【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517114304.html
仕事でも初対面でも敬語を一切喋らない人の心理

仕事でも初対面でも敬語を一切喋らない人の心理 | LADYCO

LADYCO
仕事でも初対面でも敬語を一切喋らない人の心理

仕事でも初対面でも敬語を一切喋らない人の心理状態について、ここでは10個のパターンを述べています。

  • 敬意を示していない
  • 傲慢
  • 上に立ちたい
  • 敬語に嫌悪感を感じる
  • 年下
  • 親しみを込めて
  • 自分の性格をアピール
  • 人付き合いが苦手
  • 海外思考
  • 敬語を知らない

1. 敬意を示していない

敬意を示していない

敬語を話すということは相手を敬っていることを示していることになります。

しかし敬語を一切使わない人は相手に対して敬意を示していることにはなりません。

そのため「この人を敬う必要はない」と感じていることを態度によってあらわしていることになります。

2. 傲慢

傲慢

上記でも述べましたが、敬語を使わないことは話をしている相手を敬っていないことを示しています。

そしてこのようなタイプの人の中には自分は誰よりも偉く、自分を超える人物など身近なところに存在しないという思いを抱いていることがあります。

そのため身近なところで敬意を示す必要はなく、敬語を使う状況など存在しないと考えているのです。

このような傲慢な態度により敬語を使わない人がいるのです。

3. 上に立ちたい

上に立ちたい

とにかく人よりも上の立場でいたいと考える人がいます。

このような人はたとえ自分よりも能力のある人に出くわしたとしても、それを認めようとはしません。

そして言葉や行動によって「自分はあなたよりも優れている」という気持ちを表現するのです。

このような人は相手に敬語を使うとその人を敬っていることになり、自分が下の立場にあることを認めていることになると考えます。

こうした考え方により、敬語を使うことをあえて避けている人がいるのです。

4. 敬語に嫌悪感を感じる

敬語に嫌悪感を感じる

敬語を使うと人に媚びを売っているように感じるという人がいます。

そしてこのような状況を嫌い、ありのままの自分を見てほしいと感じるのです。

もちろん敬語を使う人全てが媚びを売っているわけではありません。

その多くは純粋に敬意を示しているにすぎません。

しかし過去に敬語を駆使して媚びを売り、その結果上司などからひいきされた人を見てきた場合、敬語に嫌悪感を抱くことがあります。

このような人は敬語を避けることがあります。

5. 年下

年下

年下の人と話をするとき、初対面であっても敬語を使わずに話をする人がいます。

このような状況は緊張をほぐしてくれることがあるために、その場を和ませるというメリットをもたらすことがあります。

このようなメリットについてあらかじめ考慮し、あえて敬語を使わない人もいます。

このような人は非常にクレバーであると言えます。

6. 親しみを込めて

親しみを込めて

敬語を使うと何だかギクシャクした関係になると感じる人がいます。

「自分はもっと人と親しくなりたい」「誰とでも対等に話がしたい」と感じる人がいるのです。

そのような人の中には初対面であろうと敬語を使わずに話をしてくることがあります。

5つ目の項目でも述べたように、多くの場合年上の人が敬語を使わずに年下の人に話しをするというのは問題ありません。

しかし年下の人が初対面の目上の人に対して敬語を使わずに話すというのは、いくら親しみを込めているからと言え問題となることがあります。

7. 自分の性格をアピール

自分の性格をアピール

自分は敬語など使うようなかしこまった性格の持ち主ではないことをアピールするために、あえて敬語を使用しない人がいます。

このような人は最初から敬語を使えないことを周りの人に知ってもらえれば自分が苦労して敬語を覚える必要はなく、ありのままの自分でいられると感じているのです。

このタイプの人は職人さんなどのある種の技術に優れている人に多く見られ、言葉よりも作品によって自分を表現することに重きを置いているのです。

8. 人付き合いが苦手

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手であるという人がいます。

このような人はわざと自分を人から遠ざけることがあります。

そのためぶっきらぼうな話し方をし、人から好かれないようにするのです。

当然のことながらこのような人は敬語を用いません。

人間的には非常に優れた特質を有していることも多々あるりものの、敬語を使用しない話し方ゆえに誤解されやすい人でもあるのです。

9. 海外思考

海外思考

外国では敬語を用いていない文化が浸透しています。

もちろん敬語そのものが存在しない国も多々あるために、目上の人や初対面の人には態度によって敬意を示すことが一般的となっています。

このような文化に魅力を感じ、言葉よりも態度で敬意を示そうと考えている人がいます。

このような人も敬語を使いません。

また実際に海外生活が長かったという人や、海外で生まれ育ったという人の中にはこのような考え方をしている人も多く、敬語を使わずに話をする人がいます。

10. 敬語を知らない

そもそも敬語やその重要性を認識していなければ、敬語が使用されることはありません。

そして中にはそうしたことをきちんと理解していない人もいます。

そのため目上の人や初対面の人に対して敬語を使用せず、失礼な態度を取ってしまうことがあるのです。

しかし本人の中では失礼な態度を取ったという認識はなく、場合によっては「なぜ自分の話し方が人を不快にさせているのだろう」と疑問を感じることさえあるのです。

驚くことにこのような状況は何かの才能に秀でている、いわゆる天才と呼ばれている人に対しても見られることがあります。

仕事でも初対面でも敬語を一切喋らない人の心理状態について、ここでは10個のパターンを述べています。


敬意を示していない

敬語を話すということは相手を敬っていることを示していることになります。

しかし敬語を一切使わない人は相手に対して敬意を示していることにはなりません。

そのため「この人を敬う必要はない」と感じていることを態度によってあらわしていることになります。

傲慢

上記でも述べましたが、敬語を使わないことは話をしている相手を敬っていないことを示しています。

そしてこのようなタイプの人の中には自分は誰よりも偉く、自分を超える人物など身近なところに存在しないという思いを抱いていることがあります。

そのため身近なところで敬意を示す必要はなく、敬語を使う状況など存在しないと考えているのです。

このような傲慢な態度により敬語を使わない人がいるのです。

上に立ちたい

とにかく人よりも上の立場でいたいと考える人がいます。

このような人はたとえ自分よりも能力のある人に出くわしたとしても、それを認めようとはしません。

そして言葉や行動によって「自分はあなたよりも優れている」という気持ちを表現するのです。

このような人は相手に敬語を使うとその人を敬っていることになり、自分が下の立場にあることを認めていることになると考えます。

こうした考え方により、敬語を使うことをあえて避けている人がいるのです。

敬語に嫌悪感を感じる

敬語を使うと人に媚びを売っているように感じるという人がいます。

そしてこのような状況を嫌い、ありのままの自分を見てほしいと感じるのです。

もちろん敬語を使う人全てが媚びを売っているわけではありません。

その多くは純粋に敬意を示しているにすぎません。

しかし過去に敬語を駆使して媚びを売り、その結果上司などからひいきされた人を見てきた場合、敬語に嫌悪感を抱くことがあります。

このような人は敬語を避けることがあります。

年下

年下の人と話をするとき、初対面であっても敬語を使わずに話をする人がいます。

このような状況は緊張をほぐしてくれることがあるために、その場を和ませるというメリットをもたらすことがあります。

このようなメリットについてあらかじめ考慮し、あえて敬語を使わない人もいます。

このような人は非常にクレバーであると言えます。

親しみを込めて

敬語を使うと何だかギクシャクした関係になると感じる人がいます。

「自分はもっと人と親しくなりたい」「誰とでも対等に話がしたい」と感じる人がいるのです。

そのような人の中には初対面であろうと敬語を使わずに話をしてくることがあります。

5つ目の項目でも述べたように、多くの場合年上の人が敬語を使わずに年下の人に話しをするというのは問題ありません。

しかし年下の人が初対面の目上の人に対して敬語を使わずに話すというのは、いくら親しみを込めているからと言え問題となることがあります。

自分の性格をアピール

自分は敬語など使うようなかしこまった性格の持ち主ではないことをアピールするために、あえて敬語を使用しない人がいます。

このような人は最初から敬語を使えないことを周りの人に知ってもらえれば自分が苦労して敬語を覚える必要はなく、ありのままの自分でいられると感じているのです。

このタイプの人は職人さんなどのある種の技術に優れている人に多く見られ、言葉よりも作品によって自分を表現することに重きを置いているのです。

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手であるという人がいます。

このような人はわざと自分を人から遠ざけることがあります。

そのためぶっきらぼうな話し方をし、人から好かれないようにするのです。

当然のことながらこのような人は敬語を用いません。

人間的には非常に優れた特質を有していることも多々あるりものの、敬語を使用しない話し方ゆえに誤解されやすい人でもあるのです。

海外思考

外国では敬語を用いていない文化が浸透しています。

もちろん敬語そのものが存在しない国も多々あるために、目上の人や初対面の人には態度によって敬意を示すことが一般的となっています。

このような文化に魅力を感じ、言葉よりも態度で敬意を示そうと考えている人がいます。

このような人も敬語を使いません。

また実際に海外生活が長かったという人や、海外で生まれ育ったという人の中にはこのような考え方をしている人も多く、敬語を使わずに話をする人がいます。

そもそも敬語やその重要性を認識していなければ、敬語が使用されることはありません。

そして中にはそうしたことをきちんと理解していない人もいます。

そのため目上の人や初対面の人に対して敬語を使用せず、失礼な態度を取ってしまうことがあるのです。

しかし本人の中では失礼な態度を取ったという認識はなく、場合によっては「なぜ自分の話し方が人を不快にさせているのだろう」と疑問を感じることさえあるのです。

驚くことにこのような状況は何かの才能に秀でている、いわゆる天才と呼ばれている人に対しても見られることがあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-