【LADYCO】は女性の特徴を知って素敵な彼女を目指すメディアです。

 

特徴を知って素敵な彼女に!


https://ladyco.net/blog/20180515174646.html
無視をする人の心理

無視をする人の心理 | LADYCO

LADYCO
無視をする人の心理

無視をする人の心理を10選まとめました。

  • 人見知り
  • 人間不信
  • 本当は構ってほしい
  • 照れている
  • 面倒だと思っている
  • 相手に興味がない
  • 好きだから無視をする
  • 自分のペースを守りたい
  • 挨拶の必要性を感じていない
  • 親しくなることを警戒している

1. 人見知り

人見知り

人見知りの人は、人と話すことが苦手で、挙動不審になってしまったり、話しかけられても無視をしてしまうことも少なくありません。

こういった人見知りの人と接する場合には、相手に急に近づくのではなく、できるだけゆっくりとした口調で話しかけるのがベストです。

特に、人見知りの人は、警戒心が強いため、急に話しかけたりしてしまうと、無視して逃げてしまうこともあります。

2. 人間不信

人間不信

無視をする人の心理に、人間不信があります。

こういう人は、過去に裏切られた経験があったり、傷つけられたことで、人間が嫌いになってしまい、人に話しかけられても無視をしてしまうことがあります。

一度人間不信になってしまうと、克服するには時間がかかってしまいます。

あまりにも無視されて、仕事などにも支障がでるような場合には、一度第三者を交えて対処した方がよいでしょう。

3. 本当は構ってほしい

本当は構ってほしい

無視をする人の心理としては、本当は構ってほしいという深層心理があります。

こういった人は、小さい頃に愛情をかけてもらえず、人を困らせることでしか構ってもらえないと思っている場合があり、相手の気を引きたいために無視をするというケースも少なくありません。

こういった構ってほしいために無視をしている場合には、無視されても根気強く歩み寄ることで、信頼を獲得することができるようになります。

4. 照れている

照れている

無視をする人の心理としては、照れ屋なので、どうしても無視をしてしまうという人もいます。

よく、連絡をしているのに無視をするという人がいますが、照れてしまってどうやって返事をしたら良いのかわからないまま結果的に無視をしてしまったというケースもあり、本人には悪気はありませんが、どうしようもないと自分の性格に悩んでいる人も少なくありません。

照れ屋の性格はなかなか治すことはできませんから、そういた性格ということを理解してあげることが大切です。

5. 面倒だと思っている

面倒だと思っている

照れ屋の人が返事をしないで無視するのとは違い、はなしてくる相手に対して、返事をするのが面倒だと思っている人もします。

こういったタイプの人は、何に対しても面倒だと思う性格で、基本的に人間関係はできれば避けたいと思っています。

ただ、こういった人との関係を大切に思わない性格でいると、社会生活を営む上でトラブルとなる場合がありますから、注意が必要です。

6. 相手に興味がない

相手に興味がない

相手に対して興味がない場合にも、無視をする場合があります。

無視をされた側としてはとてもショックですが、こういった人は、全く相手に興味がありませんから、ショックを受けているなどとは考えていません。

ただ、相手に興味がないからといって、何度も無視をするような態度をとってしまうと、相手を裏切るような結果になる場合もありますし、自分も同じ目にあうかもしれませんから、注意した方がよいでしょう。

7. 好きだから無視をする

好きだから無視をする

相手のことが好きだからこそ、返事をしなかったり無視をする場合もあります。

これは照れ屋の人と共通しますが、好きだからこそどう接して良いのかわからず、自分の返事で嫌われてしまうのではないかなどを考えてしまい、余計に無視をしてしまう場合も少なくありません。

これは女性によくある好き避けと呼ばれるもので、対応によって好きだとばれたくないという思いも含まれています。

ただ、相手からみると、無視をされると嫌われているのかと思ってしまい、その後の連絡がなくなる場合もありますから、誤解をさせないように無視はしない方がよいでしょう。

好き避けをする人の心理としては、過去に好きなことがばれてしまいつらい思いをした経験があったり、恋愛に苦手意識を持っている、遊ばれるかもしれないと思って警戒している場合があります。

特に、女性は、深入りして遊ばれないかと警戒する心理があります。

8. 自分のペースを守りたい

自分のペースを守りたい

自分のペースを大事に思っている人は、無視をしても悪いことだとは全く感じていません。

こういったタイプは、返事をすることで、自分のペースが乱れるのを嫌いますから、気が向いた時にだけ返事をするということも多いでしょう。

本人としては、自分のペースを守っているだけですから、いつもの行動といえます。

9. 挨拶の必要性を感じていない

挨拶の必要性を感じていない

挨拶というのは、大切なコミュニケーションの手段ですが、中には挨拶をする必要性を感じていないため、無視をしてしまうという場合もあります。

また、親しくない人には挨拶は不要だと思っている場合も、無視をする場合があります。

こういった人は、小さいときに親から挨拶の大切さを教えてもらっていなかったり、親も挨拶をしなかったというケースが多く、なかなか自分で挨拶の大切さに気づくのは難しいといえます。

10. 親しくなることを警戒している

今までに、人間関係で面倒なことがあったり、傷ついた経験があったという人は、また傷つくのを警戒して無視をするというケースもあります。

無視をする人の心理を10選まとめました。


人見知り

人見知りの人は、人と話すことが苦手で、挙動不審になってしまったり、話しかけられても無視をしてしまうことも少なくありません。

こういった人見知りの人と接する場合には、相手に急に近づくのではなく、できるだけゆっくりとした口調で話しかけるのがベストです。

特に、人見知りの人は、警戒心が強いため、急に話しかけたりしてしまうと、無視して逃げてしまうこともあります。

人間不信

無視をする人の心理に、人間不信があります。

こういう人は、過去に裏切られた経験があったり、傷つけられたことで、人間が嫌いになってしまい、人に話しかけられても無視をしてしまうことがあります。

一度人間不信になってしまうと、克服するには時間がかかってしまいます。

あまりにも無視されて、仕事などにも支障がでるような場合には、一度第三者を交えて対処した方がよいでしょう。

本当は構ってほしい

無視をする人の心理としては、本当は構ってほしいという深層心理があります。

こういった人は、小さい頃に愛情をかけてもらえず、人を困らせることでしか構ってもらえないと思っている場合があり、相手の気を引きたいために無視をするというケースも少なくありません。

こういった構ってほしいために無視をしている場合には、無視されても根気強く歩み寄ることで、信頼を獲得することができるようになります。

照れている

無視をする人の心理としては、照れ屋なので、どうしても無視をしてしまうという人もいます。

よく、連絡をしているのに無視をするという人がいますが、照れてしまってどうやって返事をしたら良いのかわからないまま結果的に無視をしてしまったというケースもあり、本人には悪気はありませんが、どうしようもないと自分の性格に悩んでいる人も少なくありません。

照れ屋の性格はなかなか治すことはできませんから、そういた性格ということを理解してあげることが大切です。

面倒だと思っている

照れ屋の人が返事をしないで無視するのとは違い、はなしてくる相手に対して、返事をするのが面倒だと思っている人もします。

こういったタイプの人は、何に対しても面倒だと思う性格で、基本的に人間関係はできれば避けたいと思っています。

ただ、こういった人との関係を大切に思わない性格でいると、社会生活を営む上でトラブルとなる場合がありますから、注意が必要です。

相手に興味がない

相手に対して興味がない場合にも、無視をする場合があります。

無視をされた側としてはとてもショックですが、こういった人は、全く相手に興味がありませんから、ショックを受けているなどとは考えていません。

ただ、相手に興味がないからといって、何度も無視をするような態度をとってしまうと、相手を裏切るような結果になる場合もありますし、自分も同じ目にあうかもしれませんから、注意した方がよいでしょう。

好きだから無視をする

相手のことが好きだからこそ、返事をしなかったり無視をする場合もあります。

これは照れ屋の人と共通しますが、好きだからこそどう接して良いのかわからず、自分の返事で嫌われてしまうのではないかなどを考えてしまい、余計に無視をしてしまう場合も少なくありません。

これは女性によくある好き避けと呼ばれるもので、対応によって好きだとばれたくないという思いも含まれています。

ただ、相手からみると、無視をされると嫌われているのかと思ってしまい、その後の連絡がなくなる場合もありますから、誤解をさせないように無視はしない方がよいでしょう。

好き避けをする人の心理としては、過去に好きなことがばれてしまいつらい思いをした経験があったり、恋愛に苦手意識を持っている、遊ばれるかもしれないと思って警戒している場合があります。

特に、女性は、深入りして遊ばれないかと警戒する心理があります。

自分のペースを守りたい

自分のペースを大事に思っている人は、無視をしても悪いことだとは全く感じていません。

こういったタイプは、返事をすることで、自分のペースが乱れるのを嫌いますから、気が向いた時にだけ返事をするということも多いでしょう。

本人としては、自分のペースを守っているだけですから、いつもの行動といえます。

挨拶の必要性を感じていない

挨拶というのは、大切なコミュニケーションの手段ですが、中には挨拶をする必要性を感じていないため、無視をしてしまうという場合もあります。

また、親しくない人には挨拶は不要だと思っている場合も、無視をする場合があります。

こういった人は、小さいときに親から挨拶の大切さを教えてもらっていなかったり、親も挨拶をしなかったというケースが多く、なかなか自分で挨拶の大切さに気づくのは難しいといえます。

今までに、人間関係で面倒なことがあったり、傷ついた経験があったという人は、また傷つくのを警戒して無視をするというケースもあります。

この記事について、ご意見をお聞かせください

ステキ!

ダメ!

-