【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104219.html
幽霊を信じない人の特徴

幽霊を信じない人の特徴 | LADYCO

LADYCO
幽霊を信じない人の特徴

この世に存在するのかしないのか、摩訶不思議な存在の幽霊。

普段、幽霊を信じない人でも薄気味悪い場所に行くと、幽霊は本当はいるのではないかと尻込みする人も多いのではないでしょうか。

しかし、本当に幽霊を信じないという人は、一定数存在しています。

さて、幽霊を信じない人とはどんな人でしょう。

  • インテリ
  • 理数系が好き
  • 死人と関わる仕事に就いている
  • 心霊スポット巡りが好き
  • 深夜業務をしている
  • 聖職者
  • お墓の近くに住んでいる
  • 霊感が強い人を精神が病んでいると思っている
  • まとめ

1. インテリ

インテリ

インテリな人は物事をなんでも論理的に考えるのが大好きです。

つまり、インテリな人にとっては、幽霊のような摩訶不思議な存在は知的好奇心をかきたてられる恰好の存在です。

今のところ、幽霊が存在するという論理的根拠はなく、説得力に欠ける存在のため、幽霊を信じたくても信じることができません。

本当は知的好奇心を満たすために幽霊のような摩訶不思議な存在に出会ってみたいと思いつつも、実際に出会ったことがないので信じることができずにいます。

2. 理数系が好き

理数系が好き

幽霊を信じない人には理数系が好きな人が多いです。

科学や物理的な面から、幽霊が存在することはあり得ないことを知っているので全く信じていません。

人によって幽霊が見える人と見えない人がいる、空中に亡くなった人の姿が浮くなどの現象は、物理の法則からいくとあり得ないことです。

地球にある、あらゆる物事は物理の法則に従って存在しています。

そこに、幽霊だけがその法則にあてはまらず、不可解な現象を及ぼすことは考えにくいのです。

そういったことを頭で理解している人は全く幽霊を信じていません。

3. 死人と関わる仕事に就いている

死人と関わる仕事に就いている

警察官や医者、看護師、葬儀屋など、死人となんらかの形で関わる職業の人達は、幽霊の存在を全くといっていいほど信じていません。

それは、実際に、仕事を通じて死人と関わっているのに、一度も幽霊に出会ったことがなく、存在しないということを知っているからです。

初めは、幽霊を信じていたかもしれませんが、仕事を通じて存在しないことを知っているので、どこに行っても幽霊で怖がることはありません。

4. 心霊スポット巡りが好き

心霊スポット巡りが好き

心霊スポット巡りが好きな人は、夏が来るたびに親しい仲間と心霊スポット巡りを楽しんでいるものです。

そんな人にとって幽霊とはただの夏の風物詩。

実際には存在しないけど、仲間と怖がりながら遊べるエンターテイメントな場所なのです。

心霊スポットによく行く人ほど、心霊スポットに行ってもなんの不可解な現象が起こらないということを知っているため、幽霊を信じることができません。

5. 深夜業務をしている

深夜業務をしている

深夜業務をしている人は、人気の寂しいオフィスで一人寂しく業務についていることも多いです。

幽霊などを信じていては、とてもこなせる仕事ではありません。

深夜業務を日常的に行っていると、深夜の仕事は特別なものではなくなり、人気のないオフィスの気味の悪さなど感じることもなくなります。

人気のないオフィスでの業務をこなせばこなすほど、淡々と業務をこなすことができるので、幽霊について考えることもなくなります。

6. 聖職者

聖職者

お寺の住職、教会の牧師などは、死人と関わる仕事ですが、全く幽霊に出会ったことがないため、信じることができません。

死人と関わる仕事なら、一度は幽霊を見そうなものですが、そういった状況でも見たことがないため、信じることができないのです。

お寺の住職や教会の牧師などは、時として幽霊の供養や悪魔祓いなどを頼まれることがありますが、そういったことを頼まれてもなお、不思議な現象が起こることはないので信じていません。

7. お墓の近くに住んでいる

お墓の近くに住んでいる

一般的にお墓は幽霊の出る場所として知られています。

そんな中、お墓の近くに家があり、幼少期からお墓がある生活が当たり前になっていると、お墓に対して怖いという感情が起こりません。

もちろん、幽霊を見たことがないので幽霊が存在しないことも小さい頃から知っています。

こういう人はどこへ行っても幽霊で怖がることはありません。

8. 霊感が強い人を精神が病んでいると思っている

霊感が強い人を精神が病んでいると思っている

幽霊を見たことがない人は、幽霊を見たことがあるという人を心から信じることができません。

本気で言っている人がいようものなら、精神が病んでいるではないかと思っています。

自分が体験したことがないことを信じることができず、幽霊を見た、霊感が強いなどと発言する人を危ない人だと認識しています。

まとめ

幽霊を信じない人の多くは、自分で幽霊がいそうな場所に身を投じておきながら、一度も幽霊にあったことのない人たちです。

幽霊がいないことを身をもって知っているので、薄気味悪い場所でも恐怖心を抱くことはありません。

この世に存在するのかしないのか、摩訶不思議な存在の幽霊。

普段、幽霊を信じない人でも薄気味悪い場所に行くと、幽霊は本当はいるのではないかと尻込みする人も多いのではないでしょうか。

しかし、本当に幽霊を信じないという人は、一定数存在しています。

さて、幽霊を信じない人とはどんな人でしょう。


インテリ

インテリな人は物事をなんでも論理的に考えるのが大好きです。

つまり、インテリな人にとっては、幽霊のような摩訶不思議な存在は知的好奇心をかきたてられる恰好の存在です。

今のところ、幽霊が存在するという論理的根拠はなく、説得力に欠ける存在のため、幽霊を信じたくても信じることができません。

本当は知的好奇心を満たすために幽霊のような摩訶不思議な存在に出会ってみたいと思いつつも、実際に出会ったことがないので信じることができずにいます。

理数系が好き

幽霊を信じない人には理数系が好きな人が多いです。

科学や物理的な面から、幽霊が存在することはあり得ないことを知っているので全く信じていません。

人によって幽霊が見える人と見えない人がいる、空中に亡くなった人の姿が浮くなどの現象は、物理の法則からいくとあり得ないことです。

地球にある、あらゆる物事は物理の法則に従って存在しています。

そこに、幽霊だけがその法則にあてはまらず、不可解な現象を及ぼすことは考えにくいのです。

そういったことを頭で理解している人は全く幽霊を信じていません。

死人と関わる仕事に就いている

警察官や医者、看護師、葬儀屋など、死人となんらかの形で関わる職業の人達は、幽霊の存在を全くといっていいほど信じていません。

それは、実際に、仕事を通じて死人と関わっているのに、一度も幽霊に出会ったことがなく、存在しないということを知っているからです。

初めは、幽霊を信じていたかもしれませんが、仕事を通じて存在しないことを知っているので、どこに行っても幽霊で怖がることはありません。

心霊スポット巡りが好き

心霊スポット巡りが好きな人は、夏が来るたびに親しい仲間と心霊スポット巡りを楽しんでいるものです。

そんな人にとって幽霊とはただの夏の風物詩。

実際には存在しないけど、仲間と怖がりながら遊べるエンターテイメントな場所なのです。

心霊スポットによく行く人ほど、心霊スポットに行ってもなんの不可解な現象が起こらないということを知っているため、幽霊を信じることができません。

深夜業務をしている

深夜業務をしている人は、人気の寂しいオフィスで一人寂しく業務についていることも多いです。

幽霊などを信じていては、とてもこなせる仕事ではありません。

深夜業務を日常的に行っていると、深夜の仕事は特別なものではなくなり、人気のないオフィスの気味の悪さなど感じることもなくなります。

人気のないオフィスでの業務をこなせばこなすほど、淡々と業務をこなすことができるので、幽霊について考えることもなくなります。

聖職者

お寺の住職、教会の牧師などは、死人と関わる仕事ですが、全く幽霊に出会ったことがないため、信じることができません。

死人と関わる仕事なら、一度は幽霊を見そうなものですが、そういった状況でも見たことがないため、信じることができないのです。

お寺の住職や教会の牧師などは、時として幽霊の供養や悪魔祓いなどを頼まれることがありますが、そういったことを頼まれてもなお、不思議な現象が起こることはないので信じていません。

お墓の近くに住んでいる

一般的にお墓は幽霊の出る場所として知られています。

そんな中、お墓の近くに家があり、幼少期からお墓がある生活が当たり前になっていると、お墓に対して怖いという感情が起こりません。

もちろん、幽霊を見たことがないので幽霊が存在しないことも小さい頃から知っています。

こういう人はどこへ行っても幽霊で怖がることはありません。

霊感が強い人を精神が病んでいると思っている

幽霊を見たことがない人は、幽霊を見たことがあるという人を心から信じることができません。

本気で言っている人がいようものなら、精神が病んでいるではないかと思っています。

自分が体験したことがないことを信じることができず、幽霊を見た、霊感が強いなどと発言する人を危ない人だと認識しています。

幽霊を信じない人の多くは、自分で幽霊がいそうな場所に身を投じておきながら、一度も幽霊にあったことのない人たちです。

幽霊がいないことを身をもって知っているので、薄気味悪い場所でも恐怖心を抱くことはありません。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-