【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518143950.html
嫌われることを恐れない人の心理

嫌われることを恐れない人の心理 | LADYCO

LADYCO
嫌われることを恐れない人の心理

嫌われることを恐れない人はどんな性格でしょうか。

どんな心理で行動しているでしょうか。

紹介していきます。

  • 他人の意見を気にしない
  • プラス思考
  • 堂々と生きている
  • 何をしても嫌う人は嫌う
  • 人の顔色を伺い過ぎているのは偽り
  • 自分の信念をしっかり持つ
  • 嫌いな人を嫌わない
  • 自分を必要としてくれる人もいること
  • 嫌われる人がいる方がやりやすい
  • 相手を嫌わない
  • 自分のことが好き
  • 嫌われたこともプラス
  • まとめ

1. 他人の意見を気にしない

他人の意見を気にしない

自分がやってることに対して何か言われたとしても、気にしないという気持ちが強くあります。

それは気にしても仕方がないということをしっかり理解しているからです。

多くの人はこんなことをしたら周りの人にどう思われるだろうと考えて、何もできなかったりします。

日本人は周りと合わせることが正しいという考えが強いので、1人でも違うことをしていたら悪いと思われる意識が強いので、何も行動できない人が多いです。

嫌われることを恐れない人は周りと合わせることが全部正しいとは考えていないので、他人の意見も気にしないです。

2. プラス思考

プラス思考

嫌われることを恐れない人は常にプラス思考です。

もし何かやって嫌われたとしてもいいという強い気持ちを持っています。

失敗してしまったりしてもプラス思考に考えて行動が出来ます。

嫌われることを普通の人は悪いことだと思っていますが、嫌われることを恐れない人は自分が嫌われることすらプラスだと考えます。

3. 堂々と生きている

堂々と生きている

どうしても嫌われたくないからといって、相手の顔色を伺ったり自分の言いたいことを言えなかったりします。

ただ嫌われることを恐れない人はそんなことをしても意味がないと分かっているので、自分が言いたいことは言って、堂々と生きているでしょう。

ありのままの自分を見せて嫌う人はしょうがない、ほおっておこうと考えています。

4. 何をしても嫌う人は嫌う

何をしても嫌う人は嫌う

どれだけ周りに気を使ったって、顔色を伺ってもあなたを嫌う人はゼロにはならないです。

何をしていても嫌う人は嫌うんだと嫌われることを恐れない人は分かっているので、何をするときも嫌われてもいいと言う気持ちで取り組んでいます。

そうするとかえって周りから信頼を得たり、好感を持たれたりすることも多々あります。

人それぞれ考え方や育ってきた環境が違うので、万人に好かれることは無理だと理解しています。

5. 人の顔色を伺い過ぎているのは偽り

人の顔色を伺い過ぎているのは偽り

自分自身が思っていないことを、相手の意見に合わせたり、行きたくない誘いにも嫌われたくないという思いから行ったりしている自分は、本来の自分ではないというのを理解しています。

偽りの自分を作っていてそれで好かれているのはおかしいと理解してるので、嫌われることを恐れない人は必要以上に媚びを売ったり、好かれようとはしません。

6. 自分の信念をしっかり持つ

自分の信念をしっかり持つ

いくら周りの目を気にしない、自分のやりたいことをやるといっても1人で生きているわけではないので、自分の好き放題はしてはいけません。

他人の意見を尊重したり、気を使ったりすることも大事です。

嫌われることを恐れない人はこれだけは絶対譲れないという自分の信念を持っています。

それに対しては自分の気持ちを隠さず、人からどう思われても構わないと言う気持ちでいます。

7. 嫌いな人を嫌わない

嫌いな人を嫌わない

どうしても自分のことを嫌っている人に対して、それに気づいたり誰かから聞いたりすると自分もその相手のことを嫌ってしまったりしませんか?

嫌われることを恐れない人は自分のことを例え嫌いであっても、仕方ないことだと思い、気にかけたりしません。

嫌いな相手は自分とは合わないだけときちんと割り切り、平等に扱うことが出来ます。

お互い嫌い合っていても何も生まれません。

8. 自分を必要としてくれる人もいること

自分を必要としてくれる人もいること

ただ嫌われてもいいと思っているだけでなく、嫌われることを恐れない人は自分のことを必要としてくれる人もいるということを認識しています。

いくら嫌われてもいいと言ってもひとりぼっちになってしまうのは人間辛いものです。

自分のやっていることに自信を持っていれば、必ず自分を認めてくれて、必要としてくれる人がいることを信じているので、嫌われることを恐れないのでしょう。

9. 嫌われる人がいる方がやりやすい

嫌われる人がいる方がやりやすい

嫌われることを恐れない人は、嫌われるというのは自分とは合わない、考え方が違うので離れていくことを良いことだと思っています。

取り繕って無理やり良い関係を作って、どこか無理するより、嫌う人は離れてくれた方が自分のやり方を否定する人が減り、どんな物事もやりやすいと思っています。

もちろんわざと嫌いになるようにするのはよくないですが、合わない人はだれしもいます。

そういう人が離れていってくれた方がいいというくらい強い気持ちがあります。

10. 相手を嫌わない

相手を嫌わない

嫌われることを恐れない人は、自分自身は無駄に相手のことを嫌いになったりしません。

嫌われることを異常に恐れているの人は自分自信はすぐ相手のことを嫌ったりしています。

自分がそういう気持ちがあるので、相手も自分を嫌うんじゃないかと考えてしまいます。

嫌われることを恐れない人はそもそも相手のことを好きか嫌いか判断したり、嫌ったらりしないので、自分のことでもそんなに気にしないのでしょう。

11. 自分のことが好き

自分のことが好き

もちろん自意識過剰や自慢ばかりするような、自分のことが好きというのはよくないですが、嫌われることを恐れない人は自分のことが好きです。

好きだからこと相手にどう思われても気にしません。

嫌われることを恐れている人は自分のことを好きになれないので、周りから良く思われていないんじゃないかと思ってしがいがちです。

自分のやってること、考え方に自信を持って、自分のことを好きといえる人は嫌われることを恐れていません。

12. 嫌われたこともプラス

嫌われたこともプラス

相手に嫌われたことを知った時、もちろん嫌われることを恐れない人でもショックを受けます。

ただ何がだめだったか、反省することもします。

自分が正しいことをしていて嫌われることもありますが、本当に何か悪いことをしてしまったことに気づくことがあります。

それを次に活かそうとし、嫌われたこともプラスに変えます。

そういった利点があるの嫌われることも悪いことだけではないということを嫌われることを恐れない人は知ってます。

まとめ

いかがでしたか?

嫌われることを恐れない人はしっかりとした自分の意思と勇気を持っていてかっこいいですね。

急にできることではないかもしれませんが、真似できるところは少しでも真似できたら成長できるでしょう。

嫌われることを恐れない人はどんな性格でしょうか。

どんな心理で行動しているでしょうか。

紹介していきます。


他人の意見を気にしない

自分がやってることに対して何か言われたとしても、気にしないという気持ちが強くあります。

それは気にしても仕方がないということをしっかり理解しているからです。

多くの人はこんなことをしたら周りの人にどう思われるだろうと考えて、何もできなかったりします。

日本人は周りと合わせることが正しいという考えが強いので、1人でも違うことをしていたら悪いと思われる意識が強いので、何も行動できない人が多いです。

嫌われることを恐れない人は周りと合わせることが全部正しいとは考えていないので、他人の意見も気にしないです。

プラス思考

嫌われることを恐れない人は常にプラス思考です。

もし何かやって嫌われたとしてもいいという強い気持ちを持っています。

失敗してしまったりしてもプラス思考に考えて行動が出来ます。

嫌われることを普通の人は悪いことだと思っていますが、嫌われることを恐れない人は自分が嫌われることすらプラスだと考えます。

堂々と生きている

どうしても嫌われたくないからといって、相手の顔色を伺ったり自分の言いたいことを言えなかったりします。

ただ嫌われることを恐れない人はそんなことをしても意味がないと分かっているので、自分が言いたいことは言って、堂々と生きているでしょう。

ありのままの自分を見せて嫌う人はしょうがない、ほおっておこうと考えています。

何をしても嫌う人は嫌う

どれだけ周りに気を使ったって、顔色を伺ってもあなたを嫌う人はゼロにはならないです。

何をしていても嫌う人は嫌うんだと嫌われることを恐れない人は分かっているので、何をするときも嫌われてもいいと言う気持ちで取り組んでいます。

そうするとかえって周りから信頼を得たり、好感を持たれたりすることも多々あります。

人それぞれ考え方や育ってきた環境が違うので、万人に好かれることは無理だと理解しています。

人の顔色を伺い過ぎているのは偽り

自分自身が思っていないことを、相手の意見に合わせたり、行きたくない誘いにも嫌われたくないという思いから行ったりしている自分は、本来の自分ではないというのを理解しています。

偽りの自分を作っていてそれで好かれているのはおかしいと理解してるので、嫌われることを恐れない人は必要以上に媚びを売ったり、好かれようとはしません。

自分の信念をしっかり持つ

いくら周りの目を気にしない、自分のやりたいことをやるといっても1人で生きているわけではないので、自分の好き放題はしてはいけません。

他人の意見を尊重したり、気を使ったりすることも大事です。

嫌われることを恐れない人はこれだけは絶対譲れないという自分の信念を持っています。

それに対しては自分の気持ちを隠さず、人からどう思われても構わないと言う気持ちでいます。

嫌いな人を嫌わない

どうしても自分のことを嫌っている人に対して、それに気づいたり誰かから聞いたりすると自分もその相手のことを嫌ってしまったりしませんか?

嫌われることを恐れない人は自分のことを例え嫌いであっても、仕方ないことだと思い、気にかけたりしません。

嫌いな相手は自分とは合わないだけときちんと割り切り、平等に扱うことが出来ます。

お互い嫌い合っていても何も生まれません。

自分を必要としてくれる人もいること

ただ嫌われてもいいと思っているだけでなく、嫌われることを恐れない人は自分のことを必要としてくれる人もいるということを認識しています。

いくら嫌われてもいいと言ってもひとりぼっちになってしまうのは人間辛いものです。

自分のやっていることに自信を持っていれば、必ず自分を認めてくれて、必要としてくれる人がいることを信じているので、嫌われることを恐れないのでしょう。

嫌われる人がいる方がやりやすい

嫌われることを恐れない人は、嫌われるというのは自分とは合わない、考え方が違うので離れていくことを良いことだと思っています。

取り繕って無理やり良い関係を作って、どこか無理するより、嫌う人は離れてくれた方が自分のやり方を否定する人が減り、どんな物事もやりやすいと思っています。

もちろんわざと嫌いになるようにするのはよくないですが、合わない人はだれしもいます。

そういう人が離れていってくれた方がいいというくらい強い気持ちがあります。

相手を嫌わない

嫌われることを恐れない人は、自分自身は無駄に相手のことを嫌いになったりしません。

嫌われることを異常に恐れているの人は自分自信はすぐ相手のことを嫌ったりしています。

自分がそういう気持ちがあるので、相手も自分を嫌うんじゃないかと考えてしまいます。

嫌われることを恐れない人はそもそも相手のことを好きか嫌いか判断したり、嫌ったらりしないので、自分のことでもそんなに気にしないのでしょう。

自分のことが好き

もちろん自意識過剰や自慢ばかりするような、自分のことが好きというのはよくないですが、嫌われることを恐れない人は自分のことが好きです。

好きだからこと相手にどう思われても気にしません。

嫌われることを恐れている人は自分のことを好きになれないので、周りから良く思われていないんじゃないかと思ってしがいがちです。

自分のやってること、考え方に自信を持って、自分のことを好きといえる人は嫌われることを恐れていません。

嫌われたこともプラス

相手に嫌われたことを知った時、もちろん嫌われることを恐れない人でもショックを受けます。

ただ何がだめだったか、反省することもします。

自分が正しいことをしていて嫌われることもありますが、本当に何か悪いことをしてしまったことに気づくことがあります。

それを次に活かそうとし、嫌われたこともプラスに変えます。

そういった利点があるの嫌われることも悪いことだけではないということを嫌われることを恐れない人は知ってます。

いかがでしたか?

嫌われることを恐れない人はしっかりとした自分の意思と勇気を持っていてかっこいいですね。

急にできることではないかもしれませんが、真似できるところは少しでも真似できたら成長できるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-