【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517105219.html
すぐ行動できるようになる気持ちの持ち方

すぐ行動できるようになる気持ちの持ち方 | LADYCO

LADYCO
すぐ行動できるようになる気持ちの持ち方

すぐ行動できるようになる気持ちの持ち方を10選まとめました。

  • 最初からゴールを目指さない
  • 行動せずにいる自分を客観的に見つめる
  • 今日1日の終わりにどうなっていたいかを考える
  • 時間配分を見直す
  • すべきことの重要度について考える
  • 価値をお金で計算してみる
  • 先延ばしにする代償について考えてみる
  • 明日の計画を立てる
  • 不測の事態に備える
  • 目標を達成したときのご褒美を計画する

1. 最初からゴールを目指さない

最初からゴールを目指さない

やるべきことが多すぎたり、難しいことだったりすると、それに取り掛かるモチベーションを起こすのにも一苦労します。

それとは対照的になんということはない用事であれば腰を上げるのにそれほどの労力を要しません。

しかし大概の用事は小さな行事の積み重ねであることを考えると、最初からゴールや完成形ばかりに思いが向いて最初の一歩を踏み出せずにいるのはもったいないことです。

ですからこれからしようとしている事は大きなことではなく、まず目の前にある小さな一動作をこなすに過ぎないという意識を持ちましょう。

2. 行動せずにいる自分を客観的に見つめる

行動せずにいる自分を客観的に見つめる

しなければいけないと言う事は分かっている、でもする気が起きない、と思って何もしていない自分はあなたの目にどう映っているでしょうか。

その状況はじっとしていて何か改善されるでしょうか。

一歩下がって自分自身を見つめてみましょう。

3. 今日1日の終わりにどうなっていたいかを考える

今日1日の終わりにどうなっていたいかを考える

今日1日を終えるとき、どんな気持ちでベッドに入りたいでしょうか。

よくがんばった、すべては終わらなかったけれど◯割は片付けた、明日への見通しが立った、などある程度の達成感を感じつつ1日を終えたいのではないでしょうか。

またここまでは済ませておきたい、などその日一日に対する具体的な目標を決め、それをし終えた自分を想像してみるのです。

4. 時間配分を見直す

時間配分を見直す

しなければならない仕事は全体でどれほどの時間を要するものでしょうか。

まずはそれを把握することが必要です。

10時間かかるものであれば、5つのパートに分けてまずは2時間分をこなしたり、活動の種類ごとに分けて取り組みやすいものから何時までに終わらせる、と計画することも役立ちます。

5. すべきことの重要度について考える

すべきことの重要度について考える

あなたがしなければならないことがどれほど大切なことですか。

たとえ気が乗らない作業であったとしてもそれはあなたがすることによって、何が成し遂げられますか。

お給料がもらえたり、家族が健康に暮らせるようになったり、自分自身の能力が高まったり、人から感謝されたり、家が片付いたりと何かしら価値のあることではないでしょうか。

そしてそれをしなかったらどうなるのでしょう。

それほど重要でないことのように思える仕事であっても、それをする人がもし誰もいなかったらいろんな人に影響が出たり困ったりするのであれば、その仕事は十分重要な仕事だということです。

6. 価値をお金で計算してみる

価値をお金で計算してみる

あなたがしなければいけないその仕事もしあなたがせずに個人的に他の人や業者に頼んだとすればいくら払わないといけないでしょうか。

例えば5,000円だとしましょう。

5,000円分の労働するのと5000円分の節約をするのとではどちらが大変でしょうか。

それは後者です。

あなたが何らかのサービスに対して支払う5000円は5000円分の労働ではないからです。

それには色々な費用も含まれています。

あなたが仕事を成し遂げることで無駄な出費を抑えることになり、それは言い換えればあなた自身がお金を生み出していると言うことです。

他人に値段による評価はされないとしても、あなたが体を動かしてする仕事は金銭的価値もあるのです。

7. 先延ばしにする代償について考えてみる

先延ばしにする代償について考えてみる

しなければいけないことを先延ばしにしているその時間、どんな気持ちで過ごしていますか。

同じ区切られた時間が5時間あるとして、しなければいけないことが2時間分あるとします。

最初の2時間で終わらせてしまえば残りの3時間は自分の好きなことに罪悪感なく使うことができます。

でも最後の2時間になって仕事をしようとした場合、最初の3時間は本当に自分の好きなことに使うことができるでしょうか。

またもし使えたとしてもするべき仕事を後に残して本当に楽しむことができますか。

8. 明日の計画を立てる

明日の計画を立てる

明日にはどんな計画がありますか。

明日それをするために今日しなければいけないことを残していてはなりません。

明日の計画が具体的であればあるほど今日のうちに済ませていなければならないことも明確になります。

英語の言い回しで"Never put off till tomorrow what you can do today. "というものがあります。

今日できることを明日に延ばすなと言う意味です。

中には「明日できることは今日するな」と言う人もいます。

しかし明日したいことがあるのであれば今日すべきことは今日のうちに終わらせなければなりません。

9. 不測の事態に備える

不測の事態に備える

まだまだ時間の猶予がある用事の場合、すぐに始める必要は無いのかもしれません。

しかし余裕のあるはずだった時間に何か別の急を要する用事が入ってしまったときどうしますか?

早めにするべきことを済ませておけば、その後に不測の事態が生じても対応することができます。

10. 目標を達成したときのご褒美を計画する

ご褒美が1番簡単なモチベーションを起こしたり、保ったりする手段です。

終わったら好きなことをする、終わったら甘いものを食べる、などなんでも良いです。

早くスタートすればそれだけ早くご褒美が来ます。

子供っぽい方法かもしれませんが、労働に対する対価や報酬は、気持ちに大きく作用するのです。

すぐ行動できるようになる気持ちの持ち方を10選まとめました。


最初からゴールを目指さない

やるべきことが多すぎたり、難しいことだったりすると、それに取り掛かるモチベーションを起こすのにも一苦労します。

それとは対照的になんということはない用事であれば腰を上げるのにそれほどの労力を要しません。

しかし大概の用事は小さな行事の積み重ねであることを考えると、最初からゴールや完成形ばかりに思いが向いて最初の一歩を踏み出せずにいるのはもったいないことです。

ですからこれからしようとしている事は大きなことではなく、まず目の前にある小さな一動作をこなすに過ぎないという意識を持ちましょう。

行動せずにいる自分を客観的に見つめる

しなければいけないと言う事は分かっている、でもする気が起きない、と思って何もしていない自分はあなたの目にどう映っているでしょうか。

その状況はじっとしていて何か改善されるでしょうか。

一歩下がって自分自身を見つめてみましょう。

今日1日の終わりにどうなっていたいかを考える

今日1日を終えるとき、どんな気持ちでベッドに入りたいでしょうか。

よくがんばった、すべては終わらなかったけれど◯割は片付けた、明日への見通しが立った、などある程度の達成感を感じつつ1日を終えたいのではないでしょうか。

またここまでは済ませておきたい、などその日一日に対する具体的な目標を決め、それをし終えた自分を想像してみるのです。

時間配分を見直す

しなければならない仕事は全体でどれほどの時間を要するものでしょうか。

まずはそれを把握することが必要です。

10時間かかるものであれば、5つのパートに分けてまずは2時間分をこなしたり、活動の種類ごとに分けて取り組みやすいものから何時までに終わらせる、と計画することも役立ちます。

すべきことの重要度について考える

あなたがしなければならないことがどれほど大切なことですか。

たとえ気が乗らない作業であったとしてもそれはあなたがすることによって、何が成し遂げられますか。

お給料がもらえたり、家族が健康に暮らせるようになったり、自分自身の能力が高まったり、人から感謝されたり、家が片付いたりと何かしら価値のあることではないでしょうか。

そしてそれをしなかったらどうなるのでしょう。

それほど重要でないことのように思える仕事であっても、それをする人がもし誰もいなかったらいろんな人に影響が出たり困ったりするのであれば、その仕事は十分重要な仕事だということです。

価値をお金で計算してみる

あなたがしなければいけないその仕事もしあなたがせずに個人的に他の人や業者に頼んだとすればいくら払わないといけないでしょうか。

例えば5,000円だとしましょう。

5,000円分の労働するのと5000円分の節約をするのとではどちらが大変でしょうか。

それは後者です。

あなたが何らかのサービスに対して支払う5000円は5000円分の労働ではないからです。

それには色々な費用も含まれています。

あなたが仕事を成し遂げることで無駄な出費を抑えることになり、それは言い換えればあなた自身がお金を生み出していると言うことです。

他人に値段による評価はされないとしても、あなたが体を動かしてする仕事は金銭的価値もあるのです。

先延ばしにする代償について考えてみる

しなければいけないことを先延ばしにしているその時間、どんな気持ちで過ごしていますか。

同じ区切られた時間が5時間あるとして、しなければいけないことが2時間分あるとします。

最初の2時間で終わらせてしまえば残りの3時間は自分の好きなことに罪悪感なく使うことができます。

でも最後の2時間になって仕事をしようとした場合、最初の3時間は本当に自分の好きなことに使うことができるでしょうか。

またもし使えたとしてもするべき仕事を後に残して本当に楽しむことができますか。

明日の計画を立てる

明日にはどんな計画がありますか。

明日それをするために今日しなければいけないことを残していてはなりません。

明日の計画が具体的であればあるほど今日のうちに済ませていなければならないことも明確になります。

英語の言い回しで"Never put off till tomorrow what you can do today. "というものがあります。

今日できることを明日に延ばすなと言う意味です。

中には「明日できることは今日するな」と言う人もいます。

しかし明日したいことがあるのであれば今日すべきことは今日のうちに終わらせなければなりません。

不測の事態に備える

まだまだ時間の猶予がある用事の場合、すぐに始める必要は無いのかもしれません。

しかし余裕のあるはずだった時間に何か別の急を要する用事が入ってしまったときどうしますか?

早めにするべきことを済ませておけば、その後に不測の事態が生じても対応することができます。

ご褒美が1番簡単なモチベーションを起こしたり、保ったりする手段です。

終わったら好きなことをする、終わったら甘いものを食べる、などなんでも良いです。

早くスタートすればそれだけ早くご褒美が来ます。

子供っぽい方法かもしれませんが、労働に対する対価や報酬は、気持ちに大きく作用するのです。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-