【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105247.html
友達にお金を借りる人の心理

友達にお金を借りる人の心理 | LADYCO

LADYCO
友達にお金を借りる人の心理

友達にお金を借りる人の心理とはどんな事が考えられるのでしょうか。

  • 後先の事を考えていない
  • 大事な友達だから貸してくれるだろうと踏んでいる
  • 親もお金を借りていたからハードルが下がっている
  • 友情よりもお金が大切だと感じている
  • 後で返すから大丈夫
  • 人の気持ちを考える事が苦手
  • 相手よりも自分が上だと思い込んでいる
  • 誘惑にひたすら弱い
  • 我慢をする事が苦手
  • お金を持ってそうと感じるから
  • 借りてもうやむやにしてしまおうと企んでいる

1. 後先の事を考えていない

後先の事を考えていない

友情が破綻するかもしれない、払える見込みは無いけど何とかなる、というように後先の事を考えていないからです。

怒られても後で謝れば許してくれるという認識の甘さ故の行動でもあります。

今この状況から抜け出す事が大切で、お金を借りる為なら何だってします。

先を見据えていないのでいつか痛い目に遭いやすいので気をつけて生きるように心がけます。

ですが根は楽観的なので、気持ちの切り替えが非常に上手です。

2. 大事な友達だから貸してくれるだろうと踏んでいる

大事な友達だから貸してくれるだろうと踏んでいる

大事な友達だからこそ貸してくれるだろうと考えています。

友達年数によって長ければ長いほど、多くのお金を貸してくれると思い込んでいる節があります。

人によってはお金を貸してと言われた時点で縁を切ろうと感じる人もいるでしょう。

大事な友達だからこそ、断るという選択肢を取られる事もあり、友情は二度と戻ってこない事を頭の中に入れておくようにします。

3. 親もお金を借りていたからハードルが下がっている

親もお金を借りていたからハードルが下がっている

親も友達にお金を貸してと頼む節があり、その姿を見て育ってきているからです。

お金を貸してと頼むこと自体に悪気は一切感じておらず、普通の事だと考えています。

友達であれば何に使うのか先に聞いたり、間違っているよと止められる人が真の友達です。

一般的な常識を教え込んであげる必要があります。

4. 友情よりもお金が大切だと感じている

友情よりもお金が大切だと感じている

友情とお金を天秤にかけた時お金の方が大事だと感じているからです。

なので特に気にする事もなく友達に頼み込みます。

裏切られた経験や、友達関係で上手くいかなかった過去がある場合があります。

心に深い傷を負っているからこそ正常な判断ができず、人を心から尊敬する事も難しいです。

なので真っ先に友達にお金を貸してと言いにきてしまいます。

5. 後で返すから大丈夫

後で返すから大丈夫

後で返すから、迷惑はかからないだろうと踏んでいます。

後で返すからいいと言うことではなく、簡単に借りたいと言えてしまうことに問題があります。

後で返す見込みはちゃんとあるのか、踏み倒したりしないか、払う意思を見せてもらう事が何よりです。

貸す場合証拠として一筆サインしてもらう事で貸す方も安心出来ます。

6. 人の気持ちを考える事が苦手

人の気持ちを考える事が苦手

第三者の気持ちになって考える事が苦手なので、相手の気持ちを上手く読み取れません。

なので簡単に言えてしまいます。

自分が友達にお金を貸してと言われたら当然嫌なのですが、そのビジョンを自分に置き換える事が瞬時に行えません。

嫌だと言う意思表示を友達に出された時、初めてダメな事をしているんだなと深く理解する事でしょう。

自分がされて嫌だと感じる事はしないように努めましょう。

7. 相手よりも自分が上だと思い込んでいる

相手よりも自分が上だと思い込んでいる

対等な立場として扱っておらず、どちらかと言うと自分の方が立場が上だと自負しています。

この場合声をかける相手の人物像は、おどおどしていて嫌なことに対しても直ぐにノーと表せない人に多いです。

断らないだろうなと前々から知っているので、お金を安易に借りようとします。

対等な立場である事を示し、嫌だと言う事をはっきり伝えるようにしましょう。

一度貸してくれると、もう一回もう一回と高確率でまた頼みに来ます。

8. 誘惑にひたすら弱い

誘惑にひたすら弱い

我慢することが苦手でギャンブルなどにハマりやすいです。

ギャンブルをする上で負けてしまうとお金がすっからかんになります。

生活していくお金を工面するためにお金を貸して欲しいと持ちかけます。

根本的な理由として誘惑に乗りやすいので、身近な友人から借りる手段を取るようになります。

食べたいものは食べる、寝たい時に寝る、など自分に甘いので必然的に起こってしまう行動でもあります。

9. 我慢をする事が苦手

我慢をする事が苦手

我慢ができないので、半分以上は病気の勢いでお金の話を持ちかけます。

理性を失っているので、大切な友達という判断もしにくいです。

我に帰った時に後悔しやすく、我慢できなくなるとまた同じ行為に走りやすいです。

我慢するという事が出来ないが故に、苦肉の策に友達に話を持ちかけてしまいます。

10. お金を持ってそうと感じるから

お金を持ってそうと感じるから

お金持ちだと知っているからです。

裕福な生活を送っているので、自分にも貸してくれる分はあるだろうなという確信的な行動を行います。

お金が無さそうな人には最初から行きません。

羽振りが良かったり、身につけているものが高価なものであれば、生活ぶりを見なくてもお金持ちだと判断されやすいです。

お金持ちであっても貸す意思はない事をはっきり伝えましょう。

11. 借りてもうやむやにしてしまおうと企んでいる

知人に借りる方が借金をうやむやにしやすいと企んでいるからです。

必ず返すと口では言うもののこのような人はお金を返す事は残念ながらありません。

優しい人は同情して直ぐに貸してしまいますが、損してしまうのは自分なのでよく考えた上で決めましょう。

うやむやに出来ない証明書を作る事で、返してもらわなくても裁判を起こすことも可能です。

友達にお金を借りる人の心理とはどんな事が考えられるのでしょうか。


後先の事を考えていない

友情が破綻するかもしれない、払える見込みは無いけど何とかなる、というように後先の事を考えていないからです。

怒られても後で謝れば許してくれるという認識の甘さ故の行動でもあります。

今この状況から抜け出す事が大切で、お金を借りる為なら何だってします。

先を見据えていないのでいつか痛い目に遭いやすいので気をつけて生きるように心がけます。

ですが根は楽観的なので、気持ちの切り替えが非常に上手です。

大事な友達だから貸してくれるだろうと踏んでいる

大事な友達だからこそ貸してくれるだろうと考えています。

友達年数によって長ければ長いほど、多くのお金を貸してくれると思い込んでいる節があります。

人によってはお金を貸してと言われた時点で縁を切ろうと感じる人もいるでしょう。

大事な友達だからこそ、断るという選択肢を取られる事もあり、友情は二度と戻ってこない事を頭の中に入れておくようにします。

親もお金を借りていたからハードルが下がっている

親も友達にお金を貸してと頼む節があり、その姿を見て育ってきているからです。

お金を貸してと頼むこと自体に悪気は一切感じておらず、普通の事だと考えています。

友達であれば何に使うのか先に聞いたり、間違っているよと止められる人が真の友達です。

一般的な常識を教え込んであげる必要があります。

友情よりもお金が大切だと感じている

友情とお金を天秤にかけた時お金の方が大事だと感じているからです。

なので特に気にする事もなく友達に頼み込みます。

裏切られた経験や、友達関係で上手くいかなかった過去がある場合があります。

心に深い傷を負っているからこそ正常な判断ができず、人を心から尊敬する事も難しいです。

なので真っ先に友達にお金を貸してと言いにきてしまいます。

後で返すから大丈夫

後で返すから、迷惑はかからないだろうと踏んでいます。

後で返すからいいと言うことではなく、簡単に借りたいと言えてしまうことに問題があります。

後で返す見込みはちゃんとあるのか、踏み倒したりしないか、払う意思を見せてもらう事が何よりです。

貸す場合証拠として一筆サインしてもらう事で貸す方も安心出来ます。

人の気持ちを考える事が苦手

第三者の気持ちになって考える事が苦手なので、相手の気持ちを上手く読み取れません。

なので簡単に言えてしまいます。

自分が友達にお金を貸してと言われたら当然嫌なのですが、そのビジョンを自分に置き換える事が瞬時に行えません。

嫌だと言う意思表示を友達に出された時、初めてダメな事をしているんだなと深く理解する事でしょう。

自分がされて嫌だと感じる事はしないように努めましょう。

相手よりも自分が上だと思い込んでいる

対等な立場として扱っておらず、どちらかと言うと自分の方が立場が上だと自負しています。

この場合声をかける相手の人物像は、おどおどしていて嫌なことに対しても直ぐにノーと表せない人に多いです。

断らないだろうなと前々から知っているので、お金を安易に借りようとします。

対等な立場である事を示し、嫌だと言う事をはっきり伝えるようにしましょう。

一度貸してくれると、もう一回もう一回と高確率でまた頼みに来ます。

誘惑にひたすら弱い

我慢することが苦手でギャンブルなどにハマりやすいです。

ギャンブルをする上で負けてしまうとお金がすっからかんになります。

生活していくお金を工面するためにお金を貸して欲しいと持ちかけます。

根本的な理由として誘惑に乗りやすいので、身近な友人から借りる手段を取るようになります。

食べたいものは食べる、寝たい時に寝る、など自分に甘いので必然的に起こってしまう行動でもあります。

我慢をする事が苦手

我慢ができないので、半分以上は病気の勢いでお金の話を持ちかけます。

理性を失っているので、大切な友達という判断もしにくいです。

我に帰った時に後悔しやすく、我慢できなくなるとまた同じ行為に走りやすいです。

我慢するという事が出来ないが故に、苦肉の策に友達に話を持ちかけてしまいます。

お金を持ってそうと感じるから

お金持ちだと知っているからです。

裕福な生活を送っているので、自分にも貸してくれる分はあるだろうなという確信的な行動を行います。

お金が無さそうな人には最初から行きません。

羽振りが良かったり、身につけているものが高価なものであれば、生活ぶりを見なくてもお金持ちだと判断されやすいです。

お金持ちであっても貸す意思はない事をはっきり伝えましょう。

知人に借りる方が借金をうやむやにしやすいと企んでいるからです。

必ず返すと口では言うもののこのような人はお金を返す事は残念ながらありません。

優しい人は同情して直ぐに貸してしまいますが、損してしまうのは自分なのでよく考えた上で決めましょう。

うやむやに出来ない証明書を作る事で、返してもらわなくても裁判を起こすことも可能です。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-