【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518155030.html
束縛しない彼氏の本音や恋愛傾向13選

束縛しない彼氏の本音や恋愛傾向13選 | LADYCO

LADYCO
束縛しない彼氏の本音や恋愛傾向13選

お互いに自由でいたい、恋愛よりも優先していることがあるなど、束縛しない彼氏の本音や恋愛傾向についてまとめました。

  • あまりヤキモチを焼かないから
  • 恋愛よりも仕事や趣味で忙しいから
  • デートをする余裕がないから
  • お互いに自由でいたいから
  • 甘える気持ちが少なく大人な性格だから
  • 束縛するのはかっこ悪いと思っているから
  • 執着心が薄いから
  • 恋愛自体に不器用で慣れていないから
  • 彼女のことを信じているから
  • 彼女が自分のことを好きだという自信があるから
  • 彼女のことを遊び相手だと思っているから
  • 彼女にもう興味がないから
  • 浮気をしているから
  • まとめ

1. あまりヤキモチを焼かないから

あまりヤキモチを焼かないから

嫉妬心が少なく、あまりヤキモチを焼かない人は束縛しない傾向が強いです。

彼女が他の男性と会話をしたり、デートよりも友人や仕事を優先しても、鷹揚な態度で、怒ることは少ないです。

彼女の行動や気持ちを尊重して、彼女優先に行動するような紳士的な人もいるでしょう。

我慢強く、優しい性格の人が多く、恋愛も長続きしやすいです。

2. 恋愛よりも仕事や趣味で忙しいから

恋愛よりも仕事や趣味で忙しいから

恋愛よりも、仕事や趣味の方が忙しい人は、彼女を束縛しない傾向が強いです。

彼女に構っている余裕がなく、恋愛より自分のことが優先で充実していることも多いです。

それゆえ、彼女をさびしい気持ちにさせることも多いでしょう。

忙しすぎて記念日や誕生日をうっかり忘れていたという彼もいます。

彼女に愛想をつかされないように、定期的に連絡をいれることが大切です。

3. デートをする余裕がないから

デートをする余裕がないから

デートをする時間がない、お金もない、体力もない。

そんな風に余裕がない男性は、彼女に構っていられない場合が多いです。

それゆえに束縛も少ないのですが、裏を返せばトキメキや刺激のない関係になってしまうことも多いです。

淡白になりがちで、マンネリ化しやすいので、時には連絡をしたり、デートをすることも大切です。

あまりにケチで無気力な男性の場合は、付き合わない方が無難です。

4. お互いに自由でいたいから

お互いに自由でいたいから

お互いに自由な関係でいたい場合も、彼が束縛することはありません。

自分が束縛しない代わりに、彼女も自分を束縛しないでほしいという、対価関係を求めることが多いです。

仕事や趣味に熱中しやすく自由人で好奇心旺盛でフットワークが軽い人が多いです。

それゆえに、家に帰って来ない、なかなか連絡が来ないということもあり得るでしょう。

また、様々な女性を渡り歩く、遊び人な男性もいるので注意が必要です。

5. 甘える気持ちが少なく大人な性格だから

甘える気持ちが少なく大人な性格だから

甘える気持ちが少なく、自立心の強い大人な彼は、束縛しようとしません。

逆に甘えん坊で子供っぽい彼であれば、しがみつくように束縛をすることもあるでしょう。

自立心の強い彼は、冷静な態度が多く、落ち着いているので、若干冷たい印象があります。

しかしながら、大人としての配慮やモラルを分かっているので、さりげない気配りや、優しさを見せることが多いでしょう。

穏やかな恋愛関係が続きやすいと言えます。

6. 束縛するのはかっこ悪いと思っているから

束縛するのはかっこ悪いと思っているから

プライドが高く強がりの彼が、束縛するのはかっこ悪いと思っている場合もあります。

本当は甘えたいし、彼女を自分のものにしたい、そんな執着や嫉妬の気持ちでいっぱいになっていますが、そうした考えを幼稚なものだと感じ、気を張っている場合が多いのです。

時には、彼を甘やかしてあげたり、二人きりなる時間を増やしてあげるとよいでしょう。

自分からはアクションできずに意地を張っていることが多いので、彼女から行動することが大切です。

7. 執着心が薄いから

執着心が薄いから

そもそも、多くのことに執着心が薄い彼も束縛をしようとはしません。

自然体であるがままの自分や相手を尊重し、激しい行動はしません。

まるで、仙人のような草食系とも言えるでしょう。

彼女にもよりますが、物足りないと感じることもあるかもしれません。

8. 恋愛自体に不器用で慣れていないから

恋愛自体に不器用で慣れていないから

恋愛自体に慣れていなく、素朴で鈍感なタイプの彼も束縛心が薄いです。

疑う気持ちや、嫉妬する気持ちが少なく、純粋な性格の場合が多いです。

それゆえに、彼女の行動や発言の含みや裏を読もうとはせずに、あるがまま、そのままに受け取ることが多いのです。

恋の駆け引きなどは苦手で、ストレートに気持ちを伝えるか、照れて、なかなか言い出せないタイプの男性が多いでしょう。

甘い恋はできなさそうですが、真面目で平和な恋愛ができるでしょう。

9. 彼女のことを信じているから

彼女のことを信じているから

彼女のことを疑わずに、信じている人も束縛はしません。

行動や言動に対して敏感になりすぎず、適切な対応ができるでしょう。

逆に束縛している人と言うのは、常に不信感に苛まれがちで、臆病になっていることが多いです。

それゆえに監視的になり、モラハラじみた嫉妬心をぶつけてくることが多いのです。

不安になる癖というのは、なかなかなくなるものではないですが、彼女の気持ちを尊重し、信じることが大切です。

10. 彼女が自分のことを好きだという自信があるから

彼女が自分のことを好きだという自信があるから

彼女が自分のことを好きだということに自信がある彼も束縛しません。

総じて、プライドが高く、自信家で、チャラい性格の人が多いです。

彼女が自分を振るわけないだろうと、タカをくくり、わがまま気まま放題に振る舞うような、自分勝手な男性もいます。

それゆえに、彼女から別れを告げられた時は落ち込みやすく、引きずりやすいのです。

いくら仲が良くても、礼儀や思いやりを忘れてはいけません。

11. 彼女のことを遊び相手だと思っているから

彼女のことを遊び相手だと思っているから

彼女のことを遊び相手だと思っている男性も束縛しません。

自分の付き合っている人の1人としか認識していないことが多く、女慣れしたチャらい遊び人の彼が多いです。

都合よく遊ばれて、捨てられないように気をつけなければなりません。

甘い言葉や態度を平気で出せる様な人には注意をしましょう。

12. 彼女にもう興味がないから

彼女にもう興味がないから

彼女にもう興味がない人は、束縛しようとはしないでしょう。

仕事や、趣味、新しい女性に目が行ってしまい、彼女のことは既に範疇外な場合も多いです。

連絡が減ったり、対応がそっけなく冷たかったり、触れ合いをしようとしない場合は、別れのサインととってもよいでしょう。

13. 浮気をしているから

浮気をしているから

浮気をしている彼も、束縛してこない場合があります。

新しい彼女へと情熱が映り、今の彼女はどうでもよいと感じていることも多いです。

また、今の彼女のキープする形で、遊んでいる場合もあるでしょう。

いずれにせよ、今の彼女に対してナメた態度をとっていることには変わりないので、後々、痛い目にあうこともあるでしょう。

浮気癖が強いと、最終的にはどの女性も寄ってこなくなる、ということを肝に銘じなければなりません。

まとめ

束縛しない彼には、良い理由もあれば、悪い理由もあります。

対応や言葉に優しさが見えない時は、距離を置いたり別れたりすることもアリでしょう。

お互いに自由でいたい、恋愛よりも優先していることがあるなど、束縛しない彼氏の本音や恋愛傾向についてまとめました。


あまりヤキモチを焼かないから

嫉妬心が少なく、あまりヤキモチを焼かない人は束縛しない傾向が強いです。

彼女が他の男性と会話をしたり、デートよりも友人や仕事を優先しても、鷹揚な態度で、怒ることは少ないです。

彼女の行動や気持ちを尊重して、彼女優先に行動するような紳士的な人もいるでしょう。

我慢強く、優しい性格の人が多く、恋愛も長続きしやすいです。

恋愛よりも仕事や趣味で忙しいから

恋愛よりも、仕事や趣味の方が忙しい人は、彼女を束縛しない傾向が強いです。

彼女に構っている余裕がなく、恋愛より自分のことが優先で充実していることも多いです。

それゆえ、彼女をさびしい気持ちにさせることも多いでしょう。

忙しすぎて記念日や誕生日をうっかり忘れていたという彼もいます。

彼女に愛想をつかされないように、定期的に連絡をいれることが大切です。

デートをする余裕がないから

デートをする時間がない、お金もない、体力もない。

そんな風に余裕がない男性は、彼女に構っていられない場合が多いです。

それゆえに束縛も少ないのですが、裏を返せばトキメキや刺激のない関係になってしまうことも多いです。

淡白になりがちで、マンネリ化しやすいので、時には連絡をしたり、デートをすることも大切です。

あまりにケチで無気力な男性の場合は、付き合わない方が無難です。

お互いに自由でいたいから

お互いに自由な関係でいたい場合も、彼が束縛することはありません。

自分が束縛しない代わりに、彼女も自分を束縛しないでほしいという、対価関係を求めることが多いです。

仕事や趣味に熱中しやすく自由人で好奇心旺盛でフットワークが軽い人が多いです。

それゆえに、家に帰って来ない、なかなか連絡が来ないということもあり得るでしょう。

また、様々な女性を渡り歩く、遊び人な男性もいるので注意が必要です。

甘える気持ちが少なく大人な性格だから

甘える気持ちが少なく、自立心の強い大人な彼は、束縛しようとしません。

逆に甘えん坊で子供っぽい彼であれば、しがみつくように束縛をすることもあるでしょう。

自立心の強い彼は、冷静な態度が多く、落ち着いているので、若干冷たい印象があります。

しかしながら、大人としての配慮やモラルを分かっているので、さりげない気配りや、優しさを見せることが多いでしょう。

穏やかな恋愛関係が続きやすいと言えます。

束縛するのはかっこ悪いと思っているから

プライドが高く強がりの彼が、束縛するのはかっこ悪いと思っている場合もあります。

本当は甘えたいし、彼女を自分のものにしたい、そんな執着や嫉妬の気持ちでいっぱいになっていますが、そうした考えを幼稚なものだと感じ、気を張っている場合が多いのです。

時には、彼を甘やかしてあげたり、二人きりなる時間を増やしてあげるとよいでしょう。

自分からはアクションできずに意地を張っていることが多いので、彼女から行動することが大切です。

執着心が薄いから

そもそも、多くのことに執着心が薄い彼も束縛をしようとはしません。

自然体であるがままの自分や相手を尊重し、激しい行動はしません。

まるで、仙人のような草食系とも言えるでしょう。

彼女にもよりますが、物足りないと感じることもあるかもしれません。

恋愛自体に不器用で慣れていないから

恋愛自体に慣れていなく、素朴で鈍感なタイプの彼も束縛心が薄いです。

疑う気持ちや、嫉妬する気持ちが少なく、純粋な性格の場合が多いです。

それゆえに、彼女の行動や発言の含みや裏を読もうとはせずに、あるがまま、そのままに受け取ることが多いのです。

恋の駆け引きなどは苦手で、ストレートに気持ちを伝えるか、照れて、なかなか言い出せないタイプの男性が多いでしょう。

甘い恋はできなさそうですが、真面目で平和な恋愛ができるでしょう。

彼女のことを信じているから

彼女のことを疑わずに、信じている人も束縛はしません。

行動や言動に対して敏感になりすぎず、適切な対応ができるでしょう。

逆に束縛している人と言うのは、常に不信感に苛まれがちで、臆病になっていることが多いです。

それゆえに監視的になり、モラハラじみた嫉妬心をぶつけてくることが多いのです。

不安になる癖というのは、なかなかなくなるものではないですが、彼女の気持ちを尊重し、信じることが大切です。

彼女が自分のことを好きだという自信があるから

彼女が自分のことを好きだということに自信がある彼も束縛しません。

総じて、プライドが高く、自信家で、チャラい性格の人が多いです。

彼女が自分を振るわけないだろうと、タカをくくり、わがまま気まま放題に振る舞うような、自分勝手な男性もいます。

それゆえに、彼女から別れを告げられた時は落ち込みやすく、引きずりやすいのです。

いくら仲が良くても、礼儀や思いやりを忘れてはいけません。

彼女のことを遊び相手だと思っているから

彼女のことを遊び相手だと思っている男性も束縛しません。

自分の付き合っている人の1人としか認識していないことが多く、女慣れしたチャらい遊び人の彼が多いです。

都合よく遊ばれて、捨てられないように気をつけなければなりません。

甘い言葉や態度を平気で出せる様な人には注意をしましょう。

彼女にもう興味がないから

彼女にもう興味がない人は、束縛しようとはしないでしょう。

仕事や、趣味、新しい女性に目が行ってしまい、彼女のことは既に範疇外な場合も多いです。

連絡が減ったり、対応がそっけなく冷たかったり、触れ合いをしようとしない場合は、別れのサインととってもよいでしょう。

浮気をしているから

浮気をしている彼も、束縛してこない場合があります。

新しい彼女へと情熱が映り、今の彼女はどうでもよいと感じていることも多いです。

また、今の彼女のキープする形で、遊んでいる場合もあるでしょう。

いずれにせよ、今の彼女に対してナメた態度をとっていることには変わりないので、後々、痛い目にあうこともあるでしょう。

浮気癖が強いと、最終的にはどの女性も寄ってこなくなる、ということを肝に銘じなければなりません。

束縛しない彼には、良い理由もあれば、悪い理由もあります。

対応や言葉に優しさが見えない時は、距離を置いたり別れたりすることもアリでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-