【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517163926.html
写真が大好きな人の心理

写真が大好きな人の心理 | LADYCO

LADYCO
写真が大好きな人の心理

いつでもどこでも写真を撮りたがる人っていますよね。

今回は、写真ばかり撮る人の心理を8つご紹介しましょう。

  • 思い出を残したい
  • 後で見て楽しみたい
  • SNSなどで人と共有したい
  • コミュニケーションのツールにしたい
  • 写真を撮ること自体が楽しい
  • 写真の中だけでも違う自分に変身したい
  • 写真を通して表現したい
  • 部屋に飾りたい
  • まとめ

1. 思い出を残したい

思い出を残したい

人は移ろいゆく時間の中に生きていて、今日の出来事もやがては過去になり段々記憶も薄れていきます。

しかしカメラがあれば、一瞬一瞬を切り取って未来に残すことができます。

その日の空気感やそこにいた人の姿を留めておくために、写真を撮るのです。

毎日同じ被写体を撮り続ける人もいますが、一見変わらないものでも、写真を通して日々の微妙な変化を感じ取ることができます。

写真を日記のようにライフログとして使っているのです。

2. 後で見て楽しみたい

後で見て楽しみたい

特に旅行に行った時などは写真をたくさん撮りますが、後で見返してみるとその場にいた時には気が付かなかった発見があり、見ているだけで楽しい気分になれます。

また、辛いことがあった時や心が疲れている時に楽しかった思い出の写真を見ると、その時の気持ちを思い出して元気になれます。

さらに、家族や恋人に会えない時、写真を見て寂しさを紛らわせることもできます。

3. SNSなどで人と共有したい

SNSなどで人と共有したい

SNSの普及した今の時代は、人とシェアするために写真を撮る人がかなり多くなってきました。

SNSで写真を共有するのが好きな人は常にスマホを手放さず、その日に起きた出来事や美味しい食べ物など、他の人が注目しそうな被写体を見つけるために常に目を光らせています。

とはいえ、SNS映えする写真を撮ることばかりに集中してしまい、周囲の状況が見えなくなってしまうこともたまにあります。

4. コミュニケーションのツールにしたい

コミュニケーションのツールにしたい

記憶は人に見せることはできませんが、写真ならそれが可能です。

思い出の写真や親しい人の写真を見せるだけでイメージがぐんと膨らみ、会話が盛り上がります。

また、あまり親しくない人との会話で話題に困った時なども、写真を見せるだけである程度場を持たすことができます。

このように、写真はコミュニケーションツールとしてとても有能なのです。

5. 写真を撮ること自体が楽しい

写真を撮ること自体が楽しい

写真好きな人はこの理由が多いです。

ファインダーを覗くことで世界が違って見えるから刺激的で面白いという人もいれば、友達同士でわいわい写真を撮ること自体が一つのイベントとして楽しいという人もいます。

後で写真を見返すかどうかはわからないけれど、写真を撮っている瞬間が何よりも楽しいのです。

6. 写真の中だけでも違う自分に変身したい

写真の中だけでも違う自分に変身したい

この理由は、可愛くなりたい願望の強い若い女性に多いです。

写真は写す角度や光の強さによってまったく印象が異なるので、同じ人物でも見違えるほど綺麗に写れる可能性があります。

「奇跡の一枚」を撮るために、何十枚、何百枚と撮る人も中にはいます。

さらに、写真を盛れるスマホアプリが大人気なように、写真を通して自分の変身願望を叶えることもできます。

7. 写真を通して表現したい

写真を通して表現したい

このタイプの人はカメラにもこだわりがあり、それなりに知識やテクニックも持っています。

いつもカメラを持ち歩いて、自分がピンときたものを写真に収めているのです。

自分の写真をネットにアップして公開したり、写真コンテストに出品したりする人もいます。

8. 部屋に飾りたい

部屋に飾りたい

デジタル写真全盛の時代ですが、写真をプリントアウトする人も少なくありません。

上手く撮れた写真や思い出の写真を現像し、インテリアとして部屋に飾るのです。

普通のデジタルカメラだけでなく、ポラロイドカメラやトイカメラなど味のある写真が撮れるカメラを好んで使う人も少なくありません。

まとめ

このように、人とシェアするためだったり、自分の変身願望を叶えるためだったり、単純に楽しむためだったりと、写真ばかり撮る人の心理は様々です。

誰もがカメラ付きスマホを手にする今の時代、カメラと上手に付き合っていくことが求められるでしょう。

いつでもどこでも写真を撮りたがる人っていますよね。

今回は、写真ばかり撮る人の心理を8つご紹介しましょう。


思い出を残したい

人は移ろいゆく時間の中に生きていて、今日の出来事もやがては過去になり段々記憶も薄れていきます。

しかしカメラがあれば、一瞬一瞬を切り取って未来に残すことができます。

その日の空気感やそこにいた人の姿を留めておくために、写真を撮るのです。

毎日同じ被写体を撮り続ける人もいますが、一見変わらないものでも、写真を通して日々の微妙な変化を感じ取ることができます。

写真を日記のようにライフログとして使っているのです。

後で見て楽しみたい

特に旅行に行った時などは写真をたくさん撮りますが、後で見返してみるとその場にいた時には気が付かなかった発見があり、見ているだけで楽しい気分になれます。

また、辛いことがあった時や心が疲れている時に楽しかった思い出の写真を見ると、その時の気持ちを思い出して元気になれます。

さらに、家族や恋人に会えない時、写真を見て寂しさを紛らわせることもできます。

SNSなどで人と共有したい

SNSの普及した今の時代は、人とシェアするために写真を撮る人がかなり多くなってきました。

SNSで写真を共有するのが好きな人は常にスマホを手放さず、その日に起きた出来事や美味しい食べ物など、他の人が注目しそうな被写体を見つけるために常に目を光らせています。

とはいえ、SNS映えする写真を撮ることばかりに集中してしまい、周囲の状況が見えなくなってしまうこともたまにあります。

コミュニケーションのツールにしたい

記憶は人に見せることはできませんが、写真ならそれが可能です。

思い出の写真や親しい人の写真を見せるだけでイメージがぐんと膨らみ、会話が盛り上がります。

また、あまり親しくない人との会話で話題に困った時なども、写真を見せるだけである程度場を持たすことができます。

このように、写真はコミュニケーションツールとしてとても有能なのです。

写真を撮ること自体が楽しい

写真好きな人はこの理由が多いです。

ファインダーを覗くことで世界が違って見えるから刺激的で面白いという人もいれば、友達同士でわいわい写真を撮ること自体が一つのイベントとして楽しいという人もいます。

後で写真を見返すかどうかはわからないけれど、写真を撮っている瞬間が何よりも楽しいのです。

写真の中だけでも違う自分に変身したい

この理由は、可愛くなりたい願望の強い若い女性に多いです。

写真は写す角度や光の強さによってまったく印象が異なるので、同じ人物でも見違えるほど綺麗に写れる可能性があります。

「奇跡の一枚」を撮るために、何十枚、何百枚と撮る人も中にはいます。

さらに、写真を盛れるスマホアプリが大人気なように、写真を通して自分の変身願望を叶えることもできます。

写真を通して表現したい

このタイプの人はカメラにもこだわりがあり、それなりに知識やテクニックも持っています。

いつもカメラを持ち歩いて、自分がピンときたものを写真に収めているのです。

自分の写真をネットにアップして公開したり、写真コンテストに出品したりする人もいます。

部屋に飾りたい

デジタル写真全盛の時代ですが、写真をプリントアウトする人も少なくありません。

上手く撮れた写真や思い出の写真を現像し、インテリアとして部屋に飾るのです。

普通のデジタルカメラだけでなく、ポラロイドカメラやトイカメラなど味のある写真が撮れるカメラを好んで使う人も少なくありません。

このように、人とシェアするためだったり、自分の変身願望を叶えるためだったり、単純に楽しむためだったりと、写真ばかり撮る人の心理は様々です。

誰もがカメラ付きスマホを手にする今の時代、カメラと上手に付き合っていくことが求められるでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-