【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180517094432.html
割り勘彼氏の心理

割り勘彼氏の心理 | LADYCO

LADYCO
割り勘彼氏の心理

いつもデートで割り勘をする彼氏、ケチ?お金がない?色々思うところはありますよね。

割り勘彼氏の心理はどうなのでしょう。

まとめてみました。

  • 受け身タイプで仕切れない
  • 彼女が出すので何となく
  • お金に余裕がない
  • 男が奢るのが当たり前とは思わない
  • 彼女の方が収入がいいから
  • 対等だと思う
  • あてにされたくない
  • デートに慣れていない
  • 自分のお金を減らしたくない
  • 個人主義

1. 受け身タイプで仕切れない

受け身タイプで仕切れない

割り勘彼氏、実は奢るタイミングがわからないという人がいます。

友達同士で遊ぶ時は「一人いくらね」と仕切ってくれる友達がいたり、会社の先輩とつきあいで食事にいけば当たり前のように奢ってくれるなど、どちらかといえば受け身タイプの男性。

彼女と二人でもカッコつけるというよりは甘えてしまうことが多いかもしれません。

2. 彼女が出すので何となく

彼女が出すので何となく

最初のデートの時から、彼女が「自分の分は出す」と言ったり、財布を出しているので何となくそれでいいのかという感じで定着してしまうこともあります。

彼女も出すとは言いつつも、毎回割り勘なのにちょっとモヤモヤしてしまいます。

この手のタイプは鈍感な人が多いのです。

はっきり「毎回割り勘はちょっと嫌」と言った方が解決するかもしれません。

3. お金に余裕がない

お金に余裕がない

本当は奢ってあげたいけど、収入が少ない、支出が多いなどで常に金欠、お金に余裕がない彼氏もいます。

なぜ経済的に余裕がないかの理由は色々ですので、理解してあげられるかどうかは彼女次第といったところです。

男性もプライドがあるので、その理由を言いたくなくて隠していることもあります。

4. 男が奢るのが当たり前とは思わない

男が奢るのが当たり前とは思わない

割り勘彼氏、実は男が女性に奢ることを当たり前とは思っていない場合もあります。

まるで男性のお金目当てみたいな女性が大嫌いだったりします。

結婚しても共働きが当たり前、家事は手伝う、そんな考え方の男性も増えてきました。

5. 彼女の方が収入がいいから

彼女の方が収入がいいから

いつも割り勘にする理由に、実は彼女の方が収入が自分よりいい、稼いでいるからということもあります。

自分よりお金を持っているんだから、奢る必要ないだろうという考え方ですね。

また、彼女と同じぐらいの収入であっても、お互い同じぐらいの稼ぎなのだから割り勘でいいよねという思いもあります。

そういう価値観の彼氏は、自分より収入が少ない人や、後輩に対してはカッコつけて奢ったりするのです。

6. 対等だと思う

対等だと思う

男女平等、彼女に毎回奢ったり、プレゼントをあげたりするのはおかしいと思っている彼氏もいます。

男性らしいタイプは女性にお金を出させるなんて男らしくない、みっともないという思いが強いのです。

亭主関白型で少々ワガママかもしれませんが、金銭的に女性に苦労はさせないといった感じです。

割り勘彼氏は亭主関白型ではなく、どちらかといえば女性に優しいでしょう。

彼女としては、優しいけど物足りない、やっぱり時には奢ってほしい、サプライズ的なプレゼントも欲しいと思ってしまいますが、対等と考えている以上は友達同士のような付き合い方になることが多いでしょう。

7. あてにされたくない

あてにされたくない

デート代がいつも割り勘な彼氏、実はお金も持っていて奢ることもできるのです。

でもあえてそれをしないのは、一回奢ってあげてそれ以降あてにされたらちょっと嫌だなと思っているからです。

特につきあいが浅いとか、軽い気持ちからの交際の場合はまだお友達感覚でいる場合もあります。

お金を持っている人ほど、シビアだったりもします。

過去に女性に金銭的に負担をかけられて大変だった経験がある場合もあります。

8. デートに慣れていない

デートに慣れていない

割り勘にする彼氏、女性とつき合うこと自体に慣れていないのではないでしょうか。

女性慣れしている男性はデートの時さりげなくお金を払ってしまいます。

女性に化粧室に行かせた隙に支払いを済ませたり、先払いで予約をしていたりするものです。

一方、今まで男友達とつるんでばかりだった彼氏は、さりげなく奢ったりするスキルがないのです。

慣れてくれば変わるかも?!かわりばんこに奢るのはどう?と提案してみるなど少しずつ教育していくという方法もあります。

9. 自分のお金を減らしたくない

自分のお金を減らしたくない

友達とは割り勘でも好きな人には奢る、そういう人は多いです。

でも、どんなに好きな彼女でも奢らないで大体割り勘という彼氏もなかにはいます。

奢らないと不満に思うような彼女なら別れる!こんな彼氏の言い分は「自分のお金を減らしたくない」「貯金したい」という内容です。

つまり交際費に余分なお金をかけたくないし、ケチなのです。

結婚のことを真剣に考えてお金を貯めたい男性であるのか、たんなるケチなのかそこはよく見極めなくてはなりませんね。

10. 個人主義

割り勘にする人は自分の分は自分で払うという考え方です。

ですから、人に奢ったり、奢られたりというつきあい方はしたくなくて、ある意味潔癖なタイプです。

彼女にも奢ってあげなくていつも割り勘という彼氏、実は自分のことしか考えていない、彼女のことまで知るかよといったちょっと冷たい部分もあるといえばあるのです。

個人主義者で人と慣れ合いすぎるのは嫌というタイプです。

確かに彼氏、彼女という関係で、お金の貸し借り、トラブルなどは起こりがちですから、線引きができているともいえます。

ただし、割り勘ばかり、その上彼女にお金を貸してなんて言ってくる場合は別。

それはだらしない男性ですし、甲斐性がないので交際はよく考えた方がいいでしょう。

いつもデートで割り勘をする彼氏、ケチ?お金がない?色々思うところはありますよね。

割り勘彼氏の心理はどうなのでしょう。

まとめてみました。


受け身タイプで仕切れない

割り勘彼氏、実は奢るタイミングがわからないという人がいます。

友達同士で遊ぶ時は「一人いくらね」と仕切ってくれる友達がいたり、会社の先輩とつきあいで食事にいけば当たり前のように奢ってくれるなど、どちらかといえば受け身タイプの男性。

彼女と二人でもカッコつけるというよりは甘えてしまうことが多いかもしれません。

彼女が出すので何となく

最初のデートの時から、彼女が「自分の分は出す」と言ったり、財布を出しているので何となくそれでいいのかという感じで定着してしまうこともあります。

彼女も出すとは言いつつも、毎回割り勘なのにちょっとモヤモヤしてしまいます。

この手のタイプは鈍感な人が多いのです。

はっきり「毎回割り勘はちょっと嫌」と言った方が解決するかもしれません。

お金に余裕がない

本当は奢ってあげたいけど、収入が少ない、支出が多いなどで常に金欠、お金に余裕がない彼氏もいます。

なぜ経済的に余裕がないかの理由は色々ですので、理解してあげられるかどうかは彼女次第といったところです。

男性もプライドがあるので、その理由を言いたくなくて隠していることもあります。

男が奢るのが当たり前とは思わない

割り勘彼氏、実は男が女性に奢ることを当たり前とは思っていない場合もあります。

まるで男性のお金目当てみたいな女性が大嫌いだったりします。

結婚しても共働きが当たり前、家事は手伝う、そんな考え方の男性も増えてきました。

彼女の方が収入がいいから

いつも割り勘にする理由に、実は彼女の方が収入が自分よりいい、稼いでいるからということもあります。

自分よりお金を持っているんだから、奢る必要ないだろうという考え方ですね。

また、彼女と同じぐらいの収入であっても、お互い同じぐらいの稼ぎなのだから割り勘でいいよねという思いもあります。

そういう価値観の彼氏は、自分より収入が少ない人や、後輩に対してはカッコつけて奢ったりするのです。

対等だと思う

男女平等、彼女に毎回奢ったり、プレゼントをあげたりするのはおかしいと思っている彼氏もいます。

男性らしいタイプは女性にお金を出させるなんて男らしくない、みっともないという思いが強いのです。

亭主関白型で少々ワガママかもしれませんが、金銭的に女性に苦労はさせないといった感じです。

割り勘彼氏は亭主関白型ではなく、どちらかといえば女性に優しいでしょう。

彼女としては、優しいけど物足りない、やっぱり時には奢ってほしい、サプライズ的なプレゼントも欲しいと思ってしまいますが、対等と考えている以上は友達同士のような付き合い方になることが多いでしょう。

あてにされたくない

デート代がいつも割り勘な彼氏、実はお金も持っていて奢ることもできるのです。

でもあえてそれをしないのは、一回奢ってあげてそれ以降あてにされたらちょっと嫌だなと思っているからです。

特につきあいが浅いとか、軽い気持ちからの交際の場合はまだお友達感覚でいる場合もあります。

お金を持っている人ほど、シビアだったりもします。

過去に女性に金銭的に負担をかけられて大変だった経験がある場合もあります。

デートに慣れていない

割り勘にする彼氏、女性とつき合うこと自体に慣れていないのではないでしょうか。

女性慣れしている男性はデートの時さりげなくお金を払ってしまいます。

女性に化粧室に行かせた隙に支払いを済ませたり、先払いで予約をしていたりするものです。

一方、今まで男友達とつるんでばかりだった彼氏は、さりげなく奢ったりするスキルがないのです。

慣れてくれば変わるかも?!かわりばんこに奢るのはどう?と提案してみるなど少しずつ教育していくという方法もあります。

自分のお金を減らしたくない

友達とは割り勘でも好きな人には奢る、そういう人は多いです。

でも、どんなに好きな彼女でも奢らないで大体割り勘という彼氏もなかにはいます。

奢らないと不満に思うような彼女なら別れる!こんな彼氏の言い分は「自分のお金を減らしたくない」「貯金したい」という内容です。

つまり交際費に余分なお金をかけたくないし、ケチなのです。

結婚のことを真剣に考えてお金を貯めたい男性であるのか、たんなるケチなのかそこはよく見極めなくてはなりませんね。

割り勘にする人は自分の分は自分で払うという考え方です。

ですから、人に奢ったり、奢られたりというつきあい方はしたくなくて、ある意味潔癖なタイプです。

彼女にも奢ってあげなくていつも割り勘という彼氏、実は自分のことしか考えていない、彼女のことまで知るかよといったちょっと冷たい部分もあるといえばあるのです。

個人主義者で人と慣れ合いすぎるのは嫌というタイプです。

確かに彼氏、彼女という関係で、お金の貸し借り、トラブルなどは起こりがちですから、線引きができているともいえます。

ただし、割り勘ばかり、その上彼女にお金を貸してなんて言ってくる場合は別。

それはだらしない男性ですし、甲斐性がないので交際はよく考えた方がいいでしょう。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-