【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518104137.html
ナイトプールにインスタ女子が殺到する理由10選

ナイトプールにインスタ女子が殺到する理由10選 | LADYCO

LADYCO
ナイトプールにインスタ女子が殺到する理由10選

ナイトプールで自撮りをし、その写真をインスタにアップする女子が今夏急増しています。 中にはホテル内のプールだと入場料だけで1万円位するのですが、気にならないようです。 ナイトプールでインスタの魅力とは何なのでしょうか。

  • ライトが美しい
  • インスタに沢山の写真を挙げられる
  • 海と違って砂だらけにならない
  • 海辺よりお洒落
  • スマホ写真の設定が色々使える
  • お酒が飲める
  • 日焼けをしなくて済む
  • 新しいスポットなので
  • 時間を気にしなくて良い
  • 自分の顔も綺麗に写る
  • まとめ

1. ライトが美しい

ライトが美しい

ナイトプールですから、プール側もLEDライトを使ってとても美しくライトアップしています。 それだけでも幻想的ですが、ほの暗い中、ライトに浮かぶ自分の顔を撮ったり、或いはカラフルなトロピカルドリンクを撮ると、本当に綺麗な写真が撮れます。 それをインスタにアップすると、当然今迄あまり見た事の無い写真ですから「いいね!」を沢山もらえるのがやり甲斐に繋がっているようです。

2. インスタに沢山の写真を挙げられる

インスタに沢山の写真を挙げられる

プールサイドですから、自分達が据わっている席だけでなく、プールの中で浮く遊具に乗っている写真、プール全体の写真・・・と、自撮りだけでなく、ナイトプールの雰囲気伝えられるので、写真の数も多くなります。 インスタに挙げられる写真も多くなるのも、インスタ女子にとっては嬉しい事なのです。

3. 海と違って砂だらけにならない

海と違って砂だらけにならない

これは最近、若い人に見られる傾向です。 確かに海で遊んだ後は砂だらけ。

シャワーをよく浴びないと髪にも身体にも砂が残ってしまいます。 その点、ナイトプールは砂浜では無いので身体に砂が付く事も無く、インスタ二挙げる写真にも水着や自分の肌が綺麗に写ります。

4. 海辺よりお洒落

海辺よりお洒落

特に女性なら、ステキな場所で撮った写真をインスタに挙げたいでしょう。 海辺にも今はお洒落な海の家が一部にはありますが、やはりホテルのナイトプールなどセレブな雰囲気の中で写真を撮りたいと思うのがインスタ女子でしょう。

5. スマホ写真の設定が色々使える

スマホ写真の設定が色々使える

スマホの写真は殆どがオートなので、シャッターを押すだけで撮れるようになっています。 しかし、実は、人物、風景、夜景、スポーツシーン等様々な設定が出来るようになっています。

又、露出が調整できるスマホなら、ナイトプールの暗さに応じて最適な露出で自撮りが出来ます。 やはりシャッターを押すだけの写真と違い、スマホの設定を自分でして撮った写真は写りも格別です。 そんな点もナイトプールでインスタ、の魅力です。

6. お酒が飲める

お酒が飲める

ナイトプールでは綺麗なトロピカルドリンクやカクテルを注文出来ます。 それも撮ってインスタに上げるのが楽しみですが、海辺やはお洒落なカクテルはあまり無いですし、女性は昼間からお酒自体を飲むのはちょっと・・・という人が多いです。 その点、夜ならお酒も注文しやすいという点もナイトプールが人気の秘密でしょう。

7. 日焼けをしなくて済む

日焼けをしなくて済む

女性のお肌の最大の敵「紫外線」。 これはナイトプールでは絶対に浴びる心配はありません。

海や屋外のプールでは日焼け止めを塗り直しながらスマホで写真。 スマホにも日焼け止めが付いて・・・という事がなく、お肌もダメージを受けずに済むのが嬉しいですね。

8. 新しいスポットなので

新しいスポットなので

若い人の多くは新しいスポットには必ず足を運びたくなります。 インスタ女子こそ、その代表と言えるでしょう。 好奇心が強いので、新たに見た物、経験した事をインスタに挙げたくなるのです。

9. 時間を気にしなくて良い

時間を気にしなくて良い

ホテルのナイトプールの場合ですが、宿泊を予約していれば、プールの入場料も安くなり、更に時間を気にせずに友達と一緒に過ごす事が出来ます。

プール閉園までたっぷり写真を撮っても、後はホテルの部屋でインスタに挙げる写真を選ぶ事も出来ます。 これもまた、インスタ女子に取ってはとても楽しい作業です。

10. 自分の顔も綺麗に写る

自分の顔も綺麗に写る

先程スマホの設定について書きましたが、その他にほの暗い中で撮った写真は普段の写真と違った雰囲気で撮れるのが気に入っているインスタ女子が多いです。

夜景と共に、とは又違い、人工的ではありますがライトアップの中で撮ると今迄とは違った自分が取れる事もナイトプールでインスタに嵌る理由の様です。

まとめ

ナイトプールは現在インスタ女子が列を作って入場を待つほどの人気です。 そして、スタッフから「30分で閉園ですが」と言われても、「写真を撮るだけなのでOKです」と答える女性が増えているそうです。 ナイトプールでインスタ女子は、まだしばらくは続きそうです。

ナイトプールで自撮りをし、その写真をインスタにアップする女子が今夏急増しています。 中にはホテル内のプールだと入場料だけで1万円位するのですが、気にならないようです。 ナイトプールでインスタの魅力とは何なのでしょうか。


ライトが美しい

ナイトプールですから、プール側もLEDライトを使ってとても美しくライトアップしています。 それだけでも幻想的ですが、ほの暗い中、ライトに浮かぶ自分の顔を撮ったり、或いはカラフルなトロピカルドリンクを撮ると、本当に綺麗な写真が撮れます。 それをインスタにアップすると、当然今迄あまり見た事の無い写真ですから「いいね!」を沢山もらえるのがやり甲斐に繋がっているようです。

インスタに沢山の写真を挙げられる

プールサイドですから、自分達が据わっている席だけでなく、プールの中で浮く遊具に乗っている写真、プール全体の写真・・・と、自撮りだけでなく、ナイトプールの雰囲気伝えられるので、写真の数も多くなります。 インスタに挙げられる写真も多くなるのも、インスタ女子にとっては嬉しい事なのです。

海と違って砂だらけにならない

これは最近、若い人に見られる傾向です。 確かに海で遊んだ後は砂だらけ。

シャワーをよく浴びないと髪にも身体にも砂が残ってしまいます。 その点、ナイトプールは砂浜では無いので身体に砂が付く事も無く、インスタ二挙げる写真にも水着や自分の肌が綺麗に写ります。

海辺よりお洒落

特に女性なら、ステキな場所で撮った写真をインスタに挙げたいでしょう。 海辺にも今はお洒落な海の家が一部にはありますが、やはりホテルのナイトプールなどセレブな雰囲気の中で写真を撮りたいと思うのがインスタ女子でしょう。

スマホ写真の設定が色々使える

スマホの写真は殆どがオートなので、シャッターを押すだけで撮れるようになっています。 しかし、実は、人物、風景、夜景、スポーツシーン等様々な設定が出来るようになっています。

又、露出が調整できるスマホなら、ナイトプールの暗さに応じて最適な露出で自撮りが出来ます。 やはりシャッターを押すだけの写真と違い、スマホの設定を自分でして撮った写真は写りも格別です。 そんな点もナイトプールでインスタ、の魅力です。

お酒が飲める

ナイトプールでは綺麗なトロピカルドリンクやカクテルを注文出来ます。 それも撮ってインスタに上げるのが楽しみですが、海辺やはお洒落なカクテルはあまり無いですし、女性は昼間からお酒自体を飲むのはちょっと・・・という人が多いです。 その点、夜ならお酒も注文しやすいという点もナイトプールが人気の秘密でしょう。

日焼けをしなくて済む

女性のお肌の最大の敵「紫外線」。 これはナイトプールでは絶対に浴びる心配はありません。

海や屋外のプールでは日焼け止めを塗り直しながらスマホで写真。 スマホにも日焼け止めが付いて・・・という事がなく、お肌もダメージを受けずに済むのが嬉しいですね。

新しいスポットなので

若い人の多くは新しいスポットには必ず足を運びたくなります。 インスタ女子こそ、その代表と言えるでしょう。 好奇心が強いので、新たに見た物、経験した事をインスタに挙げたくなるのです。

時間を気にしなくて良い

ホテルのナイトプールの場合ですが、宿泊を予約していれば、プールの入場料も安くなり、更に時間を気にせずに友達と一緒に過ごす事が出来ます。

プール閉園までたっぷり写真を撮っても、後はホテルの部屋でインスタに挙げる写真を選ぶ事も出来ます。 これもまた、インスタ女子に取ってはとても楽しい作業です。

自分の顔も綺麗に写る

先程スマホの設定について書きましたが、その他にほの暗い中で撮った写真は普段の写真と違った雰囲気で撮れるのが気に入っているインスタ女子が多いです。

夜景と共に、とは又違い、人工的ではありますがライトアップの中で撮ると今迄とは違った自分が取れる事もナイトプールでインスタに嵌る理由の様です。

ナイトプールは現在インスタ女子が列を作って入場を待つほどの人気です。 そして、スタッフから「30分で閉園ですが」と言われても、「写真を撮るだけなのでOKです」と答える女性が増えているそうです。 ナイトプールでインスタ女子は、まだしばらくは続きそうです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-