【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180518095132.html
帰国女に空気が読めない人が多い理由8選

帰国女に空気が読めない人が多い理由8選 | LADYCO

LADYCO
帰国女に空気が読めない人が多い理由8選

あなたの周りに、海外生活や留学経験のある女性はいますか? 帰国したら何か人が変わったな、なんて感じた事はありますか? 近頃では短期長期を含め、海外で語学を学ぶ学生なんかも多いですよね。 帰国女に空気の読めない人が多い理由って一体何なんでしょう?

  • 声が大きい
  • ジェスチャーが大きい
  • 服装がズレてる
  • メイクがズレてる
  • 自己中心的
  • 自慢話が多い
  • 会話に英語が混ざる
  • レディーファーストに慣れている
  • まとめ

1. 声が大きい

声が大きい

外国に行くと、日本人はなんて大人しいんだろうと思うことが多々あります。 道を歩いていても、電車に乗っていても、とにかくダイナミックに笑い、怒る外国人の姿をよく見かけます。 そんな姿に影響されて、帰国女はやたらと声が大きくなる傾向があります。

2. ジェスチャーが大きい

ジェスチャーが大きい

会話しながらも常に両手が宙で動いている。 これもまた外国の特徴的な文化かもしれません。

又、日本人にとってはこれが少し格好良く見えたりもするもの。 使い慣れない他国語を用いて自分の意見を述べる際に、自然と身についてしまった癖のようなものでもあります。

3. 服装がズレてる

服装がズレてる

日本人的なオシャレって、時に海外では笑い者。 学校にもヒールを履いて行ったり、レースやシフォンのふわふわした洋服を選んだりすることに、海外だと違和感を覚えるんです。

ビーサンにTシャツでもクールに見える外国人に憧れて、帰国後なんだかチグハグな服装になってしまう女性はたくさん居ます。 そして悲しいかな、これは日本の男性にはあまりウケが良くありません。

4. メイクがズレてる

メイクがズレてる

服装同様。 毎日髪を巻いたり、清楚なメイクを心がけたりする日本人の美的センスとはまた違った海外女子。 そんな人たちと長く過ごすことで、なんとなくズレたメイク顔が出来上がることも。

やけに眉が濃すぎたり、不自然に肌がギラついていたり。 なんとなく強そうに見えるメイクの帰国女、あなたの周りにも居ませんか?

5. 自己中心的

自己中心的

自分の考えをハッキリと主張できる海外女子に触発された結果、日本では自己中心的に見られる帰国女が居ます。 多くの人が自分の意見に誇りを持ち、同時にしっかりと述べられる海外の女子。

だけどそれはあくまで、海外女子の良いところ。 日本だと時に、ジコチューのレッテルを貼られて終わります。

6. 自慢話が多い

 自慢話が多い

本人には自覚がないかもしれません。 自分の体験を語る時、やはり印象深かった他国でのエピソードは欠かせないもの。

だけど海外を知らない人からすれば、その一つ一つが、スケールが大きく彩に溢れた自慢話に聞こえることがあります。 この場合、もしかすると聞く側の劣等感も関係あるのかもしれません。

7. 会話に英語が混ざる

会話に英語が混ざる

長い間海外で生活していた女性ならまだしも、短期留学から帰ってきてコレだと周りからの笑い者。 本当は流暢に話せない人ほどよくやる傾向にあります。

この場合、センテンスは作り慣れていないため、簡単な単語のみに絞り突然英語に変換してくるという奇妙な現象が。

8. レディーファーストに慣れている

レディーファーストに慣れている

海外の文化の一つとして「レディーファースト」がよく挙げられますよね。 これを体験し、良い気になってしまった女子は途端に日本男性の不甲斐なさに文句をつけることがあります。 日本で生まれ育った男性に突然そんなことを求めるな!こんな反感を買う帰国女も多いもの。

まとめ

郷に入りては郷に従え。 どんな国、場所、状況にも、あるべき姿や振る舞いが存在するものです。 文化の違う国で生活していれば、多少のギャップで人を驚かせてしまうのは仕方のないこと。 しかし本来は、色々な文化に触れたからこそ視野の広さや適応力も身につくものだと感じます。

海外生活の経験を持って、やけに空気の読めない女性になるのは避けたいところ。 冷静に自分を客観視でき、場の空気に合わせて自分を演出できるような、格好良い帰国女性が増えることを願っています。

あなたの周りに、海外生活や留学経験のある女性はいますか? 帰国したら何か人が変わったな、なんて感じた事はありますか? 近頃では短期長期を含め、海外で語学を学ぶ学生なんかも多いですよね。 帰国女に空気の読めない人が多い理由って一体何なんでしょう?


声が大きい

外国に行くと、日本人はなんて大人しいんだろうと思うことが多々あります。 道を歩いていても、電車に乗っていても、とにかくダイナミックに笑い、怒る外国人の姿をよく見かけます。 そんな姿に影響されて、帰国女はやたらと声が大きくなる傾向があります。

ジェスチャーが大きい

会話しながらも常に両手が宙で動いている。 これもまた外国の特徴的な文化かもしれません。

又、日本人にとってはこれが少し格好良く見えたりもするもの。 使い慣れない他国語を用いて自分の意見を述べる際に、自然と身についてしまった癖のようなものでもあります。

服装がズレてる

日本人的なオシャレって、時に海外では笑い者。 学校にもヒールを履いて行ったり、レースやシフォンのふわふわした洋服を選んだりすることに、海外だと違和感を覚えるんです。

ビーサンにTシャツでもクールに見える外国人に憧れて、帰国後なんだかチグハグな服装になってしまう女性はたくさん居ます。 そして悲しいかな、これは日本の男性にはあまりウケが良くありません。

メイクがズレてる

服装同様。 毎日髪を巻いたり、清楚なメイクを心がけたりする日本人の美的センスとはまた違った海外女子。 そんな人たちと長く過ごすことで、なんとなくズレたメイク顔が出来上がることも。

やけに眉が濃すぎたり、不自然に肌がギラついていたり。 なんとなく強そうに見えるメイクの帰国女、あなたの周りにも居ませんか?

自己中心的

自分の考えをハッキリと主張できる海外女子に触発された結果、日本では自己中心的に見られる帰国女が居ます。 多くの人が自分の意見に誇りを持ち、同時にしっかりと述べられる海外の女子。

だけどそれはあくまで、海外女子の良いところ。 日本だと時に、ジコチューのレッテルを貼られて終わります。

 自慢話が多い

本人には自覚がないかもしれません。 自分の体験を語る時、やはり印象深かった他国でのエピソードは欠かせないもの。

だけど海外を知らない人からすれば、その一つ一つが、スケールが大きく彩に溢れた自慢話に聞こえることがあります。 この場合、もしかすると聞く側の劣等感も関係あるのかもしれません。

会話に英語が混ざる

長い間海外で生活していた女性ならまだしも、短期留学から帰ってきてコレだと周りからの笑い者。 本当は流暢に話せない人ほどよくやる傾向にあります。

この場合、センテンスは作り慣れていないため、簡単な単語のみに絞り突然英語に変換してくるという奇妙な現象が。

レディーファーストに慣れている

海外の文化の一つとして「レディーファースト」がよく挙げられますよね。 これを体験し、良い気になってしまった女子は途端に日本男性の不甲斐なさに文句をつけることがあります。 日本で生まれ育った男性に突然そんなことを求めるな!こんな反感を買う帰国女も多いもの。

郷に入りては郷に従え。 どんな国、場所、状況にも、あるべき姿や振る舞いが存在するものです。 文化の違う国で生活していれば、多少のギャップで人を驚かせてしまうのは仕方のないこと。 しかし本来は、色々な文化に触れたからこそ視野の広さや適応力も身につくものだと感じます。

海外生活の経験を持って、やけに空気の読めない女性になるのは避けたいところ。 冷静に自分を客観視でき、場の空気に合わせて自分を演出できるような、格好良い帰国女性が増えることを願っています。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-