【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518135725.html
恋人に不満が言えないのはダメな理由13選

恋人に不満が言えないのはダメな理由13選 | LADYCO

LADYCO
恋人に不満が言えないのはダメな理由13選

恋人に不満があっても我慢して言わないというかたも多いのですが、実は恋愛において不満が言えないのよくありません。 恋人に不満があっても言えないのはダメな理由をご紹介します。

  • 相手が混乱する
  • 不満が改善されることがない
  • ギクシャクした関係に
  • 仲が深まらない
  • 勝手に不機嫌になっていると思われる
  • 相手も本心でぶつかれない
  • 些細なことで喧嘩をするようなる
  • 都合のいい相手と思われる
  • 不満が増えていく
  • 会うことが辛くなる
  • 長続きしない
  • 相手のためにならない
  • いつか爆発する
  • まとめ

1. 相手が混乱する

相手が混乱する

恋人に不満があっても黙っている人でも、不満があることを隠しきれていないケースも多く、恋人はなぜ不機嫌になっているのか理由もわからずに混乱してしまう可能性があります。 不満を口にしていなくても感情としてでいる人は恋人が混乱してしまう可能性が大いにあります。

2. 不満が改善されることがない

不満が改善されることがない

不満があっても言えないということは、その不満を恋人にわかってもらえることがないということになります。 そのため抱いている不満というのは改善されることはありません。

改善されることがない不満というのはひどくなっていくパターンもあり、不満は解消されるどころか悪化していくケースもあるのです。

3. ギクシャクした関係に

ギクシャクした関係に

不満があっても言えないということは、いつもモヤモヤした気持ちを抱いているということになります。 そのため、恋人も顔色を見ながら会話をしたりする傾向にあり、その関係がギクシャクしたものとなり、二人で過ごすことが苦痛となってしまうことも少なくはありません。

4. 仲が深まらない

仲が深まらない

恋人に対して不満があっても言えない状況というのは対等な関係性ではないことの現れです。 嫌われたくないという思いから不満を口にすることを我慢している方も多いと思いますが、それでは一向に二人の仲が深まることはありません。

お互いの不満に思う部分を口に出来てこそ、仲は深まるのです。 そのため、恋人に不満があっても言えないという関係性は対等ではなく危険だと言えます。

5. 勝手に不機嫌になっていると思われる

勝手に不機嫌になっていると思われる

相手に対して不満があるけれど言えないとき、感情には出てしまうケースが多いのですが、その場合は恋人はどうして怒っていたり不機嫌になっているのか理解することができないため、不満を我慢している側が勝手に不機嫌になってわがままで自己中な人だと思われてしまう傾向にあるのです。 相手に対する不満は口に出さないとわかってもらえないことが多く、不満があっても言えない人というのは相手から誤解されてしまうケースも少なくはありません。

6. 相手も本心でぶつかれない

相手も本心でぶつかれない

不満があっても言えないと感じている場合、実は恋人も同じように感じているかもしれません。 不満がありそうなのにいつも我慢しているなと気がついたとき、恋人も自分も我慢しなくてはならないと感じてしまい、お互い本心でぶつかることが出来なくなる恐れがあります。 関係性を良好にするためにも不満を口にすることが大切なのです。

7. 些細なことで喧嘩をするようなる

些細なことで喧嘩をするようなる

恋人に対して不満があっても言えない人は我慢してあげているという気分に陥ってしまう可能性があります。 また、恋人もなぜか理解できないようなところで相手が怒るため不満が出てきます。

そのため、些細なことでも喧嘩をするようになってしまい、肝心の理由についてはわからないままで解消することができないため、喧嘩をする回数というのは増えていく傾向にあります。

8. 都合のいい相手と思われる

都合のいい相手と思われる

不満を言えないということは、恋人からすると何の不満もないのだと捉えられてしまいます。 何をしても大丈夫だ、我慢してくれるだろうという気分になるため、次第に恋人から都合のいい相手だと考えられるようになる傾向にあります。

恋人に何をしても許してもらえると思われてしまうと対等な関係性ではいられません。 そのため、不満を言えないのは良くないと言えるのです。

9. 不満が増えていく

不満が増えていく

相手に対して不満があるのに言えない場合、不満が増えていく可能性があります。 不満は改善されることがなく、その結果恋人に対してあまり良くない視線で見てしまいます。 すると、これまで何とも思っていなかったことに対して不快に感じてしまったりと、不満が増えていくことが考えられます。

10. 会うことが辛くなる

会うことが辛くなる

本来、恋人と会うのは楽しみであるはずなのに、不満を言えない関係性であることで会うのが楽しみではなく辛くなってしまう可能性があります。

また我慢しなくてはならないのかなどといった思考に陥りがちととなり、恋人と会うこと事態が苦痛に感じてしまうケースも少なくはありません。

11. 長続きしない

長続きしない

恋人に不満があっても言えない関係性である場合、その関係は長続きしないことが多いと言えます。 不満があっても言えないという環境はどちらにもストレスでしかありません。

そのため、自然とお互いに対して不信感を抱くようになったり、お互いがなにかを隠しているのではないかと思い、長続きしない傾向にあります。

12. 相手のためにならない

相手のためにならない

恋人に不満があっても言えないというのは、我慢を強いられているようにも見えますが、実は相手のためにもなりません。 不満というのは相手の悪い部分でもあります。

その悪い部分を指摘してあげられるのが恋人という存在であるにもかかわらず、恋人に不満を言えずにいるということは、相手の悪い部分を野放しにしていることにもなり、相手のためにもなりません。

13. いつか爆発する

いつか爆発する

恋人に不満があっても言えない状態をずっと我慢していても、いつかその我慢が爆発してしまう可能性があります。 これまで言えずに溜めていた不満が一気に爆発することで相手のことを考えずに罵倒してしまう恐れもあり、爆発することイコール別れに繋がってしまうのです。

好きで付き合った恋人との別れを早まらせないためにも、不満を言えない関係性であることを解消しなくてはなりません。

まとめ

恋人に不満があっても言えないといったカップルは少なくはありません。 相手に嫌われたくない、相手が怒ったらどうしようと思い、不満を言えない方も多いのですが、我慢をすることで二人の関係が悪くなることも考えられます。

不満があっても言えないのとき、感情で表現している傾向にあり、相手はなぜ怒られているのか分からないと混乱したり、理解しがたい人だと思われてしまう可能性もあります。 また、恋人に不満があっても言えないのは恋人のためにもならないと我慢してもいいことはありません。 そのため、不満は溜め込まないことが大切なのです。

恋人に不満があっても我慢して言わないというかたも多いのですが、実は恋愛において不満が言えないのよくありません。 恋人に不満があっても言えないのはダメな理由をご紹介します。


相手が混乱する

恋人に不満があっても黙っている人でも、不満があることを隠しきれていないケースも多く、恋人はなぜ不機嫌になっているのか理由もわからずに混乱してしまう可能性があります。 不満を口にしていなくても感情としてでいる人は恋人が混乱してしまう可能性が大いにあります。

不満が改善されることがない

不満があっても言えないということは、その不満を恋人にわかってもらえることがないということになります。 そのため抱いている不満というのは改善されることはありません。

改善されることがない不満というのはひどくなっていくパターンもあり、不満は解消されるどころか悪化していくケースもあるのです。

ギクシャクした関係に

不満があっても言えないということは、いつもモヤモヤした気持ちを抱いているということになります。 そのため、恋人も顔色を見ながら会話をしたりする傾向にあり、その関係がギクシャクしたものとなり、二人で過ごすことが苦痛となってしまうことも少なくはありません。

仲が深まらない

恋人に対して不満があっても言えない状況というのは対等な関係性ではないことの現れです。 嫌われたくないという思いから不満を口にすることを我慢している方も多いと思いますが、それでは一向に二人の仲が深まることはありません。

お互いの不満に思う部分を口に出来てこそ、仲は深まるのです。 そのため、恋人に不満があっても言えないという関係性は対等ではなく危険だと言えます。

勝手に不機嫌になっていると思われる

相手に対して不満があるけれど言えないとき、感情には出てしまうケースが多いのですが、その場合は恋人はどうして怒っていたり不機嫌になっているのか理解することができないため、不満を我慢している側が勝手に不機嫌になってわがままで自己中な人だと思われてしまう傾向にあるのです。 相手に対する不満は口に出さないとわかってもらえないことが多く、不満があっても言えない人というのは相手から誤解されてしまうケースも少なくはありません。

相手も本心でぶつかれない

不満があっても言えないと感じている場合、実は恋人も同じように感じているかもしれません。 不満がありそうなのにいつも我慢しているなと気がついたとき、恋人も自分も我慢しなくてはならないと感じてしまい、お互い本心でぶつかることが出来なくなる恐れがあります。 関係性を良好にするためにも不満を口にすることが大切なのです。

些細なことで喧嘩をするようなる

恋人に対して不満があっても言えない人は我慢してあげているという気分に陥ってしまう可能性があります。 また、恋人もなぜか理解できないようなところで相手が怒るため不満が出てきます。

そのため、些細なことでも喧嘩をするようになってしまい、肝心の理由についてはわからないままで解消することができないため、喧嘩をする回数というのは増えていく傾向にあります。

都合のいい相手と思われる

不満を言えないということは、恋人からすると何の不満もないのだと捉えられてしまいます。 何をしても大丈夫だ、我慢してくれるだろうという気分になるため、次第に恋人から都合のいい相手だと考えられるようになる傾向にあります。

恋人に何をしても許してもらえると思われてしまうと対等な関係性ではいられません。 そのため、不満を言えないのは良くないと言えるのです。

不満が増えていく

相手に対して不満があるのに言えない場合、不満が増えていく可能性があります。 不満は改善されることがなく、その結果恋人に対してあまり良くない視線で見てしまいます。 すると、これまで何とも思っていなかったことに対して不快に感じてしまったりと、不満が増えていくことが考えられます。

会うことが辛くなる

本来、恋人と会うのは楽しみであるはずなのに、不満を言えない関係性であることで会うのが楽しみではなく辛くなってしまう可能性があります。

また我慢しなくてはならないのかなどといった思考に陥りがちととなり、恋人と会うこと事態が苦痛に感じてしまうケースも少なくはありません。

長続きしない

恋人に不満があっても言えない関係性である場合、その関係は長続きしないことが多いと言えます。 不満があっても言えないという環境はどちらにもストレスでしかありません。

そのため、自然とお互いに対して不信感を抱くようになったり、お互いがなにかを隠しているのではないかと思い、長続きしない傾向にあります。

相手のためにならない

恋人に不満があっても言えないというのは、我慢を強いられているようにも見えますが、実は相手のためにもなりません。 不満というのは相手の悪い部分でもあります。

その悪い部分を指摘してあげられるのが恋人という存在であるにもかかわらず、恋人に不満を言えずにいるということは、相手の悪い部分を野放しにしていることにもなり、相手のためにもなりません。

いつか爆発する

恋人に不満があっても言えない状態をずっと我慢していても、いつかその我慢が爆発してしまう可能性があります。 これまで言えずに溜めていた不満が一気に爆発することで相手のことを考えずに罵倒してしまう恐れもあり、爆発することイコール別れに繋がってしまうのです。

好きで付き合った恋人との別れを早まらせないためにも、不満を言えない関係性であることを解消しなくてはなりません。

恋人に不満があっても言えないといったカップルは少なくはありません。 相手に嫌われたくない、相手が怒ったらどうしようと思い、不満を言えない方も多いのですが、我慢をすることで二人の関係が悪くなることも考えられます。

不満があっても言えないのとき、感情で表現している傾向にあり、相手はなぜ怒られているのか分からないと混乱したり、理解しがたい人だと思われてしまう可能性もあります。 また、恋人に不満があっても言えないのは恋人のためにもならないと我慢してもいいことはありません。 そのため、不満は溜め込まないことが大切なのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-