【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518143959.html
攻撃的な性格の人の心理

攻撃的な性格の人の心理 | LADYCO

LADYCO
攻撃的な性格の人の心理

攻撃的な性格の人には他人を威圧するような雰囲気や考え方の人がいます。

そこで、攻撃的な性格の人の心理や特徴についてご紹介したいと思います。

  • 劣等感がある
  • 自信がない
  • 負けたくないという心理がある
  • 情緒が不安定になっている
  • 自己顕示欲が強い
  • 自分を認めてほしいという気持ちの裏返し
  • 他の人の気持ちを考えていない
  • 相手の権利や人格を無視した態度をとる
  • 自分自身を変に正当化する
  • 他の人の言い分を認めない
  • 人間関係のトラブルが多い
  • カッとなりやすい
  • 後先は考えないで行動する
  • 相手を尊重した態度が苦手
  • 周りからは関わりたくない人に見られたりする
  • 孤立をしやすい
  • わかっていても攻撃的な態度をしてしまう
  • 衝動性がある
  • 問題行動が目立つ
  • 反社会的
  • 利己的である
  • 無責任
  • 感情が希薄
  • まとめ

1. 劣等感がある

劣等感がある

攻撃的な性格の人の特徴として、劣等感があることが挙げられるといえます。

自分がコンプレックスをかかえていて、そのコンプレックスがとても強いという場合、自身を少しでも優位にするために周りの人に対しても攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

2. 自信がない

自信がない

攻撃的な性格の人の特徴として、裏を返せば自信がないということが挙げられるといえます。

自身に自信ないため、自信のなさを隠したり、少しでも周りから自信があると思われるために、相手を攻撃することによって自信のなさをできるだけ悟られまいと思う心理などから攻撃的な性格になるという場合もあるといえます。

3. 負けたくないという心理がある

負けたくないという心理がある

本当は周りから認められるような人になりたいと思っていても、なかなか難しく、現実は反対で、思うような結果なども出ず、このままだと周りからの評価が低くなってしまうという時、そんな劣等感から攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

他の人より下に見られたくない、負けたくないという心理的な気持ちが強く働いてしまって、攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

4. 情緒が不安定になっている

情緒が不安定になっている

これまでになくショックなことがあったりして、そのショックを受けた気持ちを癒すことができないなどから情緒が不安定になってしまったりした時、攻撃的な性格になる人もいるといえます。

気持ちが不安定で、これまでだと気にならなかったようなことでも癇に障ったりしてしまい、相手に対して攻撃的な性格になるという場合もあるといえます。

5. 自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強い

攻撃的な性格の人の特徴として、自己顕示欲が強いという点が挙げられるといえます。

もっと自分の強さをアピールしたいなどの心理があり、攻撃的になっているという人もいるといえます。

自己顕示欲が強いと、自分よりも弱い人を攻撃することで、もっと多くの人に自分の存在を知ってもらいたいなどの気持ちがある人もいるといえます。

6. 自分を認めてほしいという気持ちの裏返し

自分を認めてほしいという気持ちの裏返し

攻撃的な性格の人は、攻撃をすることで、その相手や周りの人間に自分の存在を認めさせたいという心理がある人もおり、攻撃をするのは自分の存在を認めさせたいという気持ちの表れと言うところがあるといえます。

自分を認めてほしいという気持ちの裏返しでもあるといえます。

7. 他の人の気持ちを考えていない

他の人の気持ちを考えていない

攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の気持ちを考えないというところが挙げられるといえます。

相手を傷つけるような言葉を発したり、行動をしたりすることで、相手の気持ちを無視して行動をしたりするといえます。

相手からネガティブなことばなどを受けると更に逆切れしてしまって、更に痛めつけようとすることがあるといえ、攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の気持ちを無視して考えないというところがあるといえます。

8. 相手の権利や人格を無視した態度をとる

相手の権利や人格を無視した態度をとる

攻撃的な性格の人の特徴として、人が嫌がるようなことを敢えて言ったり行ったりするという点が挙げられます。

相手を攻撃することで自身のニーズを満たそうという心理があり、平然と相手の権利なども無視したような態度で攻撃を行うという特徴があるといえます。

9. 自分自身を変に正当化する

自分自身を変に正当化する

攻撃的な性格の人の特徴として、自分自身を正当化して相手を攻撃するというところもあるといえます。

自身の価値観でしか物事をはかることができず、周りから見るとその人が明らかに悪いという時でも、自身は考えを改めず、相手の些細なところを攻撃しようとするという特徴もあるといえます。

10. 他の人の言い分を認めない

他の人の言い分を認めない

攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の言い分を認めないというところがあるといえます。

相手がどのように正しいことを言っていたとしても、相手の主張を認めず、無理にでも自分の権利を主張して相手を攻撃するというところがあったりするというところがあるといえます。

11. 人間関係のトラブルが多い

人間関係のトラブルが多い

攻撃的な性格の人の特徴として人間関係にトラブルが多いという点も挙げられるといえます。

相手の気持ちを尊重していくことがとても苦手な人が多いといえ、そのため、周りとの良好で円滑な人間関係を作るということが十分でないということも挙げられます。

そのため、攻撃的な性格の人は人間関係でのトラブルは多いという特徴などもあるといえます。

12. カッとなりやすい

カッとなりやすい

攻撃的な性格の人の特徴として、カッとなりやすいという特徴もあるといえます。

相手の態度が気に入らないなどの理由で、カッとなりやすい場合もあって、一度頭に血が上ると、自身でコントロールするのが難しくなり、相手を攻撃してしまうという特徴などもあるといえます。

攻撃的な性格の人の特徴として、自身の感情を上手にコントロールすることが難しいと思っている場合もあるといえます。

13. 後先は考えないで行動する

後先は考えないで行動する

攻撃的な性格の人の特徴として、後先を考えないで行動するという特徴もあるといえます。

その時の相手に対する優位性を重視したいという心理的なニーズなどもあって、後先は考えないで行動をしてしまうため、相手や周りの人間との関係構築にデメリットが生じてしまうというところもあるといえます。

14. 相手を尊重した態度が苦手

相手を尊重した態度が苦手

攻撃的な性格の人の特徴として、相手を尊重した態度を取ることが苦手という点が挙げられるといえます。

攻撃的になることで相手に心理的な圧迫を加えて自身の要求を相手に認めさせたいという心理がある場合も多く、相手も、自分のことを尊重して接してもらっているという気持ちにはなりにくいというところが挙げられるといえます。

15. 周りからは関わりたくない人に見られたりする

周りからは関わりたくない人に見られたりする

攻撃的な性格の人の特徴として、周りの人からはあまり関わりたくない人に見られたりするという特徴があるといえます。

攻撃的な態度で臨まれたりするのは誰にとってもうれしいことではなく、周りからは関わりたくない人だと見られたりする場合も多いといえます。

16. 孤立をしやすい

孤立をしやすい

社会では人はお互いに気持ちよく暮らせるように社会のモラルやルールを守って生活をしていますが、攻撃的な人は、自身のニーズを通すために相手のテリトリーに侵入したり、心理的な負担を強いるというところがあるといえ、周りの人が距離を取ろうとしたりする場合も多く、それ故に孤立をしやすいという特徴があるといえます。

17. わかっていても攻撃的な態度をしてしまう

わかっていても攻撃的な態度をしてしまう

攻撃的な性格の人の特徴として、社会モラルやルールなどに順応できないということはあまり歓迎されていないということだということは分かっていると思っている人も多いといえます。

しかし、そのようなことが分かっていたとしてもどうしても攻撃的になることを辞めたりすることができないというジレンマを抱えている人も多いといえます。

18. 衝動性がある

衝動性がある

攻撃的な性格の人の特徴として、衝動性があるという点が挙げられるといえます。

何か自身に衝撃なことがあると、深く考える前に攻撃的なタイトを摂るという人おり、衝動性があるという特徴があるといえます。

そのため、考えるより早く、相手を攻撃してしまったというところもあり、そのことが人間関係を大きく損なう原因になったりするというところもあるといえます。

19. 問題行動が目立つ

問題行動が目立つ

攻撃的な性格の人の特徴として、問題行動が目立つという特徴が挙げられるといえます。

攻撃的な性格の人は一般的にな人から見ると、社会的なルールや道徳的なルールなども重視せずに衝動的な言動を行うというところもあるといえ、その点が問題行動と見られてしまうという特徴などもあるといえます。

20. 反社会的

反社会的

攻撃的な性格の人の特徴として、反社会的という特徴があるといえます。

どんな個人的な理由があったとしても、社会的に見ると、社会のルールに反することを行ってしまったりと、反社会的な行動を平気で行うというところもあって、そのことに対する自覚が十分でないと思われたりする場合も多いといえます。

21. 利己的である

利己的である

攻撃的な性格の人の特徴として、利己的であるという点が挙げられるといえます。

人を平気で傷つけたり、傷付けるようなことを言ったりすることで、自身の非を認めずに人を攻撃することによって自分の価値観を相手に認めさせようとするところなどがあり、利己的であるといえます。

22. 無責任

無責任

攻撃的な性格の人の特徴として、無責任なところも挙げられるといえます。

攻撃的な性格の人は、自身の行動に対して責任を持つということが十分でないという点なども挙げられます。

自身のとった行動がどのように相手や周りに受けとられて、どんな結果につながっていくのかということを十分に考えることなく行動をしてしまうところもあって、自身の責任が取れないことなども行ってしまうというところもあり、無責任なところもあると言われます。

23. 感情が希薄

感情が希薄

攻撃的な性格の人の特徴として、感情が希薄というところもあるといえます。

相手を攻撃することで自身のニーズを通そうとするというところがあり、様々な点で感情が希薄という特徴があると言われます。

そのため、相手の感情を理解するということが上手くできず、攻撃的になってしまうという点も挙げられます。

まとめ

攻撃的な性格の人には相手の感情を上手く理解できず、自身のニーズを通すために他人を威圧してしまうというところがあるといえます。

また、自信などが少なく、自己評価が低いという場合もあり、そのようなコンプレックスから衝動的に攻撃的になってしまうということなどが特徴として挙げられるといえます。

それゆえに周りの人などとのトラブルなどもよく合ったり、距離を取られたりということもあって、孤立をしてしまうなどの傾向などもあるといえます。

攻撃的な性格の人には他人を威圧するような雰囲気や考え方の人がいます。

そこで、攻撃的な性格の人の心理や特徴についてご紹介したいと思います。


劣等感がある

攻撃的な性格の人の特徴として、劣等感があることが挙げられるといえます。

自分がコンプレックスをかかえていて、そのコンプレックスがとても強いという場合、自身を少しでも優位にするために周りの人に対しても攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

自信がない

攻撃的な性格の人の特徴として、裏を返せば自信がないということが挙げられるといえます。

自身に自信ないため、自信のなさを隠したり、少しでも周りから自信があると思われるために、相手を攻撃することによって自信のなさをできるだけ悟られまいと思う心理などから攻撃的な性格になるという場合もあるといえます。

負けたくないという心理がある

本当は周りから認められるような人になりたいと思っていても、なかなか難しく、現実は反対で、思うような結果なども出ず、このままだと周りからの評価が低くなってしまうという時、そんな劣等感から攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

他の人より下に見られたくない、負けたくないという心理的な気持ちが強く働いてしまって、攻撃的になってしまうという人もいるといえます。

情緒が不安定になっている

これまでになくショックなことがあったりして、そのショックを受けた気持ちを癒すことができないなどから情緒が不安定になってしまったりした時、攻撃的な性格になる人もいるといえます。

気持ちが不安定で、これまでだと気にならなかったようなことでも癇に障ったりしてしまい、相手に対して攻撃的な性格になるという場合もあるといえます。

自己顕示欲が強い

攻撃的な性格の人の特徴として、自己顕示欲が強いという点が挙げられるといえます。

もっと自分の強さをアピールしたいなどの心理があり、攻撃的になっているという人もいるといえます。

自己顕示欲が強いと、自分よりも弱い人を攻撃することで、もっと多くの人に自分の存在を知ってもらいたいなどの気持ちがある人もいるといえます。

自分を認めてほしいという気持ちの裏返し

攻撃的な性格の人は、攻撃をすることで、その相手や周りの人間に自分の存在を認めさせたいという心理がある人もおり、攻撃をするのは自分の存在を認めさせたいという気持ちの表れと言うところがあるといえます。

自分を認めてほしいという気持ちの裏返しでもあるといえます。

他の人の気持ちを考えていない

攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の気持ちを考えないというところが挙げられるといえます。

相手を傷つけるような言葉を発したり、行動をしたりすることで、相手の気持ちを無視して行動をしたりするといえます。

相手からネガティブなことばなどを受けると更に逆切れしてしまって、更に痛めつけようとすることがあるといえ、攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の気持ちを無視して考えないというところがあるといえます。

相手の権利や人格を無視した態度をとる

攻撃的な性格の人の特徴として、人が嫌がるようなことを敢えて言ったり行ったりするという点が挙げられます。

相手を攻撃することで自身のニーズを満たそうという心理があり、平然と相手の権利なども無視したような態度で攻撃を行うという特徴があるといえます。

自分自身を変に正当化する

攻撃的な性格の人の特徴として、自分自身を正当化して相手を攻撃するというところもあるといえます。

自身の価値観でしか物事をはかることができず、周りから見るとその人が明らかに悪いという時でも、自身は考えを改めず、相手の些細なところを攻撃しようとするという特徴もあるといえます。

他の人の言い分を認めない

攻撃的な性格の人の特徴として、他の人の言い分を認めないというところがあるといえます。

相手がどのように正しいことを言っていたとしても、相手の主張を認めず、無理にでも自分の権利を主張して相手を攻撃するというところがあったりするというところがあるといえます。

人間関係のトラブルが多い

攻撃的な性格の人の特徴として人間関係にトラブルが多いという点も挙げられるといえます。

相手の気持ちを尊重していくことがとても苦手な人が多いといえ、そのため、周りとの良好で円滑な人間関係を作るということが十分でないということも挙げられます。

そのため、攻撃的な性格の人は人間関係でのトラブルは多いという特徴などもあるといえます。

カッとなりやすい

攻撃的な性格の人の特徴として、カッとなりやすいという特徴もあるといえます。

相手の態度が気に入らないなどの理由で、カッとなりやすい場合もあって、一度頭に血が上ると、自身でコントロールするのが難しくなり、相手を攻撃してしまうという特徴などもあるといえます。

攻撃的な性格の人の特徴として、自身の感情を上手にコントロールすることが難しいと思っている場合もあるといえます。

後先は考えないで行動する

攻撃的な性格の人の特徴として、後先を考えないで行動するという特徴もあるといえます。

その時の相手に対する優位性を重視したいという心理的なニーズなどもあって、後先は考えないで行動をしてしまうため、相手や周りの人間との関係構築にデメリットが生じてしまうというところもあるといえます。

相手を尊重した態度が苦手

攻撃的な性格の人の特徴として、相手を尊重した態度を取ることが苦手という点が挙げられるといえます。

攻撃的になることで相手に心理的な圧迫を加えて自身の要求を相手に認めさせたいという心理がある場合も多く、相手も、自分のことを尊重して接してもらっているという気持ちにはなりにくいというところが挙げられるといえます。

周りからは関わりたくない人に見られたりする

攻撃的な性格の人の特徴として、周りの人からはあまり関わりたくない人に見られたりするという特徴があるといえます。

攻撃的な態度で臨まれたりするのは誰にとってもうれしいことではなく、周りからは関わりたくない人だと見られたりする場合も多いといえます。

孤立をしやすい

社会では人はお互いに気持ちよく暮らせるように社会のモラルやルールを守って生活をしていますが、攻撃的な人は、自身のニーズを通すために相手のテリトリーに侵入したり、心理的な負担を強いるというところがあるといえ、周りの人が距離を取ろうとしたりする場合も多く、それ故に孤立をしやすいという特徴があるといえます。

わかっていても攻撃的な態度をしてしまう

攻撃的な性格の人の特徴として、社会モラルやルールなどに順応できないということはあまり歓迎されていないということだということは分かっていると思っている人も多いといえます。

しかし、そのようなことが分かっていたとしてもどうしても攻撃的になることを辞めたりすることができないというジレンマを抱えている人も多いといえます。

衝動性がある

攻撃的な性格の人の特徴として、衝動性があるという点が挙げられるといえます。

何か自身に衝撃なことがあると、深く考える前に攻撃的なタイトを摂るという人おり、衝動性があるという特徴があるといえます。

そのため、考えるより早く、相手を攻撃してしまったというところもあり、そのことが人間関係を大きく損なう原因になったりするというところもあるといえます。

問題行動が目立つ

攻撃的な性格の人の特徴として、問題行動が目立つという特徴が挙げられるといえます。

攻撃的な性格の人は一般的にな人から見ると、社会的なルールや道徳的なルールなども重視せずに衝動的な言動を行うというところもあるといえ、その点が問題行動と見られてしまうという特徴などもあるといえます。

反社会的

攻撃的な性格の人の特徴として、反社会的という特徴があるといえます。

どんな個人的な理由があったとしても、社会的に見ると、社会のルールに反することを行ってしまったりと、反社会的な行動を平気で行うというところもあって、そのことに対する自覚が十分でないと思われたりする場合も多いといえます。

利己的である

攻撃的な性格の人の特徴として、利己的であるという点が挙げられるといえます。

人を平気で傷つけたり、傷付けるようなことを言ったりすることで、自身の非を認めずに人を攻撃することによって自分の価値観を相手に認めさせようとするところなどがあり、利己的であるといえます。

無責任

攻撃的な性格の人の特徴として、無責任なところも挙げられるといえます。

攻撃的な性格の人は、自身の行動に対して責任を持つということが十分でないという点なども挙げられます。

自身のとった行動がどのように相手や周りに受けとられて、どんな結果につながっていくのかということを十分に考えることなく行動をしてしまうところもあって、自身の責任が取れないことなども行ってしまうというところもあり、無責任なところもあると言われます。

感情が希薄

攻撃的な性格の人の特徴として、感情が希薄というところもあるといえます。

相手を攻撃することで自身のニーズを通そうとするというところがあり、様々な点で感情が希薄という特徴があると言われます。

そのため、相手の感情を理解するということが上手くできず、攻撃的になってしまうという点も挙げられます。

攻撃的な性格の人には相手の感情を上手く理解できず、自身のニーズを通すために他人を威圧してしまうというところがあるといえます。

また、自信などが少なく、自己評価が低いという場合もあり、そのようなコンプレックスから衝動的に攻撃的になってしまうということなどが特徴として挙げられるといえます。

それゆえに周りの人などとのトラブルなどもよく合ったり、距離を取られたりということもあって、孤立をしてしまうなどの傾向などもあるといえます。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-