期待をかけられたくない

元カノの話をしてどんなデートをしてあげたとかどんなプレゼントをあげたという話題にもなると、彼女は自分にもそれをしてくれると思ってしまいそうです。

しかし若さや収入のおかげで良くしてあげられたというだけで今はもうできそうにないこともあります。

貢いで繋ぎ止める恋愛ではなく落ち着いた関係でありたいと思うなら今の彼女には過度な期待をかけてほしくないと感じています。

7. 自分が嫌われてしまうのが怖い

自分が嫌われてしまうのが怖い

元カノとの話の中ではケンカや別れた理由などについても触れることになるでしょう。

その時、自分がどんな言葉を吐いたとかひどいことをして嫌われたということを知られてしまうという警戒心が生まれます。

自分に後ろめたい記憶がある彼氏なら彼女に元カノの話をして嫌われてしまうことが怖いんです。

8. 何でもかんでも知ろうとする女が苦手

何でもかんでも知ろうとする女が苦手

彼氏になったからと言って何でもかんでも知る必要なんてないと考える女性もいますが、過去のことやコンプレックスまでも知り尽くしたいとする女性もいます。

自分のものとしたい独占欲が強い女性ですね。

彼女にそういった部分を感じてる時は自分を守るために元カノの話も遠慮するでしょう。

ひとつ話してしまえばあれもこれも聞かれるようになりそうだからです。

9. 彼女の元カレのことも気になってしまうのが嫌

彼女の元カレのことも気になってしまうのが嫌

自分が元カノの話をしているとそのうち相手はどうだったんだろうと感じてしまいそうです。

自分ばかり話すのは損している気にもなりますからね。

そうなるとどんどん勝手な妄想が膨らみ、嫉妬心も生れます。

自分は男らしくありたいと思う彼氏としては出したくない部分であり、それを制御するためにもまずは自分から壁を作ろうとします。

10. 元カノにも自分の話をしていてほしくない

元カノにも自分の話をしていてほしくない

元カノもこうやって新しい彼氏に自分のことを話すのだろうかと考えた時、あまり話してほしくないと感じる男性は多いのではないでしょうか。

申し訳ないような恥ずかしいような、余計なケンカに巻き込まれてしまうような気がします。

だから自分をそうするべきではないとして彼女に話さないようにするというパターンもあるでしょう。

11. 遊び人だと思われたくない

遊び人だと思われたくない

元カノの話をすると過去に何人付き合っていたかとか、何年おきに彼女をかえているかなどがばれてしまい、それなりの女性遍歴がある場合は遊び人だと思われてしまう可能性もあります。

それが事実であったとしても新しい彼女とは真剣に長く付き合いたいという気持ちがあると誠実な男性に見られることを望みます。

誤解をされないようにうそを言うのも辛いので話したくないということです。

12. 口下手でうまく話せそうにない

口下手でうまく話せそうにない

口下手な彼氏なら彼女が不快に思わないように話すことに自信が持てなくて話したがらないということがあります。

話しながらちょっとニヤっとしてしまうと「そんなに楽しかったの!」と怒られてしまいそうですからね。

当時は当時で楽しかったのですから、それが言動に出てしまうのも仕方ありません。

でも彼女には怒られたくないし傷つけたくないのです。

13. 優しい性格だから元カノのことを悪く言えない

優しい性格だから元カノのことを悪く言えない

優しい性格の彼氏なら元カノがどんなにひどい女であったとしても悪く言うことにためらいます。

別れた人との済んだ話ですからなおさらです。

しかし興味本位に聞いてくる彼女もいるでしょうし、彼氏は何とか話をしないように断るはずです。

そして彼女にもまた怒らせないように気を遣います。

まとめ

元カノの話をしない彼氏はこのような心理が働いていると想像します。

それは彼女への優しさと自分を守るためということが多いのではないでしょうか。

過去を知り過ぎて二人の気持ちが冷めるくらいなら知らないままの方が幸せということもあるので、二人で話し合ってみるといいですね。

彼氏に元カノの話を聞きたくても話したがらない男性がいます。

それはどうしてなのでしょうか。

彼氏なりの言いたくない理由が見え隠れしています。


彼女にやきもちをやかせたくない

元カノの話をしない彼氏は今の彼女にやきもちをやかせたくないと考えています。

聞いてくる時点で気にしているという証拠であり、詳しく聞けばその光景を鮮明に思い浮かべてしまって余計に忘れられなくなってしまうと考えているのです。

過去にどうしても聞きたいと言われて話したことがあり、そこからぎくしゃくしてしまったという経験がある彼氏なら絶対に繰り返すことはないでしょう。

元カノを思い出したくないほど嫌い

自分自身がもう元カノのことを思い出したくないと思うほどなら彼女にも話したくはありません。

せっかく記憶から消そうとしていることも思い出してしまってイライラしたり落ち込んだりしてしまいます。

そのせいでせっかくの彼女との時間も台無しになってしまうでしょう。

それなのにしつこく言われ続けると彼女に対してストレスと感じるので早々に諦めてもらおうとします。

元カノへの未練を思い出してしまう

ちょっとでも元カノへの未練がある彼氏なら今の彼女とやっていくと決めた決意が揺らがないためにも元カノの話をするべきではないと考えます。

それが自分のためであり、彼女のためだからです。

話しているうちにやっぱり好きだという気持ちが強く出てしまうと止められる自信がないのかもしれません。

でも彼女にはそうは言えないので「言いたくない」としか言えません。

もう終わったことだから引きずりたくない

竹を割ったような性格の彼氏なら終わったことを話すなんて無意味だと考えます。

話したところで何かが変わるわけではないですし、誰も得はしません。

それなら今の彼女との未来を語り合う方がずっと建設的です。

過去より未来を見るタイプの彼氏は彼女にもそうあってほしいと望んでいます。

単に思い出すのが面倒である

元カノの話をしてと言われてももうすっかり忘れてしまうほどの浅い関係であったり、何年も前のことだから覚えていないということもあります。

それは言いたくないために言っている言い訳ではなく本当にそうなのであれば聞くのも無理な話です。

ひとつのことに固執しない彼氏ならこうやって次々に忘れていってしまうのかもしれませんね。

過度な期待をかけられたくない

元カノの話をしてどんなデートをしてあげたとかどんなプレゼントをあげたという話題にもなると、彼女は自分にもそれをしてくれると思ってしまいそうです。

しかし若さや収入のおかげで良くしてあげられたというだけで今はもうできそうにないこともあります。

貢いで繋ぎ止める恋愛ではなく落ち着いた関係でありたいと思うなら今の彼女には過度な期待をかけてほしくないと感じています。

自分が嫌われてしまうのが怖い

元カノとの話の中ではケンカや別れた理由などについても触れることになるでしょう。

その時、自分がどんな言葉を吐いたとかひどいことをして嫌われたということを知られてしまうという警戒心が生まれます。

自分に後ろめたい記憶がある彼氏なら彼女に元カノの話をして嫌われてしまうことが怖いんです。

何でもかんでも知ろうとする女が苦手

彼氏になったからと言って何でもかんでも知る必要なんてないと考える女性もいますが、過去のことやコンプレックスまでも知り尽くしたいとする女性もいます。

自分のものとしたい独占欲が強い女性ですね。

彼女にそういった部分を感じてる時は自分を守るために元カノの話も遠慮するでしょう。

ひとつ話してしまえばあれもこれも聞かれるようになりそうだからです。

彼女の元カレのことも気になってしまうのが嫌

自分が元カノの話をしているとそのうち相手はどうだったんだろうと感じてしまいそうです。

自分ばかり話すのは損している気にもなりますからね。

そうなるとどんどん勝手な妄想が膨らみ、嫉妬心も生れます。

自分は男らしくありたいと思う彼氏としては出したくない部分であり、それを制御するためにもまずは自分から壁を作ろうとします。

元カノにも自分の話をしていてほしくない

元カノもこうやって新しい彼氏に自分のことを話すのだろうかと考えた時、あまり話してほしくないと感じる男性は多いのではないでしょうか。

申し訳ないような恥ずかしいような、余計なケンカに巻き込まれてしまうような気がします。

だから自分をそうするべきではないとして彼女に話さないようにするというパターンもあるでしょう。

遊び人だと思われたくない

元カノの話をすると過去に何人付き合っていたかとか、何年おきに彼女をかえているかなどがばれてしまい、それなりの女性遍歴がある場合は遊び人だと思われてしまう可能性もあります。

それが事実であったとしても新しい彼女とは真剣に長く付き合いたいという気持ちがあると誠実な男性に見られることを望みます。

誤解をされないようにうそを言うのも辛いので話したくないということです。

口下手でうまく話せそうにない

口下手な彼氏なら彼女が不快に思わないように話すことに自信が持てなくて話したがらないということがあります。

話しながらちょっとニヤっとしてしまうと「そんなに楽しかったの!」と怒られてしまいそうですからね。

当時は当時で楽しかったのですから、それが言動に出てしまうのも仕方ありません。

でも彼女には怒られたくないし傷つけたくないのです。

優しい性格だから元カノのことを悪く言えない

優しい性格の彼氏なら元カノがどんなにひどい女であったとしても悪く言うことにためらいます。

別れた人との済んだ話ですからなおさらです。

しかし興味本位に聞いてくる彼女もいるでしょうし、彼氏は何とか話をしないように断るはずです。

そして彼女にもまた怒らせないように気を遣います。

元カノの話をしない彼氏はこのような心理が働いていると想像します。

それは彼女への優しさと自分を守るためということが多いのではないでしょうか。

過去を知り過ぎて二人の気持ちが冷めるくらいなら知らないままの方が幸せということもあるので、二人で話し合ってみるといいですね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-