【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517174901.html
男がドン引きする厚化粧8選

男がドン引きする厚化粧8選 | LADYCO

LADYCO
男がドン引きする厚化粧8選

いつでもキレイでいたい!そんな女心と綺麗の夢を叶えてくれるメイク、ついついやり過ぎになったりしてませんか?

  • もはや地肌の面影がない
  • 特殊メイクなアイメイク
  • やたら不自然なつけまつげ
  • 何になりたいんだ?ピンク過ぎるチーク
  • 不自然極まりな、陰影メイク
  • それって、ナチュラル二重ですか?
  • お人形さん風?カラコン
  • 物掴めるの?なネイル
  • まとめ

1. もはや地肌の面影がない

もはや地肌の面影がない

すべすべ色白の綺麗なお肌は何と言っても女性の美の基本です。

でもやり過ぎはいけません。

男性は基本ナチュラルな美しさを女性に求めるもの。

だからナチュラルメイクは大歓迎でも、もはや地肌の面影すらない、まるでマネキンの様な、触ったらごっそり何かが剥がれて来そうな、そんな地肌の質感は決して求めていないのです。

度を越えた厚塗りはお肌の健康にもよろしくありませんから、やらないに越したことはありません。

2. 特殊メイクなアイメイク

特殊メイクなアイメイク

お目々ぱっちりのハーフ顔、やっぱり憧れてしまうのはわかります。

アイシャドウからアイライン、熱心に入れれば入れるほど何だかもの凄く目が大きく見える気がしますよね! でもそこが落とし穴。

瞳や白目が沈んでしまって、何だかみんな同じ顔に見えてしまうんです。

ああ、この子頑張ってるんだなあとは思えても、なんだかちょっと痛々しい感じになってしまうのが悲しい所です。

3. やたら不自然なつけまつげ

やたら不自然なつけまつげ

アイメイクのお話にも通じるものがありますが、やたらゴージャスなつけまつげももはや本人だけの自己満足の世界である事が多いよう。

やっている本人は毎日見慣れて、どんどんとエスカレートしてしまい、違和感も感じない事が多いのですが、見慣れていない男性諸君からすると、エ、何?これ何で出来てるの?くらいの期待外れな感想を漏らして来たりします。

ですから、分量や長さはほどほどに、ナチュラルで上品、それでいて可愛いらしいくらいのギリギリを狙って行くのがよい様です。

4. 何になりたいんだ?ピンク過ぎるチーク

何になりたいんだ?ピンク過ぎるチーク

つやつやなお肌の上にキュートなピンクのチークを乗せて、愛されメイクの完成! なのはごもっとなのではありますが、やたらピンク過ぎたり濃すぎたりすると、もはやおてもやん(古い?)の世界。

なんだかメイクのバランスがちぐはぐになってしまい、この子なにを目指してるんだろう?もしかして、笑いを取りたいのか?

!なんて。

そんな勘違いを招かないためにも、濃さはあくまでナチュラルがいい様です。

5. 不自然極まりな、陰影メイク

不自然極まりな、陰影メイク

女性なら分かります、少しでも小顔に見せたいその気持ち! しかし、気合いを入れてシャドウを引いていると、もっともっととついつい濃くなってしまうのが人というもの。

写真に写った自分の、あまりにもシャープな輪郭を見て、愕然とした事がある人もいるかもしれませんね。

男性はそんなシャープな雰囲気より、ナチュラルで触ったら気持ち良さそうな丸いほっぺの方がお好みかも知れません。

6. それって、ナチュラル二重ですか?

それって、ナチュラル二重ですか?

やっぱり大事なアイメイク、不自然な二重をムリに作ったりしていませんか?

あくまでナチュラルに見えているなら良いのですが、引きつっていたり、どこか違和感があるものはNG。

どうしてそこまでして二重にしたいのかと、よっぽどの二重好き男子でもない限り、不思議に思われる可能性も。

7. お人形さん風?カラコン

お人形さん風?カラコン

大きくてキラキラの茶色い瞳! 今やカラコンなしでは外出は出来ないという方も多い様ですが、あまりにも大きくて、日本人離れした色合いだとやっぱり違和感が拭いきれません。

目を合わせたら、何かが吸い込まれていってしまうのではないか?

!なんて恐怖心を持たれないためにも、やっぱりナチュラルベースでチョイスするのがオススメです。

8. 物掴めるの?なネイル

物掴めるの?なネイル

お洒落大好きな女のコなら、欠かせないのがやっぱりネイル! 季節感やコーデに合わせて、色々なデザインをアクセサリー感覚で気軽に楽しめるのが楽しいですよね! しかしこちらも日常生活に支障があるのではと心配されるほど、派手だったり長すぎたりするのも考えもの。

あくまでシンプルにそれでいて美しく、が男性陣はお好みな様ですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女心で考える、メイクに対するカワイイの基準。

男性からすると、理解を超えた宇宙のような感覚かも知れません。

自分の好きなメイクを実現しながら、男性からも支持される、そんな永遠のテーマ、これからもきっと続いて行くのかも知れませんね。

いつでもキレイでいたい!そんな女心と綺麗の夢を叶えてくれるメイク、ついついやり過ぎになったりしてませんか?


もはや地肌の面影がない

すべすべ色白の綺麗なお肌は何と言っても女性の美の基本です。

でもやり過ぎはいけません。

男性は基本ナチュラルな美しさを女性に求めるもの。

だからナチュラルメイクは大歓迎でも、もはや地肌の面影すらない、まるでマネキンの様な、触ったらごっそり何かが剥がれて来そうな、そんな地肌の質感は決して求めていないのです。

度を越えた厚塗りはお肌の健康にもよろしくありませんから、やらないに越したことはありません。

特殊メイクなアイメイク

お目々ぱっちりのハーフ顔、やっぱり憧れてしまうのはわかります。

アイシャドウからアイライン、熱心に入れれば入れるほど何だかもの凄く目が大きく見える気がしますよね! でもそこが落とし穴。

瞳や白目が沈んでしまって、何だかみんな同じ顔に見えてしまうんです。

ああ、この子頑張ってるんだなあとは思えても、なんだかちょっと痛々しい感じになってしまうのが悲しい所です。

やたら不自然なつけまつげ

アイメイクのお話にも通じるものがありますが、やたらゴージャスなつけまつげももはや本人だけの自己満足の世界である事が多いよう。

やっている本人は毎日見慣れて、どんどんとエスカレートしてしまい、違和感も感じない事が多いのですが、見慣れていない男性諸君からすると、エ、何?これ何で出来てるの?くらいの期待外れな感想を漏らして来たりします。

ですから、分量や長さはほどほどに、ナチュラルで上品、それでいて可愛いらしいくらいのギリギリを狙って行くのがよい様です。

何になりたいんだ?ピンク過ぎるチーク

つやつやなお肌の上にキュートなピンクのチークを乗せて、愛されメイクの完成! なのはごもっとなのではありますが、やたらピンク過ぎたり濃すぎたりすると、もはやおてもやん(古い?)の世界。

なんだかメイクのバランスがちぐはぐになってしまい、この子なにを目指してるんだろう?もしかして、笑いを取りたいのか?

!なんて。

そんな勘違いを招かないためにも、濃さはあくまでナチュラルがいい様です。

不自然極まりな、陰影メイク

女性なら分かります、少しでも小顔に見せたいその気持ち! しかし、気合いを入れてシャドウを引いていると、もっともっととついつい濃くなってしまうのが人というもの。

写真に写った自分の、あまりにもシャープな輪郭を見て、愕然とした事がある人もいるかもしれませんね。

男性はそんなシャープな雰囲気より、ナチュラルで触ったら気持ち良さそうな丸いほっぺの方がお好みかも知れません。

それって、ナチュラル二重ですか?

やっぱり大事なアイメイク、不自然な二重をムリに作ったりしていませんか?

あくまでナチュラルに見えているなら良いのですが、引きつっていたり、どこか違和感があるものはNG。

どうしてそこまでして二重にしたいのかと、よっぽどの二重好き男子でもない限り、不思議に思われる可能性も。

お人形さん風?カラコン

大きくてキラキラの茶色い瞳! 今やカラコンなしでは外出は出来ないという方も多い様ですが、あまりにも大きくて、日本人離れした色合いだとやっぱり違和感が拭いきれません。

目を合わせたら、何かが吸い込まれていってしまうのではないか?

!なんて恐怖心を持たれないためにも、やっぱりナチュラルベースでチョイスするのがオススメです。

物掴めるの?なネイル

お洒落大好きな女のコなら、欠かせないのがやっぱりネイル! 季節感やコーデに合わせて、色々なデザインをアクセサリー感覚で気軽に楽しめるのが楽しいですよね! しかしこちらも日常生活に支障があるのではと心配されるほど、派手だったり長すぎたりするのも考えもの。

あくまでシンプルにそれでいて美しく、が男性陣はお好みな様ですよ。

いかがでしたでしょうか?

女心で考える、メイクに対するカワイイの基準。

男性からすると、理解を超えた宇宙のような感覚かも知れません。

自分の好きなメイクを実現しながら、男性からも支持される、そんな永遠のテーマ、これからもきっと続いて行くのかも知れませんね。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-